千葉市稲毛区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8114件掲載中(2021年03月02日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
千葉県千葉市稲毛区の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で6件から絞り込めます。

【千葉県 千葉市稲毛区】の頼れる病院情報検索結果6件表示

6件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

重粒子線によるがん治療に専門的に取り組んでいるのが「QST病院」だ。放射線医学総合研究所病院として、長年にわたり重粒子線治療の開発と臨床研究に取り組んできた同院は、保険適応となっている限局性の骨軟部腫瘍、頭頸部腫瘍、前立腺がんに加え、先進医療として膵臓がんや術後に再発した直腸がん、肺がんなど多くの種類のがんに対する重粒子線治療を行っており、その豊富な経験や治療技術も駆使することで副作用も少なく高い治療成績を残している。また、健康保険の適応拡大やより的確に重粒子線治療を行うための装置の開発、小型の重粒子線治療装置の開発による重粒子線治療の普及などにも力を入れる。(取材日2020年11月26日)

診療科目
放射線科
最寄駅
稲毛駅
所在地
千葉県千葉市稲毛区穴川4-9-1
TEL(電話)
043-206-3306
時間
8:30〜17:00
>>診療時間に関する詳細はこちら
病院長メッセージ
病院長メッセージ

辻 比呂志病院長

重粒子線を用いたがん治療に専門的に取り組んでいるのが、「QST病院」だ。重粒子線など放射線の医療利用と、被ばく医療を研究する医療機関として1961年に放射線医学総合研究所病院として設立された同院。2019年には組織としても研究所から病院が独立、名称も現在のQST病院として新たなスタートを切った。重粒子線を用いたがん治療の研究を推し進め、2016年から順次保険適用となった限局性の骨・軟部腫瘍、頭頸部腫瘍、前立腺がんに加えて先進医療で多くの患者に治療を提供しながら、さらなる治療成績の向上、保険適応拡大に向けた研究を続けている。同院の病院長で「あまり遠い存在という先入観を持たずに、ご自身でもご家族でも、ご友人のことでも、遠慮なく相談いただきたいと思っています」と話す辻比呂志先生に、同院のことについて話を聞いた。(取材日2020年11月26日)

診療科目
脳神経外科リハビリテーション科
最寄駅
四街道駅
所在地
千葉県千葉市稲毛区長沼原町408
TEL(電話)
043-250-1228
理事長メッセージ
理事長メッセージ

湧井 健治理事長

脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などさまざまな脳の疾患の急性期病院として重大な役割を担っているのが「社会医療法人社団 健脳会 千葉脳神経外科病院」だ。「患者さんが命を託せる病院」という基本理念を掲げ、脳疾患の重篤患者を24時間体制で受け入れている。率いるのは湧井健治理事長兼病院長。湧井院長は2000年に病院長に就任後、地域完結型の脳疾患医療をめざすべく地域連携課を新たに立ち上げ、患者の逆紹介をスタートさせたという。その結果、地域との連携も深まり、今ではその輪は千葉市のみならず八千代市、習志野市など近隣の市や山武郡まで広がっている。脳血管血行再建術などを得意とする湧井院長は、ここ数年の医療機器の進展によって低侵襲で予後の良い治療が可能になったと話す。「ただ脳卒中は時間との戦い、Time is Brainです。少しでも疑われたら様子を見ることなどせず、ただちに受診してください」と湧井院長。脳神経外科専門病院ならではの特徴について聞いた。(取材日2017年5月15日)

診療科目
外科皮膚科泌尿器科腎臓内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
四街道駅
所在地
千葉県千葉市稲毛区山王町166-2
TEL(電話)
043-421-2221
診療科目
神経内科内科
最寄駅
京成稲毛駅
所在地
千葉県千葉市稲毛区稲毛町5丁目18
TEL(電話)
043-243-9430
診療科目
リハビリテーション科内科皮膚科
最寄駅
四街道駅
所在地
千葉県千葉市稲毛区長沼原町277-1
TEL(電話)
043-250-3110

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[千葉市稲毛区]」のクリニック・診療所・医者も探せます 183件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
KENオーラルケアクリニック
千葉県千葉市稲毛区小仲台2丁目2-2 N′Sクアトロ4A(稲毛)

JR総武線の稲毛駅東口から線路沿いに約1分歩いたビルの4階にある「KENオーラルケアクリニック」は2018年7月に開業。ホワイトを基調に清潔感あふれるテイストでまとめられた院内は明るくバリアフリー仕様で、小さな子どもから高齢の患者まで、幅広い年齢層の患者が通いやすいような工夫がなされた歯科医院だ。各診察台にはモニターがあり、デジタルエックス線画像や歯科用CT画像を実際に見ながら丁寧に説明。口腔内3Dスキャナーや修復物切削機を使い、1日で詰め物やかぶせ物を製作し治療を終わらせることも可能なシステムが整っている。また唾液などを検査することによって口腔内の環境を数値化、口腔内疾患のリスクを調査し、患者個人に適したケア方法を提案してくれる。水や滅菌などの衛生管理徹底にも努める。生涯にわたって口の中の健康を守るために寄与してくれる歯科医院だ。 JR線稲毛駅から徒歩1分の好立地 清潔感のある待合室。受付ではスタッフが笑顔で迎えてくれる 診察室は解放感がありながらプライバシーにも配慮されている 些細な相談から専門的な悩みまで幅広く対応してもらえる スタッフ手づくりの掲示物で患者への情報発信に注力している

KENオーラルケアクリニック
鈴木歯科医院
千葉県千葉市稲毛区小仲台2丁目5-3 稲栄ビル1F・6F・7F(稲毛)

JR稲毛駅東口より徒歩1分のところにある「鈴木歯科医院」。鈴木常夫院長が1976年に開院し、息子にあたる鈴木祐輔先生が副院長を務める。診療スペースはビルの1・6・7階にあり、各階に歯科用CTを設置。その他、マイクロスコープ、レーザー等、豊富な医療機器をそろえている。歯科技工士が常駐する技工室も併設。一般診療から矯正歯科、口腔外科等あらゆる歯科治療を同院で完結できるのが強みだ。診療では予防歯科に注力し「われわれの治療を受けた患者さんが再治療を受けなくていいような治療をしたい」と語る鈴木副院長。鈴木副院長は、米国ロマリンダ大学に留学し、インプラント治療を専門に研究。2011年からは、同大学の准教授も務める。同院には鈴木副院長の治療を求め、遠方からの患者の来院も絶えない。長きにわたり、訪れる人々の口腔の健康維持に貢献しているクリニック。 稲毛駅から徒歩1分。アクセス抜群 個室のユニットなのでプライバシーが守られている 落ち着いた雰囲気の受付は治療前の安心感につながる 診査・診断にも注力している 丁寧な対応をしてくれる歯科衛生士

鈴木歯科医院

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る