板橋区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8176件掲載中(2020年06月04日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
東京都板橋区の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で40件から絞り込めます。

【東京都 板橋区】の頼れる病院情報検索結果40件表示

40件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

東武東上線上板橋駅から徒歩3分。1959年開院の「上板橋病院」は、1965年から始まったリウマチの専門治療、高齢者を中心としたリハビリテーションに力を入れてきた。開院当初から地域に根差した医療を行う同院。現在は健康診断、救急を含む急性期医療の一般病床のほか、急性期後の社会復帰・自宅復帰をサポートする回復期リハビリ病床、治療を伴う長期療養入院が可能な医療療養病床を有し、地域の幅広いニーズを支えている。さらに在宅療養患者の症状急変時に対応する地域包括ケア病床も備え、同院を含む慈誠会グループの各病院、介護施設とも連携して地域の医療・介護の充実をめざす。 (取材日2019年4月12日)

診療科目
内科外科整形外科心療内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
上板橋駅
所在地
東京都板橋区常盤台4-36-9
TEL(電話)
03-3933-7191
時間
9:00〜12:30
13:30〜17:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

細野 治院長

リウマチとリハビリテーションという2つの専門分野と、地域に密着した幅広い診療が強みの「上板橋病院」。50年以上診療を行ってきたリウマチ科のほか、内科、整形外科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、心療内科、脳神経外科など、各科が連携を図りながら診療を行う体制を構築。同院を含む9の病院と複数の介護施設等を擁する慈誠会グループの中核病院と位置付けられている。グループの目標は「高齢になっても地域で健康に長生きできるよう医療・介護をトータルで提供すること」。急性期から回復期といった入院を経て在宅医療へ。今年4月に院長に就任した細野治先生は「必要な方には長期療養のための入院など、地域の中で切れ目のない医療サービスの提供をめざしたい」と話す。多様な機能をミックスさせた地域密着型の病院として、さまざまな容体の患者を受け入れる一方で、「リウマチ治療は近年、治療法が大きく進歩していますが、それでも治らない方々にも寄り添い、改善をめざすのが真の専門性だと考えます」と細野院長。患者の笑顔のために、多職種が一丸となってさらなるレベルアップをめざす同院の取り組みを聞いた。 (取材日2019年4月12日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

東京都板橋区、練馬区、埼玉県新座市で9つの病院、3つの介護老人保健施設、5つの有料老人ホームを中心に幅広く医療・介護事業を展開する『慈誠会グループ』。小出純理事長は、「地域の皆さんのお役に立てるように、使い勝手が良く、面倒見の良い医療・介護グループをめざしています」と話す。高度急性期病院を退院した…








診療科目
診療科目

リハビリテーション科

急性期から回復期、そして生活期(療養や在宅生活)まで、包括的なリハビリテーションを実施する上板橋病院のリハビリテーション科。急性期リハビリでは、さまざまな病気を抱えた患者が多く来院するため、身体への安全に留意。各専門分野のスタッフが常勤し、安心かつ効果的なリハビリができるよう努めている。回復期リハビリでは、休日リハビリテーション提供体制加算、リハビリテーション充実加算をそれぞれ取得。身体機能回復のゴールデンタイムに見合うリハビリの提供をめざしている。退院後、在宅生活を送る患者には、家族の希望も考慮した通所リハビリ・訪問リハビリでのサポートも行っている。





診療科目
診療科目

リウマチ科

完治の難しい関節リウマチだが、腫れや痛みはコントロールできるなど、治療は大きく進歩している。特に病気の初期から治療を始めれば、関節の変形に至らないよう進行も抑えられるという。そのために重要なのは、早期発見。上板橋病院には、リウマチ診療の専門家である日本リウマチ学会リウマチ専門医が2人常駐し、CT検査などの画像診断、炎症の程度を調べる血液検査、患者本人への症状の聞き取りなどを総合して、適切に診断する体制を整えている。また治療に生物学的製剤を用いるときや、高齢の患者の場合などは合併症も心配されるが、同院ではリウマチ科を中心に内科、整形外科など複数の診療科で連携して対応している。

1923年に荘(しょう)隆一郎院長の祖父が開業して以来、3代にわたって地域の周産期医療を担ってきた「医療法人仁寿会 荘病院」。慶應義塾大学医学部産婦人科教室出身の経験豊富な医師と看護師や助産師が協力し、妊婦健診、母親学級、沐浴教室、生後2週間健診など出産前から出産後までをサポート。月経不順、子宮内膜症、子宮筋腫など女性特有の疾患全般を診療する婦人科、同院で生まれた乳幼児の健診や予防接種を行う小児科、更年期障害などで悩む女性のための中高年ヘルスケアの相談など、幅広く女性の体と心を支えている。 親子2代で出産する人やここで生まれたという人も多い、地域に根づく病院。 (取材日2019年7月8日)

