江東区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8115件掲載中(2021年02月27日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
東京都江東区の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で17件から絞り込めます。

【東京都 江東区】の頼れる病院情報検索結果17件表示

17件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

手

江東区の「藤崎病院」は、総武線と東西線に挟まれた便利な地にあり、人口50万人を超えた同区の救急、急性期医療の一翼を担っている。4診療科と119の病床を有し、高い専門性と地域密着の病院ならではの身近な医療を兼ね備え、東京都二次救急医療機関として24時間の救急診療に応じている。年間多くの手術を行い、近隣住民にとっては「小さな大学病院」として頼られる存在だ。院長による肝臓・胆嚢・膵臓疾患の手術、「手外科」のマイクロサージャリー、脳外科の血管内治療など、高い技術が必要な治療も数多く行っている。(取材日2013年12月13日)※院長名、病院名の「崎」は山へんに立・可が正式な漢字です。

診療科目
麻酔科外科内科整形外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
亀戸駅東陽町駅西大島駅
所在地
東京都江東区南砂1-25-11
TEL(電話)
03-3648-2111
時間
9:00〜13:00
14:00〜17:00
院長メッセージ
院長メッセージ

藤崎 滋院長

江東区周辺の救急医療を担い40年余り。地域に根差した診療を行ってきた「藤崎病院」は周辺住民からの信頼が厚い同区の中核病院だ。院長の藤崎滋先生は、創業者である亡き父の跡を継ぐ2代目。穏やかな語り口とにこやかな笑顔が印象的なドクターだ。大学病院の消化器外科で数多くの手術を手がけてきた経験を生かし、同院の院長に就任してからも週に5日の外来診療を行うとともに多数の手術を執刀している。同院では、外科、整形外科、脳神経外科、内科の各領域で専門の医師やスタッフをそろえて、救急の患者の受け入れと高度な手術に対応する態勢を整えてきた。「レベルの高い医療を提供し、安心して入院、通院してもらえる病院でありたい」と話す藤崎先生に、これまでの病院の歴史や診療方針、得意の診療、今後の展望などを存分に語っていただいた。(取材日2013年12月13日)

診療科目
診療科目

麻酔科

地域に根差した病院として、外科、整形外科、脳神経外科などの各科で多くの手術を行う同院。麻酔科では、疼痛など手術ストレスの影響が最小限になるよう麻酔をかけ、手術中は血圧や心拍などの全身管理を行って、患者が最善の状態を保ちながら手術を安全かつ適切に終えることができるようサポートしている。あらゆる手術においてハイレベルな対応を維持することはもちろん、緊急の症例にもより適切に対応できるようになった。各診療科の執刀医や手術チームのスタッフと緊密に連携し、術前・術後を含めて常に患者の立場に立ってきめ細やかにケアしてくれる頼もしい存在だ。

診療科目
診療科目

外科

外科では、消化管および肝胆膵の疾患を中心に、乳腺・甲状腺、肛門、呼吸器など各分野の専門の医師が治療を展開。難易度の高い肝胆膵の手術を得意とするほか、単孔式鏡視下手術、腸がんや早期胃がん、鼠径ヘルニアなどに対する腹腔鏡下手術といった低侵襲な手術にも積極的に取り組んでいる。また、病態によっては腹腔鏡下手術より開腹手術が望ましい場合もあるとして一人ひとり、より良いと思われる治療法を判断。一人の患者の診断から治療、術後の再発予防・再発治療、緩和ケアまで、同じ医師が継続して担当するため、治療方針に一貫性があり安全性にもつながる。病変を見逃さず、検査・治療に確実につなげる予防医療にも注力している。




南砂駅より徒歩20分。「愛育メディカルセンター」において医療分野を担う介護療養型医療施設の「愛和病院」。同施設内には介護老人保健施設や通所リハビリテーションもあり「時々入院、ほぼ在宅」という、患者や家族にとって負担が少なく、自分らしく過ごせるようケア体制を整えられている。同院には急性期の入院と治療を終えて要介護認定を受けた患者が入院し、医療やリハビリテーションを通して在宅復帰をめざしていく。明るく広々した院内は徹底した感染予防対策がとられ、個室や夫婦で利用できる2人室もある。また内科、リハビリテーション科の外来診療や訪問診療も対応。 (取材日2014年2月21日/更新日2019年8月23日)

