横浜市青葉区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8115件掲載中(2021年02月27日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
神奈川県横浜市青葉区の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で10件から絞り込めます。

【神奈川県 横浜市青葉区】の頼れる病院情報検索結果10件表示

10件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

青葉台駅から徒歩約10分。桜台交差点からすぐの「あおばウィメンズホスピタル」は、出産を中心に女性のライフサイクルに合わせた医療を提供している。阿部孝彦院長とスタッフが一つになって患者に寄り添い、患者が自由にリラックスして出産できるような環境を整えている。中でも特徴的なのが分娩室の“COCOON”。映像と音楽で緊張を和らげ、リラックスして出産してもらうことをめざしているのだとか。出産が縁で出会った女性たちとずっと関わっていきたいと話す阿部院長。産婦人科の領域はもちろん、美と健康をテーマにスキンケアなどトータルで女性を支えることのできる病院を目標とする。(取材日2020年11月11日)

診療科目
産婦人科小児科
最寄駅
青葉台駅
所在地
神奈川県横浜市青葉区青葉台1-29-15
TEL(電話)
045-981-4103
産婦人科
時間
9:00〜12:00
15:00〜18:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

阿部 孝彦院長

1968年に開業した「みどり病院」を前身とする「あおばウィメンズホスピタル」。先代から続ける分娩への対応を中心に女性の美と健康をテーマに掲げ、ライフサイクルに合わせた医療を提供している。同院では患者が受診して良かったと思えるようなサービスを用意。リラックスした出産ができるようにとつくられた分娩室“COCOON”、1ヵ月健診時、家族に渡す赤ちゃんの写真を表紙にした“絆アルバム”をはじめ、今後は母親たちのスキンケアにも対応していく予定だという。同院の基本コンセプトは「as you like(アズユーライク=好きなように)」。母親一人ひとりが自由に出産を迎えることができるように、オンリーワンのサービスをめざしているそう。「お産が縁で出会えた患者とずっと関わっていきたい」と穏やかな笑顔を見せる阿部孝彦院長に同院での取り組みについて聞いた。(取材日2020年11月11日)

診療科目
脳神経外科整形外科内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
江田駅あざみ野駅中川駅
所在地
神奈川県横浜市青葉区荏田町433
TEL(電話)
045-911-2011
病院長メッセージ
病院長メッセージ

森本 将史病院長

横浜市北部の脳卒中医療を担う「横浜新都市脳神経外科病院」では、発症してから治療開始までの時間が重要な脳卒中の治療をより迅速に確実に行うため、24時間365日、脳卒中を専門とする多職種がチームを構成して対応している。脳神経外科以外にも、脳血管障害と関係性のある循環器内科、整形外科、リハビリテーション科、麻酔科にも対応。発症した患者への治療だけではなく、発症前の予防から発症後のリハビリテーションまで、超急性期から回復期まで一貫してサポートを行っている。質の高い医療とともに地域の人が小さな症状や不安でも気軽に足を運べる病院であることをめざす同院について、森本将史病院長に話を聞いた。 (取材日2019年6月26日)

診療科目
内科精神科心療内科消化器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
江田駅あざみ野駅市が尾駅
所在地
神奈川県横浜市青葉区あざみ野南1-1
TEL(電話)
045-912-0111
院長メッセージ
院長メッセージ

見上 光平院長

青葉区で精神科を標榜する病院である「江田記念病院」。2004年にこの地に移転し237床の内科と精神科を中心とした中規模病院として開設された。県精神科救急の輪番制度に加入しており、精神科救急にも力を入れている。外来は精神科、心療内科、内科を中心に、脳神経内科、整形外科、リハビリテーション科、皮膚科、外科などの診療を、入院病棟では精神科急性期治療病棟、認知症治療病棟および内科疾患の療養系病棟を備えた明るく清潔感のある療養型病院であり、地域の急性期病院からの信頼も厚い。また2018年7月には、増え続ける脳卒中や骨折・関節疾患患者へより専門性が高くきめ細かなケアで在宅復帰を支援するため、新たに回復期リハビリテーション病棟を設置。「都市型の精神科病院ならびに、亜急性期・慢性期医療に特化した病院としての役割を果たし、地域のニーズに応えていきたい」と話す見上光平院長に、病院のめざす方向性について話を聞いた。(取材日2018年2月21日)

診療科目
内科神経内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
市が尾駅
所在地
神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町23-1
TEL(電話)
045-511-7811
病院長メッセージ
病院長メッセージ

