パーキンソン病の検索結果|病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8182件掲載中(2018年02月18日現在)

<ドクターズ>・ファイル

病院・クリニック・医者を探す

ホスピタルズ・ファイル
病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で20件から絞り込めます。

【パーキンソン病】の頼れる病院情報検索結果20件表示

20件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

船橋駅から徒歩7分の地にある「板倉病院」。24時間体制で救急患者を受け入れ、急性期からリハビリ、在宅医療までシームレスな医療を提供する。船橋市南部12万人の地域で二次救急病院として果たす役割は大きい。2015年には健診部門を開設し、病床も91床に増床した。病院長の梶原崇弘先生は「救急」、「地域医療」、「予防」の3つを病院のコンセプトとして掲げ、革新を進めている。在宅療養支援病院として、地域のクリニック、在宅診療専門クリニックと連携して在宅医療を強力にサポート。毎週金曜日に認知症を専門とする医師による専門外来を開設しているほか、認知症患者の訪問診療もスタートさせた。(取材日2016年4月6日)

診療科目
内科リウマチ科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
船橋駅京成船橋駅
所在地
千葉県船橋市本町2-10-1
TEL(電話)
047-431-2662
時間
09:00〜12:00
15:00〜17:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

梶原 崇弘院長

1940年に開院した「板倉病院」。船橋南部エリアで最も古い病院として、長年、地域住民に親しまれてきた。院内にはどこかアットホームな雰囲気が漂い、その中で生き生きと働くスタッフの姿が印象的だ。2015年には新棟が完成し、大きな変革を遂げた。院長の梶原崇弘先生は「病院をリニューアルさせながら、地域のニーズに応える医療を提供していきたい」と意気込みを語る。「断らない救急」を掲げて24時間体制で急患を受け入れる一方、訪問診療にも力を入れ、地域における在宅医療ネットワークの中心的な役割を果たしている。そのコンセプトや注力している分野、これからの展望などを余すことなく語っていただいた(取材日2016年4月6日)

緑豊かな丘陵地帯に立つ「東邦大学医療センター 佐倉病院」。地域住民への身近な医療と、大学病院としての高度医療という2つの機能を持つ中核病院だ。千葉県がん診療連携協力病院、救急告示病院、災害拠点病院、認知症疾患医療センターに指定されているほか、佐倉市とは「災害時等における助産を必要とする者の受け入れ協定」を締結するなど、地域医療に必要なさまざまな役割を果たす。2016年からは地域医療支援病院の承認も受け、地域完結型医療の一翼も担う。総合的アプローチによる高度肥満治療など、特色ある治療も数多く実践している。(取材日2017年6月7日)

診療科目
救急科内科呼吸器内科消化器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
ユーカリが丘駅
所在地
千葉県佐倉市下志津564-1
TEL(電話)
043-462-8811
診療受付時間
時間
8:30〜11:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

長尾 建樹病院長

高齢化が進む一方、東京へ通勤する働き盛りの世帯も多い千葉県佐倉市。その緑豊かな丘陵地帯の一角に位置する「東邦大学医療センター 佐倉病院」は、印旛地域全体の医療を担う中核病院だ。1991年の開院以来、大学病院ならではの高度医療を担いつつ、都市部から離れた土地柄故に求められる身近な医療を提供するという2つの機能を果たしてきた。「患者さんの気持ちを第一に考える『東邦イズム』に基づいた診療体制の充実に尽力しています」と語るのは、病院長の長尾建樹先生。その言葉どおり、同病院は近年、がんの放射線治療を開始したり、腎臓内科を新設したりと、医療体制のさらなる充実に余念がない。さらに近隣クリニックとの連携や救急医療体制の整備、災害医療対策などにも積極的に取り組み、2016年に地域医療支援病院と地域災害拠点病院の指定も受け、これまで以上に地域に欠かせない病院となった。そして今もなお、患者が最善の医療を最適な場所で適切に受けられる体制づくりに、精力的に取り組んでいる。(取材日2017年6月7日)

向ヶ丘遊園駅、新百合ヶ丘駅、あざみの駅、武蔵溝ノ口駅など多方面からアクセスできる「聖マリアンナ医科大学病院」。キリスト教精神に基づき、「生命の尊厳を重んじ、病める人を癒す、愛ある医療を提供します」の理念を掲げ、全人的な医療をめざしている。現在1200床以上の病床を有する同院は、特定機能病院として近隣の医療機関と緊密に連携し、高度で専門的な医療を提供。全ての救急患者を重症度の区別なく受け入れる、統合型ERによる救急医療も特色。また母体となる聖マリアンナ医科大学には同院含む4病院(指定管理者含む)と1クリニックがあり、それぞれの強みを生かした連携も活発だ。(情報更新日2017年6月16日)

