江東区 肛門内科の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8176件掲載中(2020年05月26日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
東京都江東区肛門内科の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。

【東京都 江東区 肛門内科】の頼れる病院情報検索結果0件表示

検索条件に当てはまる病院は見つかりませんでした。


>>検索条件「[江東区] [肛門内科]」のクリニック・診療所・医者も探せます 7件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
亀戸水神森クリニック
東京都江東区亀戸6-57-20 亀戸東口駅前ビル2F(亀戸)

患者が心底安心し納得もできる“患者本位”の治療をこだわりとする「亀戸水神森クリニック」。JR総武本線・亀戸駅東口から徒歩1分の場所にある。内科・整形外科・外科・胃腸内科・胃腸外科・肛門内科・肛門外科・リハビリテーション科を標榜し、風邪から高齢者のリハビリまであらゆる疾患を対象としている。特に小児整形外科疾患の診療は、遠方からの患者も多く、さまざまな治療実績を持つクリニックとして知られている。また、今まで入院での手術や治療が通例であった大腸ポリープの切除や血栓性外痔核の血栓摘出、呼吸不全を伴わない気管支炎の治療などを外来で実施しており、患者の生活の負担を考慮した診療も展開させている。さらには、苦手な患者が少なくない内視鏡検査においては、経鼻内視鏡を導入し患者ストレスを抑えるなど、精度の高い治療をめざすだけではなく、診療の隅々に至るまで患者への配慮がうかがえるクリニックだ。 広々とした待合室では、スタッフが皆親切丁寧に対応する 院長は、できる限り患者の負担が少ない的確な診断を心がけている 経鼻内視鏡検査は痛みが少ないそう。大腸ポリープの切除も行う 整形外科では、小児整形外科疾患も多く診療している 陽光が差し込む広々とした、リハビリテーション室

亀戸水神森クリニック
さがみ外科胃腸科クリニック
東京都江東区大島9-5-1-106(東大島)

都営新宿線の東大島駅から徒歩3分、コアシティ東大島にある「さがみ外科胃腸科クリニック」。クリニックの入り口扉に大きく描かれた胃のイラストが印象的だ。院長を務めるのは、東京女子医科大学消化器病センターや東京城東病院の外科・消化器外科で長年経験を積んだ佐上俊和先生。2005年の開院以来、「明るくやさしい診療所」をスローガンに掲げ、消化器疾患の専門性を生かしながら、身近な「町のかかりつけ医」として丁寧で患者に寄り添った医療を提供。診療では患者さんとのコミュニケーションが一番大切と考えている。力を入れている内視鏡検査は、従来のスコープの太さほぼ半分の細径スコープの経口内視鏡や、超細径スコープを用いた経鼻内視鏡で苦痛の少ない検査に努める。また、市中病院や大学病院などの連携医療を整えているのも特徴だろう。 大きな胃のイラストが目印 コミュニケーション重視の診察室 待合室は広くゆったりしている 検査機器も幅広く取りそろえている 広々とした診療室

さがみ外科胃腸科クリニック

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る