立川市 内視鏡内科の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8187件掲載中(2019年10月14日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
東京都立川市内視鏡内科の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。

【東京都 立川市 内視鏡内科】の頼れる病院情報検索結果0件表示

検索条件に当てはまる病院は見つかりませんでした。


>>検索条件「[立川市] [内視鏡内科]」のクリニック・診療所・医者も探せます 2件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
医療法人社団開自会 奥平クリニック
東京都立川市富士見町4-10-18(西立川)

JR青梅線・西立川駅から歩いて10分の場所にある「医療法人社団開自会 奥平クリニック 」は2005年に開院。2017年に先代から院長を継いだ奥平圭輔医師が診療にあたる。奥平院長がめざすのは「利用しやすく、専門性を備えたクリニック」。自身の専門である内視鏡検査の充実化を図るため、胃の検査、大腸の検査も対応している。大腸の検査では豊富な経験に基づく挿入手技を有し、検査への不安に対しては意識レベルを下げる鎮静剤も使用するという。奥平院長は「患者さんの話をじっくりと聞き、その人の生活背景を考慮しながら問題の解消をめざしたい」と話す。 JR青梅線・西立川駅から徒歩10分ほどで富士見橋の近くにある 清潔感のある待合室 困った時は相談できる地域のかかりつけ医だ 各種検査も可能でリカバリースペースもある 胃・大腸内視鏡検査にも対応している

医療法人社団開自会 奥平クリニック
みやもとクリニック
東京都立川市錦町1-6-18(立川)

立川駅南口から徒歩5分に位置する「みやもとクリニック」。ビルの2、3階を使った2層構造になっており、2階は受付と診療、処置室、3階は検査室。検査服に着替える更衣室には鍵付きロッカーがある。院長の宮本昌之先生は、消化器外科の医師として長きにわたり研鑽を積んだベテランドクターだ。その経験を生かし、痛みに配慮した内視鏡検査や、内視鏡では診られない周辺臓器の丁寧な超音波検査を得意としている。健康診断においても独自のセットをつくり、保険適用外の健康チェックをニーズに合わせて行えるよう工夫している。診療スタイルは、患者の話をじっくり聞き、生活背景をみて”なぜその症状が出るか”を患者と一緒に考えた上で適切な治療を行う、気持ちに寄り添ったものだ。その時間を確保するために、受付から診療内容、検査内容に至るまでのすべての情報を電子カルテに集約。システムを整えたぶん、診療時間を増やすことができていると宮本先生は話す。丁寧な検査と心温まる診療が特徴の同院は、気軽に相談できるかかりつけ医に適しているといえるだろう。 立川の商店街に位置するクリニック。安心できる雰囲気がある 検査室のある3階。検査と通常の診察の導線を分けている 内視鏡は患者の苦痛が少ないよう、細いものを導入 各種検診も用意されており、身体を幅広く検査することが可能 院内はバリアフリーのため車いすなどでも安心

みやもとクリニック

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る