神奈川県の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8181件掲載中(2020年02月28日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
神奈川県の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で319件から絞り込めます。

【神奈川県】の頼れる病院情報検索結果319件表示

319件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

川崎市多摩区宿河原、登戸駅から徒歩3分の場所にある「川崎市立多摩病院」。川崎市の市立病院として2006年に開設され、以来「聖マリアンナ医科大学」が指定管理者として運営する、少し特殊な病院だ。誰もが利用しやすい市民病院として、全身の多岐にわたる病態を診る総合的な診療を行いながら、大学病院との連携による専門性の高い医療も展開。また、川崎市北部における入院加療が必要な患者の受け皿として、地域の診療所からの紹介も積極的に受ける、地域医療支援病院としての側面も併せ持つ。大学の運営病院として、教育にも注力。総合的な診療スキルを持つ医師を育てる研修機関としても機能している。 (取材日2018年5月24日)

診療科目
内科循環器内科呼吸器内科神経内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
登戸駅
所在地
神奈川県川崎市多摩区宿河原1-30-37
TEL(電話)
044-933-8111
時間
8:30〜11:00
8:30〜10:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

鈴木 通博病院長

川崎市多摩区宿河原、JR・小田急の登戸駅すぐの場所にある「川崎市立多摩病院」は、公立の病院でありながら「聖マリアンナ医科大学」が運営するという少し珍しい形の病院だ。公立病院ならではの親しみやすさと、大学病院に近い高度な専門医療を両立し、川崎市北部エリアの医療において、独自の立ち位置をキープしている。木の質感を生かして作られたエントランスや受付は、ホテルのフロントのような温もりを感じさせ、市民を温かく受け入れる医療拠点として、市民はもちろん地域開業医からも頼られる存在だ。特に市の政策を反映した小児医療の充実ぶりや、総合医局制度がなしえる専門の垣根を超えた診療、次の時代を担うスキルを身につけたドクターの育成など、同院ならではの特色も明確だ。開設より12年を経て、地域に根差した同院の強みとめざす医療について、鈴木通博病院長に話を聞いた。 (取材日2018年5月24日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

平成18年に川崎市北部の急性期医療、災害医療、そして救急医療を担う市立病院として設立された『川崎市立多摩病院』は、公立病院でありながら指定管理制度に基づき聖マリアンナ医科大学が運営している。平成23年からは地域医療支援病院の承認を受け、地域の医療機関との連携を強化することで、市民の健康維持と地域医…

1939年創設の「横浜南共済病院」は、開院当初から急性期型医療に注力してきた。現在は災害拠点病院、神奈川県がん診療連携指定病院など、金沢区はもとより鎌倉や逗子、湘南エリアなどを含む横浜市南部地域の基幹病院として、地域医療の中心的な役割を果たしている。ICUやCCU(冠疾患集中治療室)をはじめとする高度な医療設備を備え、365日24時間の救急医療体制を整備。2016年12月には新病棟が完成し、救急の受け入れがさらに充実した。複数の疾患をもつ高齢者の対応にも万全を期し、地域医療機関と連携して急性期医療から介護、在宅医療までシームレスな医療体制の構築にも注力する。 (取材日2018年9月13日)

診療科目
精神科呼吸器内科消化器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
追浜駅
所在地
神奈川県横浜市金沢区六浦東1-21-1
TEL(電話)
045-782-2101
時間
08:30〜11:30
病院長メッセージ
病院長メッセージ

長岡 章平病院長

追浜駅から徒歩約7分。2016年12月に新病棟が完成した「横浜南共済病院」は、横浜市南部医療圏で三次救急に対応する急性期医療の中心となる病院だ。365日24時間対応の救急医療、内科系、外科系、周産期医療をはじめ幅広い診療科を備える総合病院として、地域住民へ医療を提供。新病棟の完成とともに設備が新しくなり、時代の先を見据えた医療体制がよりパワーアップした。腫瘍などの悪性疾患、心、脳などの血管疾患、消化管、肝胆膵などの消化器疾患、筋骨格系疾患、目、耳などの感覚器疾患など、「患者が必要とする医療を、患者の立場になって提供できる病院をめざしている」と長岡章平病院長は話す。地域の高齢化に対応し、地域医療連携でも中心的な役割を果たす長岡院長に、同院の診療の特徴や強み、今後の展望について話を聞いた。 (取材日2018年9月13日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

昭和14年に横須賀海軍共済組合病院追浜分院として開院した『横浜南共済病院』は、横浜市南部医療圏における、三次救急に対応する病院だ。365日24時間対応の救急医療、内科系・外科系・周産期医療をはじめ幅広い診療科を備える基幹病院として、地域医療に貢献し…

