うつ病の検索結果|病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8181件掲載中(2020年02月23日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で15件から絞り込めます。

【うつ病】の頼れる病院情報検索結果15件表示

15件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

診療科目
精神科心療内科内科
最寄駅
西調布駅
所在地
東京都調布市上石原3-33-17
TEL(電話)
042-483-1355
病院長メッセージ
病院長メッセージ

飛鳥井 望病院長

西調布駅から徒歩で12分、多摩川に近く、緑豊かな住宅地の一角にある「青木病院」。歌人であり、精神科の医師でもあった斉藤茂吉先生のいとこにあたる青木義作初代理事長・院長が1962年に開設した精神科専門病院だ。精神科270床、内科50床を有する同院の特徴は、精神科の急性期治療への注力と、他にはあまりないというストレスケア病棟だ。調布市の「地域連携型認知症疾患医療センター」としての役割も担い、併設する介護老人保健施設や関係機関との連携も整っている。各病棟においては、医師、看護師とともに、精神保健福祉士、臨床心理士、作業療法士、薬剤師、栄養士など多職種が関わり治療を進めている。平日は毎日行われている精神科デイケアの充実したプログラムも特徴だ。この多彩な機能を持つ同院を率いるのは、トラウマ、PTSD、悲嘆反応を専門とし、数多くの著書も手がける飛鳥井望院長。「まだまだ敷居が高いイメージがある精神科をいかに利用しやすい医療機関にしていけるか。ご本人にもご家族にも利用して良かったと言われる病院でありたいです」と、穏やかに話す飛鳥井院長に同院の特徴や今後の展望などを聞いた。(取材日2018年3月26日)

診療科目
精神科放射線科内科歯科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
久里浜駅京急久里浜駅
所在地
神奈川県横須賀市野比5丁目3-1
TEL(電話)
046-848-1550
院長メッセージ
院長メッセージ

樋口 進院長

京急線の京急久里浜駅、JR横須賀線の久里浜駅からバスで10数分。目の前に三浦半島の野比海岸が広がり、敷地内に緑豊かな丘やホタルが生息する小川が点在する、自然に恵まれた環境に「久里浜医療センター」はある。同院の特色はアルコール依存症の治療に50年以上の経験を持ち、ギャンブルなどの依存症の治療にも積極的に取り組んでいる点だと樋口進院長は言う。「依存症はその人の性格や意志の問題ではなく、治療を必要とする病気で、適切な治療を受け回復をめざすことを多くの方に知ってほしいと思います」。治療は症状や本人の希望により、一時的な入院と通院の組み合わせ、または通院のみで行い、カウンセリングによる支援や認知行動療法などを実施。こうした専門的治療に加え、同院は依存症の臨床研究、人材育成の場としても機能している。「加えて精神科、神経内科、消化器内科では、地域に貢献する医療機関として各分野の診療を行っています」と語る樋口院長に、依存症治療の現状や今後の取り組みについて聞いた。(取材日2019年10月10日)

診療科目
内科精神科心療内科消化器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
江田駅あざみ野駅市が尾駅
所在地
神奈川県横浜市青葉区あざみ野南1-1
TEL(電話)
045-912-0111
院長メッセージ
院長メッセージ

見上 光平院長

青葉区で精神科を標榜する病院である「江田記念病院」。2004年にこの地に移転し237床の内科と精神科を中心とした中規模病院として開設された。県精神科救急の輪番制度に加入しており、精神科救急にも力を入れている。外来は精神科、心療内科、内科を中心に、脳神経内科、整形外科、リハビリテーション科、皮膚科、外科などの診療を、入院病棟では精神科急性期治療病棟、認知症治療病棟および内科疾患の療養系病棟を備えた明るく清潔感のある療養型病院であり、地域の急性期病院からの信頼も厚い。また2018年7月には、増え続ける脳卒中や骨折・関節疾患患者へより専門性が高くきめ細かなケアで在宅復帰を支援するため、新たに回復期リハビリテーション病棟を設置。「都市型の精神科病院ならびに、亜急性期・慢性期医療に特化した病院としての役割を果たし、地域のニーズに応えていきたい」と話す見上光平院長に、病院のめざす方向性について話を聞いた。(取材日2018年2月21日)

診療科目
内科呼吸器内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
国府台駅
所在地
千葉県市川市国府台1-7-1
TEL(電話)
047-372-3501
病院長メッセージ
病院長メッセージ