診療科目
内科呼吸器内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
向ヶ丘遊園駅新百合ヶ丘駅あざみ野駅
所在地
神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
TEL(電話)
044-977-8111
初診受付
時間
8:30〜11:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

北川 博昭病院長

川崎市北部の医療を40年以上支える「聖マリアンナ医科大学病院」は、キリスト教精神に基づく「生命の尊厳を重んじ、病める人を癒す、愛ある医療」が理念。同院はこの理念をもとに地域のニーズに応える幅広い診療科を設けている。加えて昼夜を問わず診療する救命救急センターをはじめ、高度な医療を提供する各種の診療施設を開設。2015年には動物介在療法を導入するなど意欲的な取り組みも続けている。これらの根底にあるのは「一人でも多くの患者の笑顔を見たい」という同院の思い。さらに医師の育成や医学研究を担う大学病院として、次世代の医療に希望をつなぐ重要な使命も持っている。2017年4月に就任した北川博昭病院長は、「地域で活躍する同窓生とのつながりを生かして、より地域に根差した医療を実現したい」と語る。現在必要な地域貢献度の高い医療、今後さらに必要となる先進的な医療の両立をめざす同院の方針など聞いた。(取材日2017年4月1日)

北柏駅からバスで約7分。北に利根川を望み、春には桜、夏には爽やかな緑が楽しめるロケーションに建つ「柏市立柏病院」は、16の診療科と糖尿病及び不整脈部門等10の専門外来を持つ200床の公立病院。柏市北部の中核病院として、糖尿病、不整脈、脊椎や肝臓疾患といった特定分野での高次医療を担う一方、柏市全体のニ-ズとして、新型感染症や災害発生時の初動を担う公立病院としての役割も果たしている。毎月一度の症例検討会を通じ地域の開業医とも密な連携を取っており、在宅療養中に入院が必要になった場合でも、受け入れから治療・退院までスムーズな対応をしている。(取材日2017年5月19日)

診療科目
内科神経内科呼吸器内科消化器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
北柏駅柏たなか駅
所在地
千葉県柏市布施1-3
TEL(電話)
04-7134-2000
時間
8:30〜11:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

野坂 俊壽病院長

豊かな緑に囲まれて建つ「柏市立柏病院」は、柏市北部の地域医療を支える中核病院としての役割と40万都市・柏市全体のニーズに応え専門性の高い治療を提供していく公立病院としての役割の2つを担う病院だ。前者においては、広範な疾患に対する急性期医療への対応や在宅診療を手がける地域の開業医の支援に注力。2016年の地域包括ケア病棟開設や地域医療支援センターを通じた支援など、在宅医療からの入院・治療・退院をスムーズに行う体制を整え、毎月の症例検討会を通じて地域の医師とも密な連携を築いている。一方後者では、糖尿病部門と不整脈部門を設立し、ニーズの高い両疾患についてより専門性の高い医療を提供。将来的には、小児救急・小児の入院治療への対応もめざし、準備を進めている最中だ。患者は地域住民が多く、待合室や受付を覗いてもどこかアットホームな雰囲気が漂っている。「若い人が成長し、病院の診療レベルが徐々に上がってきたなと感じられるのが院長としての一つのやりがいです」と話してくれた院長・野坂俊壽先生に、診療の特徴から今後の展望まで幅広く話を聞いた。(取材日2017年5月19日)

川崎市北部の急性期医療、救急医療、災害医療を担う市立病院として開設された「川崎市立多摩病院」。公立病院でありながら、指定管理者の聖マリアンナ医科大学が運営を行い、医師をはじめとする職員を大学から派遣。誰もが足を運べる市民病院としてプライマリケアでは全身を診る総合診療を行う一方で、大学病院並みの高度医療や専門外来も取り入れている。地域医療支援病院として地域の診療所との連携にも力を入れ、新規患者の60〜70%は紹介となっている。開院当初から力を入れてきた小児救急医療に加え、増加が予想される脳卒中や循環器疾患の診療体制を強化し、二次救急医療のさらなる充実を図っている。(取材日2015年3月19日)

診療科目
内科循環器内科呼吸器内科神経内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
登戸駅
所在地
神奈川県川崎市多摩区宿河原1-30-37
TEL(電話)
044-933-8111
時間
8:30〜11:00
8:30〜10:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

