放射線治療の検索結果|病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8116件掲載中(2021年03月09日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で84件から絞り込めます。

【放射線治療】の頼れる病院情報検索結果84件表示

84件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

江戸川沿いに建つ「江戸川病院」。地域密着型の親しみやすさと、多岐にわたる医療が融合する同院。心臓カテーテル治療や人工関節で豊富な実績を挙げているほか、近年はがん治療をメインとし、チーム一丸となって治療を行っている。院内のインテリアはユニークかつ斬新。フラミンゴやアルマジロなどの動物を飼っているのも特徴だ。2016年4月から院長を務める加藤正二郎先生は、整形外科部長も兼務する若きリーダー。前院長が培ってきた「江戸川病院らしさ」を継承、よりブラッシュアップすべく、日々まい進する。近隣クリニックとの連携体制にも力を入れているため、さまざまな症状を相談できる存在だ。(取材日2016年4月5日)

診療科目
内科糖尿病内科神経内科呼吸器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
江戸川駅
所在地
東京都江戸川区東小岩2-24-18
TEL(電話)
03-3673-1221
時間
8:20〜11:30
12:00〜16:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

加藤 正二郎院長

ゆったりと流れゆく江戸川を静かに見守るように建つ「江戸川病院」。80年以上の長きにわたり地域住民の健康を守り続けてきた、地元になくてはならない病院がそこにある。「新しい医療の風を吹かせ続けたい」と語るのは、院長の加藤正二郎先生。整形外科部長も兼務する若きリーダーだ。もともと同院は結核を中心とした治療を提供していたが、時代のニーズを敏感に感じ取り、15年ほど前から幅広い診療科を掲げた総合病院として診療スタイルを変化。2007年には外来部門「メディカルプラザ江戸川」を独立させ、身近なクリニックの役割を果たす一方、より安全で精度の高い医療を提供すべく、救急、人工関節、循環器、内視鏡、下肢静脈瘤、糖尿病、腎尿管結石などさまざまな分野で高度医療に特化したセンター化を推進してきた。近年は特にがん治療に注力し、確かな実績を挙げている。身近なかかりつけ医の温かさを忘れず、先端レベルの医療の提供をめざす加藤先生に、日々の診療への思いや今後の展望など、じっくりと聞いた。(取材日2016年4月5日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

昭和7年当時、国民病といわれていた結核の療養所として開院して以来、88年にわたり地域の人々の健康を支えるため尽力してきたのが『江戸川病院』だ。加藤正二郎院長の父である加藤正弘理事長の院長在任中に一般病院として成長した同院。加藤院長の兄である加藤隆弘前院長が、平成19年に外来部門を独立させ「メディカ…


















診療科目
診療科目

外科

1952年頃、同院の開設者が、国民病だった結核の治療に外科を取り入れたことから発展。1970年に一般外科を開始し、以来東京医科歯科大学との密な連携関係の下でさまざまな疾患に取り組んでいる。特に消化器悪性腫瘍の早期発見・治療に力を注ぐ。近年は腹腔鏡を積極的に採用し、その手術件数は毎年増加している。病院全体で取り組んでいる救急医療は同科においても重点分野の一つ。救急隊からの連絡を受けるとすぐに専門の医師が待機し、夜間・休日も常時外科医師が1人、当直医として勤務。さらに各常勤医師ならびに手術室の看護師、放射線科、検査科の職員がオンコール体制を取り、いつでも急患を受け入れられるよう体制を整えている。


診療科目
診療科目

心臓血管外科

狭心症・心筋梗塞、心臓弁膜症、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、末梢血管疾患を対象として、病状や患者の希望に合わせたオーダーメイド医療を実践している心臓血管外科。下肢静脈瘤など静脈疾患に対しては専門の施設を開設し、最良の治療をめざして着実に臨床成績を上げている。同科の統括部長である榊原直樹先生は成人心臓大血管外科を専門とし、解離性大動脈瘤などの緊急手術の経験も豊富だ。循環器内科との柔軟な連携体制も同院の強み。心臓の検査・症例検討は2つの診療科が合同で行い、広い視野・総合的な診断の下で治療方針を決定している。また「病気の本質を探ること」を常に忘れず、再発例の治療やその予防にも力を注ぐ。





