横浜市港南区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8129件掲載中(2020年10月25日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
神奈川県横浜市港南区の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で10件から絞り込めます。

【神奈川県 横浜市港南区】の頼れる病院情報検索結果10件表示

10件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

診療科目
精神科
最寄駅
東戸塚駅
所在地
神奈川県横浜市港南区芹が谷2-5-1
TEL(電話)
045-822-0241
所長メッセージ
所長メッセージ

田口 寿子所長

横浜市港南区芹が谷の緑豊かな丘陵地に、2014年に開設された「神奈川県立精神医療センター」。同院は90年以上も精神科の診療を行ってきた県立芹香病院と、60年近く依存症の治療に取り組んできた県立せりがや病院の統合により誕生し、それぞれの特色を受け継ぎながら、専門性の高い診療により、県内の精神科医療を支える存在となっている。2019年に就任した田口寿子所長は、東京都立松沢病院で約21年、国立精神・神経医療研究センターで約5年、精神科医療に従事。「長年の経験から、当院のような自治体病院は、地域の医療機関と役割分担をしながらも、いざという時には患者さんや地域の医療機関・福祉施設が頼れる病院であることが大切だと考えています」と話す。精神科の三次救急に24時間対応するのもその現れといえる。新たに造られた病院は明るく、安心して受診できそうな雰囲気。病床の約7割は個室で、患者中心のケアをめざして身体拘束はできるだけ行わないなどの試みも進めている。これまで積み重ねてきた実績をベースに、これからの精神科医療をめざす同院の特色を、田口所長に詳しく聞いた。(取材日2020年9月4日)

診療科目
脳神経外科内科整形外科
最寄駅
上永谷駅
所在地
神奈川県横浜市港南区上永谷2-10-36
TEL(電話)
045-846-1001
病院長メッセージ
病院長メッセージ

秋山 武和病院長

内科の医師である祖父、脳外科の医師である父を持つ3代目、「秋山脳神経外科病院」秋山武和病院長。前身は上大岡駅近くにあった「秋山脳神経外科・内科病院」で、2017年9月に上永谷駅近くに新築移転したのを機に、病院長を引き継いだ。脳卒中をはじめとする脳神経外科の専門病院である同院。特に秋山病院長が力を入れるのは、脳卒中の超急性期治療だ。脳卒中は脳の血管にまつわる病気の中で最も多く、場合によっては命に関わり、助かっても体の麻痺や言語障害、寝たきりにつながる可能性も高い。「早期の治療やリハビリがその後の回復を左右するので、できるだけ早く適切な治療が行えるように設備や体制を整えています」という言葉には、患者とその家族の人生を左右する病気に関わる医師としての強い責任感がうかがえる。患者の負担の少ない、低侵襲な治療も積極的に導入し、患者や家族との信頼関係を重視する診療姿勢も印象的だ。「大きな病院と遜色のない診断や治療を、地域で迅速に提供できるのが強みです」。大学病院などとは異なるフットワークの良さと、高い専門性を両立させる同院について、秋山病院長に紹介してもらった(取材日2017年10月13日)

診療科目
整形外科内科眼科泌尿器科皮膚科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
上大岡駅
所在地
神奈川県横浜市港南区最戸1丁目3-16
TEL(電話)
045-741-2511
院長メッセージ
院長メッセージ

梅田 嘉明院長

横浜市港南区において40年以上地域の医療を支えてきた「横浜東邦病院」を訪ねた。2016年の増改築に伴い新しくなった外来ロビーは広々として、白樺や動物の絵に囲まれた癒やしの空間となっている。同院では、整形外科を中心に急性期の医療を提供する一方、症状が安定した患者が社会復帰できるまでの受け入れ体制があるのが特徴。一般病床に加えて2016年、医療療養型病棟もオープンした。「方法論はいろいろあるが、もっとも大事なのは病気ではなく病人を治療するという姿勢」と語る梅田嘉明院長。今回は梅田院長に、地域において果たす役割や病院の在り方などを語ってもらった。 (取材日2017年9月28日/情報更新日2019年3月4日)

診療科目
内科消化器内科呼吸器内科腎臓内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
港南台駅
所在地
神奈川県横浜市港南区港南台3-2-10
TEL(電話)
045-832-1111
診療科目
内科
最寄駅
港南中央駅
所在地
神奈川県横浜市港南区港南3丁目1-28
TEL(電話)
045-840-3770

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[横浜市港南区]」のクリニック・診療所・医者も探せます 298件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
岡田眼科
神奈川県横浜市港南区港南台5-5-22(港南台)

JR根岸線港南台駅から徒歩4分の場所にある「岡田眼科」は、白内障の日帰り手術や緑内障の治療のほか、屈折異常や眼瞼下垂、コンタクトレンズ疾患など、幅広い眼科疾患に対応するクリニック。特に炭酸ガスレーザーを用いた眼瞼下垂の治療に力を入れており、日本全国から患者が訪れる。また、オルソケラトロジーなどの先進の治療や眼科疾患に関する研究活動にも熱心に取り組んでおり、研究専門のチームによる学会発表を数多く行っている点も特徴的だ。屈折異常を専門とする岡田栄一院長は、眼科診療の経験が豊富なのはもちろん、診療の枠を超えた社会福祉的な活動にも尽力。働きながら子育てをする世代のサポートのため、病児保育室を備えたクリニックモールを2017年7月にオープン予定だ。なお、同院には眼鏡・コンタクトレンズの専門店が隣接しているため、診察後にそのまま眼鏡やコンタクトレンズを作りに行ける。また、横浜駅西口には分院となる「横浜西口眼科」があり、検査などはそちらで受けることも可能。駐車場も65台分備えられているので、専門性に特化しながらも通いやすい環境が整うクリニックだ。 JR根岸線・港南台駅から徒歩4分 全国から患者が集まるのに十分な広さの待合室 清潔な処置室。 先鋭の機器がそろう 併設店舗で、診察後メガネが作れる 各種の検査が行えるスペース。スタッフも多数在籍している

岡田眼科
下永谷こどもクリニック
神奈川県横浜市港南区日限山1-57-40-E(下永谷)

下永谷駅から徒歩1分。かわいいイルカのキャラクターが目印の「下永谷こどもクリニック」。横浜市立大学病院や基幹病院の小児科での豊富な診療経験を生かして、半澤典生院長が開業した小児科医院だ。「子どもが来たくなるように」と考えられた院内は、モビールが吊られ、明るく楽しい雰囲気。キッズコーナーには木製のままごとセットや北欧製の知育玩具が置かれている。診察室の棚には、キャラクターのマグネットがぎっしり並べられ、病院嫌いの子も興味津々で入ってくるという。感染症用の隔離室にもおもちゃや絵本が豊富に用意され、飽きずに待つことができる。一般診療に加え、予防医学や育児相談に力を入れているのも特徴で、予防接種については子ども一人ひとりに合わせた接種スケジュールを立てる。また窓口とパソコン、携帯電話を連動したシステムを導入し、混雑状況や予想される待ち時間が画面で確認できるのも好評だ。高次医療施設との連携体制も整備され、院内の隅々にまで、子どもと親への心遣いが感じられるクリニックといえる。 下永谷駅から徒歩1分のクリニックモール内にある 院内には子どもが好きそうな仕掛けがたくさん 子どもや両親の気持ちに寄り添う院長の優しさがにじみ出ている 感染症対策のための隔離室 授乳室や、おむつ交換の場所もある

下永谷こどもクリニック

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る