目黒区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8095件掲載中(2021年05月07日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
東京都目黒区の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で9件から絞り込めます。

【東京都 目黒区】の頼れる病院情報検索結果9件表示

9件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

東急東横線の都立大学駅から5分ほど歩いた住宅街の中にある「日扇会第一病院」。戦後間もない1949年、初代院長が開設した「第一診療所」が「日扇会第一病院」として生まれ変わり、2代目である八辻行信元理事長、3代目の八辻賢院長へと受け継がれてきた。ケアミックス病院として一般病床と介護療養病床、地域包括ケア病床を合わせて70床持ち、外来では内科と皮膚科、リハビリテーション科の診療を提供。救急指定病院として、24時間365日体制で急患を受け入れる。地域での訪問診療、訪問看護、在宅介護支援にも注力している、在宅療養支援病院。日本医療機能評価機構の認定も受けている。(取材日2017年7月14日)

診療科目
内科消化器内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
都立大学駅
所在地
東京都目黒区中根2-10-20
TEL(電話)
03-3718-7281
診療時間
時間
9:00〜12:00
14:00〜17:00
17:00〜18:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

八辻 賢院長

目黒区中根、東急東横線「都立大学」駅から5分ほど歩くと「医療法人財団日扇会第一病院」に着く。一般病床と療養病床、地域包括ケア病床を合わせて70床擁する同院。1949年に「第一診療所」として同地に発足して以来、地域のニーズに応える形で発展を続け、70年近くにわたって近隣に住まう人々の健康を見守ってきた。現在院長を務める八辻賢医師は、創始者の孫にあたる3代目。2代目である八辻行信理事長とともに、「医療は患者さんのために存在する」という病院理念を大切に守りながら、時代に合わせた医療を提供すべく力を注いできた。より多くの患者の幸せを実践するために、現在も医院の発展を見据える八辻賢院長に、病院について、めざす医療について話を聞いた。(取材日2017年7月14日)

診療科目
整形外科外科消化器内科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
都立大学駅
所在地
東京都目黒区柿の木坂1-30-5
TEL(電話)
03-3718-9731
院長メッセージ
院長メッセージ

松本 忠重院長

東急東横線都立大学前駅から徒歩2分の目黒通り沿いにある「本田病院」は、「信頼の医療。そして、地域に愛される病院をめざして」を理念に、整形外科と内科を中心とした診療や24時間365日対応の救急外来、一般病棟に加え療養病棟も備えるなど救急・急性期医療と地域密着の医療の2本柱で地域のニーズに応えることのできる体制を整えている。そんな同院の院長に就任してから9年、院長としての役割に加えて整形外科の診療や救急医療に尽力しているのが松本忠重院長だ。特に膝や股関節の人工関節の手術では、技術的には難しいながらも患者への侵襲が少ないことから高齢者でも早期の社会復帰が望めるMIS(最小侵襲手術)も取り入れるなど、専門的な治療も行っている。そんな松本院長に、病院のことについて話を聞いた。 (取材日 2017年7月5日)

診療科目
消化器内科循環器内科腎臓内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
池尻大橋駅駒場東大前駅
所在地
東京都目黒区大橋2-22-36
TEL(電話)
03-3468-1251
病院長メッセージ
病院長メッセージ

岩渕 聡病院長

目黒区、世田谷区、渋谷区を中心として、大学病院ならではの高度な医療と地域に密着した診療を提供する「東邦大学医療センター 大橋病院」。東邦大学の2番目の付属病院として1964年に開院した旧病院の老朽化を受け、2018年6月からは隣接する敷地で新病院として再スタートを切った。新病院では、各最寄り駅からのアクセスがより良くなったほか、心臓血管外科、循環器内科・外科などの診療科の技術をさらに高める設備を多数導入。地域完結型医療を担う都市型の急性期病院として、地域の期待に応えていく。「病院は新しくなっても、顔と顔をあわせたコミュニケーションを大切にする姿勢は変わりません」と話すのは、岩渕聡病院長。これまで築き上げてきた地域のクリニックとの関係性をさらに強めつつ、基本理念である「親切な心のこもった医療の実践」を実践していく考えだ。 (取材日2018年8月2日)

診療科目
脳神経外科小児科内科耳鼻咽喉科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
恵比寿駅
所在地
東京都目黒区三田1丁目11-7
TEL(電話)
03-3713-2141
副院長メッセージ
副院長メッセージ

