さいたま市西区 さいたま市北区 さいたま市大宮区 さいたま市見沼区 さいたま市浦和区 さいたま市南区 さいたま市緑区の病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8190件掲載中(2017年10月19日現在)

<ドクターズ>・ファイル

病院・クリニック・医者を探す

ホスピタルズ・ファイル
埼玉県さいたま市西区などの 病院・総合病院・大学病院をホスピタルズ・ファイルで探す。
エリア、駅、診療科目、対象疾患、検査内容、治療内容などの条件で25件から絞り込めます。

【埼玉県 さいたま市西区 さいたま市北区 さいたま市大宮区 その他】の頼れる病院情報検索結果25件表示

25件表示 [1-5]表示

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ

診療科目
内科外科神経内科精神科放射線科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
大宮駅浦和美園駅
所在地
埼玉県さいたま市見沼区片柳1550
TEL(電話)
048-686-7151
院長メッセージ
院長メッセージ

猪原 則行院長

1981年の創設以来、地域に密着した医療を行っている「大宮共立病院」。創設者である漆原彰理事長は、学生時代にやがてやってくる高齢社会を予見し、当時はまだ珍しかった高齢者医療の研鑽に励む中、地域の高齢者のための医療機関を作りたいという思いを募らせ同院を開設。院名の「共立」という言葉には患者、地域と共に立つという思いが込められている。二代目院長の渡部英之先生の時代には、画像診断部門と認知症患者のケアを充実。その後、1989年の新病棟設立に伴う外科分野の拡大のために猪原則行医師が就任。猪原医師は、長年、外科の医師としてがん患者と接してきた経験を生かし、同病院でのチーム医療による緩和ケアを確立。患者だけではなく家族にとっても満足度の高いターミナルケアをめざす。また、同院のグループ施設として、訪問看護ステーションや居宅介護支援センター、介護老人保健施設、がん検診、乳腺や甲状腺専門のクリニック、高齢者総合福祉施設など多岐にわたるサービスで地域医療を支えている。「信頼の医療とここちよい療養の実践」を基本理念とし、日々医療を提供する同院について話を聞いた。 (取材日2017年7月27日)

診療科目
内科循環器内科小児科皮膚科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
南浦和駅
所在地
埼玉県さいたま市南区太田窪1973-5
TEL(電話)
048-885-5307
院長メッセージ
院長メッセージ

矢吹 辰男院長

1970年11月に設立された「医療法人有隣会 わかくさ病院」は、2009年より3代目の理事長・院長に矢吹辰男先生が就任。外来診療と29床の入院施設、そして併設する訪問看護ステーションや居宅介護支援事業所などと連携しながら在宅支援にも力を入れている病院だ。外来診療では内科・小児科を中心に、整形外科・神経内科・リウマチ・膠原病などの専門外来もある。地域の一次医療施設として幅広く診療科目を構えているのが特色だ。入院は地域の通院患者が主で、在宅だが具合が悪くなった、大病院での術後の回復期に、自宅復帰にはまだ早いというケースなど、さまざまなニーズに応える。また2004年から本格的に注力を開始した訪問診療は現在では同院での中心的な役割を担っている。対象となるエリアは南浦和地区を中心に、通院が困難となった高齢者だけでなく、認知症やがん手術後の自宅回復期間や、終末期の看取りまでに対応。インタビューでは、地域に根差した医療と介護サービスの実際や、新病院の建設構想などまでを語ってもらった。(取材日2017年6月28日)

診療科目
整形外科リハビリテーション科外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
浦和駅
所在地
埼玉県さいたま市浦和区東高砂町29-18
TEL(電話)
048-882-2916
院長メッセージ
院長メッセージ

川久保 武生院長

1933年に浦和宿場町であるこの地に開設された「川久保病院」は、現在までに3回の新設を経て、今もなお、地域住民の心身ともに健やかな暮らしを願い診療を続ける。初代院長の孫にあたる川久保武生院長がめざすのは、質の高い医療はもちろんだが、明るく温かい医療を提供すること。整形外科を専門とし、現在もほぼ毎日の外来と週に3回の手術を施す院長は、「医師としてやりがいを感じるのは、患者さんの症状が良くなって笑顔になられた時や、歩けなかった方が歩けるようになった時などですね」と優しく語る。同院では、整形外科・外科を中心に、内科の総合診療にも対応。加えて専門外来として、さいたま市の健診や人間ドックなどを受診できる「健診部門」、胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸カメラ、早期がんの内視鏡治療を行う「内視鏡部門」、一般の競技者やアスリートも通院するという「スポーツ医学部門」を併設し、きめ細かい診療に対応する。今回の取材では、院長として、そして医師として多くの役割を担う川久保院長に、病院の歴史や診療の特長、今後の展望など、たっぷりと話を聞いた。(取材日2017年7月20日)

診療科目
脳神経外科外科神経内科内科眼科
最寄駅
武蔵浦和駅南浦和駅
所在地
埼玉県さいたま市南区根岸5丁目13-10
TEL(電話)
048-864-0066
院長メッセージ
院長メッセージ