城南地区の地域医療を支える中核病院。救急医療、脳血管疾患治療、集学的がん治療を診療の3本柱とする。特に脳血管疾患治療では総合脳卒中センターがあり、専門病床SCU6床を持ち、脳卒中の急性期から回復期、在宅復帰後まで総合的に治療を行っている。また全国でも珍しい大規模な高気圧酸素治療室を持ち、突発性難聴などに対応。認知症疾患医療センターには「認知症(もの忘れ)」診療、「認知症相談窓口」を設け、早期発見早期治療に取り組んでいる。「地域医療支援病院」として地域の開業医との連携に力を注ぐほか、講演会開催や栄養指導など病院から地域へ入っていくための試みにもトライしている。 (取材日2018年7月5日)

診療科目
内科循環器内科神経内科精神科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
洗足池駅
所在地
東京都大田区東雪谷4-5-10
TEL(電話)
03-5734-8000
時間
9:00〜17:00
9:00〜12:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

黒井 克昌院長

明治時代から続く、長い歴史を誇る「荏原病院」。現在は城南地区の中核を担う「地域医療支援病院」として、地域のニーズに幅広く応えている。治療の柱は脳血管疾患治療、集学的がん治療と救急医療。特に脳血管疾患に対しては「総合脳卒中センター」を持ち、時間との戦いになる急性期の集中治療から、回復期のリハビリテーション、在宅復帰後までトータルな治療を行い、地域の信頼を得ている。また地域の連携医登録制度を取り、紹介・逆紹介をはじめ、さまざまな面で連携を密にしようとしている。さらに黒井克昌院長は「これからは病院の方から地域に入っていくべき」と講演会や栄養指導などでより地域住民と密接な関係を築こうとしている。診療の特徴や新たな試みから、院長の考える病院の機能についてまで幅広く話を聞いた。 (取材日2018年7月5日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

地域を医療で支える病院として城南地区の医療を担うとともに、高度専門医療や行政対応が必要とされる医療を提供する『荏原病院』。明治31年に伝染病病院として開設された歴史的背景から感染症医療を重点医療の一つとし、新型コロナウイルスが猛威を振るう中、早い段階から患者を受け入れ東京都の感染症対策のリーダー的…

錦糸町駅から徒歩約7分の「東京都立墨東病院」は、区東部地域の医療の中心的役割を担う総合病院だ。がんや脳卒中などの「5疾病」、救急医療や小児医療などの「5事業」に重点を置き、三次救急としての重症患者の受け入れに加え、周産期、精神科の救急医療にも対応。感染症医療も担う。がん診療にも力を入れており、合併症のある患者に総合病院の強みを生かした総合的な治療を提供している。地域連携においては、新たに発足した患者地域支援センターを中心に、医療・介護・福祉が一体となり地域住民の健康を支えることのできる、より強固な地域医療連携をつくり上げることをめざしている。(取材日2020年3月27日)

診療科目
内科消化器内科呼吸器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
錦糸町駅住吉駅
所在地
東京都墨田区江東橋4-23-15
TEL(電話)
03-3633-6151
初診受付時間
時間
8:30〜11:00--
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

上田 哲郎院長

1879年にコレラへの対処のために建てられた「官立避病院」をルーツに、1961年に現在の名称となった「東京都立墨東病院」。28の診療科と765床の病床を有する区東部地域の健康を守る総合病院として、地域医療に貢献している。重症患者を受け入れる三次救急医療に加え、ハイリスク妊婦などを受け入れる周産期と精神科の救急医療にも対応。がん診療連携拠点病院として質の高さを重視したがん診療に取り組むほか、難病医療、障害者歯科医療、心臓病医療、脳血管疾患医療にも注力し、各診療科がそれぞれの専門分野を生かした診療を行うと同時に、内科系外科系が協力し総合的な医療を提供している。また、災害拠点病院として被災地への医療チーム派遣や第一種・二種感染症指定医療機関としての感染症対策など、都立病院の使命として、万が一の際に中心となって機能できるように体制が整えられている。加えて、医療・介護・福祉も含めた地域連携にも積極的な同院。区東部の健康を支える病院としての在り方を上田哲郎院長に聞いた。(取材日2020年3月27日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

