船橋市の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8180件掲載中(2019年03月19日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
千葉県船橋市の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で22件から絞り込めます。

【千葉県 船橋市】の頼れる病院情報検索結果22件表示

22件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

京葉高速鉄道と新京成線の北習志野駅から徒歩6分の「共立習志野台病院」。1968年の開設以来、長年にわたり地域の周産期医療を支えてきた。2008年に建物をリニューアルしてからは年間の分娩件数も増加し、豊富な診療実績で地域住民からも信頼されている。産婦人科と小児科をはじめ、内科・乳腺科・皮膚科を診療。産婦人科では妊婦と胎児の安全を第一に考え、毎診察時に超音波検査を実施。妊娠20週と28週には全身の臓器のスクリーニング検査をしている。各種健康診断、乳がん、子宮がんの検診にも対応。母親学級やマタニティーエクササイズ、産後のママボディメイクなど独自のプログラムも充実している。(取材日2018年3月5日)

診療科目
産婦人科小児科内科乳腺外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
北習志野駅習志野駅
所在地
千葉県船橋市習志野台4-13-16
TEL(電話)
047-466-3018
時間
08:30〜11:30
13:30〜16:30
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

川口 英祐院長

京葉高速鉄道の北習志野駅から徒歩圏内にある「共立習志野台病院」。落ち着いた住宅街を歩くと見えてくる緑色の看板が目印だ。院内のいたるところで目にするかわいいピンク色のマスコットは、病院のイメージキャラクターの「はッピー」。患者たちからの公募で名前が決められたのだそう。「女性と子どもに優しい医療」をモットーに、産婦人科・小児科を中心とした診療を行っている。24時間複数の医師がサポートする体制を整え、院の新築後は年間の分娩件数も増加。妊婦検診から出産、そして出産後のケアまで、トータルで女性の健康を支えることができるのが特徴である。院長の川口英祐先生は長年、産婦人科医療に携わってきたベテラン医師。2018年1月に院長に就任したばかりだが、患者の安全を第一に考えた診療で、すでに多くの患者からの信頼を集めている。今年50周年を迎える同院が地域の中で果たす役割や、今後めざす方向性について話を聞いた。(取材日2018年3月5日)

船橋駅から徒歩7分の地にある「板倉病院」。24時間体制で救急患者を受け入れ、急性期からリハビリテーション、在宅医療までシームレスな医療を提供する。船橋市南部12万人の地域で二次救急病院として果たす役割は大きい。2015年には健診部門を開設し、病床も91床に増床した。病院長の梶原崇弘先生は「救急」、「地域医療」、「予防」の3つを病院のコンセプトとして掲げ、革新を進めている。在宅療養支援病院として、地域のクリニック、在宅診療専門クリニックと連携し在宅医療を強力にサポート。毎週金曜日に認知症専門の医師による専門の外来を開設しているほか、認知症患者の訪問診療もスタートした。(取材日2016年4月6日)

診療科目
内科循環器内科消化器内科外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
船橋駅京成船橋駅
所在地
千葉県船橋市本町2-10-1
TEL(電話)
047-431-2662
時間
09:00〜12:00
15:00〜17:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
院長メッセージ
院長メッセージ

梶原 崇弘院長

1940年に開院した「板倉病院」。船橋南部エリアで最も古い病院として、長年、地域住民に親しまれてきた。院内にはどこかアットホームな雰囲気が漂い、その中で生き生きと働くスタッフの姿が印象的だ。2015年には新棟が完成し、大きな変革を遂げた。院長の梶原崇弘先生は「病院をリニューアルさせながら、地域のニーズに応える医療を提供していきたい」と意気込みを語る。「断らない救急」を掲げて24時間体制で急患を受け入れる一方、訪問診療にも力を入れ、地域における在宅医療ネットワークの中心的な役割を果たしている。そのコンセプトや注力している分野、これからの展望などを余すことなく語っていただいた(取材日2016年4月6日)

診療科目
内科外科神経内科脳神経外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
滝不動駅
所在地
千葉県船橋市南三咲4-13-1
TEL(電話)
047-448-6881
副院長メッセージ
副院長メッセージ

松本 敦夫副院長

新京成線滝不動駅より徒歩3分、船橋市北部の梨畑なども見られるのんびりした住宅地にある、温かなオレンジ色の3階建てが「滝不動病院」だ。設立から約40年経つが、2014年から半年ほどかけて改装し、明るくゆったりした快適な病院に生まれ変わっている。コンパクトな規模だが、内科と外科を中心に幅広い疾患を診るため、高血圧や糖尿病に加えて腰痛や膝痛もあるなど、複数の病気で悩む患者には一日で両方を受診できる利便性を備えている。特に地域でも数少ない肛門病の専門診療は同院の大きな特徴。また、足腰の弱い患者のために自宅と病院を結んでいる送迎車があり、車いすでも乗り降りできる。地域の患者のことを考えて、さまざまな医療サービスを提供している。同院の特徴や取り組み、専門の治療について、副院長の松本敦夫先生に聞いた。(取材日2016年4月14日)

