ERCPの検索結果|病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8181件掲載中(2018年11月20日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で6件から絞り込めます。

【ERCP】の頼れる病院情報検索結果6件表示

6件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

方南町駅より徒歩約11分のところに位置する「佼成病院」は、2014年に中野区から杉並区に移転し、新病院として新たな歴史を刻み始めた。急性期医療を中心に、27の診療科による幅広い診療を行う同院では、診療科間のスムーズな連携に基づく全人的医療を提供しているのが大きな強み。また、地域に信頼される病院をめざし、もの忘れの専門外来や地域包括ケア病棟を開設するなど、高齢化が進む住民のニーズにこまやかに応えている点も特筆すべきだろう。院内には充実した設備とともに、屋上庭園をはじめ、患者やその家族の心を和ませてくれる配慮が至るところでなされた「癒やし」の空間が広がっている。(取材日2017年2月9日)

診療科目
内科脳神経外科循環器内科外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
方南町駅東高円寺駅
所在地
東京都杉並区和田2-25-1
TEL(電話)
03-3383-1281
時間
08:30〜11:30
病院長メッセージ
病院長メッセージ

甲能 直幸病院長

60年以上地域に根差して活動してきた中野区を離れ、2014年に杉並区に移転した「佼成病院」。地域の中核病院として、急性期医療を中心に、27の診療科による幅広い診療を行っている。340床の病床を備え、急性期病棟だけでなく、療養病棟や緩和ケア病棟、地域包括ケア病棟など、患者の状態に合わせた入院設備を完備しているのも特徴の一つ。また、杏林大学の教育関連施設でもある同院は、「安全で質の高い医療を、多くの患者に提供すること」を使命とし、人材や医療体制においても大学と密な連携を図っている。さらに、二次救急医療機関として24時間体制の患者受け入れを行うほか、災害拠点病院としても機能するなど、地域を支える中核病院として存在感を高めている。「杉並区で信頼される病院になることが目標。そして、地域の皆さまとともに、この地域の医療を良くしていきたい」と話す甲能直幸病院長に、同院の特徴や診療方針について話を聞いた。(取材日2017年2月9日)

1929年に設立された「東京衛生病院」。キリスト教・プロテスタント教会「セブンスデー・アドベンチスト」を母体とし、奉仕の精神に基づくホスピタリティーと米国の先進医療で患者のケアにあたる。内科、外科、小児科、産婦人科、整形外科、眼科、泌尿器科、緩和ケア内科、リハビリテーション科のほか、人間ドックや健診にも対応。無痛分娩での知名度が高く、産科と健診を本院が、外来を敷地内にある「附属教会通りクリニック」と「附属歯科クリニック」が担当する。緩和ケア病棟(ホスピス)を併設。減量、育児、糖尿病などの各種講座も開講し、地域住民に広く門戸を開いている。(取材日2013年11月22日)

診療科目
外科整形外科小児科産婦人科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
荻窪駅
所在地
東京都杉並区天沼3-17-3
TEL(電話)
03-3392-6151
予約センターお電話でのご予約
時間
8:00〜11:00
9:00〜14:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

西野 俊宏院長

人々の心と体の癒しのために、思いやりに満ちた医療と看護をめざす。その根底に流れるのはキリストの愛に根差した奉仕の精神―――。キリスト教・プロテスタント教会「セブンスデー・アドベンチスト」が母体という、日本にあって特殊な成り立ちの「東京衛生病院」は、戦前から杉並の医療を支える基幹病院の一つとして、幅広い診療科目で地域医療に貢献してきた。古くから米国の先進医療を取り入れてきたことでも知られ、中でも高い無痛分娩率を誇る産科の知名度は高い。自身も米国の医学を学んだという西野俊宏院長。伝統ある病院の歴史や診療体制の特徴、定評のある無痛分娩の現状、そして職員に浸透する奉仕の精神などについて聞いた。(取材日2013年11月22日)

用賀駅と千歳船橋駅のほぼ中間に位置する「関東中央病院」は、地域医療支援病院、東京都がん診療連携協力病院の指定を受けた世田谷区の中核病院だ。昔から東京大学医学部との人事交流や医療連携が盛んで、心臓疾患や胃・大腸・肝臓のがん、前立腺肥大症などでは先進的な治療に取り組んでいる。さらに地域のニーズに応えるため、2015年から産婦人科と耳鼻咽喉科を再開するとともに、胃・大腸がんを切らずに治療する光学医療診療科診療やメンタルヘルス部門を新設。地域の医療機関との連携に一層力を入れる。3.0テスラのMRIなど医療機器も充実。これらの設備を使用した人間ドック、脳ドックも扱っている。(取材日2013年5月22日)

診療科目
眼科小児科心臓血管外科整形外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
千歳船橋駅用賀駅
所在地
東京都世田谷区上用賀6-25-1
TEL(電話)
03-3429-1171
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

