全国の頼れる病院・総合病院・大学病院を検索
病院・総合病院・大学病院7,982件の情報を掲載(2024年4月15日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 高槻市
  4. 高槻駅
  5. 社会医療法人愛仁会 愛仁会リハビリテーション病院
  6. 診療科目・部門一覧
  7. リハ技術部

最終更新日:2024/01/17

社会医療法人愛仁会
愛仁会リハビリテーション病院

1
  • 大阪府高槻市白梅町5-7
    • リハビリテーション科
    • 脳神経外科
    • 整形外科
    • 内科

    • 循環器内科
    • 小児科
    • 精神科
    • 皮膚科
    • 歯科
    • すべて見る

リハ技術部

診療科・部門紹介

他職種が集結したリハビリテーションチームが一丸となって、「地域へ参加できる生活」をサポート

5つの部門で構成されるリハ技術部。座る・立つ・歩くといった基本動作能力の回復をめざす理学療法部をはじめ、健康や幸福にもつながる作業に焦点を当てた作業療法部、音声・言語・聴覚・嚥下機能に障害のある患者を対象とする言語療法部、通院リハビリ・訪問リハビリに力を入れる在宅支援部、院内研修を担う教育研修部に分かれている。理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が数多く在籍し、患者のリハビリを包括的にサポート。「地域へ参加できる生活を」を理念に、他職種スタッフが協力し合い、患者一人ひとりに向き合っているのが強みだ。患者が再び地域での暮らしに戻れるように、リハビリチーム一丸となって質の高いリハビリ医療をめざす。

1

リハビリテーションの様子

2

作業療法のスペース

スタッフ紹介

スタッフ

Dr1

池上 泰友理学療法科科長

2005年国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻修了。2005年同法人の千船病院勤務。2019年より現職。

メッセージ

リハビリテーション機器は日々進化を遂げています。先進機器を積極的に導入し、エビデンスに基づいた理学療法を提供しています。また、新入職員1人に指導員1人が1年間ついて研修を行うなど、教育体制が整っているのも大きな強みです。若いスタッフを中心に、活気あふれるチームが一丸となって、目標に向かって取り組んでいます。患者さまが再び元の生活に戻れるように、そして社会復帰できるように努めていきますので、私たちにお任せください。

Dr2

塚本 賢司作業療法科科長

2005年大阪医療福祉専門学校卒業。2008年から愛仁会リハビリテーション病院勤務。2018年より現職。

メッセージ

作業療法は、生活により密着した治療・援助を基本とします。そのため、生活に直結する患者さまの価値観や思いをしっかり聞き取り、一人ひとりに合わせたオーダーメイドのリハビリテーション医療を提供していくことが大切です。当部は心根の優しいスタッフがそろい、患者さまの心に寄り添っていけるように努めています。患者さまと療法士がお互いを理解し合い、リハビリテーションに取り組むことは、より良い結果へとつながるもの。そんな信頼関係のある「共同作業」をめざしていきます。

Dr3

西島 浩二言語療法科科長

2011年大阪医専卒業後、愛仁会リハビリテーション病院勤務。2020年より現職。

メッセージ

患者さまにとって、退院はゴールではありません。実際の生活に戻る、重要なスタートです。私たち言語聴覚士は、患者さまの生活を第一に考え、今後の生活により良い影響を与えられるリハビリテーションの提供に取り組んでいます。2022年度からは摂食嚥下障害専門の外来も開始し、入院患者さまだけでなく、地域の方々への対応もできるようになりました。患者さま一人ひとりと真摯に向き合っていきますので、安心して当院の言語聴覚療法をお受けいただければと思います。

20220926 dr4

貞末 仁美教育研修科科長

1998年行岡リハビリテーション専門学校卒業。2011年神戸大学大学院保健学研究科博士前期課程修了。2015年から愛仁会リハビリテーション病院勤務。2021年より現職。

メッセージ

われわれの役割は、患者さまがそれぞれの生活に戻るために必要なリハビリテーション医療の提供に貢献できる人材を育成することです。特に新入職員については、療法士だけでなく院内の全部門・全職種を対象としています。社会に出る第一歩を抵抗感なく安全に踏み出してもらえるよう、そして専門職としてスキルアップできるよう、OJT(On the Job Training)、off-JT(off the Job Training)でサポートしています。

Dr5

山下 真人在宅支援科科長

2008年関西医療技術専門学校卒業後、愛仁会リハビリテーション病院勤務。2020年より現職。

メッセージ

患者さまがご自宅で問題なく生活できるように、通院・訪問リハビリテーションに取り組んでいます。特に訪問リハビリテーションは住み慣れたご自宅で行うため、患者さまの思いをくみ取りやすい環境です。ご本人が何を一番望んでいるのかをしっかりと確認しながら、実際の生活場面で安全にリハビリテーションができるように心がけています。なお、すでに在宅療養中の方への対応も受付中です。ケアマネジャーさんを通じて、ご相談ください。

関連記事

access.png