鈴木 通博病院長

小田急・JR南武線登戸駅近くに建つ「川崎市立多摩病院」は、2006年に川崎市が開設し、聖マリアンナ医科大学が指定管理者となって運営する特殊な形式の総合病院だ。そのため、大学病院に近い高度な専門医療と、あらゆる市民を受け入れる市立病院の親しみやすさを兼ね備えていることが大きな特徴だ。木の質感を生かして作られたエントランスや受付は、ホテルのフロントのような温もりが感じられる。2011年からは地域医療支援病院となり、周辺のクリニックと緊密に連携しながら川崎市北部の地域医療の拠点として存在感を示している。特に市の政策を反映した小児医療の充実ぶりは群を抜く。インタビューの間、病院長の鈴木通博先生は終始、穏やかで優しい笑みをたたえながら、病院のコンセプトや役割を明確に語ってくれた。地域医療に貢献し、将来を担う医師を育成したいという熱い思いが伝わってきた。(取材日2015年3月19日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[パーキンソン病]」のクリニック・診療所・医者も探せます 32件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
藤沢在宅クリニック
神奈川県藤沢市南藤沢17-16 秋山ビル2 201号室 (藤沢)

2014年6月に開院した「藤沢在宅クリニック」は、JR東海道線、小田急線の藤沢駅から南口本通り商店街を5分ほど進み、南藤沢の交差点を越えてすぐのビルの2階にある。院長の米田浩基先生は日本脳神経外科学会と日本頭痛学会の専門医であり、ケアマネジャーの有資格者でもある。30代の米田先生を筆頭に、看護師、受付などのスタッフも20〜30代が中心で、院内はいつも活気にあふれている。その名の通り在宅医療に注力しており、脳卒中後や認知症、神経難病などで通院が困難な患者さんの自宅への訪問診療と、24時間の緊急時対応も行う。また、週3回の外来では一般内科の診療のほか、頭痛外来も開設している。在宅医療が中心のため、院内に画像検査装置などの検査機器は導入していないが、必要に応じて近隣の病院や保険センターと連携し、各種検査や患者さんの紹介を行う。またデスクトップ、ノート型のパソコンを計6台設置してカルテ管理を行っており、将来的にはクラウドシステムを利用して、外部の介護施設と患者情報を共有し、連携を強化していくとのこと。 藤沢駅から徒歩約5分。患者と家族を想う医師のいる「藤沢在宅クリニック」がある 院長をはじめ若いスタッフが揃う。在宅診療・外来ともにチームワークが整っている 在宅医療へは車で。診察に必要なあらゆる薬や道具を備える 院長は日本頭痛学会専門医。群発頭痛や片頭痛、緊張型頭痛などの外来も行っている 翼口蓋神経節ブロックのための内視鏡。院長は取り扱いの技術をもつ貴重な医師だ

藤沢在宅クリニック
たまがわクリニック
神奈川県横浜市旭区中沢1-46-7 二俣川クリニックモール3F (二俣川)

相鉄線二俣川駅より徒歩約7分、二俣川クリニックモールの3階に「たまがわクリニック」はある。診療科目は、神経内科・漢方内科・一般内科。神経内科を専門に診る院長の玉川聡先生は、日本神経学会の指導医、日本頭痛学会の指導医だ。脳卒中から認知症、てんかんや頭痛まで幅広く診療する。日本臨床神経生理学会の認定医の資格ももち、脳波認定技師とともに行う脳波検査は、定評がある。脳波検査・神経伝導検査などを行うため、院内に電気的に隔離された特別なシールドルームを設けているのも当院の特徴だ。また、主な血液検査や単純X線検査は、検査日当日に結果を出せる態勢を整えている。一方、副院長の玉川葉子先生は、日本東洋医学会漢方専門医として、冷え症や肩こり、月経困難症や更年期障害、ストレスによる胃痛といった、現代医学では対応が難しい症状に漢方薬でアプローチする。保険で受診できる漢方内科の診療は水・金曜日と、土曜日の午前だ。頭痛で神経内科を受診した患者が冷え症とわかり、漢方内科とあわせて診療することもあるという便利な当院。一般内科に加え、特徴的な診療科を2つも受けられるたまがわクリニックは、心強いホームドクターになりそうだ。 神経内科、漢方内科の専門的な治療が受けられる 木の温もりがあふれる院内は、リラックスできる空間になっている 納得して医療を受けられるよう、わかりやすい説明を心がけている 心電図検査などを受けられる処置室 各種健康診断や脳波検査も受けられる

たまがわクリニック

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る