病院長メッセージ(社会福祉法人恩賜財団済生会支部東京都済生会 東京都済生会中央病院) | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8130件掲載中(2020年10月31日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
20191204 1

社会福祉法人恩賜財団済生会支部東京都済生会東京都済生会中央病院

次の100年に向けて。急性期医療の充実と地域や社会とのより深いつながりをめざす

東京都災害拠点病院/救急指定病院/臨床研修指定病院/外国医師臨床修練指定病院

20200728 main
海老原 全病院長
Ebihara Tamotsu

プロフィール1986年慶應義塾大学医学部卒業、同皮膚科研修医。1988年清水市立清水総合病院皮膚科、1990年東京電力病院皮膚科を経て、1991年慶應義塾大学医学部皮膚科助手、1996年東京都済生会中央病院皮膚科医長、2005年同大学医学部皮膚科専任講師、2010年同大学医学部皮膚科准教授、2017年同大学病院皮膚科部長、2020年4月より現職。医学博士。専門は皮膚全般、アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎。

高い「病院力」による治し支える医療

明治天皇の済生勅語により設立された「東京済生会中央病院」。分け隔てなくあらゆる人に医療・福祉の手を差し伸べるという「済生の精神」をもとに、救急医療やがん医療など高度急性期医療、生活困窮者の受け入れなど特徴のある医療で地域医療を支えている。地域医療連携の歴史も長く、医療機関のほか介護や福祉の各事業所や自治体との連携も密に行っている。2020年4月に病院長に就任した海老原全(たもつ)先生はブランディングメッセージである3つの約束として、「治しながら次のことを考えます」「あなたの「いいね」を大切にします」「地域の絆をより深めます」というコミットメントを掲げた。高度急性期医療を提供する病院として診療を充実させると同時に、患者にとって、職員にとって、地域にとっての良い病院づくりを行う海老原病院長に、次の100年を見据えた病院のあり方について聞いた。
(取材日2020年7月9日)

3つのコミットメントに対する先生の想いをお聞かせください。
20191204 1

この病院では、創立100周年を過ぎ、次の100年に向けて地域や社会に広く貢献していくため、「日本一の病院力」をめざしています。病院力とは、ただ単に各分野のエキスパートが集まっただけではなく、皆が領域を超えて協働できる人や組織のこと。職種間の垣根を乗り越えていろいろなことに立ち向かっていくことのできる組織として、病院内だけではなく、地域や社会、さまざまな人たちと広く交流できる病院でありたいです。組織として地域との絆を深めることで、治療を終えた患者さんが不安なく退院し地域へ戻っていくためのお手伝いができればと思います。また、当院では開設の背景からこれまでもたくさんの生活困窮者を受け入れてきました。その歴史を大切にしながら、がんなどで社会復帰が難しい人への支援にも力を入れていきたいと考えています。

病院力の高い組織が患者や地域にもたらすメリットは何ですか?
20200728 2

病院力を高めるためにはまずは診療機能を向上させなければなりません。そのために、救急診療科の人員を増やすことで24時間365日救急車の受け入れを充実させ、また手術直後の重症度の高い患者さんを専門的に治療する集中治療科を新たに開設しました。外科系の診療科についてはこれまで以上に手術件数を受けられるよう体制を整備していきます。また、当院はがん治療にも力を注いでいます。特に早期発見・早期治療が要になる肝臓・胆道・膵臓といった領域の癌については、内科・外科・放射線治療科・臨床検査科でプロジェクトを作り、早期発見するための外来体制を整えました。また、肺がん治療についても同様に、多くの職種でチームを作り取り組んでいます。こういった治療体制の構築により、地域住民の皆様の病気や健康への不安を少しでも取り除けるようになれればと考えています。

その他の特徴や新しい取り組みについて教えてください。
20200728 3

数年前に産科が復活し、産前産後を連続してケアしていける病院として産後ケアにも力を入れています。新しい取り組みとしては、今後の病院のあり方を考える「健康デザイン部門」を開設しました。ここでは、企業のかかりつけ医になるべく働く人たちの健康維持増進に向けたプランを考案したり、社会復帰の支援を行ったり、それだけでなく、病院が地域住民のコミュニティスペースとなれるよう誰もが行きかう病院づくりをめざしています。「健康デザイン」という名前をつけたのは、病院が健康な人も交流ができるような場所になっていければという想いがあったからです。今は残念ながら新型コロナウイルス感染予防のため自由に出入りしていただくのは難しいですが、いずれ、地域の健康な人も集えるような場となればと考えています。

病院長として、ドクターとして大切にしていることはありますか?
20200728 4

病院長としては、患者さんに喜ばれることを提供する病院づくりを大切にするのはもちろんですが、職員にとっても居心地の良い職場にするということも大切にしています。職員が働きやすいと感じてくれれば、自ずと作り出す雰囲気が変わり、患者さんが院内に入った瞬間に温かさを感じていただけるのではないかと考えています。そんな病院にしていきたいです。ドクターとしては、物事に誠実に向き合うということでしょうか。診療においても、誠意を持って患者さんに接し、誠意を持った診療をする、そして、自分自身にも誠実でありたいと日々思っています。それが患者さんにとってのよい医療につながっていくと信じています。

今後の展望や地域の人へのメッセージをお願いします。
5

今後の100年もこの地域で医療を続けていけるように、済生会の精神を忘れることなく、地域社会へ開かれた病院として皆様の体、心、生活を支えていきたいです。コロナ禍においても通常の診療体制を維持し、合わせて感染対策を徹底しておりますので、安心してご来院いただければと思います。当院は大学病院や特定機能病院ほど大規模病院ではないので、何かあったときにはすぐに仲間同士で相談できる距離の近さが強みです。その強みを生かし、今後病院全体を動かしていく大きなチーム力となっていければと思います。

access.png

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る