東京都の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8179件掲載中(2019年03月25日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
東京都の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で635件から絞り込めます。

【東京都】の頼れる病院情報検索結果635件表示

635件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

東武東上線上板橋駅から徒歩3分の「上板橋病院」は、1965年に始まるリウマチの専門治療、高齢者を中心としたリハビリテーションに力を入れてきた。また開院当初から地域に根差した医療を行い、現在は健康診断、救急を含む急性期医療の一般病床、急性期後の社会復帰・自宅復帰をサポートする回復期リハビリ病床、治療を伴う長期療養入院が可能な医療療養病床と、地域の健康をトータルに支える。さらに在宅医療の患者の症状急変時に一時入院させ、再び自宅で暮らせるよう治療する地域包括ケア病床も備え、同院を含む慈誠会グループの各病院、介護施設とも連携して地域の医療・介護の充実をめざす。(取材日2017年5月12日)

診療科目
内科外科整形外科心療内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
上板橋駅
所在地
東京都板橋区常盤台4-36-9
TEL(電話)
03-3933-7191
時間
9:00〜12:30
13:30〜17:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

小出 純院長

「上板橋病院」はリウマチとリハビリという2つの専門分野と、地域に密着した幅広い診療が特徴と小出純院長。リウマチ科、内科、整形外科、耳鼻咽喉科、心療内科、脳神経外科、リハビリテーション科などの診療科を持ち、同院を含む10の病院と複数の介護施設等を擁する慈誠会グループの中核病院と位置付けている。同グループの目標は、高齢になっても地域で健康に長生きできるようトータルな医療・介護を提供すること。「急性期から回復期といった入院を経て在宅医療へ、必要な方には長期療養のための入院など、地域の中で切れ目のない医療サービスの提供をめざしています」という。このため同院はさまざまな容体の患者を受け入れ、多様な機能をミックスさせた地域密着型医療の病院となっている。「このほか専門の一つであるリウマチの専門医療には50年以上の実績があり、近年大きく進歩した治療法も取り入れ、患者さんに多様な治療法をご提供できるのです。またリハビリもスタッフが充実し、患者さんの良好な回復につながっています」と力強く語る小出院長。多面的な強みを持つ同院の診療について詳しく聞いた。(取材日2017年5月12日)








診療科目
診療科目

リウマチ科

完治の難しい関節リウマチだが、腫れや痛みはコントロールできるなど、治療は大きく進歩している。特に病気の初期から治療を始めれば、関節の変形に至らないよう進行も抑えられるという。そのために重要なのは、早期発見。上板橋病院には、リウマチ診療の専門家である日本リウマチ学会リウマチ専門医が2人常駐し、CT検査などの画像診断、炎症の程度を調べる血液検査、患者本人への症状の聞き取りなどを総合して、適切に診断する体制を整えている。また治療に生物学的製剤を用いるときや、高齢の患者の場合などは合併症も心配されるが、同院ではリウマチ科を中心に内科、整形外科など複数の診療科で連携して対応している。


診療科目
診療科目

リハビリテーション科

急性期から回復期、そして生活期(療養や在宅生活)まで、包括的なリハビリテーションを実施する上板橋病院のリハビリテーション科。急性期リハビリでは、さまざまな病気を抱えた患者が多く来院するため、身体への安全に留意。各専門分野のスタッフが常勤し、安心かつ効果的なリハビリができるよう努めている。回復期リハビリでは、休日リハビリテーション提供体制加算、リハビリテーション充実加算をそれぞれ取得。身体機能回復のゴールデンタイムに見合うリハビリの提供をめざしている。退院後、在宅生活を送る患者には、家族の希望も考慮した通所リハビリ・訪問リハビリでのサポートも行っている。

江戸川沿いに建つ「江戸川病院」。地域密着型の親しみやすさと、多岐にわたる医療が融合する同院。心臓カテーテル治療や人工関節で豊富な実績を挙げているほか、近年はがん治療をメインとし、チーム一丸となって治療を行っている。院内のインテリアはユニークかつ斬新。フラミンゴやアルマジロなどの動物を飼っているのも特徴だ。2016年4月から院長を務める加藤正二郎先生は、整形外科部長も兼務する若きリーダー。前院長が培ってきた「江戸川病院らしさ」を継承、よりブラッシュアップすべく、日々まい進する。近隣クリニックとの連携体制にも力を入れているため、さまざまな症状を相談できる存在だ。(取材日2016年4月5日)

