埼玉県の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8116件掲載中(2021年03月09日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
埼玉県の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で325件から絞り込めます。

【埼玉県】の頼れる病院情報検索結果325件表示

325件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

JR埼京線の与野本町駅から車で10分ほどの距離にある「西部総合病院」。JR京浜東北線の北浦和駅からバス利用も可能だ。小児から高齢者まで幅広いニーズに対応するため、外来は幅広く開設。犬飼敏彦院長の専門である糖尿病治療では、多職種で成るチームで入院患者一人ひとりに合わせた治療を提供。整形外科では手術も実施するほか、急性期治療後のリハビリテーションも充実。リハビリ専門のスタッフによる手厚いサポート体制が整っている。患者の在宅復帰後は訪問診療、訪問リハビリも提供する。2019年2月に通りの向かい側に健康診断部門を開設。病気の早期診断・早期治療への取り組みに注力している。 (取材日2019年9月6日)

診療科目
内科呼吸器内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
与野本町駅北浦和駅
所在地
埼玉県さいたま市桜区上大久保884
TEL(電話)
048-854-1111
受付時間
時間
08:00〜12:00
13:00〜16:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

犬飼 敏彦院長

さいたま市や春日部市で病院や在宅ケアセンターなどを展開する聖光会グループの1つとして、当時、病院が少なかった地域に1980年に開設されたのが「西部総合病院」である。二次救急など急性期に対応する一方で、回復期や慢性期までをサポートするケアミックス型の病院として地域に根づく病院だ。多様な症状に対応するため、急性期治療では脳卒中や骨折、肺炎など高齢者に多い疾患への対応を行い、入院では急性期病棟、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟、医療療養病棟と4種類の病棟機能を併せ持っているのが特徴。医療と介護、在宅医療の橋渡しをする役割も担う同院では、入退院時の患者へのサポートや、緊急時の受け入れをスムーズにする工夫など、地域の医療機関とともに連携体制を整えてきた。今後、さらにニーズが高まる高齢者医療への取り組みにも注力している。「幅広い医療を提供することで地域に貢献していきたい」と語る犬飼敏彦院長に、専門分野である糖尿病治療について、そして今後の展望について話を聞いた。 (取材日2019年9月6日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

二次救急に対応する一方で、回復期や慢性期までをサポートするケアミックス型の病院として地域医療を支える『西部総合病院』。急性期治療では脳卒中や骨折、肺炎など高齢者に多い疾患に対応しており、入院では急性期・地域包括ケア・回復期リハビリテーション・医療療養と4種類の病棟機能を生かしたシームレスな治療を提…

東武東上線みずほ台駅と柳瀬川駅の間、みずほ台駅や朝霞台駅、北朝霞駅、南与野駅の各駅からは専用シャトルバスが運行される「恵愛病院」。前身の「つるせ産婦人科」時代から半世紀近い歴史がある病院だ。産科、婦人科、小児科、麻酔科を標榜し、和光市駅前には不妊治療を扱う「恵愛生殖医療医院」、みずほ台駅徒歩約7分にある「恵愛デンタルクリニック」ともそれぞれ連携をとって診療を行っている。恵愛病院は16人の常勤ドクターがおり周産期への専門性の高い医療を扱う医療機関との連携も強固。60床のベッドはすべて個室で、専属シェフが作る食事も注目を集めている。(取材日2017年8月10日、2020年10月情報更新)

診療科目
産婦人科麻酔科小児科
最寄駅
みずほ台駅柳瀬川駅
所在地
埼玉県富士見市針ケ谷526-1
TEL(電話)
049-252-2121
受付時間
時間
08:30〜12:00
13:30〜16:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
理事長メッセージ
理事長メッセージ

林 隆理事長

前身となる「つるせ産婦人科」時代から約半世紀近く、この地の妊娠・出産・子育てを見守ってきた「恵愛病院」。思わずホテルと間違えてしまいそうな病院の建物、産婦人科の待合室ではピアノの生演奏も流れ、全室個室の病室、富士山を望む患者専用ダイニングで楽しめるホテルなどで修行したシェフによる食事、常に手入れされているガーデンや中庭など、リラックスしながら出産に望める体制が整う。また、併設の小児科とは入口を別に設け、小児科待合には特注の電車のジオラマも。出産したら終わりではない、妊娠・出産から子育てまで切れ目のない支援をモットーとする恵愛病院は、地域の妊婦が安心して快適に出産ができる場所として、厚い信頼が寄せられている病院だ。(取材日2017年8月10日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

前身となる「つるせ産婦人科」の開院から半世紀近く、赤ちゃんと母親を見守り続けてきた『恵愛病院』。関連施設での不妊治療から、各種教室をはじめとする産後に向けた準備、分娩、メンタル面を含めた産後のケア、育児まで切れ目なく支援する。最大の特徴は、無痛分娩に24時間対応していること。自然陣痛からの無痛分娩…