診療科目
内科リハビリテーション科
最寄駅
南砂町駅
所在地
東京都江東区東砂4-20-2
TEL(電話)
03-5634-5400
時間
09:00〜12:00
14:00〜16:30
院長メッセージ
院長メッセージ

池田 滋院長

江東区南砂町、桜並木の美しい仙台堀公園と城東公園のほど近くに位置する「愛和病院」は1971年に開設の、一般病床を持ち二次救急に尽力した協和病院を前身とする。現在は医療療養病床として、急性期治療を終えて状態が安定した、慢性期から回復期にある患者のために、あるいは在宅や介護施設などにおいて状態が悪化した場合の一時入院対応などにおいて、医療を提供している病院だ。一人ひとりの入院診療計画に基づいて治療と状態の安定化を図り、検査体制の整う「協和メディカルクリニック」や愛和病院内に併設の介護老人保健施設のデイケアとも連携して、退院や在宅復帰をめざす。現在院長を務めるのは、急性期治療から転身してきた、池田滋先生。地域における同院の役割や、それを支えるスタッフの存在などについて話を聞いた。 (取材日2014年2月21日/更新日2019年8月23日)

特徴
特徴

>> 詳細を見る

昭和46年に開設され、二次救急に尽力してきた「協和病院」を前身とする『医療法人社団 愛育会』。竹川勝治理事長のもと、現在は、江東区砂町エリアで医療、介護、福祉をスムーズに連携させる地域包括ケアを実践。住み慣れた環境で住民を切れ目なく支援することに尽力している。同会は回復期、慢性期の医療療養病床を持…

診療科目
内科消化器外科呼吸器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
東大島駅
所在地
東京都江東区亀戸9丁目13-1
TEL(電話)
03-3685-1431
病院長メッセージ
病院長メッセージ

中馬 敦病院長

2014年4月に旧社会保険病院から独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO:ジェイコー)に移行し、再スタートを切った「東京城東病院」。取材陣が訪ねた朝9時半には、既に多くの患者が待合室を埋め尽くし、受付スタッフや看護師の張りのある声が響いていた。待合室に漂う空気が陰鬱なものではなく、どこか明るく希望を感じさせるのは、「スタッフが楽しく、元気に働けてこそ患者さんに優しくできる」という中馬敦院長のポリシーが息づいているからだろう。多忙な院長職の傍ら、股関節を専門とする整形外科のドクターとして手術も行う中馬院長は、そのにこやかな笑顔で現場の士気高揚をも担っている。併設の老人保健施設との密な連携、総合内科診療や地域包括ケアへの取り組み、病院独自の強みまで、じっくり話を聞いた。 (取材日2016年2月5日)

診療科目
内科消化器内科呼吸器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
住吉駅錦糸町駅
所在地
東京都江東区住吉1-18-1
TEL(電話)
03-3632-0290
病院長メッセージ
病院長メッセージ

松川 正明病院長

東京メトロ半蔵門線および都営新宿線住吉駅から徒歩5分の下町にある「あそか病院」。1930年に西本願寺の子女であり歌人でもあった創始者が前身となる病院を設立。1923年の関東大震災では、自らも被災したにもかかわらず、日比谷などに救護施設をつくり、無償で医療を提供し、その後、1930年に同院を開業した。名前の「あそか」とはサンスクリットで「無憂」と漢訳される花の名前で、お釈迦様が生まれた時に咲いていたとされる花なのだそう。現在は、急性期病棟、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟、療養病棟を有し、診療科目は内科、外科、整形外科、歯科など多岐にわたる。アットホームな雰囲気を大切に入院から退院後のリハビリテーションや生活のサポートまで、医療、介護、福祉を一貫して提供する地域密着の同院の特徴について、松川正明病院長に話を聞いた。 (取材日2020年11月18日)

