常滑市 歯科の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8132件掲載中(2020年09月19日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
愛知県常滑市歯科の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。

【愛知県 常滑市 歯科】の頼れる病院情報検索結果0件表示

検索条件に当てはまる病院は見つかりませんでした。


>>検索条件「[常滑市] [歯科]」のクリニック・診療所・医者も探せます 22件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
みんなの歯医者さん
愛知県常滑市虹の丘3丁目152番地 カインズモール常滑1F(榎戸)

「地域の人が集まれる場所」という印象を抱くのは、ショッピングモールの中という立地だけではなく、樋口院長や医院のスタッフが醸し出す雰囲気そのものであろう。古くから常滑焼の産地として、最近では中部地方の空の玄関口として活気あふれる常滑市の中心部よりほど近い国道沿いにある「みんなの歯医者さん」は子どもから高齢者まで、幅広い年齢層の患者が訪れるだけでなく、院長自らが訪問歯科診療を行う、地域密着型の歯科医院である。歯科嫌いをなくしたいという願いを込めたスタッフみんなの思いは、入り口を入ってすぐに感じられるはず。完全予約制のため、早めの電話予約を勧めている。 診療室。スタッフ全員が「歯科嫌いをなくしたい」と診療にあたる 待合室。いつも明るく丁寧に対応してくれる キッズスペース。大きな遊具で遊んで待つことができる ユニット一つ一つはプライバシーにも配慮されている レントゲン室

みんなの歯医者さん
とこなめ歯科
愛知県常滑市新開町3-137  ヤマキビル2F(常滑)

常滑駅から徒歩3分。テナントビルの2階に入る「とこなめ歯科」は、村瀬尚子院長と村瀬幾也先生夫婦が運営する歯科クリニック。長く近隣に住む家庭から親しまれ、中部国際空港(セントレア)や大型商業施設の従業員も来院する。近くピンクを基調とした優しい雰囲気の診察室には3台の診察台を設け、それぞれ間仕切りを立ててプライバシーを確保。患者とスタッフの動線は完全に分けて、安全性や快適性にも配慮する。院内はすべて土足OKで、高齢者やブーツの女性もスムーズに入室できる。設備面では、開業当初からオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を設置したり、歯を削るタービンの滅菌を徹底したりするなど衛生面にこだわるほか、数年前に歯科用CTも導入。虫歯や歯周病から義歯、小児歯科、インプラント治療、口腔外科まで幅広く対応し、特に尚子院長は日本歯周病学会歯周病専門医、幾也先生は口腔外科とインプラント治療のエキスパートであることから、それぞれ専門的な視点からの診療が可能。開業当初から歯磨きの大切さを訴え続けており、丁寧な指導を行っている。定期検診やメンテナンスで訪れる患者も多いという同院。歯の健康のために訪れてみてはどうだろうか。 常滑駅より徒歩3分。ビルの2階にある 受付。院長は歯周病、幾也先生は口腔外科が専門 落ち着いた雰囲気の待合室 診療台。すべてモニターつき レントゲン完備

とこなめ歯科

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る