厚木市の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8095件掲載中(2021年05月14日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
神奈川県厚木市の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で13件から絞り込めます。

【神奈川県 厚木市】の頼れる病院情報検索結果13件表示

13件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

診療科目
内科神経内科小児科小児神経内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
本厚木駅
所在地
神奈川県厚木市七沢516
TEL(電話)
046-249-2220
病院長メッセージ
病院長メッセージ

杉山 肇病院長

豊かな自然に囲まれた神奈川県厚木市七沢にある「神奈川リハビリテーション病院」。1973年に県立病院として設立されて以来、長きにわたってリハビリテーションに特化した治療や研究に取り組んできた。医療用ロボットスーツ、歩行アシスト装置といったロボットなどをリハビリテーションの現場に次々と導入する一方で、幅広い診療科を備え、心のケアにも注力するなど、障害者医療における総合病院としての役割も担っている。再整備事業により新築された真新しい本館は、リハビリテーション機能の充実を図った。幅広い廊下や、自然光を取り入れた明るい環境で、患者が意欲をもってリハビリテーションに取り組めるような工夫がなされている。院内にはプールや体育館、家事訓練室なども整備され、専門性の高いリハビリテーション技術や設備を整えている。同院の強みである多職種連携による総合リハビリテーションや、疾患特有なリハビリテーション、ロボットを使用したリハビリテーション医療への取り組みなどについて杉山肇病院長に話を聞いた。(取材日2019年12月12日)

診療科目
内科循環器内科消化器内科外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
本厚木駅
所在地
神奈川県厚木市温水118-1
TEL(電話)
046-223-3636
院長メッセージ
院長メッセージ

黒木 則光院長

小田急線本厚木駅から直通のシャトルバスが便利な「湘南厚木病院」。医療講演会も開催されることも多いロビーでは、人型ロボットが訪れる人を出迎えてくれる。医療法人沖縄徳洲会グループの病院として「誰もが最善の医療を受けられる地域社会」をめざし、365日、24時間救急を受け入れている同院だ。工業地帯に位置することから、周辺の工場から四肢の切断事故で運ばれる患者も多く、2014年から四肢外傷手術に特化した外傷整形外科の診療をスタートした。同じ年にリハビリ治療専門の回復期病棟もオープン。2015年に再開した心臓血管外科は、現在、厚木地区においてなくてはならない診療科になっている、乳がんや婦人科がんの術後に起こるリンパ浮腫を改善するリンパ管静脈吻合術を行う形成外科、ほかにも無輸血外科治療、健診バスの導入など、数多くの「ここならではの診療」を提供する同院を率いるのは、外科を専門とする黒木則光院長。職員の働きやすいシステムの構築を同院の理念に掲げ、さまざまな新しい取り組みを施行する黒木院長に、外科医師として、経営者としての視点で捉えた病院展開の話を聞いた。(取材日2017年1月17日)

診療科目
内科整形外科脳神経外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
愛甲石田駅
所在地
神奈川県厚木市七沢1304
TEL(電話)
046-402-5511
院長メッセージ
院長メッセージ

磯谷 栄二院長

自ら頭部外傷を受け、入院治療やリハビリテーションを受けた経験から脳神経外科医師をめざしたという「AOI七沢リハビリテーション病院」磯谷栄二院長。東京医科歯科大学や東京女子医科大学の救命救急センターでも診療を経験し、急性期治療後、リハビリの必要な患者を受け入れる回復期病院が少ないことを痛感。「困っている患者さん、困っている医療機関の役に立ちたい」と「AOI七沢リハビリテーション病院」開設に伴い、院長に就任したという。そのため、一般的には受け入れ困難とされる条件の患者にも、できる限り対応できる体制づくりに努める。社会復帰に向け、患者一人ひとりの尊厳を尊重し、誰にでも平等に回復期リハビリテーションを受ける機会を提供したいと熱く語る磯谷院長。嚥下・咀嚼、精神面のサポート、骨粗しょう症など回復期の患者に必要なプロジェクトチームも立ち上げ、多職種の連携によるチーム医療の実践をめざす。自然豊かな厚木市七沢の地で、患者の1日も早い復帰に向けて全力でサポートする磯谷院長に同院の特徴や展望を聞いた。(取材日2019年12月24日)

診療科目
内科循環器内科消化器・肝臓内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
本厚木駅
所在地
神奈川県厚木市水引1-16-36
TEL(電話)
046-221-1570
病院長メッセージ
病院長メッセージ