診療科目
内科糖尿病内科神経内科呼吸器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
江戸川駅
所在地
東京都江戸川区東小岩2-24-18
TEL(電話)
03-3673-1221
時間
8:20〜11:30
12:00〜16:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

加藤 正二郎院長

ゆったりと流れゆく江戸川を静かに見守るように建つ「江戸川病院」。80年以上の長きにわたり地域住民の健康を守り続けてきた、地元になくてはならない病院がそこにある。「新しい医療の風を吹かせ続けたい」と語るのは、院長の加藤正二郎先生。整形外科部長も兼務する若きリーダーだ。もともと同院は結核を中心とした治療を提供していたが、時代のニーズを敏感に感じ取り、15年ほど前から幅広い診療科を掲げた総合病院として診療スタイルを変化。2007年には外来部門「メディカルプラザ江戸川」を独立させ、身近なクリニックの役割を果たす一方、より安全で精度の高い医療を提供すべく、救急、人工関節、循環器、内視鏡、下肢静脈瘤、糖尿病、腎尿管結石などさまざまな分野で高度医療に特化したセンター化を推進してきた。近年は特にがん治療に注力し、確かな実績を挙げている。身近なかかりつけ医の温かさを忘れず、先端レベルの医療の提供をめざす加藤先生に、日々の診療への思いや今後の展望など、じっくりと聞いた。(取材日2016年4月5日)


















診療科目
診療科目

外科

1952年頃、同院の開設者が、国民病だった結核の治療に外科を取り入れたことから発展。1970年に一般外科を開始し、以来東京医科歯科大学との密な連携関係の下でさまざまな疾患に取り組んでいる。特に消化器悪性腫瘍の早期発見・治療に力を注ぐ。近年は腹腔鏡を積極的に採用し、その手術件数は毎年増加している。病院全体で取り組んでいる救急医療は同科においても重点分野の一つ。救急隊からの連絡を受けるとすぐに専門の医師が待機し、夜間・休日も常時外科医師が1人、当直医として勤務。さらに各常勤医師ならびに手術室の看護師、放射線科、検査科の職員がオンコール体制を取り、いつでも急患を受け入れられるよう体制を整えている。


診療科目
診療科目

心臓血管外科

狭心症・心筋梗塞、心臓弁膜症、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、末梢血管疾患を対象として、病状や患者の希望に合わせたオーダーメイド医療を実践している心臓血管外科。下肢静脈瘤など静脈疾患に対しては専門の施設を開設し、最良の治療をめざして着実に臨床成績を上げている。同科の統括部長である榊原直樹先生は成人心臓大血管外科を専門とし、解離性大動脈瘤などの緊急手術の経験も豊富だ。循環器内科との柔軟な連携体制も同院の強み。心臓の検査・症例検討は2つの診療科が合同で行い、広い視野・総合的な診断の下で治療方針を決定している。また「病気の本質を探ること」を常に忘れず、再発例の治療やその予防にも力を注ぐ。





東京都区南部医療圏で地域に根付きながら専門性の高い医療を提供する「東邦大学医療センター 大森病院」。特定機能病院、救命救急センター、総合周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院などの役割を生かして高度な医療を行う一方、地元二次医療圏に正面から向き合い、多様で質の高い医療を追求する。瓜田純久病院長がめざす「人を助けたいという初志を忘れず、少年少女のような心で医療を行う病院」そのままの、やさしく温もりある雰囲気も特徴だ。「地域医療の後ろにはいつも大森病院がいる」と信頼されるべく地域医療に取り組む。 (取材日2018年8月3日)

診療科目
内科外科感染症内科消化器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
大森駅蒲田駅梅屋敷駅
所在地
東京都大田区大森西6-11-1
TEL(電話)
03-3762-4151
診療受付時間【初診】
時間
8:30〜11:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