診療科目
産婦人科産科婦人科小児科
最寄駅
板橋駅下板橋駅
所在地
東京都板橋区板橋1-41-14
TEL(電話)
03-3963-0551
産科・婦人科・産婦人科
時間
09:00〜12:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

荘 隆一郎病院長

1923年にこの地で荘隆一郎院長の祖父が開業して以来、伝統の温かさと優しさで診療を続ける産婦人科病院の「荘病院」。少子化が進む中、同院でのお産は年々増え続けているのだそう。医師は全員、慶應義塾大学医学部産婦人科教室出身。産婦人科を専門とする医師たちが4Dエコーなどの先端機器を使用しながら、出産を迎える母親たちや家族に安心感を与えられるようなお産に努めている。知識や技術などの医療面だけでなく、同院の特徴は、医師や看護師、助産師などすべてのスタッフが身内のように接する温かさ。そんな居心地の良さから、同院には親子代々で出産をする家族や、2人目、3人目も、というリピーターも多いのだそう。医師と患者のコミュニケーションを深めための主治医制を採用。入院中はゆっくり休めるようにと母子別室となっていたりと、サービスも評判だとか。100周年を目前にした荘院長に、日々の診療について、そして、地域や患者への思いなどについて、話を聞いた。 (取材日2019年7月8日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

大正12年に開業し、もうすぐ100年。昔から変わらない温かさと優しさが魅力の産婦人科病院『荘病院』では年々お産が増え続け、1年(平成30年1月〜12月)に約800人もの新しい命が誕生。「受診者に『おめでとう』と言えるのは産婦人科だけ」と話す荘隆一郎院長は、お産が終わると必ず握手してからその場を去る…

東京都板橋区成増の「医療法人社団叡宥会 安田病院」は、1958年に「安田医院」としてスタートし、2018年で60年を迎える。東京都指定二次救急病院として急性期医療に尽力し、急性期病棟に加え地域包括病棟を有することで、切れ目のない医療の提供に努めている。初代院長である祖父と先代の父の病院運営を見て育った3代目・安田武史院長は、超高齢化社会へと進む時代の流れに合わせた病院運営を模索。高齢者ニーズのある科を設置し、長年続けてきた往診も在宅サポート部門として充実を図っている。病診連携や病病連携にも力を入れる。(取材日2018年6月7日)

診療科目
内科外科消化器外科消化器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
成増駅地下鉄成増駅
所在地
東京都板橋区成増1-13-9
TEL(電話)
03-3939-0101
時間
9:00〜12:30
14:30〜16:30
18:00〜19:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
理事長メッセージ
理事長メッセージ

安田 武史理事長

東京メトロ有楽町線・副都心線の地下鉄成増駅、東武東上線・成増駅南口から徒歩数分の場所にある「医療法人社団叡宥会 安田病院」。前身の「安田医院」時代から数えて2018年で創設60年となる同院は、東京都指定二次救急病院として急性期医療や災害医療を中心とした地域の中核病院だ。法人理事長兼務で病院を統括する安田武史理事長は、祖父である初代院長と父である先代の病院運営を見て育った3代目。病院創立50周年を記念して作成されたロゴマークには、患者をサポートする家族とスタッフ、そして安田武史理事長のライフワークでもあるフルートの楽器や音色をモチーフに、同院の温かな雰囲気が表現されている。急性期病棟だけでなく地域包括病棟を有することで、切れ目のない医療の提供に努める同院。超高齢化の時代の流れに合わせて、高齢者にニーズのある科を設置したり、往診専門のチームを設けたりすることでより一層の充実を図っている。また、医師会や勉強会で得られたネットワークを生かして病診連携・病病連携にも注力。(取材日2018年6月7日)

診療科目
精神科内科脳神経外科整形外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
小竹向原駅江古田駅
所在地
東京都板橋区小茂根4-11-11
TEL(電話)
03-5986-3111
院長メッセージ
院長メッセージ

