全国の頼れる病院・総合病院・大学病院を検索
病院・総合病院・大学病院7,987件の情報を掲載(2024年2月27日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市住吉区
  4. 我孫子町駅
  5. 医療法人錦秀会 阪和記念病院
  6. 診療科目・部門一覧
  7. 人工関節センター

最終更新日:2023/10/04

医療法人錦秀会選定療養費あり
阪和記念病院

1
  • 大阪府大阪市住吉区南住吉3-5-8
    • 内科
    • 消化器内科
    • 循環器内科
    • 外科
    • 消化器外科

    • 整形外科
    • 形成外科
    • 脳神経外科
    • 泌尿器科
    • 眼科
    • すべて見る

人工関節センター

診療科・部門紹介

患者が望む治療のゴールを実現すべく、保存療法から人工関節手術まで幅広く対応

主に股関節と膝関節を対象に、保存的治療から手術加療まで、多岐にわたる選択肢から各患者の症状やニーズに応じた治療を提供。特に人工関節手術に関しては、豊富な診療経験を持つ医師が、クリーンな手術室でナビゲーションシステムなど先進の診療技術を活用し、長く使い続けられる精度の高いインプラント設置に取り組む。週2回の外来では、症状の経過とともに患者の日常生活や治療でめざすゴールなどを丁寧に問診。CT、MRIなどの画像検査もスムーズで、診断結果や治療法などもわかりやすく説明している。きめ細かなリハビリテーションも同院の特徴で、人工関節手術後には安心して日常生活へ戻れる状態をめざしサポートする。

1 z51478 20230602 28

患者への説明で使用する人工関節の模型

スタッフ紹介

責任者

Dr1 z51478 20230602 21

中川 滋人工関節センター長

1996年大阪市立大学卒業。同大学医学部附属病院整形外科へ入局し関連病院に勤務。1998年には同大学大学院医学研究科外科系専攻へ進み、2001年には英国王立ロンドン病院関節外科へ留学。2009年大阪労災病院整形外科、2013年同病院整形外科・関節外科部長、人工関節センター長。2022年4月より阪和住吉総合病院整形外科、同年6月から現職。関節外科や人工関節が専門で、インプラントの開発にも携わる。

メッセージ

かつては関節がすり減り痛みが強くなっても、根本的な治療はできなかったのですが、1980年代以降は人工関節手術が急速に普及し、今では多くの方が人工関節のメリットを享受できるような時代になりました。個人差はあるものの、50代を過ぎると半月板や軟骨はどうしても傷んできます。しかし今は70代半ばであっても元気な方が多く、仕事に趣味にと活躍されています。当センターでは、画像検査などで重症度を確認し、軽度であれば運動療法や薬物による痛みへのアプローチ、ヒアルロン酸注射などで治療を始めます。ただ、傷みが進行していればこれらの保存療法では十分ではなく、人工関節も検討することになります。関節の治療ではこのあたりの見極めが非常に重要で、当センターの専門性と患者さんのご希望をすり合わせながら、治療方針を見出していきます。多くの場合はまず保存治療が適応になりますが、傷みが進んだ関節は、虫歯と同じように治癒することはありません。今は人工関節の耐久性も向上し、長期の使用が見込める時代に入っていますので、活動的に過ごせる毎日を取り戻すためにも、必要な方は思い切って手術を受けてほしいと思います。

スタッフ

Dr2 z51478 20230602 40

柴田 雄輝医師

2013年福岡大学卒業後、大阪市立大学医学部整形外科へ入局し、関節グループの一員として同大学医学部附属病院や淀川キリスト教病院など関連病院で研鑽を積む。2017年には和泉市立総合医療センター、2020年よりなにわ生野病院等を経て、2022年4月から阪和住吉総合病院整形外科、同年6月より阪和記念病院整形外科および人工関節センターで診療にあたる。日本整形外科学会整形外科専門医。

メッセージ

当センターには、安全性に配慮し、精度高く人工関節手術を行えるよう先進の手術環境を整えています。また当院内には内科など多くの診療科があるので、合併症などで手術に不安がある場合にも、他科のアドバイスや支援が迅速に受けられることは心強いですね。ただ、人工関節の手術は「患者さんの生きがいを高めるための手術」だと考えています。ですから外来では「患者さんが治療の先に何を望んでいるか」を意識しながら、お話を伺うように心がけています。受診された患者さんの不安を解消し、手術はもちろんのこと、あらゆる治療においてご満足いただけるように努めていますので、関節の症状でお悩みでしたら、我慢せずにぜひ一度ご相談ください。

紹介医療機関の先生方へ

当センターではすべての患者さんに満足していただける治療をめざしています。人工関節手術では、安全性に配慮し精度の高いインプラント手術を実現すべくナビゲーションシステムを使用し、今後はロボット支援手術の導入も予定しています。強い痛みが生じていたり、治療に難渋している症例については、専門的な検査等を含めた診療を提供しています。関節疾患の治療は患者さんの日常生活と直結するだけに、地域の事情に応じた医療が極めて重要であり、かかりつけの先生方と十分な連携を取りながら診療を進めたいと考えています。手術だけでなく保存的治療やリハビリテーションにも幅広く対応していますので、お困りの際には気軽にご紹介ください。

関連記事

access.png