診療科目
消化器内科消化器外科循環器内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
豊洲駅
所在地
東京都江東区豊洲5-1-38
TEL(電話)
03-6204-6000
病院長メッセージ
病院長メッセージ

笠間 毅病院長

大型商業施設や大規模マンションが増加し、若い世代やファミリー層の流入が続く豊洲地域。急増する人口に対して十分な救急医療と周産期医療を提供できるよう、江東区と昭和大学の協力のもとで2014年に新築移転したのが「昭和大学江東豊洲病院」だ。161床の地域密着型病院として長年地域医療に貢献してきた同院は、309床の中規模病院として生まれ変わり、高齢者から若年層まで幅広い患者に対応できる体制を整えた。「女性と子どもにやさしい病院」をめざして分娩から育児支援までトータルで提供するほか、小児の救急疾患にも24時間対応。さらに産科、消化器疾患、循環器疾患、脳血管疾患においてはホットラインを設けており、二次救急機関として積極的に救急患者を受け入れている。大学の附属病院としては初めて、土・日、祝日も平日と同様に外来診療や検査、定期手術を行っている点も特色のひとつだろう。「患者さんの利便性向上に努め、近隣の医療機関の診療のバックアップ体制にも寄与していきたい」と話す笠間毅病院長に話を聞いた。(取材日2017年10月19日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[江東区]」のクリニック・診療所・医者も探せます 657件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
ハートリーフ歯科クリニック東大島
東京都江東区大島7-38-30 ダイエー東大島店3F(東大島)

ファミリー層が多く暮らす都心のベッドタウン江東区東大島で、齋藤育実理事長が2017年7月に開院した「ハートリーフ歯科クリニック東大島」。都営新宿線・東大島駅から徒歩4分の大手スーパー3階という好立地にある上、年末年始を除いて年中無休で診療している利便性の良さから、多くの患者が訪れている。バリアフリーの院内は、待合室や診療ユニットにカラフルな色を取り入れて明るい雰囲気。診察室の中にキッズスペースを設け、子どものフッ素塗布を積極的に行うなど、親子で通いやすい工夫も多い。診療では、口腔全体をトータルに診査診断し、歯を残すことを前提にした治療を提供。マイクロスコープや歯科用3DCTなど医療機器を駆使して、精密な治療を心がけている。口腔内に入る治療器具は患者ごとに洗浄・滅菌を行い、衛生管理と感染予防も徹底。都心まで足を延ばさずとも、安全性と質にこだわった専門的な歯科医療を受けることができる。車での来院者はスーパーの駐車場を利用可能。場内のエレベーターを使って3階へ。 スーパーの3階にあり、利便性の高い立地 バリアフリー仕様で、広々とした院内 ユニットは清潔に保たれ、幅広い治療に対応 キッズルームを備えており、ファミリーでも通いやすい マイクロスコープをはじめ、各種検査・治療機器を備えている

ハートリーフ歯科クリニック東大島
原澤歯科
東京都江東区牡丹3-6-3(門前仲町)

東京メトロ東西線・門前仲町駅徒歩4分、都営大江戸線の門前仲町駅からは徒歩7分の場所にある「原澤歯科」は、虫歯・歯周病治療などの一般歯科の他、噛み合わせ治療にも力を入れているクリニックだ。待合室には待ち時間を少しでも寛いでもらえるようにと、マッサージチェアが設置されており、温かい家庭的な雰囲気を醸し出している。希望する患者には、全身バランスの調整を使用することもあるという。興味のある方は尋ねてみてほしい。ドクターは原澤良之院長と院長の息子である原澤功先生の2人体制で、祝日以外は休診日なしで診察を行っており、診察時間も平日は20時までと遅い時間にも対応してくれる。急な歯の痛みに襲われた患者や忙しくてなかなかデンタルクリニックに通う時間がない患者には、心強いクリニックだ。 門前仲町駅から徒歩4分。四葉のクローバーが目印 受付。祝日以外は土・日曜日にも診療している 診察室。パーティションで区切られプライバシーが守られる 顕微鏡も使用しており口腔内もチェックできる 体への影響が少ないデジタルレントゲンを導入

原澤歯科

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る