1983年の設立以来、羽生駅前で診療を続けてきた「羽生総合病院」は2018年5月に国道122号線沿いに移転。新生「羽生総合病院」として新たなスタートを切った。集中治療室やドクターヘリが発着できるポートを設け、1階を外来・2階を救急フロアとして救急車は直接2階に乗りつけるようにするなど、救急体制を強化。またがん患者の増加に応え、放射線治療装置やPET-CT、緩和ケア病棟なども導入。訪問診療・介護の連携も深め、がんの診断から治療、看取りまで一貫して行っている。院内には多くの絵画が飾られ、ミニホールではコンサートや医療情報の講演会も開催。待ち時間への工夫も充実している。(取材日2018年7月31日)

診療科目
内科消化器内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
羽生駅
所在地
埼玉県羽生市下岩瀬446
TEL(電話)
048-562-3000
受付時間
時間
08:00〜11:30
13:30〜16:00
16:30〜18:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

松本 裕史院長

羽生を中心とする埼玉北部地域の人々に長期にわたって質の高い医療を提供し続けること。設立以来「羽生総合病院」が変わらず掲げてきたミッションだ。同院は1983年に地域の住民が設立した埼玉医療生活協同組合を母体とし、徳田虎雄氏が理事長を務めていた徳洲会の協力を得て開院。24時間断らない救急を掲げに地域の医療を担ってきた。2018年5月に新病院に移転。集中治療室やPET-CT(がん検査などで使われる核医学検査の一種)、緩和ケア病棟なども完備。救急治療はもちろん、がん治療や循環器疾患の治療、小児科・産科の診療・治療などに至るまで幅広いニーズに応えている。2003年から院長を務め現在の同院をつくり上げてきた松本裕史先生にその思いを聞いた。(取材日2018年7月31日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

医療過疎ともいわれる埼玉県北部地域において、「24時間365日断らない救急」を実践するなど、約40年にわたって地域の人々の健康を支え、寄り添ってきたのが『羽生総合病院』だ。多くの診療科をそろえ、重症の救急患者の受け入れから、がん診療、循環器や脳神経の疾患への専門性の高い治療、緩和ケアまで幅広く対応…

東武伊勢崎線・武里駅から車で約5分、県道80号線から少し入ったところにある「南部厚生病院」は、さいたま市と春日部市で病院やクリニック、訪問介護や在宅医療を展開する医療法人光仁会グループの一員であり、急性期、回復期に続く療養期を過ごし、いずれ訪れる終末期も見据えたケアを行ってくれる病院である。内科、循環器内科、糖尿病内科、泌尿器科、整形外科、皮膚科、心療内科、緩和ケア内科があり、禁煙治療にも取り組んでいる。2019年には緩和ケア病棟をオープンし、がんの終末期患者への緩和ケアにも力を入れる体制を整えた。(取材日2020年9月23日)

診療科目
内科泌尿器科整形外科皮膚科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
武里駅
所在地
埼玉県春日部市大場20-1
TEL(電話)
048-736-7511
時間
09:00〜12:30
14:00〜17:00
院長メッセージ
院長メッセージ

池田 真院長

東武伊勢崎線・武里駅から車で約5分、のどかな田園地帯が広がる場所にある「南部厚生病院」。療養期から終末期までを過ごすことができる病院だ。院内は広くゆとりのある造りで、各階にあるロビーは車いすやストレッチャーのままで家族などとくつろげるよう十分な広さ取られており、廊下や診察スペースなどすべての空間がゆったりとしている。そのため長くなりがちな入院期間でも心地よく過ごせるような雰囲気となっている。そんな南部厚生病院を率いる池田真院長に医療に取り組む姿勢や今後の展望など、さまざまな話を聞いた。 (取材日2018年8月16日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

春日部市大場において、地域に密着した療養型病院としての医療に取り組んでいるのが、『南部厚生病院』だ。脳梗塞の後遺症や認知症の進行に伴いADLが低下した患者からがんの終末期患者まで、急性期の治療後に引き続き医療を必要とする患者の療養を目的とする同院には、気管切開をしていたり、脊椎損傷で四肢が不自由だ…

1970年設立の「医療法人有隣会 わかくさ病院」は内科・小児科を中心に、整形外科、神経内科、リウマチ、膠原病など専門の外来を持つ病院で、地域の1次医療施設として周辺住民から頼られ愛されている存在。今年度になり消化器内科と循環器内科の医師を招聘しさらに診療体制を整えた。訪問診療にも注力し、併設の訪問介護ステーションや居宅介護支援事業所等と連携しながら、在宅支援にも積極的に取り組む。外来、訪問、入院と各種医療を組み合わせて提供し、地域の医療拠点としての役割を担っている。2020年には設立50年を迎える同病院は、今後も地域になくてはならない存在をめざしている。(取材日2018年9月10日)

