藤田医科大学 岡崎医療センターの特徴 | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8173件掲載中(2020年07月16日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
1

藤田医科大学 岡崎医療センター

24時間365日体制の二次救急医療、低侵襲な急性期医療の提供をめざす大学病院

24時間365日の二次救急と急性期医療に特化し
大学発の低侵襲医療と地域医療連携で患者を支える

守瀬 善一病院長

守瀬 善一病院長

1987年慶應義塾大学医学部卒業。消化器外科の中でも肝胆膵領域が専門。肝がんの治療に腹腔鏡下による肝切除を取り入れ、化学療法など他の治療を組み合わせることで、体への負担を軽くする治療を実践してきた。2020年4月藤田医科大学 岡崎医療センター病院長就任。日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医。

令和2年4月、岡崎駅から徒歩15分の地に400床の『藤田医科大学 岡崎医療センター』が開院。一帯は今後20年間、高齢者人口の増加が予測されるが、現状は他地域への患者流出が多く、急性期医療の充実が求められていた地域で、地元自治体と藤田医科大学がかねて協議を重ねてきた。
守瀬善一病院長は「地域事情を踏まえ、当院は24時間365日の二次救急医療と高度な手術、がん治療などの急性期医療を担います」と明言。そのためにICU10床、HCU30床、手術支援ロボット、内視鏡専用手術室、PET-CTなどを備える。強みは、藤田医科大学の全面的支援が得られること。人材や物資の支援に加え、電子カルテの情報共有なども予定している。
「培ってきたノウハウを生かして負担の少ない医療で早期退院に導き、近隣の病院やクリニックと連携しながら、地域を支える医療を実践します」

救急科

岩田 充永先生

救急総合内科教授
岩田 充永先生

1998年名古屋市立大学医学部卒業。麻酔・内科・老年医学を研修後、ER型救急での診療を志し、救命救急センターで勤務。名古屋掖済会病院救命救急センター副センター長を経て、2016年から藤田医科大学救急総合内科学教授。現在は同大学病院と同大学ばんたね病院、同大学 岡崎医療センターの救急科統括責任者を務める。救急医療に関する著書も多数。

断らない救急医療を実践することで
地域全体の救急応需に貢献する

同院の重要な使命は、24時間365日体制での二次救急医療だ。藤田医科大学から派遣された6人の専任救急科医師が中心となるER型救急で、軽症から重症まで対応。西三河南部の住民が安心できる救急医療を提供していく。

同院は岡崎市、幸田町を中心とした西三河南部東医療圏の二次救急を担う。新病院と「藤田医科大学病院」、「藤田医科大学 ばんたね病院」の救急科統括責任者である岩田充永先生は長年、救急医療に携わってきた。その経験から「事故などの外傷では、二次救急か三次救急かという区別がはっきりするのですが、内科系の病気では、例えば『胸の辺りが苦しい』と言う患者さんの重症度を救急搬送の現場で判断するのが難しいのです」と話す。そのため、内科系に関しては「要請があったすべての患者さんをここで受け入れて、われわれ救急科の医師が重症度を見極め、適切に当院の専門医師や三次救急を担当する病院にバトンタッチすることを実践していきます」と続ける。
同院の場合は、循環器や消化器、呼吸器の症状、脳卒中など救急疾患を手がける診療科の医師も豊明市の同大学病院から赴任してくるため「初めから互いの役割や手順なども熟知し、チームワークが整っているので、心配ないと思っています」と言う。
これまで、地域内で発生した年間の救急搬送約1万6000件のうちの半数が他地域の病院に運ばれていた現実があるが、「当院が二次救急を担うことで、それらの病院は本来の役割である三次救急に集中できます。地域全体の救急医療が向上し、西三河の住民がより安心して暮らせるようになると考えています」と岩田先生は思いを語る。また、地域のクリニックから患者の緊急受診を要請された際も断らずに迅速に対応し、「大切な患者さんを安心して送れる病院であると認識してもらえるように努力します」と展望を述べた。

