相模原市南区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8074件掲載中(2021年06月18日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
神奈川県相模原市南区の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で15件から絞り込めます。

【神奈川県 相模原市南区】の頼れる病院情報検索結果15件表示

15件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

JR横浜線古淵駅を最寄り駅とする「相模原南病院」は、介護療養病棟221床、医療療養病棟175床、認知症病棟85床を持ち、多くのスタッフを擁する長期療養型の入院施設。開院以来、「大切な人に自信を持って勧められる病院をめざす」ことを念頭に置き、相模原エリアの高齢者医療の拠点として取り組んでいる。現在では神奈川県内や東京からも患者を受け入れるなど、より広いエリアの高齢社会を支える役割を担っている。患者の多くは他院や施設からの紹介だが、入院の相談、見学等の問い合わせ窓口として医療相談室を設置。認知症患者の家族などの相談にも対応している。 (取材日2019年8月23日)

診療科目
内科皮膚科精神科
最寄駅
古淵駅
所在地
神奈川県相模原市南区大野台7-10-7
TEL(電話)
042-759-3911
院長メッセージ
院長メッセージ

塚本 眞院長

JR横浜線古淵駅から徒歩10分余り。1981年に開院した「相模原南病院」は、医療と介護を行う療養病棟、認知症患者を対象とした認知症病棟からなり、高齢者医療に対応した長期療養型の入院施設となっている。2019年7月からは、塚本眞院長が病院運営を担う。「長年、高齢者医療に取り組み患者や家族を支えてきた、きめ細かな医療サービスや家庭的な雰囲気は大切にしながら、さらなる発展をめざしたい」と意欲的だ。また塚本院長は、もともと血液疾患、がん医療の専門家であるため、その専門性も生かし、「検査機能やスタッフの充実により、将来的には治療法の進捗が著しいがん患者の受け入れなど、高齢者でも諦めない『治す』医療やリハビリに取り組みたい」と語る。さらに、地域に開かれた病院として、健康長寿のための情報発信や、健康教室の開催なども視野に入れているという。気さくな人柄、楽しい語り口も魅力的な塚本院長に、同院の特徴や、今後の展望を語ってもらった。 (取材日2019年8月23日)

診療科目
腎臓内科人工透析内科透析・血管外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
東林間駅
所在地
神奈川県相模原市南区東林間4丁目2-18
TEL(電話)
042-742-5055
院長メッセージ
院長メッセージ

森下 将充院長

小田急線の東林間駅近く。祖父が開設し、父が守ってきた「森下記念病院」を引き継いだ森下将充院長。同院はもともと胃腸を専門とする病院として地域に親しまれていたが、約40年前から人工透析治療を手がけていたことや、時代や社会のニーズに対応するために、自らの専門性も生かし、慢性腎臓病の診療を中心とする病院として再スタートさせたという。「私たちの病院は圧倒的なチーム力で、温かい医療を提供」を理念に掲げ、各診療科の専門性を持つ医師、日本看護協会認定の透析看護認定看護師をはじめ多職種のスタッフとともに、病院全体で一つのチームを形成して医療に取り組む。「若く、エネルギーがあり余っているうちに、病院経営を手がけてより良い医療を実践したかった」と語り、精悍な風貌と爽やかな笑顔も印象的な森下院長に、腎臓病診療に対する思いや、同院のめざすところを語ってもらった。 (取材日2020年1月9日)

診療科目
内科消化器内科内分泌・代謝内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
相模大野駅小田急相模原駅古淵駅
所在地
神奈川県相模原市南区北里1-15-1
TEL(電話)
042-778-8111
病院長メッセージ
病院長メッセージ

岩村 正嗣病院長

北里柴三郎博士を学祖とする北里大学が持つ大学病院の一つである「北里大学病院」。1972年に大学キャンパス内に開院し、やがて50周年を迎える。開院当初から先進的な医療の提供と地域医療との両立をめざし、大学病院として教育研修体制の充実も図ってきた。同時に医療の質の向上と医療安全の推進、患者サービスの向上にも取り組み、入院患者の受け入れから退院相談まで一貫して支援するトータルサポートセンターも設置。「今後は患者さん中心の考えをいっそう進め、より多くのサービスをワンストップで提供できる部署に発展させる予定です」と語る岩村正嗣病院長。「地域の皆さまにも当院の職員にも『自分が大切だと思っている人を、安心して預けられる病院』と思っていただくことを目標に、50年来の信頼に応える医療を次の50年につなぎ、さらに発展した診療、教育、研究を行います」。2020年には病床数1200床超となる同院の特色とこれからについて、岩村病院長に聞いた。 (取材日2019年5月16日)

診療科目
内科腎臓内科神経内科消化器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
東林間駅
所在地
神奈川県相模原市南区上鶴間7丁目9-1
TEL(電話)
042-742-3577
病院長メッセージ
病院長メッセージ

