千代田区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8114件掲載中(2021年03月05日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
東京都千代田区の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で15件から絞り込めます。

【東京都 千代田区】の頼れる病院情報検索結果15件表示

15件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

「九段坂病院」は1925年創設という長い歴史を持ち、戦後は国家公務員共済連合会が運営する病院として、職域と地域の医療・健康管理に貢献してきた。特に整形外科の脊椎脊髄疾患は専門性の高い診療で知られ、全国から患者が訪れる。他院で治療に難渋していた症例を診ることも多いという。2015年の移転リニューアルで、診療機能と入院機能が格段に充実。急性期病棟と地域包括ケア病棟に新たに回復期リハビリテーション病棟が加わり、急性期から回復期までさまざまな状態の患者が入院可能になり、在宅復帰まで親身になってサポートしてくれる。MRIやCTの新機種導入で、さらに治療精度向上に努めている。(取材日2018年1月16日)

診療科目
内科外科整形外科皮膚科泌尿器科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
九段下駅
所在地
東京都千代田区九段南1-6-12
TEL(電話)
03-3262-9191
時間
08:30〜11:00
13:00〜14:30
院長メッセージ
院長メッセージ

中井 修院長

九段下駅から徒歩2分の便利な地にある「九段坂病院」。2015年11月に移転リニューアルした同院の建物はまるでホテルのようだ。広々した廊下や、やわらかいベージュで彩られた院内は落ち着いた雰囲気で、一見しただけでは病院とはわからない。特に脊椎脊髄疾患の診療を得意とし、全国から患者が集まることで知られている同院だが、リニューアルを機に回復期リハビリテーション病棟を新設し、高機能なCT、MRIの新機種を導入するなど、機能充実を図っている。その中軸である整形外科の指揮をとり、院長を兼任するのが中井修先生だ。インタビューでは、あまり形式ばった話はせず、至って自然体。優しく柔和な笑みを浮かべながら、わかりやすく話してくれた。「手術した患者さんとは一生の付き合いになる」と語る中井院長に、リニューアルの内容と脊椎脊髄疾患の診療について、詳しく聞いた。(取材日2018年1月16日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

大正15年に創設された『九段坂病院』は平成27年に千代田区との合築によって、これまでの病舎から新たな建物に移転。「高潔な志をもち、洗練された技術で愛情をこめて医療を行う」の理念のもと、質の高い医療を提供している。同院は九段下駅近くの都心にありながら、北の丸公園、牛ヶ淵、吹上御苑といった四季折々の豊…

東京都の教職員のための職域病院としての機能を保ちつつ、周辺地域からの患者も増やしている「公益社団法人 東京都教職員互助会 三楽病院」。さまざまな診療科をそろえ幅広く診療を行うとともに、脊椎脊髄疾患部門や内視鏡部門などは高い専門性を有し、数多くの症例を積み重ねている。さらに、糖尿病を中心とした生活習慣病や、精神疾患の治療、産科にも力を入れている点が特徴だ。近年は予防医療にも注力し、隣接ビルにて人間ドックを行う。また、地域包括ケア病棟60床も設置しており、大学病院や地域開業医との連携に積極的に取り組むなど、地域医療の拠点としても機能している。(取材日2020年7月7日)

診療科目
消化器内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
御茶ノ水駅新御茶ノ水駅
所在地
東京都千代田区神田駿河台2-5
TEL(電話)
03-3292-3981
時間
08:30〜11:00
13:00〜15:00
16:30〜18:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

和田 友則病院長

御茶ノ水駅からかえで通りを歩くこと3分。絶好のロケーションにあるのが「公益社団法人 東京都教職員互助会 三楽病院」だ。1933年に東京都教職員互助会会員のための病院として開設されたが、現在では広く一般の患者を受け入れている。2020年7月から病院長として同院を率いているのが和田友則先生だ。和田院長は、消化器の早期がんに対する内視鏡治療の黎明期から積極的に取り組み、その礎を築いた内視鏡のエキスパートで、現在も内視鏡センター長や消化器内科部長を兼任している。「当病院のスタッフはみんな優しくとてもフレンドリーです。地域の方々が気軽に普段着で来られる病院でありたいですね」と和田院長は話す。同院の特徴や地域医療での位置づけなどについて話を聞いた。(取材日2020年7月7日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

御茶ノ水駅から徒歩3分。アクセスに優れる『三楽病院』は、17の診療科と267床の病床を有する基幹病院。昭和8年に東京都の教職員互助会会員のための病院として開設されたが、現在では広く一般患者を受け入れる。「身近でフレンドリーな病院、普段着で来られる病院でありたいです」と和田友則病院長は話す。同院は幅…

診療科目
内科リウマチ科糖尿病内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
御茶ノ水駅新御茶ノ水駅
所在地
東京都千代田区神田駿河台1-8
TEL(電話)
03-3292-2051
院長メッセージ
院長メッセージ

相馬 正義院長

御茶ノ水駅から徒歩約3分の神田駿河台の地において、140年弱にわたって地域の人々に寄り添いながら時代に即した医療を提供しているのが「杏雲堂病院」だ。がん診療をはじめとする専門性の高い医療を提供する同院は、加えて、地域包括ケア病棟や緩和ケア病棟を備えることで、大学病院や基幹病院がひしめく同地において地域の住民に寄り添う医療を展開している。そんな同院の院長で、「一人ひとりの患者さんに満足してもらえるような医療を提供することをめざしています」と穏やかな口調で話す相馬正義院長に、同院について話を聞いた。(取材日2020年11月12日)