TOPICS

ER型救急システムを採用
内科系は重症度に限らず診療

同院の救急はER型救急システムで運営される。救急車搬送だけでなく、歩いて受診する患者も含めて重症度によらずに患者を受け入れ、救急を専門とする医師が診断と初期治療を行い、必要に応じて院内の各診療科、三次救急病院などにつなぐ役割を果たす。軽症に見えて実は重症という場合にもスムーズに対応できる仕組みだという。

多くの救急現場を経験したメンバーが配属される

多くの救急現場を経験したメンバーが配属される

呼吸器外科

須田 隆先生

呼吸器外科教授
須田 隆先生

1992年藤田医科大学医学部卒業。呼吸器外科医師として研鑽し、多数の手術を執刀。2017年から同大学呼吸器外科学教授、2020年4月から現職。呼吸器がん低侵襲手術のエキスパートで、「自分と自分の家族が受けたい医療」が信条。

低侵襲な単孔式手術、ロボット支援手術
世界水準の技術で患者に適した手術を提供

低侵襲な内視鏡手術、ロボット支援手術で豊富な実績を有する藤田医科大学呼吸器外科学から、がん手術チームのリーダーを務めた須田隆先生をはじめとするスタッフが同院に赴任。世界レベルの技術で西三河の医療に貢献する。

同科に着任予定の須田先生は、平成7年から内視鏡手術を導入し、平成16年頃には肺がん、胸腺腫、悪性胸膜中皮腫などで低負担の内視鏡手術、さらに平成21年には肺がんのロボット支援手術を成功させた。同領域におけるロボット支援手術のパイオニア的存在だ。肺がんの内視鏡手術は脇に3~5カ所の穴を開けて行うのが普通だが、平成27年に3cmの傷1つでできる単孔式手術を導入。日本で同術式を行っている施設は数少ない。縦隔腫瘍や重症筋無力症をみぞおちから単孔式手術で治療する方法も開発し、これらの手術法を全国の施設に技術指導している。
「ひと口に低侵襲手術といっても実はいろいろな手術法があります。私たちは、現在、ロボット手術も含めて世界で行われている手術法に、多数対応できる数少ない手術チームです。数ある手術法から、患者さんと相談しながら、一人ひとりに適した手術を提供することができます。セカンドオピニオンも遠慮なくご相談ください」

循環器内科

尾崎 行男先生

循環器内科教授
尾崎 行男先生

1981年名古屋大学医学部卒業後、安城更生病院勤務、オランダ・エラスムス大学胸部疾患部門勤務、愛知医科大学循環器内科勤務を経て、2004年より藤田医科大学循環器内科に籍を置く。循環器内科学教授と同大学病院副院長を兼任し、2020年4月より現職。

循環器の二次救急と紹介外来を中心に
地域連携を重視した医療をめざす

西三河南部の二次救急を担う同院の中でも、循環器内科は大きな役割を担う。質の高い診療をベースに、三次救急病院、後方病院、クリニックとの連携を強化し、高齢化で増加を続ける循環器疾患の患者を支えていく。

地域の救急医療提供体制の中で二次救急の役割を果たすことになる同院において、「当科ではショック状態に陥っていない心筋梗塞や狭心症、生命維持装置を着けるほどでもない心不全や、不整脈などが主な対象になるでしょう」と予想する尾崎行男先生。そのため同科では、短時間で冠動脈の精密検査ができる320列CT、心臓超音波検査装置、血管造影装置など高度な検査装置を導入。血管造影装置は2台とも高い空気清浄度のハイブリッド手術室に配置した。
さらに「当科では紹介患者さんの精密検査を行って診断を下し、治療方針を決定したら紹介元医療機関にお返しする役割も担っていきます」と尾崎先生。治療後は、開業医の元に戻ってもらうことにしているが、それでも自宅に戻れない患者に備え、回復期、慢性期の入院医療を行う後方病院とも緊密な連携関係を築いていきたいという。
「地域のあらゆる医療機関と連携し、地域の患者さんを支えていきます」

整形外科

鈴木 克侍先生

整形外科教授
鈴木 克侍先生

1980年慶應義塾大学医学部卒業。2000年藤田医科大学整形外科学助教授、2012年4月より整形外科学教授を務める。2019年4月〜2020年3月特任教授。2020年4月から現職。日本整形外科学会整形外科専門医。外傷、関節、上肢などの手術を専門とする。

