大腸内視鏡検査の検索結果|病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8181件掲載中(2018年02月20日現在)

<ドクターズ>・ファイル

病院・クリニック・医者を探す

ホスピタルズ・ファイル
病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で5件から絞り込めます。

【大腸内視鏡検査】の頼れる病院情報検索結果5件表示

5件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

立川駅南口から徒歩で約10分の至便な地に建つ「立川中央病院」。2014年に改築を終えた病棟は淡いピンクの外観が目を引き、内部は通路を広く取ったゆとりある空間が印象的。一般・療養合わせて115床を備えるケアミックス型の病院で、内科と外科、乳腺外科を軸に、皮膚科、整形外科、婦人科、眼科、脳神経外科、心療内科など幅広い診療科目をカバー。CTやMRIといった検査設備も充実している。大部屋の病室でありながら、ベッドの周囲をカーテンではなくパーティションで区切っている「準個室」など、プライバシーへの配慮も行き届いている。近く立川駅北側にもクリニックを開設する予定だ。(取材日2017年2月16日)

診療科目
内科消化器内科循環器内科外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
立川駅立川南駅立川北駅
所在地
東京都立川市柴崎町2-17-14
TEL(電話)
042-522-7171
病院診療時間
時間
08:30〜11:30
13:30〜16:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
理事長メッセージ
理事長メッセージ

木村 政人理事長

立川駅南口から徒歩でおよそ10分の至便な地に建つ「立川中央病院」。2014年に3年がかりの改築を終えた新病棟は淡いピンクの外観が目を引き、空間を広く取った院内ではスタッフのアットホームな応対が印象的だ。周辺は自然にあふれ、病室や屋上からは四季折々の景観を望むことができる。「この街の住民が立川市内ですべての医療を完結できる一翼を担いたい」と語る木村政人理事長は、この地で70年以上歴史を刻んできた同院の3代目。さらなる地域密着をめざすビジョンについて、木村理事長に聞いた。(取材日2017年2月16日)

東京都の教職員のための職域病院としての機能を保ちつつ、周辺地域からの患者も増やしている「公益社団法人東京都教職員互助会三楽病院」。20の診療科をそろえ幅広く診療を行うとともに、脊椎脊髄疾患部門や内視鏡部門などは専門性を持ち、大学病院並みの症例を積み重ねている。さらに、生活習慣病や精神疾患の治療、産科にも力を入れ、毎週金曜日の17時から19時まで夜間診療を行っていることや人間ドック施設も特徴だ。地域包括ケア病棟を新設して大学病院や地域開業医との連携に積極的に取り組むなど、地域での存在感も一層高まっている。(取材日2017年11月13日)

診療科目
消化器内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
御茶ノ水駅新御茶ノ水駅
所在地
東京都千代田区神田駿河台2-5
TEL(電話)
03-3292-3981
時間
08:30〜11:00
13:00〜15:00
16:30〜18:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

阿川 千一郎病院長

御茶ノ水駅から歩くこと3分。たくさんのビジネスマンや学生が行き交うにぎやかな通りを抜けた大学関連の研究施設やオフィスビルが並ぶエリアの一角にあるのが、「公益社団法人東京都教職員互助会三楽病院」だ。1933年に東京都の教職員とその家族のための職域病院としてスタートし約90年の歴史を持つ同院は、1988年からは広く一般の患者も受け入れるようになり、近年は脊椎脊髄疾患や生活習慣病の治療、内視鏡検査と治療などを軸に20の幅広い診療科を備える総合病院として、質の高い医療を提供することに努めている。長年、消化器外科の医師として活躍し、今も外来で患者の声に耳を傾け、地域に開かれた病院づくりに生かしているという阿川千一郎病院長に、同院の特徴や将来像について、ざっくばらんに話してもらった。(取材日2017年11月13日)

成増駅と立体道路で結ばれた「小林病院」は、1969年の開院以来、地域とともに歩んできた病院だ。外科、整形外科、内科の有床診療所から出発し、患者ニーズに応えて徐々に拡大し、10診療科、115床を有する病院となった。東京都指定二次救急医療機関として、日本大学医学部附属板橋病院との連携により24時間体制で救急にも対応する。『質実剛健』が好きだという小林匡院長の言葉通り、院内は華美ではないが、常に季節の花が出迎えてくれる温かさにあふれる。病院の連を作って商店街の阿波踊りに参加するのが、夏の年中行事。職員の家族や入院患者も加わって、見物から療養会へと続く光景は地域に根差した病院ならではと言えるだろう。

診療科目
内科消化器内科消化器外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
成増駅地下鉄成増駅
所在地
東京都板橋区成増3-10-8
TEL(電話)
03-3930-7077
時間
9:00〜12:00
14:30〜17:00
17:00〜19:00
院長メッセージ
院長メッセージ