黄野 博勝院長

東京メトロ有楽町線・副都心線と西武有楽町線が乗り入れる小竹向原駅から徒歩5分という至便な立地に建つ、1928年開院の「東京武蔵野病院」。練馬区、板橋区、豊島区、北区を含む区西北部医療圏における精神科医療拠点としての役割を担い、交通の便の良さから都内をはじめ埼玉県や神奈川県など広範囲から患者が訪れる。精神科を軸に、内科、外科、脳外科、整形外科、歯科、口腔外科と幅広い診療を提供し、身体合併症患者にも積極的に対応。精神科には20人以上の医師が在籍し、特に精神科の救急、急性期医療に力を入れている。「歴史と伝統のある病院として長年培ってきた風土を持ち、それぞれが高い目標を持つ多職種によるチーム医療が深く根づいている病院」と語るのは、2018年から現職の黄野博勝院長だ。スーパー急性期病棟、急性期病棟、慢性期病棟合わせて619床を有し、社会復帰のためのリハビリテーションや地域医療連携にも尽力する同院の取り組みや今後の展望などを聞いた。 (取材日2019年9月13日)

診療科目
内科呼吸器内科代謝・内分泌内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
大山駅板橋区役所前駅
所在地
東京都板橋区栄町33-1
TEL(電話)
03-5375-1234
院長メッセージ
院長メッセージ

市岡 正彦院長

東武東上線大山駅から徒歩8分。線路沿いに建つ「公益財団法人東京都保健医療公社豊島病院」は、診療を始めてから120年以上の歴史があり、地域の急性期医療を担う病院として板橋区・北区・練馬区・豊島区の二次医療圏を支える存在だ。院長は、同院で15年の診療経験がある呼吸器内科の市岡正彦先生。特に循環器・脳血管・消化器系の疾患に強い24時間365日の救急医療とがん医療を重点医療とし、精神科救急、周産期医療、緩和ケア医療、感染症医療、障害者歯科などの特色ある医療を展開している。地域医療支援病院として、近隣区の医師会などと連携して地域医療の充実を図り、住民の健康を守っている。また、災害拠点病院として地域の災害医療も担っている。4年間外部の病院に勤務した経験を生かし、さまざまな改革にも取り組んでいる市岡院長に、同院の特徴や今後の展望について話を聞いた。 (取材日2019年2月1日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[板橋区]」のクリニック・診療所・医者も探せます 723件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
医療法人社団慈誠会 上板橋病院
東京都板橋区常盤台4-36-9(上板橋)

東武東上線上板橋駅から徒歩3分。1959年開院の「上板橋病院」は、1965年から始まったリウマチの専門治療、高齢者を中心としたリハビリテーションに力を入れてきた。開院当初から地域に根差した医療を行う同院。現在は健康診断、救急を含む急性期医療の一般病床のほか、急性期後の社会復帰・自宅復帰をサポートする回復期リハビリ病床、治療を伴う長期療養入院が可能な医療療養病床を有し、地域の幅広いニーズを支えている。さらに在宅療養患者の症状急変時に対応する地域包括ケア病床も備え、同院を含む慈誠会グループの各病院、介護施設とも連携して地域の医療・介護の充実をめざす。 ■特集ページにも掲載中 ■病院検索専用サイト「ホスピタルズ・ファイル」にも掲載中 上板橋駅北口より徒歩3分 落ち着いた雰囲気の待合室 精密な診断に必要なCT リウマチ治療に適したレントゲンを導入 骨密度を測定する機器

医療法人社団慈誠会 上板橋病院
小暮眼科
東京都板橋区成増3-10-5(成増)

東武東上線・成増駅より徒歩3分の地に建つ「医療法人社団慈眼会 小暮眼科」。院長を務めるのは小暮慎二先生。院長は1970年、東京医科大学医学科眼科学を卒業。その後、10年余り同大医局に勤務。専門分野である色覚において海外での講演や専門書の執筆も行っている。複雑な治療を必要とする患者の場合、大規模病院へ紹介することも可能。医院は3階建てのビルで、1階が診療室と待合室と診察室、2階は手術室と検査室になっている。全体に木の温かみを生かした院内で、待合室の窓からは隣接する成増公園の四季の風情が眺められる。また2016年の改装を期に、バリアフリー対応となったため、2階へはエレベーターで移動可能。手術室では緑内障や白内障などの手術を行っている。執刀は東京女子医科大学の非常勤講師も務める小暮俊介先生(若松河田眼科クリニック院長)が担当。正確な診断を行うため、医療機器も先進のものを導入しており、特にOCT(眼底三次元画像解析機)による精密な診断が特色だ。 成増駅から徒歩1分の好立地。長年地域を見守ってきた眼科 院内には都内にも引けを取らない機器が並ぶ 第2診察室では、緑内障や加齢黄斑変性を専門とする医師が診察 手術室は30分に1回自動で清浄。清潔に保たれている リニューアルによりエレベーターを設置。高齢の人も通いやすい

小暮眼科

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る