横浜市青葉区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8181件掲載中(2018年11月13日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
神奈川県横浜市青葉区の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で9件から絞り込めます。

【神奈川県 横浜市青葉区】の頼れる病院情報検索結果9件表示

9件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

あざみの駅からバスで5分の緑に囲まれた高台にある「医療法人博慈会 青葉さわい病院」は、1985年にたまプラーザに開業。2005年に現在地に移転し、急性期病棟40床、回復期リハビリテーション病棟30床、医療療養病床100床を有する地域の中核病院だ。現在の診療科目は整形外科、内科、リハビリテーション科。それに加えて、足の外科、骨粗しょう症などの専門外来も開設。特に足の外科の「装具外来」では、足の痛みに対し、患者の足に合わせて健康保険適用の中敷きや治療靴を作ることで、歩き方を正し、痛みを緩和する特色ある医療を提供している。時間をかけた丁寧な診療も好評だ。健康に関する悩みがあれば気軽に相談してみよう。

診療科目
内科整形外科リハビリテーション科
最寄駅
たまプラーザ駅あざみ野駅
所在地
神奈川県横浜市青葉区元石川町4300
TEL(電話)
045-901-0025
時間
9:00〜12:00
14:00〜17:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

澤井 崇博病院長

田園都市線あざみの駅西側の高台にある「青葉さわい病院」は、一般病床、地域包括ケア病床、回復期リハビリ病床、療養病床の、4種類の病床を有する病院だ。1985年に整形外科の単科病院としてたまプラーザで開業したが、横浜市の慢性的な病床不足に応え、住民が住み慣れた地域を出ることなく医療から介護まで受けられる態勢を整えるため、2005年に現在地に移転増床して再スタートを切った。高い専門性を有する整形外科に内科、リハビリテーションを加え、特に糖尿病、足の外科などでは専門的な診療を強化している。現病院長は2011年に就任した整形外科が専門の澤井崇博先生。一般外来診療から回復期リハビリテーションまで幅広く対応しながら、「思いやり」そして、「『生きている』喜びを」、という同院の理念に基づき、患者との触れ合いを重視し、信頼される病院をめざして日々、奮闘している。同院の特徴や得意の診療分野、将来の展望などを余すところなく語ってもらった。(取材日2014年5月20日)

診療科目
リウマチ科外科眼科形成外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
あざみ野駅新百合ヶ丘駅
所在地
神奈川県横浜市青葉区鉄町2201-5
TEL(電話)
045-902-0001
院長メッセージ
院長メッセージ

平元 周院長

緑あふれる青葉区の高台に位置する「医療法人社団緑成会 横浜総合病院」は、1988年に開院して以来、区内有数の中核病院として地域住民の健康を守り続けてきた。特に循環器、脳神経、消化器では内科、外科の垣根を越えた診療部門を立ち上げ、高度なチーム医療を行っていることが特徴だ。離島の無医村に育った平元周院長の原点は、地域の役に立ちたいという思い。長年、救急の現場に立った経験を生かし、地域になくてはならない病院づくりに情熱を傾けている。脳神経外科医として脳死に接する機会が多いことから、患者、家族が死を受け入れ、その人らしい最期を迎えるためにターミナルケアにも力を入れている。インタビューでは、病院の特徴や地域医療、患者さんへの思いなど、ときおりユーモアを交ながら、わかりやすく話してくれた。平元院長の誠実な人柄が伝わってきた。

診療科目
脳神経外科整形外科内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
江田駅あざみ野駅中川駅
所在地
神奈川県横浜市青葉区荏田町433
TEL(電話)
045-911-2011
院長メッセージ
院長メッセージ

森本 将史院長

横浜市北部の脳卒中医療を担う存在となった「横浜新都市脳神経外科病院」。森本将史院長は、「患者さんの満足と安心を第一に“チーム新都市”として、質の高い医療とホスピタリティを提供したい」とエネルギッシュに語る。もともと大阪市出身で、京都大学病院などで脳神経外科の医師としての経験を積み、自分の力を試したいと上京。2011年に同病院の院長に就任してからは、脳神経外科の医師と院長、“プレーヤー兼マネジャー”として活躍する。忙しい業務の合間を縫い、ランニングや水泳で体を鍛え、トライアスロンに挑むアスリートでもある。日々患者の命にシビアに関わる脳神経外科の医師として、そして500人近い職員を率いる院長としての重責を担う頼もしさと、患者やスタッフ一人ひとりをきめ細かく慮り、笑顔で語りかける優しさを合わせ持つ。関西出身らしい飾り気のない楽しい語り口も印象的。多くの患者やスタッフから慕われているという森本院長に話を聞いた。(取材日2014年4月14日)