小杉 雅英副院長

恵比寿駅から徒歩5分の距離にある「厚生中央病院」。多角的なケアを行うチーム医療や、入院から退院までのトータルサポート、さらには医師の長期勤務を支援することで、継続的に患者を診療する体制を整えている。笑顔あふれるインタビューの中、時おり真剣な表情を見せる小杉雅英副院長。「患者や治療を途中で投げ出さない」と強く語るその瞳からは、地域医療にかける確かな情熱を感じさせた。長きにわたり患者に寄り添うための工夫や、力を入れているという人材育成、これからの目標にいたるまで、じっくり話を聞いた。 (取材日2016年10月19日)

診療科目
循環器内科呼吸器内科消化器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
中目黒駅
所在地
東京都目黒区中目黒2-3-8
TEL(電話)
03-3712-3151
病院長メッセージ
病院長メッセージ

久保田 俊郎病院長

中目黒駅より徒歩7分。春の目黒川の桜にはじまり、緑豊かな中目黒公園に隣接する「東京共済病院」は、「都会の中にある森の中の病院」として長年地域で愛されてきた歴史ある病院だ。高度急性期、急性期、回復期、慢性期の幅広いニーズに対応できる診療科、医療設備を備え、一般病棟、地域包括病棟、療養病棟が一体となった地域密着型病院として地域に根差した医療で多くの信頼を集めている。健康医学施設、老健施設、訪問看護ステーションを併設し、退院後も含めた継続的な医療を提供。2016年に久保田俊郎先生の病院長就任とともに心療内科、救急科、血液内科を新たに開設するなど診療の拡充にも注力し、地元内外からの注目を集めている。「ここは私にとっても癒やしと憩いの場。中目黒は私にとって第二のふるさとです」と、穏やかな笑顔で語る久保田病院長に同院ならではの魅力や展望について聞いた。(取材日2017年5月16日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[目黒区]」のクリニック・診療所・医者も探せます 561件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
アーク歯科・矯正歯科
東京都目黒区鷹番2-19-3(学芸大学)

学芸大学駅東口から徒歩1分、吉田哲也先生が院長を務める「アーク歯科・矯正歯科」は、1997年開業。クリニック名にもなっている矯正歯科を中心に、一般的な虫歯や歯周病の治療をはじめ、インプラント治療、訪問歯科、審美歯科など幅広い治療を提供。週に2回は訪問歯科も実施している。同院の強みは歯の裏側に装置を付けて行う舌側(ぜっそく)矯正。もちろん通常の矯正治療も行っているが、日本舌側矯正学会の常務理事も務めるほど舌側矯正に精通した吉田先生の治療は多くの患者に支持されている。小児矯正にも力を入れており、丁寧なカウンセリングで一人ひとりに合った治療開始時期や治療方法を提案。長い目で見て後戻りの少ない矯正治療をめざしている。爽やかで落ち着いた色調で統一された院内には歯科用CTやデジタルエックス線、CAD/CAM冠作製システムなど先進の設備を導入。また、スタッフ全員が知識の習得や技術の向上を目的とした講習会にも積極的に参加しており、クリニック一丸となって患者をサポートしている。子どもから高齢者まで、幅広い世代のニーズに応えるクリニックだ。 鮮やかな緑色の看板が目印 待合室は、爽やかで落ち着いたカラーで統一 大きな窓から光が差し込む、明るい診察室 コンピューターでセラミック製のかぶせ物を作製する機器を導入 舌側矯正治療のエキスパートである院長。後進の育成にも励む

アーク歯科・矯正歯科
ひでまる救急クリニック
東京都目黒区目黒1-4-11 NTビル1F、2F(目黒)

東急目黒線の目黒駅西口から権之助坂を下ってすぐ。通りに面して2フロアを擁する「ひでまる救急クリニック」は、大学病院の救命救急センターで長く勤務した経験を持つ市丸秀章院長と市丸梓副院長が、夫婦で立ち上げたクリニックだ。スタッフも、救急医療を経験してきた看護師などで構成されているという同院。世代・性別はもちろん、国籍も問わないボーダーレスな診療で、地域の健康を幅広くサポートしている。診察室にはリクライニング式の椅子が設けられ、移動することなく座ったままでエックス線撮影や採血、心電図測定なども可能。1階は発熱者専用の診療、2階は一般診療と完全に動線を分け、感染症対策を徹底して対応している。急な発熱や内科症状はもちろん、外傷や中毒など診療科を超えて幅広く相談できるクリニックだ。 発熱用と一般用とでフロアが異なる「ひでまる救急クリニック」 明るく、清潔感のある院内 リクライニング式の椅子を設置。心電図測定などが可能な診察室 医師や看護師は救急医療に携わってきている バリアフリーで広々とした化粧室

ひでまる救急クリニック

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る