診療科目
眼科
最寄駅
御茶ノ水駅新御茶ノ水駅
所在地
東京都千代田区神田駿河台4-3
TEL(電話)
03-3295-0911
院長メッセージ
院長メッセージ

井上 賢治院長

明治初期から続く「井上眼科病院」の第11代院長で、井上眼科病院グループの理事長も務める井上賢治院長。「眼の疾患は非常に種類が多く、治療は専門ごとに細分化される傾向にあります。当グループは各施設がそれぞれの専門分野を担い、さまざまな眼の疾患に対応できる体制で、「眼」の総合病院として患者さまの多様な要望に応えたいのです」と話す。超高齢社会を迎えて、白内障や緑内障など主に加齢から起こる病気の患者数はさらに急増すると考えられ、外来診療をグループ内の各院が担い、手術・入院を同院が担当するなど、密接な連携で高度な医療を提供していくという。同グループの基本理念の一つ「患者さま第一主義」を基に、「常に患者さまの身になって診療したい」と語る井上院長に、同院のめざす診療について詳しく聞いた。(取材日2017年12月1日)

診療科目
耳鼻咽喉科麻酔科皮膚科形成外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
御茶ノ水駅新御茶ノ水駅
所在地
東京都千代田区神田淡路町2-25
TEL(電話)
03-3253-3351
院長メッセージ
院長メッセージ

神尾 友信院長

千代田区で100年以上の歴史を誇る「神尾記念病院」は、全国でも数少ない、耳鼻咽喉科の専門病院だ。大学病院と地域のクリニックの間を担う存在として、近隣の住民をはじめ全国から患者が訪れている。同院は、手術による治療実績が豊富だが、外来診療にも力を入れており、診察室を増設するなどして患者のニーズに応えている。2016年からは人工内耳手術を開始し、同時に補聴器の専門外来を新設。高齢社会に伴い「耳が聞こえづらい」と悩む人が増えているなか、患者に希望を与えている。「補聴器や人工内耳で戻るかもしれない聴覚を諦めないでほしい。長寿の時代を、楽しく過ごしていただきたいなと思っています」と院長の神尾友信先生。今回の取材では、耳領域、鼻領域における治療の強みや今後の展望について聞いた。 (取材日2017年11月24日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[千代田区]」のクリニック・診療所・医者も探せます 700件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
丸の内 帝劇デンタルクリニック
東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビルB2F(有楽町)

JR山手線有楽町駅から徒歩2分。東京メトロ有楽町線有楽町駅、都営地下鉄三田線日比谷駅のB3出口直結。東京メトロ日比谷線や千代田線の日比谷駅からは徒歩5分。千代田線二重橋駅、各線銀座駅からは地下通路で徒歩8分ほど。JR線東京駅からも徒歩10分。「丸の内 帝劇デンタルクリニック」はメトロ改札口から直結した帝国劇場が入るビルの地下2階で、都心のアクセスの良い場所にある。院長の阿部洋太郎先生は、都内のインプラントや審美歯科専門のクリニックで経験を積み、2014年に同院を開業。現在は審美歯科に注力するクリニックとして、幅広い年齢層の患者が同院を訪れている。できる限り歯を削らない、負担が少なく体にやさしい審美面に配慮した歯科診療を行うことが同院のテーマだ。特に、進化型のラミネートベニアの治療については、遠方からの患者も多いのだそう。他にはホワイトニング、マウスピース型の装置を用いた矯正なども行っている。ユニットは個室の1台を含め全部で5台。歯科衛生士のスタッフが6人在籍する(2019年10月現在)。予約診療制。 各線日比谷駅、有楽町駅から徒歩すぐの帝国劇場の入るビルの地下 明るく落ち着いた雰囲気の待合スペース 治療についての説明や相談を行うカウンセリングルーム 個室もありプライバシーが守られた診療スペース 木のぬくもりを感じられる受付

丸の内 帝劇デンタルクリニック
神田ふくしま歯科
東京都千代田区神田鍛冶町3丁目2-1 サンミビル6階(神田)

神田駅北口から徒歩1分。商業ビルの6階に入居する「神田ふくしま歯科」。福嶋広院長は、東京医科歯科大学歯学部卒業後、銀座の歯科クリニックで院長を務めるなど研鑽を積み、2012年に開業した。歯科、矯正歯科、審美歯科を標榜し、特に歯茎が下がる、黒いなどの悩みに対しては歯茎の移植手術(再生治療)を行っている。また、噛み合わせ治療にも力を入れ、拡大鏡や顕微鏡を使った精度の高い治療にこだわりを持つ。保険外治療はなるべく費用に配慮しながら各患者に適切な治療を心がける。南向きの明るい院内には、5台の診療ユニットをパーティションで仕切って設置し、窓からは新幹線が通る様子が見えるなど見晴らしがよい。ホームページでも治療法などを詳しく紹介するなど、患者への歩み寄りとして情報発信もしている。そのため関東近郊だけでなく遠方からの患者も多く来院する歯科医院だ。 神田駅より徒歩一分。ビルの6階にある 待合室。マッサージチェアや雑誌類があり、ゆったりとした空間 治療室。窓からの景色は辺りを見渡せ、開放感がある 受付。予約にも対応している 患者への説明を丁寧にし、納得した上での治療を心がけている

神田ふくしま歯科

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る