秋葉 洋一院長

秋葉病院は単なる脳神経外科の病院ではなく、頭に付随する病気・けがを総合的に診療する「頭の病院」だ。院長の秋葉洋一先生は「すでに診断がついた患者さんの手術にとどまらず、一般的な頭痛から意識障害、認知症、パーキンソン病まで多様な病気を診断・治療し、地域が求める医療を提供するのが当院の役割と考えています」と強調する。特に高齢者は認知症の患者が脳卒中になったり、心不全や肺炎のような病気を複合したりするケースも増える。このため同院では総合診療的な観点から診療する内科のほか、外科など患者の全身管理を行う診療体制も整え、頭と体を総合的に診ていく高齢者医療を実践している。「このほか30代から50代の方に多い脳脊髄液減少症、高齢の方に多い脊髄の病気の専門的な治療などにも強みがあります」と語る院長。大病院ではカバーしきれない、地域のニーズにきめ細かに応える病院をめざすという秋葉院長に、同院の診療の特色を聞いた。 (取材日2017年8月5日)

診療科目
内科小児科外科消化器外科
>>診療科目をすべて見る
最寄駅
与野本町駅
所在地
埼玉県さいたま市西区島根299-1
TEL(電話)
048-626-0011
院長メッセージ
院長メッセージ

加計 正文院長

さいたま市西区に建つ「さいたま市民医療センター」は、地域の救急医療のニーズに応えるために2008年にさいたま市が設立。運営は4つの医師会が行う公設民営型病院だ。「断らない」をモットーに掲げ、1年間で受け入れる救急車は約4800台。小児二次救急でも市内の患者のうち約4割を受け入れており、アレルギー症の治療をはじめとする小児の専門外来にも力を入れている。340床の病床のうち293床が急性期病棟、47床は回復期病棟で、脳卒中の後遺症などのリハビリテーションを受けることも可能。県のがん診療指定病院でもあり、化学療法を含めたがん治療も行っている。二次医療機関のため、外来診療はすべて予約制で、受診には紹介状が必要だが、地域のクリニックとの密な連携を保ちつつ24時間急患を受け入れていることから、地域の診療医たちからの信頼は厚い。2016年から院長を務める加計正文先生に、診療の特徴や将来の展望について話を聞いた。(取材日2017年8月1日)

最初へ

前のページへ

次のページへ

最後へ


>>検索条件「[さいたま市西区] [さいたま市北区] [さいたま市大宮区] [その他]」のクリニック・診療所・医者も探せます 1159件

「総合病院」と「クリニック」のちがい、両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分ける必要があります。両者のちがいについて、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を「総合病院」、町のあちらこちらにある小規模の医療機関を「クリニック(診療所)」といいます。患者の使い分けにあわせて、「総合病院」を検索するのがホスピタルズ・ファイル、「クリニック(診療所)」を検索するのがドクターズ・ファイルとなります。両者のちがいにあわせた検索機能を用意しています。
COJI DENTAL OFFICE
埼玉県さいたま市浦和区仲町1ー1-10  ウィング浦和ビル5F(浦和)

「COJI DENTAL OFFICE」は自由診療を専門とする歯科クリニック。院長の吉野真弘先生は、一人ひとりの患者にじっくり時間をかけてクオリティの高い治療をしたいという思いから、自由診療専門というスタイルを選んだ。心がけているのは、常に自分の家族に受けさせたい治療と同じ治療を患者に対しても行うことだと話す。ほとんどの治療に顕微鏡を用いて見落としを減らし、歯科用CTも駆使して精密な治療を行っている。15分や30分で終わる診療でなく、きちんと丁寧に診れば一人の患者に2時間かけるのも当然だという。日本では口腔内の健康に対する意識が低く、自分の健康のために時間やお金を投資する人が少ない現状があると語り、より多くの人に口の健康を意識してほしいと呼びかける。 浦和駅から徒歩3分 待合室は一人掛けの椅子を採用しており安心感がある 診療室はすべて個室で不安や悩みをしっかり相談できる 検査機器ももちろん万全 マイクロスコープも備えており精密な治療が可能

COJI DENTAL OFFICE
しみずデンタルクリニック
埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-1-5 HYビル2階(北浦和)

JR京浜東北線北浦和駅から徒歩1分。東口にも分院を構える「しみずデンタルクリニック」。院長は地元出身で国立東京医科歯科大学出身の清水裕之先生。予防を主体に長期的ケアを目的とした治療を提供している。現在特に力を入れているのが矯正治療。その道の専門家である副院長とともに、マウスピース型カスタムメイド矯正や床矯正など、負担の少ない方法を採用。“究極の予防法”として積極的に推進しているところだ。予防専用ケアルームやカウンセリングルーム、歯科用CTやデジタルレントゲンも設備されていて安心できる治療がモットー。滅菌などの環境整備にも力を入れている。口内健康を通して家族全員の笑顔を応援する同クリニックでは、日常的なコミュニケーションを何よりも重視。院内新聞の発行やセミナーの開催で患者との交流を密に図っている。丁寧な検査とスタッフの温かい対応も魅力。家族みんなで通える、地域のかかりつけ医院だ。 JR北浦和駅西口ロータリー「しみずデンタルクリニック」 受付・待合スペースは洗練された印象で、患者を飽きさせない ユニットは清潔感たっぷりで個室対応になっている カウンセリングルーム。今後の治療方針を話しながら治療ができる 歯科用CTも完備で精密な検査も可能だ

しみずデンタルクリニック

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る