診療科目
内科循環器内科小児科皮膚科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
南浦和駅
所在地
埼玉県さいたま市南区太田窪1973-5
TEL(電話)
048-885-5307
内科 / 循環器内科
時間
9:00〜12:00
13:30〜16:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

矢吹 辰男院長

1970年11月に設立された「医療法人有隣会 わかくさ病院」は、2010年より3代目の理事長・院長に矢吹辰男先生が就任。外来診療と29床の入院施設、そして併設する訪問看護ステーションや居宅介護支援事業所などと連携しながら在宅支援にも力を入れている病院だ。外来診療では内科・小児科を中心に、神経内科などを専門とする外来もあり、地域の一次医療施設として幅広く診療を行っているのが特色。今年は患者ニーズの多い消化器内科と循環器内科の医師が加わり、より専門性の充実した布陣となった。入院は地域の通院患者が主で、在宅だが具合が悪くなった、大規模病院での術後の回復期に、自宅復帰にはまだ早いというケースなど、さまざまなニーズに応える。また2004年から本格的に注力を開始した訪問診療は、現在では同院での中心的な役割を担っている。対象となるエリアは南浦和地区を中心に、通院が困難となった高齢者だけでなく、認知症やがん手術後の自宅回復期間や、終末期の看取りまでに対応。取材では、地域に根差した医療や介護サービスなどについて語ってもらった。(取材日2018年9月10日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[埼玉県]」のクリニック・診療所・医者も探せます 7323件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
医療法人社団nico ニコデンタルクリニック
埼玉県川口市栄町3-5-1 川口ミツワビル3F(川口)

川口駅東口から続く遊歩道からすぐというアクセス至便な立地に位置する「ニコデンタルクリニック」。院内はスタイリッシュで清潔感のあるデザインでまとめられている。待合室の一角にキッズスペース、検診をメインで行う4階には多くのおもちゃやぬいぐるみなどがそろう、キッズフロアがある。保育士資格を有するスタッフが子どもの様子を見守る体制で、子ども連れでも安心だろう。また平日は20時まで、土日も18時まで診療を行っているため、日中は学業に忙しい学生、仕事に励むビジネスパーソンにも受診しやすいといえる。同院では専門分野の異なる4人の歯科医師と11人の歯科衛生士、5人の歯科助手・保育士が在籍(2020年9月現在)。小児歯科を中心に、一般歯科や矯正歯科、難症例の親知らずの抜歯など歯科口腔外科の診療、ホワイトニングなど審美面での施術に対応。中でも虫歯や歯周病を未然に防ぐため予防歯科の取り組みに注力しており、子どもの口腔ケアに関する親への指導・アドバイスは、特に丁寧に行う取り組みの一つだ。治療中の痛みを極力抑え、待たせない診療を心がけ、子どもから大人まで誰もが前向きに通える歯科医院をめざしている。 まるで絵本の世界のようなキッズスペース 川口駅東口からすぐの抜群の立地 保育士資格を持つスタッフも在籍しており、親子での通院でも安心 スタッフが笑顔で出迎えてくれる 丁寧な説明を受けながら検査や処置を受けることができる

医療法人社団nico ニコデンタルクリニック
久喜歯科
埼玉県久喜市久喜東1-1-1(久喜)

東武伊勢崎線、JR線の久喜駅東口より徒歩約1分の地にある「久喜歯科」。平日夜は21時まで、土・日曜も診療していることもあり、地元久喜市はもとより周辺の街から車で通う患者も多いという。特徴はマイクロスコープや歯科用CTなどの充実の設備と、複数の歯科医師によるチーム医療、そして満足度の高い医療サービスを提供するために行う、患者からの要望をこまやかに聞き取るカウンセリングなど。また他院で治療は難しいと言われた患者の相談に応じるセカンドオピニオンにも対応している。院長の冨田和志先生は明海大学を卒業後、同大学病院と2つの歯科医院で経験を積み、2015年9月に開院。前職で経験した訪問歯科診療も定期的に行っている。 「患者の笑顔が長期にわたって続く」診療を理念としており、1度治療した歯が再び悪くならないよう精密に治療を行いつつ、患者が気持ちよく受診できるようホスピタリティーあるサービスにもこだわっている。相談しやすい歯科医院だといえるだろう。 東武伊勢崎線久喜駅東口より徒歩1分の「久喜歯科」 駅から近く、平日夜や土日も診療していて通院しやすい キッズスペースも完備 複数の歯科医師によるチーム医療を提供 マイクロスコープなどの設備も充実

久喜歯科

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る