小林 匡院長

東武東上線成増駅のすぐ隣。1969年開業の「小林病院」は、地域の人々のニーズにきめ細かく応え、地域とともに成長してきた病院だ。2代目院長の小林匡先生が大事にしているのは「駅前コンビニのような便利さと高い専門性」。地域住民が「ちょっと診てほしい」と要望すれば、救急対応を含めていつでも幅広い病気を診る一方、主力とする外科、整形外科、内科に加えて、曜日ごとに循環器、糖尿病、血液などの専門医による外来を行い、住民がわざわざ大学病院に行かなくても専門性の高い診療が受けられる体制を整えている。また、入院でも急性期から比較的長期の療養まで対応。脳卒中などの治療を終えてリハビリテーションを受けながら地元での療養を希望する患者などには心強い味方となっている。小林院長に地域の中で存在感を高める同院の役割や特徴、力を入れている分野、そして自身の考え方を存分にお話しいただいた。(取材日2015年5月29日)

診療科目
肛門外科肛門内科
最寄駅
小手指駅
所在地
埼玉県所沢市小手指町1丁目3-3
TEL(電話)
04-2926-7521
院長メッセージ
院長メッセージ

栗原 浩幸院長

西武池袋線小手指駅の北口から歩いて5分の地に「所沢肛門病院」はある。緑多い公園にほど近く、4階建ての本院に大腸検査施設が併設。1階ロビーから院内に入ると、待合室には診療を待つ多くの患者の姿があった。外科的な考えに基づいた独自の治療を実践している同院。特に肛門疾患において多数の経験があり、遠方からも患者が訪れているという。併設の大腸検査施設では年間9000件にものぼる大腸内視鏡検査を実施しており、予約なしでも受診可能。クチコミから近年受診者が増加しているそうだ。インタビューでは同院の診療ポリシーや肛門・大腸における診療の内容を、栗原浩幸院長に語ってもらった。(取材日2016年7月5日)

診療科目
内科外科整形外科皮膚科婦人科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
新大塚駅
所在地
東京都文京区大塚4-45-16
TEL(電話)
03-3946-5151

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[大腸内視鏡検査]」のクリニック・診療所・医者も探せます 398件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
医療法人財団 医親会 海上ビル診療所
東京都千代田区丸の内1-2-1 (大手町)

東京駅直結の、東京海上日動ビル新館にある「海上ビル診療所」。50年以上の長きにわたり、丸の内の地域医療に貢献している。診療所とはいっても規模は大きく、広い院内は外来エリア、健診エリア、女性専用エリアの3つに分かれており、診療科目は小児科や手術を行う外科以外の科目はほぼそろっていると言っていいだろう。また医療、検査器具も先進のものを取り入れ、大学病院などで研鑽を積んだドクターや技師が診療にあたる。この大所帯を支えるのは院長の近藤謙二先生だ。柔和な笑顔で常に平らな気持ちで人に接し、良質な医療を提供するために、患者や働くスタッフ、院内環境に至るまですべてに思いを巡らせている。眺めが良いと言われる健診エリアで、まずは健康診断から受けてみたらいかがだろうか。 さまざまな検査機器をそろえ、幅広い検査に対応できる 外来と健診センターに分かれており、スムーズな通院が可能 女性専用のエリア「Fエリア」のより、気兼ねなく通院が可能 広々としたクリニック。受付スタッフの対応も丁寧だ 内視鏡検査室6室を始めとし、多くの健診が受診可能

医療法人財団 医親会 海上ビル診療所
医療法人永瀬会 永瀬医院
神奈川県平塚市紅谷町9-1 リーデンスタワー湘南平塚302号室 (平塚)

「医療法人永瀬会 永瀬医院」があるのはJR平塚駅北口および西口より歩いて2分のマンション3階。広々としたフロアはバリアフリーになっており、待合室から診察室、処置室、レストルームまで、体の不自由な方や車いすの方でも安心して利用出来る構造だ。1949年に平塚市紅谷町で創業した同院は、現在の永瀬剛司院長で三代目となる歴史ある医院。長くこの場所で地域に密着した医療を提供しながら、消化器外科医として豊富なキャリアを持つ永瀬院長の専門性を生かした診療や痔の日帰り手術なども積極的に行っている。平塚市民病院にて外科主任医長、化学療法室部長、医局長を歴任してきたという院長の経歴から、平塚市民病院との連携も深く、CT、MRIなどの高度医療機器を利用して、検査・診断ができる予約システム「連結BOX」も導入している。 平塚駅から徒歩2分という利便性の高さ。院内もバリアフリーで安心 ベージュを基調とした待合室。オレンジ色のソファで温かみのある印象 消化器外科医としての経験が多くある院長。内視鏡検査も受けられる 痔の日帰り手術を受けた患者がゆっくり休めるように広さが十分とられた処置室 エコーやレントゲンなど、機材も充実

医療法人永瀬会 永瀬医院

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る