墨田区、江東区、江戸川区約150万人の健康を支える『東京都立墨東病院』。区東部の三次救急医療機関であり、「患者中心の医療」という理念のもと、がん、精神疾患、糖尿病などの5疾患と救急医療、周産期医療、小児医療などの5事業に、感染症医療などを加えた広い分野で高度な医療を提供している。令和2年度に内科系…

印旛日本医大駅から送迎バスで約5分の場所にある「日本医科大学千葉北総病院」。「救命救急、急性期脳卒中、循環器救急などの高度急性期医療」を特色とし、ドクターヘリやラピッドカーでの病院前救急診療に力を入れている。がんの分野では、地域がん診療連携拠点病院として診療科ごとの垣根を超えた治療を実践するほか、緩和ケアにも注力。千葉県の基幹災害拠点病院であり、各地域の消防・救急隊との連携を強化しながら大規模災害に備えた災害訓練を定期的に実施している。外国人患者の受け入れ環境も整っており、国際医療推進室が窓口となって対応するほか、成田国際空港には分院のクリニックが開設されている。(取材日2020年5月18日)

診療科目
循環器内科腎臓内科脳神経内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
印旛日本医大駅
所在地
千葉県印西市鎌苅1715
TEL(電話)
0476-99-1111
時間
8:00〜11:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

別所 竜蔵院長

緑があふれる広大な敷地に建つ「日本医科大学千葉北総病院」。早期にドクターヘリを導入して搬送までの時間を短縮し、「プリベンタブルデス(防ぎ得た死)」を減らすことで多くの人々の健康に貢献してきた。地域における高度急性期医療を担う病院として、近隣の医療機関や住民たちからの信頼は厚い。特に心臓血管外科や脳神経外科での手術治療では豊富な実績を誇り、多くの紹介患者を受け入れている。また成田国際空港が近いことから、外国人患者の受け入れ体制も充実。国際医療推進室を設置して、英語、フランス語、中国語などの通訳スタッフが対応しているのが特徴だ。2020年4月には認知症疾患医療センターを設置し、今後ますます需要が高まる認知症治療の拠点として地域の医療ニーズにも応えていく。院長の別所竜蔵先生が大切にするのは、「All for One」の精神。一人の患者のために病院スタッフが一丸となって診療にあたり、きめ細かくサポートする。別所院長がめざす病院の在り方について話を聞いた。(取材日2020年5月18日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

豊かな緑に囲まれた広大な土地に立つ『日本医科大学千葉北総病院』。平成13年には、全国的に早くドクターヘリを導入し、搬送までの時間を短縮することによって「プリベンタブルデス(防ぎ得た死)」を減らすべく、患者の搬送・治療に尽力してきた。地域の高度急性期医療を担う病院として、近隣の医療機関や住民からの期…

西国分寺駅と府中駅の間に位置する「東京都立小児総合医療センター」。小児がんや難病を含む専門医療や救急医療、隣接する「多摩総合医療センター」と連携しての周産期医療を柱とする小児の総合病院で、「からだ病棟」359床、「こころ病棟」202床を有する。小児ドクターカーやドクターヘリによる搬送もでき、PICU(小児集中治療室)20床で小児専門の救命措置、集中治療に対応。医師や看護師、臨床心理士、ソーシャルワーカー、保育士、作業・理学療法士、言語聴覚士などのチームで心理的・社会的支援にあたるのも特徴。近年はAYA世代のがん医療にも力を入れる。(取材日2020年3月26日)

診療科目
内科心療内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
西国分寺駅府中駅
所在地
東京都府中市武蔵台2-8-29
TEL(電話)
042-300-5111
予約センター
時間
9:00〜17:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