手術が必要な骨折などの外傷治療を中心に
地域に求められる医療の提供に尽力

同院の整形外科は、開院の背景となった地域の二次救急医療への貢献という使命に取り組む方針だ。特に手術が必要な骨折などの外傷治療を中心に救急対応し、地域のクリニックと役割分担しながら、地域全体の整形外科診療のレベル向上をめざす。

岡崎市と幸田町を中心とした西三河南部東医療圏では、地域内で発生した年間の救急搬送約1万6000件のうちの半数が他地域の病院に運ばれていた。できるだけ多くの救急患者を地域内で治療する体制をつくるため、同院の開院決定に至った経緯がある。そうした背景を踏まえ、同科は救急対応を大きな使命としている。
「交通事故などの外傷にももちろん対応しますが、数が多いのは高齢者の外傷です。転倒したり、ぶつかったりしただけでも骨折して、救急搬送されることが多いですから、そうした外傷の二次救急を中心に診療していきます」と鈴木克侍先生は基本方針を示す。
当面は日本整形外科学会整形外科専門医4人の少数精鋭での診療となるため、手術が必要な外傷治療を第一とする。医師が増えるに従って、高齢者に多い四肢、脊柱の関節、骨の変性疾患にも注力する方針だ。地域医療機関とも密に連携し、円滑な医療の提供に力を尽くしていく。

外科

菊地 健司先生

外科准教授
菊地 健司先生

2002年北海道大学医学部卒業後、同大学消化器外科に入局。同大学医学部附属病院や北海道内の病院で勤務。専門分野は上部消化管で、藤田医科大学や北海道の病院で食道がん手術の研鑽を積み、同大学病院に籍を置いた。2020年4月から現職。

藤田医科大学から8人の医師が着任
緊急手術、低侵襲手術で地域に貢献する

岡崎市と幸田町の二次救急医療、外科手術に対応するため、同院の外科は8人の医師を配置する。藤田医科大学で高度な技術やチーム医療のノウハウを身につけた医師たちが、連携して専門性の高い診療を提供し、地域医療に貢献していく。

同院開設にあたり、同科では低侵襲な内視鏡手術、ロボット支援手術など高度な治療を得意とする藤田医科大学病院で研鑽を積んだ8人の医師を配置。同科を率いる菊地健司先生は「各医師の専門領域を総合すると、消化器全領域をカバーできます。さらに本院で内視鏡手術、ロボット支援手術に携わってきたスタッフ、緊急手術へも対応できるスタッフが着任しますので、地域の二次救急とがん治療の担い手としてしっかりと役割を果たせる陣容です」と自信を示す。
院内のチーム医療の質を高めるため、今まで勤務時間外に行っていたカンファレンスをできるだけ時間内に実施したり、勤務シフトを工夫したりして、医師の負担軽減を図りたいという。
「医師もスタッフも人間ですから、忙しい日々が続けばコミュニケ―ションがおろそかになってしまいがちです。負担を減らすことで、患者さんに対してもさらに丁寧に優しく接することができると思っています」

施設紹介① -ワンフロア完結型外来-

エントランスに「光庭」を配置し、開放感を演出

エントランスに「光庭」を配置し、開放感を演出

医療安全の維持と来院者の利便性を考慮し
1つのフロアで完結する診療環境を構築

開院にあたり、訪れる人にとって利便性が高く、快適さを感じられる環境の整備を重視した同院。大規模病院の場合、受付や各診療科の外来部門、検査室が複数のフロアや病棟に点在しているケースは珍しくないが、患者が院内を移動し続ける負担は大きく、診療効率の低下につながることが懸念される。そこで同院は、1階フロアに受付・各診療科の外来部門・検査室を集約。これにより複雑な経路で移動する場面がなくなり、患者はもちろん医療スタッフの移動もスムーズに。ストレスなく移動できる環境を整えることで、効率的で安全な診療の提供につながると見込んでいる。病院の顔である1階エントランスは、2階まで続く吹き抜けの造りで、中央には天窓から自然光が降り注ぐ「光庭(ひかりにわ)」を配置。その中ではさまざまな樹木や草花が育てられ、床面デザインにも緑をあしらうことで、中心から緑が広がる、明るく開放感にあふれる空間を作り上げている。さらに訪れた人にとっては「光庭」が目印となり、フロア内のどこに自分が位置しているかが把握しやすいのもポイントだ。なお1階には救急の外来も設けられ、重症者の緊急手術にも迅速に対応できるよう、3階手術室・集中治療室フロアへの直通エレベーターが設置されている。

