全国の頼れる病院・総合病院・大学病院を検索
病院・総合病院・大学病院7,983件の情報を掲載(2024年4月20日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市戸塚区
  4. 東戸塚駅
  5. 医療法人財団明理会 東戸塚記念病院
  6. 山崎 謙 院長

医療法人財団明理会 東戸塚記念病院

(神奈川県 横浜市戸塚区)

山崎 謙 院長

最終更新日:2023/07/03

20230601 main z50772 20230516 2620230601 main z50772 20230516 26

東戸塚エリアの地域医療を支える急性期病院

東戸塚駅東口から徒歩約3分という利便性の高い場所にあるのが、「東戸塚記念病院」だ。地域の急性期医療を担う基幹病院として、24時間365日体制で救急医療に対応し、高齢者の骨折から脳卒中や心筋梗塞などの救急搬送患者を横浜市内でも特に多く受け入れている同院。同時に、整形外科に力を入れており、脊椎疾患や人工関節置換術をはじめとする手術も積極的に取り組んでいるほか、骨粗しょう症の早期発見と治療にも尽力。加えて、内科や外科の幅広い診療に対応するなど、地域に必要とされる医療を提供することができるよう体制を整えている。そんな同院の院長で、「大学病院にも劣らない機能を持ちつつ、すぐに受診ができる、ハードルの低い病院をめざしています」と話す山崎謙先生に、同院の診療や運営について詳しく話を聞いた。(取材日2023年5月16日)

まずは、病院を紹介していただけますか?

20230601 1 z50772 20230516 02

当地域は、JR横須賀線東戸塚駅が1980年にできてから、急速に人口が増えて発展した街です。その中で、当院は1988年に横浜市東戸塚エリアを中心とした地域の急性期医療を担う中核病院として開設されました。現在は、ほかのIMSグループの病院とも連携しながら、地域医療に取り組んでいます。特に、救急医療は二次救急病院として積極的に取り組んでおり、24時間365日体制で高齢者の転倒による骨折や脳卒中、心筋梗塞などに対応し、横浜市内でも多くの数を受け入れています。また、内科系と外科系、整形外科をはじめ幅広く診療しているほか、病床はHCUを含む急性期病棟と25床の地域包括ケア病棟を運用しています。地域の医療機関からは専門的な治療が必要な方を紹介していただき、必要であれば入院加療を行い、その後は慢性期の病院や在宅医療につなぐなど、地域で連携しながら患者さんを診ていくことを大切にしています。

力を入れているのは、どのようなことでしょうか?

20230601 2 z50772 20230516 06

私の専門でもある整形外科です。特に、腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などに対する内視鏡手術で、直径が8ミリのスコープを体に開けた穴から入れてヘルニアや神経の圧迫を除去するFESSと呼ばれる手術を得意としています。体に1センチ程度の傷しか残らず、術後の早期回復も見込める低侵襲の手術で、特に高齢者には器具で脊椎を固定する手術などが難しいですが、この方法なら体への負担も少なく日常生活に復帰がめざせます。ほかに、大腿骨近位部骨折では、通常は骨頭の部分だけを人工のものに変えますが、元気な高齢者であれば、その周辺も含めて人工関節に変えています。膝の人工関節手術では、一般的には全部を交換しますが、当院では内側、あるいは外側だけの悪いところだけを人工関節にするUKAと呼ばれる方法で行っています。これらの方法なら、術後の痛みなどをより軽減することや、より早期からのリハビリテーションを行うことが望めます。

ほかに力を入れていることはありますか?

20230601 3 22865 20230515 %e5%8a%a0%e8%97%a4 %e6%89%8b%e8%a1%93%e5%ae%a4

整形外科では、骨粗しょう症の治療にも力を入れています。特に、高齢者の大腿骨近位部骨折や脊椎の圧迫骨折を予防するには骨粗しょう症の治療は大切で、当院では希望する人には自費ですが、費用負担も少なく骨密度の検査が受けられるようにしています。それによって骨粗しょう症の人を拾い上げて、早期に治療することに取り組んでいます。循環器内科には専門の常勤医師が5人いて、心不全や狭心症、心筋梗塞などの入院加療のほか、平日は24時間体制で心筋梗塞などの緊急の心臓カテーテル治療などもできるよう体制を整えています。同様に、脳神経外科も脳出血やくも膜下出血、脳梗塞などの救急患者さんを、夜間も含めてできるだけ受け入れるようにしています。また、泌尿器科には専門の医師が着任したこともあり、尿管結石の治療ができる設備を準備しているほか、前立腺肥大症の低侵襲手術である経尿道的水蒸気治療(WAVE)にも積極的に取り組んでいます。

病院を運営する上で心がけていることを教えてください。

20230601 4 22865 20230515 %e5%8a%a0%e8%97%a4 1%e9%9a%8eb%e6%a3%9f%e3%83%ad%e3%83%93%e3%83%bc2

当院の理念は、「全職員に信頼される医療の実践と、地域住民に必要とされる病院」です。多くの病院では最初に地域住民を持ってくるところにあえて全職員と掲げたのは、職員たちが医療を一番身近で見ているからです。その上で、自分の家族や親しい友人をここで診てもらいたいと思える病院であれば、自ずと地域から信頼される病院になる。そして、私は寧静致遠(ねいせいちえん)という言葉が好きで、はるか遠くにある目的地も誠実で地道な努力の積み重ねにより到達できるという教えですが、それは病院にも当てはまると考えています。加えて、患者さんとその家族の立場に立った治療をすること。例えば、誤嚥性肺炎を繰り返す高齢者に抗生物質を投与して、落ち着いたから施設に戻す。でも、すぐにまた誤嚥性肺炎を起こして連れて来られる。それを延々と繰り返すのが、果たして患者さんや家族のためになるのか。そういうことも考えないといけないと思っています。

最後に今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

20230622 5 mri%e6%a9%9f%e5%99%a8

新型コロナウイルス感染症の流行から3年以上がたちますが、その中で病院の欠点が見えてきたところがあります。当院は、土地も狭くて建物も小さく個室も少ない。そうすると、院内感染が起きやすくなります。それに、整形外科に力を入れているため回復期リハビリテーション病棟も造りたいですが、現状のままでこれ以上広げることは難しい。そういったハード面をもっと充実させればより質の高い病院になるはずですが、同時に立地は良いですし、東戸塚から離れることはしたくありません。具体的な計画はこれからですが、それらのことも考えながらハード面を充実させたいというのが展望です。そして、皆さまに伝えたいのは、病気や健康のことで困ったら当院に来てくださいということです。当院は大学病院にも劣らない機能を持ちつつ、すぐに受診ができる、ハードルの低い病院をめざしていますので、どんなことでも本当に気軽に相談をしていただきたいと思います。

20230601 main z50772 20230516 26

山崎 謙 院長

1988年宮崎医科大学(現・宮崎大学医学部)卒業後、昭和大学藤が丘病院整形外科に入局。医局派遣病院勤務を経て1996年より同院。整形外科部長、副院長を経て2014年より現職。日本整形外科学会整形外科専門医、日本リウマチ学会リウマチ専門医。専門は人工関節治療、脊椎疾患。

自由診療費用の目安

自由診療とは

骨密度検査/500円~

access.png