府中市の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8183件掲載中(2019年07月22日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
東京都府中市の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で13件から絞り込めます。

【東京都 府中市】の頼れる病院情報検索結果13件表示

13件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

西国分寺駅と府中駅の間に位置する「東京都小児総合医療センター」。小児がんや難病を含む専門医療や救命救急医療、そして隣接する「多摩総合医療センター」と連携しての周産期医療を柱とする小児の総合病院で、「からだ病棟」359床に加え、「こころ病棟」202床を有している。小児ドクターカーやドクターヘリによる搬送もでき、PICU(小児集中治療室)10床、HCU(ハイケアユニット)12床で小児専門の救命措置、集中治療に対応。また、心理的・社会的支援のために医師、看護師、心理士、ソーシャルワーカー、保育士、作業・理学療法士、言語聴覚士などの専門職がチームとなって診療に当たる。(取材日2018年11月19日)

診療科目
内科心療内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
西国分寺駅府中駅
所在地
東京都府中市武蔵台2-8-29
TEL(電話)
042-300-5111
予約センター
時間
9:00〜17:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

廣部 誠一病院長

西国分寺駅や府中駅からバス便のある「東京都立小児総合医療センター」。ガラスの開口部が広く取られ、光が差し込む明るい院内は、木製のオブジェやうさぎ、ウリ坊、ムササビなど、子どもが喜びそうなパステルカラーのイラストで壁も彩られている。カフェやレストランスペースも多く取られ、キッズルームやファミリールーム、患者家族用の宿泊施設なども用意されている。多摩地区の小児医療拠点として、また重症度の高い状況に対しては全国からの受け入れも可能な救命救急施設として運営する同院の現状を、2018年4月に院長に就任した廣部誠一先生に聞いた。(取材日2018年11月19日)

診療科目
泌尿器科神経内科整形外科婦人科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
中河原駅
所在地
東京都府中市住吉町5-21-1
TEL(電話)
042-365-1211
院長メッセージ
院長メッセージ

立澤 孝幸院長

1955年の開設以来、地域の中核病院として近隣住民の健康を支えてきた「府中恵仁会病院」。一般病棟151床(ハイケアユニット5床)、地域包括ケア病棟34床、回復期リハビリテーション病棟32床のケアミックス型病院で、地域医療支援病院として、地域診療所とスムーズに連携をしながら、地域に密着した医療を行っている。関連施設には、366リハビリテーション病院、調布Keijinkaiクリニックのほか、なごみ訪問看護ステーションやなごみ居宅介護支援所などを有し、急性期から回復期そして自宅に帰ってからの健やかな生活をトータルでサポート。2018年4月に立澤孝幸先生が院長に就任し、これまで以上に医療安全に取り組むことで、患者が安心して医療を受けることのできる環境の提供をめざす。そこで、立澤院長に、病院の強みや安全への取り組み、災害医療についてなど話を聞いた。 (取材日2018年12月7日)

診療科目
循環器内科心臓血管外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
飛田給駅多磨駅
所在地
東京都府中市朝日町3-16-1
TEL(電話)
042-314-3111
院長メッセージ
院長メッセージ

磯部 光章院長

1977年に榊原仟医師が開設した「榊原記念病院」。2003年に現在の場所に移転し、320の病床と先進の医療設備を備えた循環器医療、そして救急医療をメインとする地域医療支援病院として診療を行っている。循環器疾患に関係する11の診療科を備え、心臓病や高血圧、血管病などへの専門的な医療を提供。同時に、心臓リハビリテーションによる2次予防や、通常の出産に加え、母体や胎児の心臓に問題がある患者の出産にも力を入れている。2017年より院長を務める磯部光章先生は、心臓移植や心不全など、心臓病の研究や教育、臨床に携わってきた循環器医療のスペシャリスト。同院の理念である「患者志向の医療」の伝統を受け継ぎながら、「新しいモデルとなる循環器病院」の構築に向け、さまざまな試みを行っていることに加え、2018年12月10日に成立した「健康寿命の延伸等を図るための脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る対策に関する基本法」の重要性を訴えるなど、広く活躍している。そんな磯部院長に同院や法律の制定により期待することなどについて、話を聞いた。 (取材日2019年3月12日)

診療科目
内科外科整形外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
分倍河原駅府中駅
所在地
東京都府中市美好町1-22
TEL(電話)
042-360-0033
理事長メッセージ
理事長メッセージ

