中野区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8190件掲載中(2017年10月19日現在)

<ドクターズ>・ファイル

病院・クリニック・医者を探す

ホスピタルズ・ファイル
東京都中野区の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で7件から絞り込めます。

【東京都 中野区】の頼れる病院情報検索結果7件表示

7件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

中野駅北口から徒歩10分のところにある「横畠病院」。同院は、現在の院長である横畠徳行先生の父が1956年、有床診療所として近くに開院したのが始まりで、歴史は古い。診療科目は外科・胃腸科・内科・肛門科・整形外科・リハビリテーション科。各種内視鏡など検査機器も充実させて、幅広く診療している。また、東京都指定の二次救急医療機関として、24時間365日、救急患者の受け入れに対応している。病院としての理念は、「患者様の安全・安心・快適を目指し、患者様に信頼されること」で、特に安心面では、わかりやすいインフォームドコンセントを徹底するように努めている。(取材日2013年12月12日)

診療科目
内科外科消化器内科消化器外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
新井薬師前駅沼袋駅
所在地
東京都中野区新井1-38-6
TEL(電話)
03-3389-2531
時間
08:45〜12:00
13:30〜17:30
病院長メッセージ
病院長メッセージ

横畠 徳行病院長

中野駅北口から徒歩10分の好立地にある「横畠病院」。同院は、現在の院長である横畠徳行先生の父が、1956年に開院した有床診療所「横畠外科」が始まり。その後、増床や「横畠外科胃腸科病院」への名称変更など経て、2013年2月、現在の場所に「横畠病院」として移転開院した。現在は、診療科目が外科・内科・胃腸科・肛門科・整形外科・リハビリテーション科と、幅広く診療できる体制を整えている。横畠院長の専門は消化器外科で、日本消化器病学会専門医として、これまでにさまざまな技術や知識を培ってきた。特に内視鏡には初期の頃から長く携わってきており、「胃がんを診る目は誰にも負けない」という自負を持つ。休日にはスキーやバイクでアウトドアを楽しむという一面も持つ横畠院長に、病院の特徴などを語ってもらった。(取材日2013年12月12日)

診療科目
内科呼吸器内科消化器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
中野駅
所在地
東京都中野区中野5-44-7
TEL(電話)
03-3386-3166
病院長メッセージ
病院長メッセージ

山本 英司病院長

1949年、「誰もが受けられる平等な医療」を理念に開設した診療所を前身に持つ「中野共立病院」。地域住民の要望に応えながら、70年以上にわたる実績を積み重ねてきた地域医療を担う中核病院だ。第2次救急指定病院として24時間救急に対応する一方、回復期リハビリテーション病棟と地域包括ケア病棟を有し、在宅医療にも力を入れている。中野区、杉並区を中心に医療と福祉のネットワークを持つ社会医療法人社団健友会の中心的役割も果たしている同院。2016年5月には医療と介護の総合的な機能を一箇所で統括して提供できる「地域包括連携室」を開設し、地域住民の生活と健康づくりを支える存在になっている。一時期、外科がなくなる状況にあった同院に、「外科の火を消してはいけない」という思いから出向、副院長を経て、2017年1月に病院長に就任した山本英司院長。誰もが受けられる医療のあり方、地域住民のニーズ、そしてスタッフの働きやすさと、常に人への優しさを視点の中に持つ山本院長に同院の理念と特長、今後の展望、病院経営への思いなどを聞いた。(取材日2016年12月20日)

診療科目
内科循環器科
最寄駅
中野坂上駅
所在地
東京都中野区本町3丁目28-16
TEL(電話)
03-3372-0311
診療科目
内科消化器内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
中野駅沼袋駅新江古田駅
所在地
東京都中野区江古田3-15-2
TEL(電話)
03-3387-5421
診療科目
内科消化器内科内分泌内科腎臓内科
>>診療科目をすべて見る
所在地
東京都中野区中野4-22-1
TEL(電話)
03-5343-5611

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[中野区]」のクリニック・診療所・医者も探せます 573件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
あすかクリニック
東京都中野区中野4-4-11  第12南日本ビル8F(中野)

内科・循環器内科と歯科・歯科口腔外科を標榜する「あすかクリニック」は、中野駅北口から徒歩5分。1階に飲食店が入ったビルの北側の小さな看板が目印だ。2008年2月、慈生会病院(現・総合東京病院)元院長の浅野浩先生が、中野北部エリアの医療に献身する目的で開業。現在、ともにクリニックを支える武千春副院長、歯科担当の新井大先生も、浅野院長とは慈生会病院時代からの旧知の間柄である。2012年に歯科を併設して以降、内科の患者の大部分が歯科も受診するようになり、現在およそ8割に達している。内科の総合診療および循環器内科を担当する浅野院長と武副院長は、クリニックでの診療時間の合間を縫って、地域の訪問診療にも力を注ぐ。訪問看護ステーションとの連携も経験を重ねており、関係者間の確かな情報共有を実現させている。 明るく開放感のある待合室でゆったりできる ソファに腰掛けじっくり丁寧な診察が受けられる 歯科用レントゲンのほか、各種検査設備を完備した清潔な検査室 太陽光が差す歯科診察室は広く清潔感あふれる 浅野院長の慈愛が余すことなく詰まった著書『老病ニモマケズ』

あすかクリニック
医療法人社団翔誠会 新江古田こばやし歯科クリニック
東京都中野区江原町2-31-7-1F (新江古田)

練馬と中野の境を通る目白通りに面し、大江戸線の新江古田駅の目の前にある「新江古田こばやし歯科クリニック」は2012年開業で、小林良院長の治療の質に対する高い評価とともに、「説明が分かりやすい」と評判で患者が増加している歯科医院だ。治療方針としては、う蝕虫歯を治すだけのピンポイントな治療ではなく、予防も含め全体的な治療をすることを心がけている。そのために患者への徹底した情報開示と説明を行うことをモットーとしているが、言葉による説明だけではなく、各個室に設置した特大モニターを使った視覚的に見せるスタイルを徹底している。院内はプライバシーに配慮した完全個室の診療室、さらにキッズルームも完備している。また、女性の小児歯科専門の歯科医師も在籍しており、地域のママたちだけでなく子どもから大人まで家族で安心して通える頼れるクリニックである。 都営大江戸線新江古田駅A2出口より徒歩1分 白と曲線をモチーフにした柔らかい印象の待合室 個室の治療室には大型モニターが導入。視覚的に分かりやすく解説 おもちゃがいっぱいのキッズルーム完備でお子さま連れでも安心 マッサージ機能付のユニットもあり、疲れを癒やしながら診療

医療法人社団翔誠会 新江古田こばやし歯科クリニック

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る