1906年に横須賀海軍工廠職工共済会医院として開設。現在は横須賀・三浦医療圏のDPCII群病院(大学病院本院に準じた診療密度と一定の機能を有する病院)の一つで、新生児から高齢者まで幅広い年齢層の重症患者を受け入れる地域医療の中核病院となっている。NICU(新生児集中治療室)を持ち、産婦人科・小児科および各科が連携した周産期医療に注力。40代から増える心疾患に対しては不整脈のカテーテルアブレーション治療で知られ、心臓血管外科のスタッフ増員により外科手術の面でもより充実した。がん診療連携拠点病院でもあり、胃、大腸、肺、前立腺、腎などのがんの手術を数多く行っている。(取材日2017年12月5日)

診療科目
循環器内科消化器内科呼吸器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
横須賀駅横須賀中央駅
所在地
神奈川県横須賀市米が浜通1-16
TEL(電話)
046-822-2710
時間
08:00〜11:00
病院長メッセージ
病院長メッセージ

長堀 薫病院長

1906年からこの地で診療を続けてきた「横須賀共済病院」は、病床数742床、21の診療科を擁する大規模な総合病院へと発展し、地域医療の中核となって医療を提供している。横須賀市を含む4市1町からなる横須賀・三浦圏域の中で、「当院は高度急性期・急性期中心の医療を行い、回復期や慢性期を担う各医療機関、開業医の方とも連携して、地域全体で十分な医療が提供できる体制をめざしています」とその役割を語る長堀薫病院長。このため同院では医療支援ロボットの導入、重症入院患者向けのICU開設など、急性期医療を充実させる取り組みを積極的に進めている。加えて長堀病院長は「規模や多様性で選ばれるだけでなく、『この病院があって安心』と思われるような信頼関係を地域の皆さんと築いていきたい」という。そうした思いを込めて、2017年度から新たな理念「よかった。この病院で」を掲げ、さらなる魅力を求める同院の現状と将来像を詳しく聞いた。(取材日2017年12月5日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

前身となる横須賀海軍工廠職工共済会医院の開設から110年余り。『横須賀共済病院』は横須賀市の中心部で、地域ニーズに応えて進化する医療機関として長く歴史を刻んできた。近年はロボット支援手術の実施など新たな医療技術の導入に注力。平成29年に制定した「よかった。この病院で」という新しい病院理念に基づき、…

専門的な医療提供をめざし神奈川県内のがん医療をリードする「神奈川県立がんセンター」。付属の臨床研究所では、臨床に直結した研究を行っている。また、都道府県がん診療連携拠点病院として指定を受けているほか、2015年には重粒子線治療施設を開設し、治療を開始した。リハビリテーションや緩和ケアにも力を入れ、さらに治療により生じる外見の変化の相談に応じるためのアピアランスサポートセンターも設けていることが特色だ。相鉄線二俣川駅から徒歩約15分の場所に位置するが、二俣川駅北口と病院玄関を結ぶシャトルバスが運行しており、患者と付き添いの家族は無料で利用することができる。 (取材日2018年8月16日)

診療科目
循環器内科糖尿病内科呼吸器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
二俣川駅
所在地
神奈川県横浜市旭区中尾2‐3-2
TEL(電話)
045-520-2222
初診受付(紹介予約制)
時間
8:30〜17:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

大川 伸一病院長

その名のとおり、神奈川県内のがん医療の中枢機関としての重要な役割を担う「神奈川県立がんセンター」。その高度な専門性の治療を求めて、県内はもちろん、遠方からも多くの患者が訪れている。院内に臨床研究所を有し、他施設や各診療科と共同で臨床に直結する研究を数多く行っていることも特徴。2015年には先端的な放射線治療として注目を集めている重粒子線治療の専門施設を開設し、治療をスタートさせた。病院長を務めるのは大川伸一先生。少しでも同病院を訪れる人の不安を軽くしたい、支えになりたいという思いで病院長として医師やスタッフをまとめ、患者の立場に立った温かな医療を追求している。そんな大川院長に、病院の成り立ちや特色、強みである重粒子線治療やがんゲノム医療、大切にしている想いなどについて聞いた。 (取材日2018年8月16日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

神奈川県内のがん医療発展を目的として開設された『神奈川県立がんセンター』。手術、放射線治療、化学療法において質の高い医療を実践しているだけでなく、病院内に臨床研究所を設け、がんの診断や治療に関する先進の研究開発にも携わっている。平成27年には放射線治療の一つである重粒子線治療の専門施設「i-ROC…

京急線横須賀中央駅から徒歩、または同駅や衣笠駅・横須賀駅からバスでアクセスできる「横須賀市立うわまち病院」。2002年に国立病院から市立病院となり、2009年には地域医療支援病院に承認されるなど、近隣医療機関と密接な連携のもとで地域医療の充実をめざしてきた。診療科目は28科と幅広く、救命救急センターのほか、循環器や心臓血管外科などの「心臓部門」、脳神経外科の「脳血管部門」、産科・小児科・小児外科がそろう「小児医療部門」など、地域のクリニック等では難しい症状、対応が不十分な分野の治療を担っている。また2014年には地域周産期母子医療センターにも認定されている。(取材日2017年10月30日)

