さいたま市中央区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8178件掲載中(2019年09月20日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
埼玉県さいたま市中央区の 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で1件から絞り込めます。

【埼玉県 さいたま市中央区】の頼れる病院情報検索結果1件表示

1件表示 [1-1]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

診療科目
内科消化器内科呼吸器内科血液内科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
さいたま新都心駅
所在地
埼玉県さいたま市中央区新都心1-5
TEL(電話)
048-852-1111
病院長メッセージ
病院長メッセージ

安藤 昭彦病院長

2017年1月、JRさいたま新都心駅前に移転開院した、「日本赤十字社さいたま赤十字病院」。これまでも地域の急性期医療の中心として地域住民に親しまれてきたが、移転後は渡り廊下で結ばれた隣の「県立小児治療センター」と同院の産婦人科が協同して「総合周産期母子医療センター」の運営を開始。全身管理や治療を必要とする妊婦・胎児を受け入れるとともに、経営母体が異なる病院同士の初の共同運営の例として、全国的に注目されている。また「高度救命救急センター」を持ち、周産期に限らず高度急性期・急性期医療に特化した治療を展開。心臓カテーテル治療や脳卒中に代表される脳血管障害の治療、肺炎などの呼吸器疾患、ロコモティブシンドローム、がん治療など、ニーズの高い治療に力を入れており、県立小児医療センターと共に「急性期治療なら胎児から終末期まで」ほぼどんな疾患でも診られる体制が整う。「これからの超高齢社会で求められる急性期医療に対応できる病院をめざしているし、それだけの能力は十分備わってきていると思う」という安藤昭彦病院長に、病院の特徴や移転開院によって強化されたポイントなど話を聞いた。(取材日2017年5月31日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[さいたま市中央区]」のクリニック・診療所・医者も探せます 145件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
埼大通り むらた歯科
埼玉県さいたま市中央区新中里1-3-3 2F(北浦和)

JR京浜東北線の北浦和駅西口やJR埼京線の南与野駅東口から徒歩約10分、埼大通りに面した「埼大通りメディカルビル」の2階にある「埼大通りむらた歯科」。バス停「大戸小学校前」からも歩いてすぐの通りに面した場所に位置している。村田佳彦院長は明海大学歯学部卒業後、埼玉や千葉のクリニックで研鑽を積み、2019年2月に開院。「歯を治すこと」と「歯を守ること」を二本柱に、虫歯、歯周病、予防、小児歯科、口腔外科、矯正歯科、インプラント治療、審美面に配慮した治療まで幅広く対応。正確な診断と精密な治療のために歯科用CT、マイクロスコープなどを導入し、保険診療を中心に自費診療にも対応。安全な治療のためにクラスBの滅菌器、治療中の粉じんなどを吸収する口腔外バキュームなども設置。入り口と待合室の壁はれんが調、床は木目で、カフェのような温かい雰囲気。絵本やおもちゃをそろえたキッズスペースもあり、子ども連れも過ごしやすい。診療室に入ると、一転して白を基調とした清潔感あふれる空間が広がる。患者は近隣に住む子どもから高齢者まで幅広い。さいたま市の歯科検診にも対応しており、治療と予防の両面で頼れる歯科医院になりそうだ。 メディカルビル内で開院。隣の内科との連携にも対応 歯科衛生士による予防処置の部屋。治療と予防を分けている 院長が主に診療をしてくれる診査・診断の部屋。広く圧迫感がない 精密治療の部屋ではマイクロスコープによる治療を提供 CT等を導入するなど、設備面も充実。検査や治療に役立てている

埼大通り むらた歯科
与野本町形成外科
埼玉県さいたま市中央区本町西1-11-21 パークドライブコート1F(与野本町)

JR埼京線与野本町駅から徒歩約6分のところに2018年9月に誕生した「与野本町形成外科」は、閑静な住宅街の中にひっそりとたたずむ隠れ家のような形成外科のクリニックだ。少し路地を入ったところにあり、予約ができるため多くの他の患者と顔を合わせずに済む点もポイント。大学病院や総合病院などで長年経験を積んできた下田勝巳院長が、その腕を存分に発揮できるよう大学病院でも実施しているような治療・手術体制も整えており、眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)や逆さまつげ、全身はもちろん顔の腫瘍(イボなど)の除去などを得意としており、繊細な技術を要する処置は顕微鏡や極細の糸を用いて行われる。平日も土曜日も19時まで診察しており、特定の曜日や時間を手術日とするのではなく、手術も患者の都合に合わせてスケジュールを組んでくれる。毎週火曜の午後は脳外科の女性医師による肩こりと頭痛の外来も行っている。駐車場有り。 優しい黄色の外観が目印。落ち着いた住宅街に位置する形成外科 院長こだわりの手術室。オペライトや顕微鏡を導入 週に1回、脳神経外科の診療も行っている。多角的な診療が可能 レーザー機器なども導入し、幅広い要望に応えている パウダーコーナーも設置。日帰りで手術などが可能

与野本町形成外科

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る