横浜市鶴見区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8178件掲載中(2019年09月16日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
神奈川県横浜市鶴見区の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で12件から絞り込めます。

【神奈川県 横浜市鶴見区】の頼れる病院情報検索結果12件表示

12件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

診療科目
胃腸外科胃腸内科外科眼科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
鶴見駅京急鶴見駅
所在地
神奈川県横浜市鶴見区東寺尾中台29-1
TEL(電話)
045-581-2211
院長メッセージ
院長メッセージ

増田 益功院長

JR京浜東北線・鶴見駅の西口よりバスで15分。「平和病院」は、長きにわたって地元住民に親しまれ、多くの信頼を集めてきた歴史ある病院だ。「ここで生まれ、お子さんやお孫さんとともに通院しつづけ、ここで看取りを迎えられる患者さんも多いんですよ」と、朗らかな笑顔で同院ならではのエピソードを語ってくれるのは、2017年に院長に就任した増田益功先生。2011年に元の病院のすぐ脇に新病院に移転した際も、副院長として設計図の段階から携わるなど同院の魅力を知り尽くした増田先生は、「うちは本当にスタッフの人柄がいいんです」と目を細める。高い専門性で全国から注目を集める、脊椎脊髄病専門の部門や緩和ケア科、そして人工透析専門の部門など、地域住民の健康を守るため幅広い診療科目と大学病院なみの医療機器を兼ね備えた同院には、親子三世代にわたる昔ながらの患者から、他院で治療が難しいと言われた重症患者までさまざまな患者が集まる。そんな同院ならではの魅力をじっくり聞いた。 (取材日2017年8月23日)

診療科目
内科腎臓内科循環器内科整形外科
最寄駅
鶴見駅京急鶴見駅
所在地
神奈川県横浜市鶴見区鶴見1-12-31
TEL(電話)
045-581-2573
病院長メッセージ
病院長メッセージ

王  恒維病院長

鶴見駅西口から歩くこと7分。鶴見のランドマークである総持寺のすぐ隣にある「鶴見西口病院」は、患者一人ひとりに合った心ある良質な医療を提供することをモットーに内科、循環器内科、腎臓内科、整形外科、健康診断などの診療を行っている。医療法人社団望星会の1院として透析療法と腎臓疾患の治療にも力を入れる同院では、血液透析に加えて腹膜透析にも対応し、外来に加えて入院でも透析や治療を受けることが可能で、さらに患者送迎サービスも用意するなど透析患者の負担軽減に努めている。そんな同院の病院長を務めるのが王恒維先生。病院長としての役割に加えて、日本腎臓学会腎臓専門医として一般内科やCKD(慢性腎臓病)の外来、日本透析医学会透析専門医として透析患者の診療にあたっている。「患者さんが主役の安心できる医療を心がけています」と話す王院長に、同院について詳しく話を聞いた。(取材日2017年10月20日)

診療科目
外科眼科耳鼻咽喉科心療内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
鶴見駅京急鶴見駅
所在地
神奈川県横浜市鶴見区下末吉1-13-8
TEL(電話)
045-581-3123
院長メッセージ
院長メッセージ

佐々木 啓吾院長

「できるだけ早く検査をして、その日のうちに診療方針を出すのが当院の仕事だと考えています」と穏やかに微笑むのは「佐々木病院」院長、佐々木啓吾先生。JR鶴見駅よりバスで数分程度、タクシーなら1~2区間という立地にある同院は、周辺の住民はもちろん、遠方からも患者が訪れる地域密着型の歴史ある病院だ。近年増加しつつある心臓病、糖尿病、白内障、整形外科疾患などの生活習慣病をいち早く見つけ、最適な治療の提供に努めてきた同院。人間本来の健康なライフスタイルを取り戻し、最高の健康状態を維持していこうとする「ウエルネスシップ」を理念に掲げ、長きにわたり、「患者、地域、病院と職員」間の信頼関係を築いてきた。迅速な検査体制を整えて病気の早期発見に尽力している。また地域に必要な在宅医療にも積極的に取り組み、現在は2ヵ所の訪問看護ステーションによる在宅支援、通所リハビリテーションや訪問リハビリテーションなども行っている。患者が安心して受診できるように、スタッフと設備をそろえる院長に、思いをじっくり聞いた。 (取材日2018年9月27日)

診療科目
内科消化器外科神経内科小児科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
鶴見駅川崎駅
所在地
神奈川県横浜市鶴見区下末吉3-6-1
TEL(電話)
045-576-3000
病院長メッセージ
病院長メッセージ