長谷川 節病院長

人口約22万人の厚木市を中心とした神奈川県県央地区の基幹病院である「厚木市立病院」。前身の神奈川県立厚木病院時代から60年以上にわたって地域住民の健康を守り続けてきた同院は、2017年12月に全面リニューアル。新病院には、心臓カテーテル室やハイブリッド手術室、放射線治療装置リニアックなど先進の機器やICU、CCU、HCUなどの集中治療室を備えたことに加えて診療科の充実を図るなど、市民のための基幹病院としての役割をしっかりと努めていく体制を整えた。そんな同院の院長に2018年4月新しく就任した長谷川節(はせがわ・たかし)先生は、自身のモットーである「一診入魂」の気持ちをスタッフにも伝えることで、市民に信頼される医療を提供していきたいと話す。歯科医師会との連携など新しい試みにも取り組む長谷川院長に、新たに生まれ変わった同院について話を聞いた。 (取材日2018年4月5日)

診療科目
消化器内科循環器内科呼吸器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
本厚木駅愛甲石田駅
所在地
神奈川県厚木市船子232
TEL(電話)
046-229-1771
病院長メッセージ
病院長メッセージ

山下 巌病院長

東名高速厚木インターから車で3分の地に、1981年に開院した「医療法人社団三思会 東名厚木病院」は、282床ながら、年間5037台(2016年4月〜2017年3月)の救急車を受け入れている地域医療支援病院である。近年ではがんの治療体制充実を図り、2017年6月に神奈川県央地域では数少ないというリニアック(放射線治療装置)の運用を開始した。同院を率いる山下巌病院長は消化器外科が専門だが、救急部門の責任者として現在も前線に立ち、夜の当直も担当し続けている。そんな志は医師たちにも受け継がれ、同院には自身の専門分野だけでなく、急性期医療に興味と情熱を持つ医師やコメディカルスタッフが集まっているという。山下病院長へのインタビューでは、救急医療、がん治療、そして地域包括ケアをめざす医療連携や早期からの退院支援体制など多岐にわたった。その言葉の端々に、何よりも患者のことを考える医師としての熱い思いが伝わってきた。(取材日2018年4月2日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[厚木市]」のクリニック・診療所・医者も探せます 239件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
あさひ矯正歯科医院
神奈川県厚木市中町1丁目6-1 厚木セントラルハイツ106号(本厚木)

本厚木駅直結の地下通路を上がると、ショッピングモールやビルが立ち並ぶ大通り沿いに「あさひ矯正歯科医院」はある。院内の所々に猫の足跡がこっそりプリントされていたり、数部屋ある完全個室の診療室はすべて異なるテーマでデザインされていたり、洗練された雰囲気の中にも遊び心が感じられるクリニックだ。隅田能英(すだ・よしひで)院長は、裏側(舌側)矯正について専門的に研鑽を積み、これまで数多くの症例を手がけてきた裏側矯正のエキスパート。娘の隅田実希(すだ・みき)副院長も日本歯科大学附属病院にて研鑽を積み、矯正治療を手がけて15年以上のベテランだ。同院はさまざまな先端の医療機器を導入し、矯正に特化したクリニックならではの多彩な診療を提供。近年は、マウスピース型装置を用いた矯正にも力を入れる。スタッフのホスピタリティーも高く、広く清潔なキッズスペースが設けられている。 小田急線本厚木駅東口から徒歩5分 院内は明るく広々と開放的で心地良い キッズスペースも完備しており、おもちゃや絵本も充実 診察室はプライバシーに配慮し、すべて個室 設備が充実しており、精密検査も可能

あさひ矯正歯科医院
医療法人俊英会 並木産婦人科クリニック
神奈川県厚木市妻田西2-17-12(本厚木)

小田急線本厚木駅より便数の多いバスで7分、中村入口バス停より徒歩1分の「並木産婦人科クリニック」。開業は1988年になるが、2007年に新築移転した建物・設備は清潔感があり機能的。19室ある個室には、トイレ・洗面台・テレビ・冷蔵庫を完備し、マタニティークラスや健診で部屋を出ている間に、毎日の清掃を済ませてくれる、まるでホテルのような対応で好評だ。理事長の並木俊始先生が院長を務め、ほか2人の常勤医と横浜市立大学や東海大学からの非常勤医とで診療を行っている(2016年7月時点)。毎週金曜には先天的異常の発見に役立つ超音波スクリーニングの専門外来を実施。また、小児科医師による新生児の診察が毎日行われている。分娩は自然分娩を推奨するが、状況に応じて計画分娩も可能。2017年6月から無痛分娩にも対応している。更に出産時の夫の立会いも希望があれば可。自然分娩の場合は2日目から、帝王切開の場合は5日目から母子同室。出産のお祝いとして、産声を録音したSDカード、足型入りの写真色紙、オーガニックコットンのベビーウェアのプレゼントがある。妊婦向けのヨガクラスや産後エステなども好評だ。 本厚木駅から神奈中バスで約15分『中村入口』すぐ 広々とした待合室 患者の不安や考えをしっかり聞きながら診療をしている診察室 来院したすべての人の快適さを追及した院内 安心、安全に配慮された環境で分娩は行われている

医療法人俊英会 並木産婦人科クリニック

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る