診療科目
内科呼吸器内科消化器内科代謝内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
船橋駅京成船橋駅
所在地
千葉県船橋市金杉1-21-1
TEL(電話)
047-438-3321
院長メッセージ
院長メッセージ

丸山 尚嗣院長

桜の名所としても知られる船橋市の海老川近くに、東葛南部エリアの3次救急を引き受ける「船橋市立医療センター」がある。地元医師会からの要請で救急患者の受け入れと地域の医療機関との連携を掲げて船橋市によって開設され、他の医療機関からも頼られる存在だ。全国でも早い時期にドクターカーを導入するなど、船橋市の救急医療体制の基盤づくりにも尽力してきた歴史がある。救急医療以外にも、がんの治療、重篤な循環器疾患に対応する心臓血管部門、超急性期での迅速な対応が求められる脳卒中部門、乳房温存療法や再建手術が可能な乳腺部門など、強みのある診療で地域医療を支えている。院長を務める丸山尚嗣先生に、同院が果たす役割や現在進められている新病院建設の構想について話を聞いた。 (取材日2018年5月8日)

診療科目
内科外科消化器内科消化器外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
高根公団駅
所在地
千葉県船橋市高根台2-11-1
TEL(電話)
047-466-7111
病院長メッセージ
病院長メッセージ

加納 宣康病院長

2014年、高根台団地の一角に新築移転した「医療法人沖縄徳洲会 千葉徳洲会病院」は、年中無休24時間体制で船橋市界隈に暮らす人々の命を見守っている基幹病院だ。2016年から病院長として同病院を牽引しているのが加納宣康先生だ。病院長室にあるモニターには手術の様子がリアルタイムで映し出されており、加納院長が随時チェック、実際に手術室に入ることも多いという。加納院長の信条を聞くと「『24時間、365日、休みがあったら損と思え』です。でも、今、こんなことを言うとあらぬ評判を立てられそうですけどね」と笑う。だが、それほど寸暇を惜しみ数多くの手術を重ねてきたからこそ今の自分があり、その技術を若い医師たちに伝える義務があるとも話す。そんなバイタリティあふれる加納院長に病院の特徴や医療への思いを聞いた。(取材日2017年6月8日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[船橋市]」のクリニック・診療所・医者も探せます 617件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
船橋静脈瘤クリニック
千葉県船橋市本町7-11-4 アーバンパレス池尻2階(船橋)

船橋駅北口から徒歩3分。「船橋静脈瘤クリニック」は下肢静脈瘤の治療を専門としたクリニック。院長の春山興右先生は、静脈瘤疾患治療の専門家。日本皮膚科学会皮膚科専門医でもあり、下肢静脈瘤を血管外科と皮膚科の両方の視点からトータルに診療できることが強みだという。問診と超音波検査による診断の後、症状に応じた適切な治療を行う。静脈がぼこぼこと膨らんでいる場合は、血管内治療を実施。血管内治療は、高周波で血管を焼灼し静脈をふさぐ方法。治療後3ヵ月程度で外見上の変化は消失する。また、蜘蛛の巣状や網目状になっている場合は静脈に薬剤を注射する硬化療法を行っている。いずれの治療も保険適用で、日帰りが可能。同クリニックには、千葉県内各地や都内東部など遠方からも患者が訪れているそうだ。予防のための弾性ストッキングの処方も行っている。 船橋駅より徒歩3分。好立地にあるクリニック 院内は爽やかなデザインで不安を和らげてくれる 受付ではスタッフが丁寧に対応してくれる 経験豊富なドクターによる診察が受けられる 下肢静脈瘤の日帰り手術にも対応

船橋静脈瘤クリニック
医療法人社団広泰会 本中山クリニック
千葉県船橋市本中山2-18-3 カタンクローバービル1F(下総中山)

「本中山クリニック」は、船橋市下総中山駅前から徒歩1分。鎌倉時代創建の法華経寺にほど近い京成中山駅も利用可能だ。院長の小島広成先生は、紳士的な物腰が印象的なドクター。日本内科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会から認定された専門医だ。前院長から引き継ぐにあたり、一から漢方診療を学び直し、頭痛、胃の不調、倦怠感といった体の悩みを伝えると、体質や体型も考慮しながら適切な処方を行ってくれる。そのほかの診療内容は、生活習慣病や慢性疾患、風邪など内科全般のほか、極細ファイバーを用いた胃カメラによる内視鏡検査、超音波検査、24時間の心電図検査、血圧脈波検査装置などが可能。B型肝炎、C型肝炎の先端的診療にも知識経験があり、安心して受診できる。院内はすべてバリアフリーで、トイレも車いすで使用可能。待合室は広々としていて、空気清浄殺菌装置などの配慮もされている。 小島先生の優しい人柄が魅力 広々とした待合室 スタッフも明るくて話しやすい 痛みの少ない内視鏡検査 下総中山駅から徒歩1分

医療法人社団広泰会 本中山クリニック

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る