三角 隆彦病院長

横浜市東部の中核病院として、質の高い医療や患者サービスの提供をめざす「済生会横浜市東部病院」。病院運営を担う三角隆彦病院長のモットーは、「ここに集まった人たちが幸せになるような病院でありたいということ」。患者や家族はもちろん、職員や地域の医療関係者まで、あらゆる人々が医療というフィールドから幸せを実感できるように、働きがいのある組織づくりを構築し、地域に信頼される病院をめざす。もともと心臓血管外科が専門の三角病院長。心臓弁膜症の新しい治療法のひとつ「TAVI」やカテーテル治療とCTを同時にできるIVR-CT室など先進的な治療も積極的に導入する。その一方、周術期部門やがん治療部門など、診療科の垣根を越えた横断的な医療にも力を入れ、将来を見据えた総合的な視点で医療に取り組む姿勢が印象的だ。「医療と福祉を通じて社会に貢献するというのが、済生会の理念。これからも高度な医療を追求しながら、地域の方々の健康的な生活基盤を整えていきたい」という三角隆彦病院長に、病院の特徴や今後の展望を語ってもらった。(取材日2017年11月7日)

診療科目
歯科矯正歯科小児歯科歯科口腔外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
鶴見駅京急鶴見駅
所在地
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
TEL(電話)
045-580-8500
病院長メッセージ
病院長メッセージ

大久保 力廣病院長

横浜市鶴見区に1970年に開院して以来、教育機関としての機能を果たしながら、口腔領域の地域医療、社会貢献にも力を入れる大学病院として親しまれてきたのが「鶴見大学歯学部附属病院」。日々多くの患者が来院する横浜でも規模の大きい歯科総合病院でもある。保存科、補綴科、口腔外科、矯正科、小児歯科など従来型の歯科診療に加え、インプラント科や高齢者歯科など時代に即した診療、ドライマウスや口臭、白い歯、いびき等の専門外来を設置。また、眼科、内科、循環器内科といった口腔医療と全身医療との融合を図るための医療診療科も設置し、医科歯科連携によるチーム医療を推進している。かかりつけ登録医に病院の施設や設備を開放する開放型病院で、共同診療や諸検査も行い地域医療のレベルアップにも貢献している。2015年4月に就任した大久保力廣病院長は、入れ歯やインプラントを専門とし、一貫して鶴見大学で教育や臨床研修に携わってきた歯科医師。患者主導の医療をモットーに、病院運営や歯学教育に真摯に取り組む大久保病院長に話を聞いた。(取材日2017年9月26日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[横浜市鶴見区]」のクリニック・診療所・医者も探せます 294件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
医療法人VERITAS うえの歯科医院
横浜市鶴見区東寺尾6-29-14(鶴見)

横浜市鶴見の住宅街の中、ひと際目立つ近未来的な外観の「医療法人VERITASうえの歯科医院」。一般的な虫歯治療、歯周病治療をはじめ、小児歯科、インプラント治療、矯正治療などを行っている。院内はCTも撮影できるレントゲン室まで含めて完全バリアフリーで、車いすでも上のフロアに移動できるようエレベーターを設置。オペ室にはLEDの無影灯と滅菌の空気で患者の頭部を被う空調システムが備わり安心を追求する。1階には広いキッズルームがあるが、親子で入れるファミリールームという個室でも治療が受けられる。こうした、子どもから高齢者まですべての人に優しい環境づくりは、生涯ホームドクターを掲げる上野友也院長ならでは。「よその病院をご案内して患者さんにご足労いただかなくて済むよう、すべてケアできるだけの体制と技術を整えています」という言葉の裏には、休診日に必ず研修や講義に参加し日々技術の向上を怠らない努力があった。そんな上野院長の人柄に信頼を寄せる人は多く、開院から13年経った今もメンテナンスに通い続ける患者もいる。最後の歯科医院に巡り合いたいという人は、一度、足を運んでみてはどうだろう。 鶴見区の住宅街に佇む歯科医院 ホテルのロビーのような落ち着いた院内 診察室は広々としており開放的 子どもと一緒に個室で診療を受けられるファミリールーム 近隣の三ッ池公園をイメージしたというキッズスペース

医療法人VERITAS うえの歯科医院
社会福祉法人恩賜財団 済生会横浜市東部病院
神奈川県横浜市鶴見区下末吉3-6-1(尻手)

医療を通じて地域貢献することを基本理念に開設された「済生会横浜市東部病院」。横浜市東部エリアの中核病院として、質重視の医療技術や患者サービスを提供している。2014年には横浜市主導で重傷外傷者を積極的に受け入れる取り組みを始動。その役割を任された同院の救命救急センターではハイブリッドERを開設し、各分野の医師やスタッフが迅速に緊急手術を行える体制を整えた。さらに診療では疾病別部門制を採用し、内科と外科の医師が連携を取って治療にあたる「テーラーメイド医療」を推進。がん治療や周産期医療の分野で強みを発揮している。院内には重傷心身障害児(者)施設「サルビア」が設置されているほか、横浜市立特別支援学校の分教室を併設するなど、医療と教育の両面から子どもたちのサポートしているのも特徴だ。「常に患者さんにとってベストな、一歩先の医療の実現をめざしています」と三角隆彦院長は語った。 横浜市東部エリアを支える中核病院 ハイブリッドERを開設 各診療科・部門と密に連携しながらきめ細かな診療を行っている 手術支援ロボットなどの先端技術も導入 青あざレーザー治療にも力を入れている

社会福祉法人恩賜財団 済生会横浜市東部病院

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る