奥島 雄一郎理事長

分倍河原駅より徒歩6分の甲州街道沿いで、開院から50年以上にわたって地域の健康を支え続けてきたのが「奥島病院」だ。大病院とクリニックの中間にある病院として整形外科と内科、リハビリテーション科の診療に取り組む同院は、幅広い整形外科疾患の治療や手術に取り組みながら地域のかかりつけ医の役目も担い、さらには二次救急医療機関として24時間365日、外傷や骨折などの救急搬送も受け入れている。10年ほど前に先代である父から同院を引き継いだ奥島雄一郎理事長は、整形外科の医師として脊椎・脊髄疾患などの診療にあたると同時に、理事長として患者と職員の双方が満足できる病院にすることををめざしている。そんな奥島理事長に同院の特徴や地域医療にかける思いを聞いた。(取材日2018年11月29日)

診療科目
産婦人科内科小児科
最寄駅
東府中駅
所在地
東京都府中市若松町2-7-20
TEL(電話)
042-364-0151
名誉院長メッセージ
名誉院長メッセージ

十蔵寺 新名誉院長

1972年に、米国式産科を地域医療に役立てるべく創設した「東府中病院」。「医は愛」を基本理念に掲げ、地域の産科および女性診療科の基幹病院として、安全・安心な医療ときめ細かな看護をめざして、長年地域医療に貢献してきた。開院当初から、産婦人科の医師による分娩、小児科の医師による新生児ケアなど、「赤ちゃんと母親のための総合医療」を提供し続けている。産婦人科のほかに内科・小児科もあり、今では地域ではなくてはならない「安心してお産ができる病院」へと成長を遂げた。少子化、妊婦の高齢化など、結婚・出産・育児を取り巻く環境はより複雑になるなか、「出生率は1.4と微増しているものの、日本の国力を維持するためには1.8~2.0が必要です。当院も21世紀の産婦人科として、妊婦さんの多様なニーズに対応すべく、努力を続けてまいります」。そう語る十蔵寺新名誉院長に、病院の特徴や診療方針、多摩地区の産科の基幹病院としての役割などについて聞いた。 (取材日2017年1月27日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[府中市]」のクリニック・診療所・医者も探せます 313件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
こすが歯科医院
東京都府中市府中町1-8-13(府中)

京王線府中駅から徒歩5分、保険歯科診療全般だけでなく、顎関節症と噛み合わせの治療に力を入れている「こすが歯科医院」。審美、 義歯、インプラント、矯正、噛み合わせ、顎関節まで、幅広く適応対応している。4つのユニットを有し、治療内容に合わせて導入したドイツ製のユニットも完備。開院から15年以上、「じっくりと事を進め、急がず、確実に」という診療スタイルを続けてきた小菅伊知郎院長。開院以降、たまたま噛み合わせや顎関節症の患者さんが多く来院したことから、自らも対応する治療の知識と経験を積み重ねてきた。患者との相互理解を大切にし、しっかりとコミュニケーションを取ってから治療を開始。保険治療の場合は30分~1時間、保険外治療の場合は1時間~2時間の治療時間を目安にしている。身体の不調が歯と関わっているのではないかと思い、同院を訪れる患者も多いという。矯正治療は専門医が担当している。 府中駅より徒歩5分の好立地。赤れんがの建物が目印。 うがいスペースは椅子が設置されており、一息つけるのがうれしい 滅菌もしっかりしている。 嚙み合わせについてのカウンセリングも行っている。 診察室は半個室になっており、居心地良い。

こすが歯科医院
もりた眼科クリニック
東京都府中市寿町2-4-42 コープ府中寿町店3F(府中)

府中駅より徒歩5分、ビル3階のメディカルモールの中に2016年11月に開業した「もりた眼科クリニック」。院内は完全バリアフリーになっており、キッズスペースもあるので、買い物の帰りに気軽に通いやすいだろう。検査機器は大学病院並みに備えられており、特に正常眼圧緑内障で治療に困っている人にとっては、心強いクリニックだろう。院長の森田哲也先生は、北里大学病院で緑内障と角膜について専門的に研究をし、研鑽を積んできたドクター。緑内障と角膜についての研究は、海外の論文雑誌にも掲載されるという経歴を持ちながらも、そういった様子を感じさせることなく患者の治療の伴走者でいてくれる。緑内障だけではなく、さまざまな眼疾患の治療経験があるので、ちょっとしたことでも相談に乗ってくれるそう。目の健康は生活の質に重要に関わる大切な器官だ。まずは現状把握くらいの気持ちで、足を運んではどうだろう。 府中駅より徒歩5分、coopの3階のメディカルモールにある 診療室は完全個室で何げない不安までしっかり聞いてくれる 院内はバリアフリーになっており安心だ 眼科には珍しくキッズスペースもあり好評だ 精密な眼圧検査ができる先端機器も導入

もりた眼科クリニック

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る