千葉市中央区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8190件掲載中(2017年10月22日現在)

<ドクターズ>・ファイル

病院・クリニック・医者を探す

ホスピタルズ・ファイル
千葉県千葉市中央区の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で16件から絞り込めます。

【千葉県 千葉市中央区】の頼れる病院情報検索結果16件表示

16件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

千葉みなと駅から徒歩約10分。「一般社団法人巨樹の会 千葉みなとリハビリテーション病院」は、回復期におけるリハビリテーションを担う病院だ。急性期での治療を受けた後に病状が安定し始めた回復期における患者の身体的・精神的機能を伸ばし、社会や家庭に復帰することを目的とする。年間で365日と休まずにリハビリテーションを提供することにより、早期の在宅復帰を促す。セラピストや看護師、ケアワーカーなどの人数も多く、高い機能回復率を実現している。脳卒中や骨折など不慮の出来事が起きた後に急激な生活の質の低下を防ぐためにも、こうした病院の存在は知っておくべきだろう。(取材日2015年12月28日)

診療科目
リハビリテーション科
最寄駅
千葉みなと駅
所在地
千葉県千葉市中央区中央港1-17-18
TEL(電話)
043-245-1555
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

片山 薫院長

白いグランドピアノ、ゆったりとしたソファ、そして、天井にはシーリングファン。リゾートホテルのような雰囲気伊を醸し出すロビーが印象的な医療施設が「一般社団法人巨樹の会 千葉みなとリハビリテーション病院」である。回復期のリハビリテーションを専門的に担う病院として、2014年に開院した。セラピストの適切なサポートによって支えられるリハビリテーションを経ることで、回復期の重症患者たちは、みるみるうちに身体機能を取り戻していく。かつては、主に脳血管疾患などの急性期医療に携わっていたという片山薫院長は「そうした回復期における劇的な改善の様子を、驚きの念を持って見ていた」と話す。食事、着替え、移動など、日常生活における活動がどのぐらい実践できるのかを示す尺度であるFIM(機能的自立度評価表)でも、結果が出ている。「巨樹の会」グループでのリハビリテーションを経験した患者は、平均して27ポイントもこの指標における数値が上昇し、同様の施設における全国的なレベルを大きく上回っているのである。回復期リハビリテーションの重要性や地域連携などに関して、片山院長に話を聞いた。(取材日2015年12月28日)

診療科目
内科消化器内科呼吸器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
千葉駅蘇我駅鎌取駅
所在地
千葉県千葉市中央区仁戸名町682
TEL(電話)
043-261-2211
院長メッセージ
院長メッセージ

室谷 典義院長

千葉市中央区の「独立行政法人地域医療機能推進機構 千葉病院(JCHO千葉病院)」を訪ねた。同病院は千葉県の透析医療の中心的な存在として、健康管理施設や介護老人保健施設なども併設。内科、腎臓内科、外科、整形外科をはじめ幅広い科に対応している。治療が難しいとされる透析患者の合併症については、千葉県内をはじめ他県からの紹介も多く、病院や地域の医院との連携にも力を入れているそうだ。今回は、千葉県透析研究会の会長も務め、「自分で歩き、ごはんもおいしく食べられる、元気な透析患者をめざして治療をしたい」と話す室谷典義院長に、人工透析についての話や、地域での取り組みなどについて聞いた。(取材日2017年5月16日)

診療科目
内科精神科神経内科呼吸器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
本千葉駅
所在地
千葉県千葉市中央区青葉町1273-2
TEL(電話)
043-227-1131
病院長メッセージ
病院長メッセージ

山本 恭平病院長

JR総武線千葉駅からバスで約20分。中央区青葉町の一角にあるのが「千葉市立青葉病院」だ。中に入ると受付ロビーは吹き抜けになっていて解放感があり、多くの患者が行き交っていても煩雑さは感じられない。地域の二次医療機関として大きな責務を担う同病院を率いているのは山本恭平病院長。山本院長は、職員が笑顔で仕事をすることが患者の安心感や信頼感につながると考え、より良い職場環境づくりに心を砕く。自身の専門である糖尿病の治療では、仕事で忙しい患者のために週末集中的に食事療法や運動療法に学べる週末入院プログラムを考案するなどアイデアマンでもある。若手の教育にも力を入れており、研修医に対する総合診療的な臨床研修や学会発表の奨励、新人看護師の教育などさまざまな工夫を凝らし人材育成を図っているという。笑顔を絶やさず話すその姿は優しく慈愛に満ちており、まさに基本理念そのままだ。そんな山本院長に病院の特徴などについて話を聞いた。(取材日2017年5月29日)

診療科目
内科皮膚科泌尿器科外科整形外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
西千葉駅西登戸駅
所在地
千葉県千葉市中央区春日1丁目16-5
TEL(電話)
043-247-3821
診療科目
整形外科精神科リハビリテーション科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
千葉寺駅
所在地
千葉県千葉市中央区千葉寺町188
TEL(電話)
043-261-3336

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[千葉市中央区]」のクリニック・診療所・医者も探せます 333件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
やまぐち歯科
千葉県千葉市中央区千葉寺町1223-4 (千葉寺)

京成電鉄千原線の千葉寺駅から徒歩3分の「やまぐち歯科」。院内は清潔感が溢れる心地よい空間。キッズスペースが設けられているほか、曜日によっては女性歯科医師の診療もあり、子どもや小さい子連れのママでも来院しやすい環境だ。同院ではインプラントや矯正を得意とし、入れ歯から審美歯科、小児歯科、口腔外科と幅広く診療するが、最大の特徴は「薬に頼らない予防歯科」だ。山口靖院長は、治療はともかく予防に薬を使わないという診療方針から薬品の含まれていない「タンパク分解型除菌水」を導入。アルコールよりも消毒効果が高いと言われるこの除菌水を、患者のうがいをはじめ治療に使う水や院内設備の消毒清掃にも使用している。明るく清潔な院内や、優しく親しみやすいスタッフも魅力で、遠方から通う患者も多い。 お洒落な建物は院長の兄が設計した 温かみのある院内 診療室も明るい雰囲気で、いつも清掃が行き届いている 院内の掲示で情報発信をおこなう キッズスペースも設けている

やまぐち歯科
医療法人社団至心会 田那村内科小児科医院
千葉県千葉市中央区新宿2ー5-21 (千葉中央)

京成電鉄・千葉中央駅そばの「田那村内科小児科医院」。同院は田那村彰院長の母が1961年に開業。長く身近な家庭医として診療を続けている。途中で雅子副院長も加わり、2000年に代替わりをした。悩んでいるけれどどんな医療機関に行けばわからないといった人にも対応し、必要があれば適切な医療機関を紹介。紹介した後も患者との関係を絶やさず、うまくいかなかった場合は再度合いそうな医療機関を吟味する。「今は高齢化と医療の専門化が進み、一人の医者だけじゃ患者を支えられない。多職種と密につながりつつ、地域全体でフォローしていくことが必要」と2人は話す。3階のコミュニティスペースでカフェを開いたり、コミュニケーション方法の勉強会を開いたりしているのもそういった考えの現れだ。いろいろな相談に快く応えてくれる点がクリニックの大きな魅力と言えるだろう。 駅の目の前なので通いやすいクリニック 待合室は落ち着ける雰囲気 キッズルームはとても広いのでママたちも安心 3階のコミュニティスペースにはゆっくり過ごせる工夫がたくさん さまざまな検査機器がしっかりと完備されている

医療法人社団至心会 田那村内科小児科医院

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る