瓜田 純久病院長

1925年帝国女子医学専門学校の付属病院として開院した「東邦大学医療センター大森病院」。特定機能病院、救命救急センター、総合周産期母子医療センター、地域がん診療連携拠点病院などの役割を担い、大田区、品川区を中心とした東京都区南部医療圏の高度急性期病院として、質の高い医療を追求。また、地域の基幹病院として、「地域に寄り添うやさしい医療」に努めている。地域住民および地域の医療機関からは「何かあれば大森病院へ」と信頼され、それに応えるために、敬意を持って患者を受け入れている。大学病院ならではの専門性の高さと患者に寄り添うやさしい医療の両立こそが同病院のめざす方向性だと話す瓜田純久病院長に、同病院の特徴や患者や地域への思い、職員への教育観などを聞いた。(取材日2018年8月3日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

大正14年の開院以来、臨床・研究・教育という大学病院の使命を果たす『東邦大学医療センター 大森病院』。専門性の高い医療を求めて来る患者へこまやかに対応し、大田区・品川区を中心とした東京都区南部医療圏における高度急性期病院として、主に三次救急医療を提供し、救える命を救う、「断わらない医療」の提供をめ…

立川駅から徒歩圏内にあり、1942年の設立以来、地域住民に親しまれている「川野病院」。外科、消化器疾患を得意とし、2017年11月に消化器内視鏡部門、大腸・肛門病部門・そけいヘルニア部門の3つの専門部門を立ち上げ、川野幸夫院長をはじめとする各分野の専門の医師が質を重視した医療を提供している。健康検診部門では、胃はバリウムでなく内視鏡検査を実施、乳がん検診ではマンモグラフィかエコーが選択できるなど、希望に合わせて受けられる。休日夜間の二次救急では年間多くの救急車を受け入れている。気軽に受診できる病院として、かかりつけにする人も多く、地域から頼りにされる病院だ。(取材日2018年2月8日)

診療科目
外科内科消化器内科整形外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
立川駅立川南駅
所在地
東京都立川市錦町1-7-5
TEL(電話)
042-522-8161
時間
9:00 〜12:00
15:30〜18:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

川野 幸夫病院長

太平洋戦争の真っ只中だった1942年3月14日に初代院長の川野秀夫により設立された「川野病院」。当時は外科、内科、泌尿器科の3科の診療を行い、30床、常勤の医師が2名という小さな病院だったが、空襲でけがをした近隣の人を多く受け入れるなど、古くから地域医療に貢献してきた。その後も、増床、改築を重ね、地域のニーズを取り入れながら成長を続けてきた同院は、歴代院長が消化器外科を専門とすることから、外科を筆頭に、内科、整形外科、皮膚科、肛門外科を標榜。二次救急の受け入れや、リハビリテーション、健康検診部門による各種健康診断など、予防から治療まで地域医療における中核の役割を担っている。地域から気軽に通える病院として親しまれている同院について、川野幸夫院長に話を聞いた。(取材日2018年2月8日)

歴史と文化に彩られた文京区で100年以上も診療を行う「日本医科大学付属病院」。地下鉄南北線、千代田線などから徒歩圏内、東京駅や御茶ノ水駅からはバス便も利用可能という好立地に建つ。1993年に高度救命救急センターに指定されるなど救命救急センターの先駆けとして実績を積み重ねてきた同院。地域がん診療拠点病院、災害拠点病院、エイズ拠点病院として地域医療の中核を担い続ける中、「尽くす心」で良質な医療を提供するという理念を実現すべく2006年から新病院建設をスタート。コンセプトは重症部門の一元化や患者支援窓口の一本化など医療の効率化と安全性の追求。2018年1月に開院予定だ。(取材日2017日1月31日)

診療科目
循環器内科老年内科神経・血管内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
東大前駅千駄木駅本駒込駅
所在地
東京都文京区千駄木1-1-5
TEL(電話)
03-3822-2131
受付時間
時間
08:00〜11:00
11:30〜15:00
11:30〜14:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