清水 直史病院長

桜、松、ツツジ、メタセコイヤなど数千本の樹木が生い茂る「東芝林間病院」の庭を、患者と家族が談笑しながら歩いていく。幅広い診療科、高度医療機器の導入による先端医療の提供、心の通う看護とそれを支える教育体制という強みに加え、緑豊かな療養環境も同院ならではの魅力だろう。新緑の頃には、広大な敷地を生かした地域との交流の場「健康まつり」も開催しているそうだ。そのかいあってか、「膝が痛い、風邪気味だ、といった症状で受診なさる患者さまも多いんですよ」と清水直史病院長は話す。専門性の高い病院でありながら気軽に足を運べる垣根の低さで、地域住民の「日常の不調」から「万が一」までを見守る頼もしい存在だ。(取材日2017年3月9日)

診療科目
整形外科内科消化器内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
相模大野駅
所在地
神奈川県相模原市南区豊町17-36
TEL(電話)
042-742-0211
理事長メッセージ
理事長メッセージ

黒河内 三郎理事長

相模大野駅から徒歩15分。この地域で50年以上も地域住民の健康を支えてきた「黒河内病院」は、可能な限り救急車を断らない救急病院として知られる。黒河内三郎理事長は開院時からずっとこの地域での診療を続け、相模原市内の病院協会の会長も務め、地域の医療界における重鎮である。だからこそ、きめ細やかで患者のためになるような地域密着型の医療を提供するために率先して模範となるような病院を築いてきた。院内ですぐに伝わってくるのは、受付で「20分以上お待ちの方はお声がけください」と貼り紙があるところからもわかるようなホスピタリティの高さだ。「感性を磨いてほしい」と全職員に伝えているように、患者の不安な気持ちに想像力を働かせる思いが強いスタッフがそろっている。(取材日2017年3月10日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[相模原市南区]」のクリニック・診療所・医者も探せます 340件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
山岸クリニック相模大野
神奈川県相模原市南区相模大野3-14-20 TH&Cビル2F(相模大野)

小田急線相模大野駅北口から徒歩2分。クリニックビルの2階に、2016年4月に開院した「山岸クリニック相模大野」は、相模原地区では数少ないという糖尿病と甲状腺疾患を中心に診療するクリニック。日本糖尿病学会糖尿病専門医、日本内分泌学会内分泌代謝科専門医である山岸貴洋院長が北里大学病院で培ってきた専門性を生かした治療を行っており、町田や大和など小田急線沿線の周辺駅からも多くの患者が来院する。総合内科の診療も行うほか、自由診療のいわゆるにんにく注射に加え、オリジナルのサプリメントの紹介も行っている。大きな窓と座り心地の良い椅子がレイアウトされた待合室には、水槽やコーヒーメーカーなど待ち時間を癒やしのひとときに変えるさまざまなアイディアが施されている。車いすにも対応できるエレベーターと開放的なエントランス、2つの診察室と、大学病院に引けを取らない検査機器を取りそろえた検査室、糖尿病療養に精通する看護師、栄養士と話ができる相談室、点滴専用ルームも完備。月曜日と水曜日は20時まで、土曜日も午後13時まで診療している。 小田急線相模大野駅北口から徒歩2分 スタッフの対応もとても丁寧 患者と向き合い丁寧な診察を行ってくれる 食事指導のためのカウンセリングルーム 糖尿病、内分泌内科専門の医師に診察してもらえる

山岸クリニック相模大野
医療法人貢壽会 相模大野内科・腎クリニック
神奈川県相模原市南区相模大野3-13-15 第3タカビル4F(相模大野)

小田急相模大野駅より徒歩3分、首都圏のベッドタウンとして多くの暮らしを見守る相模原は大規模な再開発が進み、生まれ変わりつつある街となっている。そんな街にあるのが、「相模大野内科・腎クリニック」だ。北里大学病院でキャリアを積んだ、腎臓内科学で知られる鎌田貢壽院長による、適切な診断と治療がクリニックの特色。難度の高い腎疾患から風邪、胃腸炎などの内科疾患まで、幅広い患者に対しレベルの高さにこだわった医療を提供している。クリニックが入るビルには大型のエレベーターも複数完備、院内も車いす用トイレやゆとりある待合スペースを完備するなど、使いやすさも魅力の一つとなっている。エックス線、超音波や血液透析を中心とした設備も新鋭の機器を完備。ハード面でもソフト面でもこれ以上ないレベルを追求した、新しい地域の健康拠点だ。 相模大野駅から徒歩すぐの通いやすさも魅力 受付。スタッフが温かく迎えてくれる 広々として開放感のある院内 診察室。院長が真摯に患者の悩みに向き合う 透析室。各種設備など万全の体制を整えることに努める

医療法人貢壽会 相模大野内科・腎クリニック

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る