小岩駅の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8181件掲載中(2019年08月23日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
小岩駅の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で4件から絞り込めます。

【東京都 小岩駅】の頼れる病院情報検索結果4件表示

4件表示 [1-4]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

下町情緒漂う小岩の地で半世紀以上にわたって地域密着の医療を実践してきた産科・婦人科の「岩倉病院」。小岩駅から徒歩3分の好立地にある。開院当初から、より自然に近い分娩が基本。3代目の岩倉孝雄院長は伝統を受け継ぎ、日々、周産期医療の提供に尽力する。病床は33床。各種妊婦教室の開催や出産前後のこまやかなフォローなど、スタッフ一丸となった丁寧なトータルサポート体制に努めており、数多くの分娩実績を積み重ねる。子宮筋腫や子宮脱など、婦人科疾患で来院する患者も多く、難手術の場合には連携病院への迅速な紹介も行う。中国語や英語が堪能なスタッフも在籍。(取材日2018年3月20日)

診療科目
産科婦人科産婦人科
最寄駅
小岩駅
所在地
東京都江戸川区南小岩7-28-4
TEL(電話)
03-3659-3215
受付時間
時間
9:00〜12:45
14:00〜18:45
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

岩倉 孝雄院長

小岩駅から徒歩3分。下町の情緒あふれる駅前の商店街を一歩入った先に「岩倉病院」がある。1955年の開院以来、半世紀以上にわたって地域の周産期医療を担い続けてきた産科・婦人科病院。「初代院長の祖父の代からずっと自然分娩を基本に、地域医療への貢献を心がけてきました」と、3代目の岩倉孝雄院長は温かな笑みを浮かべる。女性専科である同院のモットーは「お母さんと赤ちゃんの明るい家庭のために」そして「全女性の健康と生活向上のために」。妊娠初期から出産、入院、退院後までトータルにフォローするとともに、ニーズに合わせた各種教室も多数企画。婦人科診療においては、外国語の話せる医師を配置するなど幅広い患者層にこまやかに対応する。4Dエコーをはじめとした先進機器の導入や、近隣病院との柔軟な連携体制も、多くの女性たちから厚い信頼を寄せられる一因だろう。「祖父と父が築き上げた伝統を守りつつ、新しい取り組みを検討することで、皆さまのお産のお手伝いをしていきたいと思っています」と、穏やかに語る岩倉院長に、病院の歴史や日々の診療で心がけていること、今後の展望まで、じっくりと話を聞いた。(取材日2018年3月20日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

昭和30年の開院から六十余年にわたり、自然分娩を基本とした地域密着型の周産期医療を提供してきた『岩倉病院』。高い出生率を維持する一方で産科は減少している江戸川区において、同院が果たす役割は非常に大きく、地域からの期待は高い。母子3代で通う人も多く、60周年の節目であった平成27年12月までの間に取…

江戸川区の地域医療を支える「東京東病院」。JR小岩駅と都営新宿線瑞江駅の双方からバスが利用できる。消化器治療に特化し、内視鏡を使ったESD手術や腹腔鏡手術など、低侵襲な手術に取り組むなど地域密着型の病院でありながら専門的な医療を提供している。その他、胆石、ヘルニア、痔の治療も行い、96床(一般48床、療養48床)ある病棟は、介護施設や在宅で急変した患者の受け入れ先としても重要な役割を果たす。同法人が運営する介護老人保健施設が隣接し、病院の各フロアとつながっているため、医療と介護の切れ目のない連携が実現。通院での化学療法や、緩和ケアにも力を入れている。 (取材日2018年1月25日)

診療科目
外科消化器外科呼吸器外科肛門外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
小岩駅瑞江駅
所在地
東京都江戸川区鹿骨3-20-3
TEL(電話)
03-5636-3030
時間
9:00〜12:00
14:00〜17:00
院長メッセージ
院長メッセージ

菊地 仁院長

小岩駅から車で10分ほどの場所にある「東京東病院」は、長年にわたって地域医療を支えてきた「菊地外科胃腸科」の入院施設として、2008年に開設された病院だ。院内はダークブラウンを基調とした落ち着いた内装で、病院というよりもまるでホテルのような雰囲気が漂う。病院のロゴマークでもある3つの輪が並んだデザインは、「医療・介護・福祉」の一体化という病院のコンセプトを表したもの。診療の中心となる消化器診療では、内視鏡や腹腔鏡を使った手術にも対応するなど、高度な医療を提供している。院長を務める菊地仁先生は国立がん研究センター中央病院で消化器外科の研鑽を積み、豊富な治療実績があるドクターだ。胃がんや大腸がんといった日本人の死因の上位を占める疾患の治療に携わってきた経験から、早期治療の重要性を説く。「治療や検査で後悔してほしくない」と話す菊地院長に、同院の診療の特徴やかかりつけ医としての地域病院のあり方について話を聞いた。 (取材日2018年1月25日)

診療科目
内科循環器内科呼吸器内科神経内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
小岩駅
所在地
東京都江戸川区東松本2-14-12
TEL(電話)
03-3657-1181
院長メッセージ
院長メッセージ

三舩 瑞夫院長

JR総武線・小岩駅南側の落ち着いた住宅街と新中川の間に建つ「江戸川メディケア病院」は、この地で70年以上の歴史を有する片山病院が、江戸川病院グループに入ったことを契機に生まれ変わった病院だ。これからの同院は、急性期医療を担う江戸川病院と密に連携しながら、回復期・慢性期医療、さらに在宅医療支援や緩和ケアを担い、地域包括ケアシステムの拠点として貢献することをめざしている。江戸川病院で10年以上診療し、地域の事情にも明るい三舩瑞夫院長は「新しい役割を果たせるように、病院のスペックを作り変えるのが私の仕事」と明快に語る。新病院のスタート以後、新しい機器の導入やリハビリテーションの充実など着々と機能強化を進め、2019年春には新病棟の完成をめざしている。再スタートした同院のコンセプトや機能について詳しく話してもらった。 (取材日2018年6月19日)

診療科目
内科外科小児科
最寄駅
小岩駅京成立石駅
所在地
東京都葛飾区奥戸2丁目31-3
TEL(電話)
03-3692-7610

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[小岩]」のクリニック・診療所・医者も探せます 148件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
白石医院
東京都江戸川区東小岩4-33-16(小岩)

「白石医院」は1900年に白石宏志院長の先代が開業して以来、長年地域医療に貢献してきた。医院継承は2000年以降のことだが、20年以上、勤務と並行して医院での代診も行ってきたため、患者に負担を強いることなく滞りなく継承された。白石院長は循環器を専門とするが、地域のホームドクターとして内科全般を診療する一方、禁煙専門の外来、睡眠時無呼吸症候群(SAS)、訪問診療など、社会的な要請の高い診療内容をホームページなどで掲出し、健康意識の拡大や治療誘導を行っている。近在の江戸川病院、岩井整形外科内科病院をはじめ、都内の高度医療機関とのリレーションもあり、病診連携体制も確立させている。近年は需要の高まる訪問診療にも力を入れており、医院の正面にある介護ステーションほか区内の在宅介護拠点と連携した医療を展開している。 広々とした落ち着きのある待合室 院長による丁寧な説明が行われる診察室 検査室ではレントゲン撮影や点滴を行う 禁煙相談には多くの患者が集まる 各種機器をとりそろえ、安心の地域のかかりつけ医

白石医院
医療法人社団 金本皮膚科
東京都江戸川区南小岩7丁目21-18(小岩)

医療法人社団 金本皮膚科

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る