青柳 信嘉病院長

明治初期の教導団兵学寮病院をルーツに持ち、2012年に肝炎・免疫分野の研究センターに組織編入された後、2015年から一般診療科の外来棟オープンと共に総合病院としてのスタートを切った「国立国際医療研究センター国府台病院」。国立研究開発法人として研究開発成果というミッションを持つ同院。敷地内には肝炎・免疫研究センターが併設されており、ウイルス性肝炎の研究開発・治療について特に注力しているのが大きな特徴だ。一方で、急性期の総合病院としての役割も大きく、特に消化器疾患診療、総合内科におけるワンストップ診療、児童精神科と成人の精神科救急にも注力。そんな同院を率いるのは、消化器外科の中でも肝胆膵を専門とする青柳信嘉院長。2019年4月の就任以来、「診療と研究を統合した医療の実践」を掲げ、新たな体制づくりと病院運営に尽力する青柳院長に話を聞いた。 (取材日2019年5月17日)

診療科目
精神科
最寄駅
西新井駅
所在地
東京都足立区島根3-2-1
TEL(電話)
050-3734-5041
理事長メッセージ
理事長メッセージ

片山 成仁理事長

2007年、東京23区内に民間精神科単科病院として開設された「成仁病院」。出発点となるのが1994年に開院した精神科単科の診療所「成仁医院」で、重度認知症デイケアを開設し認知症患者の在宅医療を専門とする訪問看護・往診も開始した。翌年に精神科デイケア・デイナイトケア、1997年には在宅介護支援センター、1999年には成仁介護老人保健施設や地域包括支援センターを居宅介護支援事業を開始・開設する。同院には医療方針に賛同する人材が数多く集まり、専門性の高い医療を実践している。「これが当院の最大の強みであり、今後もさらに専門性を追求していきたい」と片山成仁理事長。開設より25年、より重症度の高い急性期の患者を中心に専門性の高い短期集中治療を実施しつつ、後期研修医を受け入れるなど後進の育成にも力を入れる同院。今後も新時代の開かれた精神科の病院として地域からの期待に応えられるようまい進していく。 (取材日2019年12月6日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[うつ病]」のクリニック・診療所・医者も探せます 129件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
関東中央病院
東京都世田谷区上用賀6-25-1(用賀)

公立学校共済組合「関東中央病院」は、世田谷区上用賀にある総合病院だ。職域病院として、世田谷区に住む人たちのための中核医療機関として、新型の機器・医療技術で、質の高い医療の提供をめざしている。病床数470を持ち、内科と外科の強固な連携が強みの心臓血管部門、「切らずに治す肝臓がん・胃がん」を実現する消化器内科、ラジオ波焼灼療法、新鋭の前立腺肥大症治療など、幅広い治療に対応。また、エキスパートによる緑内障手術や、乳腺の外来、19歳までの児童・思春期の精神疾患の専門治療など、特色ある医療にも力を入れ、多様化するニーズにいち早く応えている。予防から治療まで継続した健康管理が可能な人間ドックは、組合員以外でも受診可能だ。3テスラのMRIを導入し、精密な検査体制を整え、病気の早期発見・早期治療に取り組む。「心あたたかく、日々新たに」という基本理念のもと、心の込もった医療を提供してくれる病院だ。 ■特集ページにも掲載中 ■病院検索専用サイト「ホスピタルズ・ファイル」にも掲載中 緑に囲まれた、世田谷を代表する総合病院 3テスラのMRIを導入している 広々とした待合室 地域クリニックとの連携を大事にしている リラックスして人間ドックを受けられるように個室を用意

関東中央病院
医療法人社団一白会 菊地脳神経外科・整形外科
東京都小金井市東町3-12-11(東小金井)

JR中央線東小金井駅から徒歩7分のところにある「菊地脳神経外科・整形外科」。院長の菊地邦夫院長は脳神経外科の医師になって50年以上になる。高校時代に父を亡くし、母の望みをかなえる形で医師をめざした菊地院長。学生運動真っ盛りに東京慈恵会医科大学を卒業し、そのまま医局に残って脳神経外科に進んだ。その後、中医学を学ぶために上海中医学院へ留学した経験も持つ。症状のみに焦点をあてがちな西洋医学に、個人の体質に応じて根源治療をめざす東洋医学を取り入れた。開業以来、地域のかかりつけ医として尽力してきた一方で、東西医学を通じた知識と診療スタンスが、幅広い層からの共感を呼んでいるという。現在は、理学療法士によるリハビリをクリニックや訪問で行っている他、認知症患者に特化した窓口を設け、変動する介護保険に対応するための患者のサポートを行う。院の隣にはデイケア施設も併設されており、治療を超えたさまざまな支援事業を行う。 JR中央線東小金井駅から徒歩7分 30年以上地域に根ざして診療を行ってきた マルチスライスCTをはじめ、先進の機器がそろう 理学療法室は広々としていて、各種機器を完備している 病気だけでなく、生活やバックグラウンドにまで向き合う菊地院長

医療法人社団一白会 菊地脳神経外科・整形外科

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る