病院長メッセージ(社会福祉法人恩賜財団済生会支部東京都済生会 東京都済生会中央病院) | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8210件掲載中(2018年07月20日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
Cs 1

社会福祉法人恩賜財団済生会支部東京都済生会東京都済生会中央病院

新主棟竣工。1世紀を超える歴史を持ち、急性期医療や地域連携など幅広い分野で時代を切り拓く総合病院

公的医療機関/東京都災害拠点病院/救急指定病院/臨床研修指定病院/臨床修練指定病院

Main
高木 誠病院長
Makoto Takagi

プロフィール1979年慶應義塾大学医学部卒業。東京都済生会中央病院内科勤務、Montefiore Medical Center(New York)神経病理部門留学、東京都済生会中央病院内科部長、同副院長などを経て2006年東京都済生会中央病院10代病院長に就任。専門は神経内科、特に脳卒中。テレビなどメディアへの出演も。

100年の歩みと共に「済生の精神」を継承

港区内の中心地にある「東京都済生会中央病院」は、2015年に100周年を迎え、さらに2017年には新しい主棟(病棟)が竣工を迎えて未来への新たな一歩を踏み出したばかりの病院だ。新主棟には救命救急センターや手術室が12室造られ、地域住民から要望の高かった産科を再開した。同病院はその設立時から地域医療との連携を図っており、いわば地域医療連携のパイオニア的存在で、今後も連携を進化させていくという。そんな同病院を現在率いているのが柔和な語り口が印象的な高木誠病院長。1世紀以上の歴史を踏まえながら医療の質とサービスを向上させ「済生の精神」を次の1世紀へ継承するべく、進化と挑戦は続く。(取材日2017年5月17日)

100周年を迎え、新しい病棟・新主棟が竣工しましたね。
Hf1

済生会は1911年に明治天皇の「生活に困窮し医療を受けられない人々にも救いの手を差し伸べるように」とのお言葉により設立されました。現在済生会病院は全国に99の医療施設がありますが、当院は2番目に古い歴史を誇ります。2015年には設立100周年を迎えました。そしてこの度新しい主棟を竣工し、5月8日に無事オープンの日を迎えました。この新主棟建設にあたっては数年前から職員と共に、どんな病院にしたいのかという議論を繰り返してきました。設備も一新され、免震構造や省エネ対策、患者さんはもちろん職員の快適性にも配慮した新主棟は、まさに全職員の想いの結晶ともいえる存在です。その新主棟の建設とともに、3次救急を担う救命救急センター、外科の強化を下支えする手術室の増設、一時中断していた産科の再開をいたしました。

こちらの病院の大きな特徴は何ですか?
2

済生の精神を最も色濃く表しているのが、「ホームレス専用病棟」と「乳児院」です。どちらも半世紀以上の歴史を持ちます。ホームレス専用病棟は現在70床。全国でも珍しい病棟と言えるでしょう。乳児院では親御さんが事情で育児ができない赤ちゃんを30名以上お預かりしています。また当院では535床という基幹病院にしては小回りの利く規模感を活用し、診療科の専門分化が進む中でも、幅広い診療科を擁する総合病院らしい高度な総合力と機動力とチーム力を生かした医療を提供できている点も特徴です。例えば大規模病院では診療科の異なる医師やスタッフ間では、顔も名前もわからないということが起こりがちですが、当院では顔の見える良好な人間関係が築かれているおかげで、各診療科をまたいだ連携が取れています。救急救命センターで受け入れた患者さんが救命処置の後、速やかに各診療科へと引き継がれ適切な医療が受けられるのもその表れです。

地域の診療所や近隣の病院等との連携について教えてください。
3

地域での医療連携は私たちの重要課題の一つです。当院は設立時から地域の基幹病院として地元医師会と力を合わせて医療に取り組んできた歴史があります。国が病診連携に取り組もうとした当初から当院はモデル事業のひとつに指定されて、病診連携室(現・地域連携室)に専任職員をおき、港区で先駆けて地域医療支援病院に認定されています。定期的に関係者の顔合わせの機会をつくり、19時まで直通電話で診察や受け入れの要請を受けているので、地域の先生方にも安心感を得ていただいているようです。また当院の担当医と地域の主治医の先生とで力を合わせて治療を行うオープンベッド制度も取り入れています。さらには、がんなどの専門に特化した病院から合併症や別の疾患を併発した患者さんや、2次救急の病院から対処の難しい救急患者の受け入れなど、自前の救急車も用意して病院間の連携体制も構築しています。

現在注力している取り組みはありますか?
4

医療、福祉、介護の連携に力を入れる済生会は、全体で280の介護福祉施設を持つ医療福祉団体でもあります。当院でも指定管理者として運営する特別養護老人ホームや院内には地域医療に欠かせない訪問看護ステーションがあります。また近年増え続けている認知症の患者さんのために認知症疾患医療センターも開設し、医療の質を高める施策の一つとして医療安全や院内感染、褥瘡(じょくそう)対策などを、診療科や各部門を横断して行う専門部署であるクリニカルクオリティセンターも設置しています。当院は7代目病院長が糖尿病の専門外来を始め教育入院制度を確立させた糖尿病の権威であったことから、糖尿病治療が以前から強みでした。糖尿病は合併症も多く当院の総合力がここでも生かされています。加えて増加しているがん疾患に対応すべく外科の強化も図っています。放射線や化学療法、緩和ケアの人材確保も行い、新主棟で手術室を拡充したのもその一環です。

今後についてもお聞かせください。
5

当院は3次救命も含めた高度急性期医療を担う病院ですが、同時に長年の歴史から地域連携の要の役割も担い、在宅医療支援や訪問看護ステーションの運営、認知症対策なども行ってきました。当院の持つ高度な総合力を活用できる場面ですが、領域が広いので今後はバランスをとりつつ明確な方針を打ち出していく必要があると考えています。港区は外国籍の住民が多いエリアでもあることから今年3月に外国人患者受け入れ認証制度を取得し国際化も進めています。また従来からある入院患者さんの退院支援に加え入院時支援にも取り組み始めました。今までは医師、看護師など関係する人々が独自に入院患者の情報を集めていましたが、専任の職員が一括して行うことにより、地域医療連携にも一役買いますし一層効果的な医療でスムーズな医療が提供できます。これからもどんな方にも受診しやすく、いつでも頼りになる病院づくりに邁進していきます。

access.png

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る