診療科目
内科精神科脳神経内科腎臓内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
横須賀駅横須賀中央駅
所在地
神奈川県横須賀市上町2-36
TEL(電話)
046-823-2630
初診受付時間
時間
8:30〜11:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
管理者メッセージ
管理者メッセージ

沼田 裕一管理者

2002年に国立病院から「横須賀市立うわまち病院」が誕生。病院引き継ぎ前からこの仕事に取り組み、管理者を務める沼田裕一先生は、「開設当初は引継ぎに伴う医療事故を起こさないため旧病院のやり方をできる限り踏襲する方針で臨み、運営が安定したことを確認した開設1ヵ月後から、病院は病院らしく入院医療と救急を中心機能とする方針を立て、診療情報のデジタル化を手始めに、診療連携と病院機能充実に力を入れる病院運営を始めました。また職員が期待以上に高い能力を発揮、着実な発展に貢献、職員皆の力が現在の病院をつくっています」と歩みを振り返る。開設から15年で診療科を14科から28科に拡充、回復期リハビリテーション病床などが入る新棟を建設、地域医療支援病院や救命救急センターの指定など、地域医療充実に向け医療環境を整備。近隣の医療機関と十分な連携を図り、患者からの相談や疑問などに応えていく患者支援室も備え、「近隣の医療機関が安心して紹介でき、患者が安心して治療を受けられる」病院をめざす。「数年後に建て替えにも着手予定」と語る沼田管理者に、同院の地域での役割と診療面の特色を聞いた。(取材日2017年10月30日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

病院は病院らしく専門医療と救急を中心機能とすべきという運営方針のもと、地域完結型の地域医療、救急医療、災害医療、医療従事者の自己研鑽、将来の地域医療を担う人材の育成を基本とする『横須賀市立うわまち病院』。急性期病院の機能に特化した同院は、救急車の受け入れ台数が年間7000台以上。患者の紹介率は85…

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[神奈川県]」のクリニック・診療所・医者も探せます 11059件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
社会医療法人三栄会 中央林間病院
神奈川県大和市中央林間4-14-18(中央林間)

東急田園都市線と小田急江ノ島線の中央林間駅から徒歩2分。利便性にも優れた「中央林間病院」は1980年の開院以来、急性期病院として救急医療を手がけている。木山智病院長は、消化器外科全般の診療・手術を手がけ、腹腔鏡や胸腔鏡などを駆使した鏡視下手術も行う。同院全体としても消化器系に精通した医師が多く、内視鏡検査にも注力していることから、消化器内科・外科ともに強い病院といえるだろう。同院の向かい側には外来透析専門の「中央林間じんクリニック」も設け、本院の人工透析内科と連携した医療にも取り組む。比較的高齢者の多い同地域において、長い目で親身な診療を行う病院である。 ■病院検索専用サイト「ホスピタルズ・ファイル」にも掲載中 清潔感があり、落ち着いた雰囲気の診察室 中央林間駅徒歩2分の好アクセス 小さな異常や病気の早期発見に努めている 内視鏡検査に注力している 患者一人ひとりトータルにサポート

社会医療法人三栄会 中央林間病院
島脳神経外科整形外科医院
神奈川県川崎市中原区井田杉山町29-10(元住吉)

昭和58年、まだ田んぼや自然が多く残る元住吉で開業した「島脳神経外科整形外科医院」。当時少なかった脳神経外科専門の救急告示有床診療所として、地域医療に貢献し、数多くの患者の命を救ってきた。認知症や脳血管障害、脊椎疾患、変形性の膝関節症、大腿骨頚部骨折の患者が多く、救急患者は年間で1300人以上に上る。ベッド数は19床。第一線の有床診療所として、また脳神経外科、整形外科の専門医療機関として最新の医療機器を使用した予防検診を行い、病気の早期発見に努めているほか、低侵襲の手術と専門治療を行う。後遺障害の方は専門的なリハビリを、介護が必要になった方には施設内のデイケアでの積極的なリハビリを、さらに通院が難しい患者には訪問診療、訪問リハビリなども行っている。地域医療連携画像診断センターでは1.5TのMRI装置を導入、より精密な検査結果を提供している。特に30~40代の方は、充実した人生を送るためにも、脳ドックを受けて脳の健康状態・自身の体を知ってみよう。 「地域医療連携画像診断センター」を併設。移動の負担がない 高性能なMRIを導入。画像診断により病気の早期発見が可能 信頼関係を大切に診療にあたっている 地域医療連携画像診断センターに通所リハビリステーションも設置 地域密着型で長年愛されているクリニック。駐車場は30台完備

島脳神経外科整形外科医院

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る