新家  眞院長

公立学校共済組合の職域病院として1953年に開院した「関東中央病院」は、今では広く一般の患者を受け入れ、人口約90万人の世田谷区民にとってなくてはならない中核病院となった。地域の医療機関と連携して診療し、救急医療を提供する世田谷区初の「地域医療支援病院」であり、がん診療が充実した「東京都がん診療連携協力病院」にも指定されている。昔から東京大学医学部との関わりが深く、心臓疾患の治療や消化器がんの内視鏡手術、肝がんのラジオ波焼灼療法、前立腺肥大症治療などでは、全国的に見てもレベルの高い先進的な診療を行っている。東京大学名誉教授で緑内障のエキスパートとして世界的に知られる新家眞院長は「心あたたかく、日々新たに」の理念を掲げて、住民の信頼獲得にまい進している。地域の医療ニーズに応え続ける同院の歩みや診療内容、特徴などを詳しく伺った。(取材日2013年5月22日)

西武池袋線清瀬駅、西武新宿線久米川駅、JR武蔵野線新秋津駅、西武新宿線東村山駅のちょうど中間点、緑あふれる広大な敷地にあるのが「公益社団法人 東京都保健医療公社多摩北部医療センター」だ。25の診療科と328の病床を備え、地域医療支援病院として幅広く診療を行うとともに、特にがん医療、救急医療(二次救急医療)、小児医療に力を入れている。救急では、小児科と循環器科を専門とする医師を含む5人以上の医師が24時間体制で対応。大腸がんと前立腺がんについては、東京都がん診療連携協力病院の認定を受け、小児科には精神や発達、腎臓や内分泌などを専門とする医師も多数在籍している。(取材日2017年11月9日)

診療科目
内科内分泌・代謝内科リウマチ科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
新秋津駅清瀬駅久米川駅
所在地
東京都東村山市青葉町1-7-1
TEL(電話)
042-396-3811
時間
9:00〜17:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

松本 潤病院長

東村山、清瀬、東久留米、小平、西東京の各市からなる北多摩北部の基幹病院として、急性期医療を担うのが「東京都保健医療公社多摩北部医療センター」だ。24時間365日対応の二次救急、小児医療、がん診療に加え、大規模病院が不足気味の同地区の地域医療支援病院として25の診療科をそろえ、小児から高齢者までの健康に寄り添っている。今年の4月に同院の病院長に就任したのが松本潤先生。医療体制のさらなる強化と充実を図るとともに病院の情報を発信するSNSを開設するなどのユニークな試みにも取り組みながら、もしものときにも安心してもらえる医療をめざしている。同院の役割や特徴、今後の展望について、松本病院長に話を聞いた。(取材日2017年11月9日)

診療科目
内科消化器内科消化器外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
成増駅地下鉄成増駅
所在地
東京都板橋区成増3-10-8
TEL(電話)
03-3930-7077
院長メッセージ
院長メッセージ

小林 匡院長

東武東上線成増駅のすぐ隣。1969年開業の「小林病院」は、地域の人々のニーズにきめ細かく応え、地域とともに成長してきた病院だ。2代目院長の小林匡先生が大事にしているのは「駅前コンビニのような便利さと高い専門性」。地域住民が「ちょっと診てほしい」と要望すれば、救急対応を含めていつでも幅広い病気を診る一方、主力とする外科、整形外科、内科に加えて、曜日ごとに循環器、糖尿病、血液などの専門医による外来を行い、住民がわざわざ大学病院に行かなくても専門性の高い診療が受けられる体制を整えている。また、入院でも急性期から比較的長期の療養まで対応。脳卒中などの治療を終えてリハビリテーションを受けながら地元での療養を希望する患者などには心強い味方となっている。小林院長に地域の中で存在感を高める同院の役割や特徴、力を入れている分野、そして自身の考え方を存分にお話しいただいた。(取材日2015年5月29日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[ERCP]」のクリニック・診療所・医者も探せます 1件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
社会医療法人三栄会 中央林間病院
神奈川県大和市中央林間4-14-18 (中央林間)

東急田園都市線と小田急江ノ島線の中央林間駅から徒歩2分。利便性にも優れた「中央林間病院」は1980年の開院以来、地域の急性期病院として救急医療を手がけている。2代目院長の木山智先生は東京女子医科大学病院第2外科で技術を磨いた後、2001年に同院へ。2007年からは院長として病院を牽引する。消化器外科全般の診療・手術を手がけ、腹腔鏡や胸腔鏡などを駆使した鏡視下手術も行う。病院全体としても消化器系のドクターが多く、内視鏡検査にも力を入れていることから、消化器内科・外科ともに強い病院といえるだろう。入院施設は116床を完備。病院の向かい側には外来透析専門の「中央林間じんクリニック」も設け、本院の人工透析内科と連携した透析医療にも取り組む。比較的高齢者の多い同地域において、長い目で親身な診療をしてくれる希少な病院である。 ■病院検索専用サイト「ホスピタルズ・ファイル」にも掲載中 患者一人ひとりトータルにサポート 中央林間駅徒歩2分の好アクセス 内視鏡検査にも注力している 病室の一例。白を基調とし落ち着きを感じる雰囲気である 気さくで飾らない、木山智院長

社会医療法人三栄会 中央林間病院

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る