島倉 和朗病院長

横浜市青葉区市ヶ尾町、東急田園都市線の市が尾駅東口から歩いて5分ほどの県道12号線沿いにあるのが「医療法人社団 成仁会 市ケ尾病院」。幹線道路に面して大きな窓を多数配した、スタイリッシュな外観が印象的だ。2017年に運営母体が替わり、従来の急性期にも対応する病院から療養期・回復期に特化した病院へと運営方針を転換。翌年には病院名も「市ヶ尾カリヨン病院」から現在の名称に変更し、より地域に根差した医療の提供をめざす。新体制を率いる島倉和朗病院長は、現在も外来診療の一端を担う内科医師。「病院やクリニックなど幅広い医療機関での診療経験を生かし、地域密着の姿勢を強めたい。エリアの皆さんに心から頼られる病院をめざします」と熱く語る。新体制でますますの充実を図っていく姿勢の同院の魅力や今後の展望について、島倉病院長にじっくり話を聞いた。(取材日2019年11月12日)

診療科目
内科整形外科リハビリテーション科
最寄駅
たまプラーザ駅あざみ野駅
所在地
神奈川県横浜市青葉区元石川町4300
TEL(電話)
045-901-0025
病院長メッセージ
病院長メッセージ

澤井 崇博病院長

田園都市線あざみの駅西側の高台にある「青葉さわい病院」は、一般病床、地域包括ケア病床、回復期リハビリ病床、療養病床の、4種類の病床を有する病院だ。1985年に整形外科の単科病院としてたまプラーザで開業したが、横浜市の慢性的な病床不足に応え、住民が住み慣れた地域を出ることなく医療から介護まで受けられる態勢を整えるため、2005年に現在地に移転増床して再スタートを切った。高い専門性を有する整形外科に内科、リハビリテーションを加え、特に糖尿病、足の外科などでは専門的な診療を強化している。現病院長は2011年に就任した整形外科が専門の澤井崇博先生。一般外来診療から回復期リハビリテーションまで幅広く対応しながら、「思いやり」そして、「『生きている』喜びを」、という同院の理念に基づき、患者との触れ合いを重視し、信頼される病院をめざして日々、奮闘している。同院の特徴や得意の診療分野、将来の展望などを余すところなく語ってもらった。(取材日2014年5月20日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[横浜市青葉区]」のクリニック・診療所・医者も探せます 475件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
あざみ野クマザワデンタルクリニック
神奈川県横浜市青葉区新石川1-13-2(あざみ野)

東急田園都市線のあざみ野駅東口から徒歩3分の「あざみ野クマザワデンタルクリニック」。院長の熊澤亮人(あきひと)先生は患者の歯科医院への苦手意識を変えられるよう、清潔で居心地の良いクリニックづくりに努めている。「総合的な診断や治療を行えるようなクリニックをめざしたい」という熊澤院長。一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、矯正歯科と診療内容は幅広く、じっくりと口腔内の健康をサポートしてくれるため、さまざまな悩みを抱えた患者が訪れる。キッズルーム、おむつ交換台、子ども専用診察室など、子どもの患者や子育て世代への配慮もこまやかだ。衛生管理も徹底し、クラスBの滅菌器で治療器具の滅菌処理も行っている。矯正治療については、林真莉子先生による専門性の高い小児・成人矯正治療を受けることが可能(2020年3月現在)。横浜市営地下鉄ブルーラインのあざみ野駅からも近く、1番出口から徒歩2分。2台分の駐車スペースがあり、車での来院も可能だ。土曜・日曜も診療を行っているので、仕事をしていても通院しやすい。幅広い年代の患者が通いやすい、地域に密着した歯科医院である。 あざみ野駅から徒歩3分の場所に位置する 白を基調とし、清潔感にあふれた幅広い層が通いやすい歯科医院 カウンセリングルームでしっかりと話を聞いてくれる環境がある 待合室の隣にも待合室が広がり、ゆったりとした空間 小児専用の診療室。アニメを見ながら楽しく治療が受けられる

あざみ野クマザワデンタルクリニック
アルクスデンタルクリニック
神奈川県横浜市青葉区榎が丘54-18(青葉台)

青葉台駅から徒歩約14分にある「アルクスデンタルクリニック」。予防型クリニックをコンセプトに、検診やクリーニングに力を入れている。歯周病の専門知識を持った歯科衛生士が在籍。診療室のうち、最も大きなスペースをとっているのは検診・メンテナンスの専用ルーム。2018年時点では、診療室は3つだが、「将来的には5つまで増やし、そのうちの3つか4つの診療室をメンテナンスルームにするのが目標」と院長の横山翔太先生は展望を語る。機械によるクリーニング(PMTC)には特に力を入れており、例えば粗い研磨剤ではなく空気と目の細かいパウダーで汚れを落とす歯に負担をかけにくい機器を導入している。横山院長自身、大学卒業後は大学病院で4年間、歯周病を手がけてきた予防のスペシャリスト。加えて、補綴物の作製や義歯の調整、インプラント治療、一部矯正など、町のかかりつけ医としてオールマイティーに対応している。診療にあたって重視するのは、患者とのコミュニケーション。言いたいことが言える雰囲気づくりを大切にしているという。 夜間でも明るく見つけやすい外観 広々と遊べるキッズスペース 高級感と温かみのあふれる受付 白を基調とした清潔感のある治療室 初診コンサルティングでは患者とのコミュニケーションを重視

アルクスデンタルクリニック

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る