診療科目
内科精神科心療内科消化器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
江田駅あざみ野駅市が尾駅
所在地
神奈川県横浜市青葉区あざみ野南1-1
TEL(電話)
045-912-0111
院長メッセージ
院長メッセージ

見上 光平院長

青葉区で精神科を標榜する病院である「江田記念病院」。2004年にこの地に移転し237床の内科と精神科を中心とした中規模病院として開設された。県精神科救急の輪番制度に加入しており、精神科救急にも力を入れている。外来は精神科、心療内科、内科を中心に、脳神経内科、整形外科、リハビリテーション科、皮膚科、外科などの診療を、入院病棟では精神科急性期治療病棟、認知症治療病棟および内科疾患の療養系病棟を備えた明るく清潔感のある療養型病院であり、地域の急性期病院からの信頼も厚い。また2018年7月には、増え続ける脳卒中や骨折・関節疾患患者へより専門性が高くきめ細かなケアで在宅復帰を支援するため、新たに回復期リハビリテーション病棟を設置。「都市型の精神科病院ならびに、亜急性期・慢性期医療に特化した病院としての役割を果たし、地域のニーズに応えていきたい」と話す見上光平院長に、病院のめざす方向性について話を聞いた。(取材日2018年2月21日)

診療科目
リハビリテーション科内科
最寄駅
こどもの国駅
所在地
神奈川県横浜市青葉区奈良町1802
TEL(電話)
045-962-6666

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[横浜市青葉区]」のクリニック・診療所・医者も探せます 478件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
青葉台たけだ整形外科
神奈川県横浜市青葉区榎が丘1-9 青葉台由樹ビル3F (青葉台)

東急田園都市線・青葉台駅から徒歩2分の所にある「青葉台たけだ整形外科」。2014年12月の開業以来、地域の高齢者や近くの大学でスポーツに励む若者など、幅広い年代の診療を行ってきた。院長の武田裕介先生は脊椎外科を専門とし、研鑽のためにフランスへ留学した経歴を持つなど、確かな知識・技術と情熱を兼ね備えているドクターだ。同院は整形外科疾患全般に対応しているが、特に腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などに伴う坐骨神経痛に対するブロック治療や、骨粗しょう症の治療に注力している。検査やリハビリの機器も充実しており、骨粗しょう症の治療では腰椎大腿骨骨密度測定装置(DXA機器)を導入。従来の検査機器よりも正確に骨密度を測れ、治療の効果も把握しやすくい点がメリットだという。また2017年初頭には、新たなリハビリテーション用の機器を導入。同年秋には理学療法士を雇い入れる予定もあり、診療体制の充実に余念がない。仕事や学校の帰りに通いやすいようにと、水曜以外の平日は夜7時まで診療を行うなど、患者思いのクリニックだ。 青葉台駅すぐの好立地がうれしいフレッシュなクリニック 広々と開放感のある院内 診察室。患者とのしっかりしたコミュニケーションを心がけている リハビリテーション室も広く取られ、さまざまな機器がそろう 超音波診断装置など先端機器を完備

青葉台たけだ整形外科
あざみ野メンタルクリニック
神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-9-2 (あざみ野)

昭和大学藤が丘病院の精神科医である村田琢彦先生は、1998年に首都圏のベッドタウンとして人気の町あざみ野に初の精神科専門クリニックとなる「あざみ野メンタルクリニック」を開業した。駅から徒歩3分とアクセスもよく、1階に漢方薬局があるビルの2階に位置する。精神科は閉ざされている、というイメージを払拭するかのような明るい待合室と、優しい笑顔で迎えてくれる受付のスタッフが印象的だ。クリニックの専門は「うつ」と「不安」。世間で「うつ」に関する情報が独り歩きし、気分が沈んでいる原因をすべて「うつ」と考えてしまう傾向があるという。実際に薬物療法が必要である患者さんも多いため、クリニックでは初診の際、治療が必要であるか、カウンセリングが必要であるのかなど、心のわだかまりを最初に整理してくれる。「このもやもや感は何だろう」と思ったら、ひとりで悩まずドクターに相談することが解決への近道だろう。木曜は20時まで、土曜も毎週診療を行っているため、平日勤務の会社員が仕事を休むことなく通えるということも嬉しい。 あざみ野駅より徒歩3分。木曜夜は20時まで診療で会社帰りにも通いやすい 優しいスタッフが迎えてくれる開放的な雰囲気の受付 日差しが差し込む明るい待合室でリラックスして過ごせる 診察では的確な見極めのもと、「うつ」の診断を確実にしていく カウンセリングルームは3つ。院長が在籍する昭和大学藤が丘病院との連携も抜群

あざみ野メンタルクリニック

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る