汲田 伸一郎院長

全国でもまれな巨大総合病院の集積地である文京区において、100年以上もの長きにわたって診療を行ってきた「日本医科大学付属病院」。大きな大学病院でありながら、院内にはどこか温かく、親しみやすい、穏やかな雰囲気が漂っている。数十年前からは救急医療に注力、救命救急センターの先駆けとして、常に地域医療の中核を担い続けてきた。より一層の医療の効率化と安全性追求を目的として2006年から始まった新病院建築も、2018年1月のグランドオープンを控え、いよいよ大詰め。そんな中、新院長に就任したのが、前副院長の汲田伸一郎院長だ。放射線医療の権威として、今も第一線で診療にあたる汲田院長がめざすのは、これから先の100年を見据えた新しい医療のかたちの体現。「医療に携わることへの情熱と誇りを持ち続けたい」と熱く語る汲田院長に、新病院で実践する新たな取り組みや今後の展望について、じっくりと聞いた。(取材日2017年1月31日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[東京都]」のクリニック・診療所・医者も探せます 22760件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
丸の内 帝劇デンタルクリニック
東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビルB2F(有楽町)

「丸の内 帝劇デンタルクリニック」は一般・審美・矯正歯科、予防クリーニングまで行う総合診療医院だ。院長の阿部洋太郎先生による総合的な治療に、忙しいビジネスマンが足を運ぶ。歯科用CAD/CAMシステムや3Dプリンターを始め、先端の歯科医療技術を取り入れた治療を提供。患者の要望を受け止めた上で、やはり大切にしているのは「治療の質」と「丁寧な説明であり、カウンセリング」だという。最適な選択肢を提供するためにも、確かな裏付けと共に新技術を積極的に導入していきたいと語る阿部先生。同院では、稀少な3Dデジタル裏側矯正治療も行っている。これまでにもインプラント治療の分野では多数の論文を発表してきた先生は、今もなお、飽くなき向上心で、歯科技術の鍛錬と共に、熱心な研究を続けている。メトロ有楽町駅、日比谷駅から徒歩15秒。銀座駅、銀座一丁目駅からも徒歩数分。帝国劇場地下2階、メトロの出口に直結した利便性の高い立地にある。 各線日比谷駅、有楽町駅から徒歩すぐの帝国劇場の地下にある 明るくおしゃれな雰囲気の待合スペース 治療についての説明や相談ができるカウンセリングルーム 個室もあり安心の診療スペース 先進の機器と確かな技術であらゆるニーズに応える

丸の内 帝劇デンタルクリニック
銀座矯正歯科
東京都中央区銀座3-3-14(銀座)

東京メトロ銀座線・有楽町線銀座駅から徒歩3分の「銀座矯正歯科」は、成人向けの矯正歯科治療を専門とするクリニック。PGI認定医・指導医、ICOI国際口腔インプラント専門医学会インプラント矯正認定医・指導医、日本矯正歯科学会認定医などの肩書きを持つ深澤 真一院長による「世界レベルの矯正治療」を求めて、日々日本全国から多くの患者が足を運んでいる。クリニックの二大柱となるのが、歯の裏側に矯正装置を着用する「裏側矯正(舌側矯正)」と、留学や就職前に期間限定で矯正治療を完了させたい人におすすめの矯正治療で深澤院長が独自に生み出した「HIスピード矯正」。どちらも患者のニーズに的確に答えながらも、決して仕上がりのクオリティは低下させない精度の高い矯正治療だ。「裏側矯正」の症例数は3000症例以上、またニューヨーク大学の矯正歯科学プログラムの指導医となり、インプラント矯正・コルチコトミー矯正について教鞭をとるなど、世界的にも認められた実績を持つ。患者一人ひとりの要求に最適な形でこたえられるよう、幅広い治療プランを取り揃えており、初回カウンセリングも無料で行っている。これまで多くの症例を手掛けてきた銀座を代表する矯正歯科だ。 清潔感がある落ち着いた待合室と受付 外の光が差し込む明るいユニット 国内外の学会における指導医・認定医を持つ 矯正装置だけでも20種類以上を用意 ユニット3台のほか、完全個室のユニットも完備

銀座矯正歯科

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る