廣部 誠一病院長

西国分寺駅や府中駅からバス便のある「東京都立小児総合医療センター」。ガラスの開口部が広く取られ、光が差し込む明るい院内は、木製のオブジェやうさぎ、ウリ坊、ムササビなど、子どもが喜びそうなパステルカラーのイラストで壁も彩られている。カフェやレストランスペースも多く取られ、キッズルームやファミリールーム、患者家族用の宿泊施設なども用意されている。診療面では、多摩地区の小児医療拠点として、また重症度の高い状況に対しては全国からの受け入れも可能な救命救急施設として運営されているのが特徴。舵取りを担うのは、2018年4月に病院長に就任した廣部誠一先生だ。地域の医療施設との連携の深化、周産期診療と連携した新生児治療、「多摩総合医療センター」と連携した思春期と若年成人(AYA)世代のがんに対する治療、病気と闘う患児に寄り添うファシリティドッグの導入など、現代社会に求められる医療に積極的に取り組む廣部病院長に話を聞いた。(取材日2020年3月26日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

小児がんや難病を含む専門医療や救命救急医療、隣接する「多摩総合医療センター」と連携しての周産期医療を柱とする小児の総合的病院『東京都立小児総合医療センター』。「からだ病棟」359床、「こころ病棟」202床を有する多摩地区の小児医療拠点であり、重症度の高い場合は全国からの受け入れも可能だ。小児ドクタ…

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[放射線治療]」のクリニック・診療所・医者も探せます 68件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
関東中央病院
東京都世田谷区上用賀6-25-1(用賀)

公立学校共済組合「関東中央病院」は、世田谷区上用賀にある総合病院だ。職域病院として、世田谷区に住む人たちのための中核医療機関として、新型の機器・医療技術で、質の高い医療の提供をめざしている。病床数470を持ち、内科と外科の強固な連携が強みの心臓血管部門、「切らずに治す肝臓がん・胃がん」を実現する消化器内科、ラジオ波焼灼療法、新鋭の前立腺肥大症治療など、幅広い治療に対応。また、エキスパートによる緑内障手術や、乳腺の外来、19歳までの児童・思春期の精神疾患の専門治療など、特色ある医療にも力を入れ、多様化するニーズにいち早く応えている。予防から治療まで継続した健康管理が可能な人間ドックは、組合員以外でも受診可能だ。3テスラのMRIを導入し、精密な検査体制を整え、病気の早期発見・早期治療に取り組む。「心あたたかく、日々新たに」という基本理念のもと、心の込もった医療を提供してくれる病院だ。 ■特集ページにも掲載中 ■病院検索専用サイト「ホスピタルズ・ファイル」にも掲載中 緑に囲まれた、世田谷を代表する総合病院 3テスラのMRIを導入している 広々とした待合室 地域クリニックとの連携を大事にしている リラックスして人間ドックを受けられるように個室を用意

関東中央病院
メディカルクリニックあざみ野
神奈川県横浜市青葉区黒須田33-5 1F(あざみ野)

「メディカルクリニックあざみ野」は、横浜市営地下鉄ブルーライン、田園都市線あざみ野駅からバスを利用、大場子の神(おおばねのかみ)バス停にて下車、すぐの場所にある。もしくはタクシーで約10分。内科の外来をはじめ、循環器内科、訪問診療、糖尿病などの慢性疾患やアレルギーにも対応しているクリニックだ。院長の佐藤靖郎先生は、外科医師として約30年勤務し、専門分野とする消化器外科をはじめ、幅広い患者を診療してきた。同院の院長に就任してからは、内科はもちろん外科の経験を生かしたトータルな診療と、地域連携の推進役を務めてきた経験を生かして、患者や患者の家族に寄り添った診療を行っている。また、勤務医時代に多くのがん患者を診てきた経験から、同院の訪問診療ではがんの緩和ケアも行っているそうだ。自宅療養を考えている人は、まずは相談してみるといいだろう。 あざみ野駅からタクシーで10分、「大場子の神」バス停下車すぐ 院長をはじめとしたスタッフは丁寧な対応を心がけている 患者や患者の家族に寄り添った診療を提供する 訪問診療にも力を入れている がんの緩和ケアも行う

メディカルクリニックあざみ野

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る