施設紹介② -充実の入院環境-

入院中でも外の空気を感じられる屋上庭園

入院中でも外の空気を感じられる屋上庭園

利便性とデザイン性を配慮した入院個室

利便性とデザイン性を配慮した入院個室

安全性はもちろん入院患者の心理面にも着眼
前向きに治療に取り組める快適な空間を設計

同院4~7階部分を占める一般入院病棟は多翼形(十字)構造で、各フロア中央部には看護師の拠点となるスタッフステーションを設置。その正面および左右の3方向に入院室が置かれている。動線がシンプルで、スタッフステーションからすべての入院室を確認できる死角のない設計が特徴。入院患者は、スタッフに見守られていると体感できる環境だろう。個室タイプの入院室は部屋ごとに風量・室温の調整が可能。バルコニーは個室の空調室外機の設置スペースとなるだけでなく、夏場の強い日差しを遮る役割も果たしている。また入院中は外出などが制限されることがあり、きゅうくつな思いをする患者も少なくない。そのため患者が長い時間を過ごす入院室からは岡崎市街地や三河山地、田園風景などの景観を望める設計とし、屋外庭園も設置した。スタッフが帯同すれば出入りでき、外の空気や四季の移ろいが感じられるほか、設置された手すりつきのスロープや階段を利用して歩行訓練を行うことも可能だ。床材には転倒してもけがをしにくいゴムチップ舗装を採用。さらに日よけのパラソルなどを配置した休憩スペースを用意し、入院で治療やリハビリテーションを受けている患者同士の交流、患者や家族、見舞いで訪れた人との憩いの場を提供していく。

施設紹介③ -新鋭の医療機器-

2020 年4月から手術支援ロボットによる治療も実施

2020年4月から手術支援ロボットによる治療も実施

2020年4月に設置されたPET-CT。迅速かつ正確な診断をめざす ※写真は藤田医科大学病院内で撮影

2020年4月に設置されたPET-CT。迅速かつ正確な診断をめざす
※写真は藤田医科大学病院内で撮影

病気をいち早く見つけ、早期に治療を開始するため、先進の検査設備を導入
低侵襲治療にも力を注ぎ、患者のスムーズな社会復帰を支援する

救急医療と高度な医療の提供を使命とする同院では、素早く精度の高い診断と治療を実現するため、開院に際してえりすぐりの検査・治療機器を導入。「優しい医療の提供」を信条に、低侵襲治療実現の一翼を担い、藤田医科大学病院でも多くの実績を残してきた手術支援ロボットを外科や泌尿器科などの手術で積極的に活用していく。他にもがんの放射線治療では、高精度放射線治療システムを採用。精度の高い放射線照射が求められる複雑ながん治療に対応できるもので、健康な臓器への影響を最小限にしながらも、適切に病変へアプローチすることが可能になった。放射線治療が適応するさまざまな症例の治療で用いていくという。また救急医療においても、先進の機器は不可欠。その一つであるMRIは人工知能のディープラーニング機能を搭載した新型モデルで、短時間のうちにノイズの少ない画像を撮影できるのが特徴だ。静音化機能を備え、検査空間も広く取られているため、閉所恐怖症や大柄の患者も安心して検査を受けられるだろう。320列マルチスライスCTは被ばく量が極めて少なく、短時間のうちに検査が行えるもので、患者が横たわる寝台は細かな調整や左右動が可能。体の動作を制御できない状態にある患者や子どもの検査も行いやすく、広範囲撮影や救急撮影にも柔軟に対応できる。他にもがんの診断に役立つPET-CTも導入し活用することで、がんの早期発見と治療につなげていく。さらにこれらの機器を使いこなす、藤田医科大学病院で経験を積んだ技師を配属し、精度を向上させる考えだ。先進の技術と機器を柔軟に取り入れることで、正確な診断と適した治療の提供をめざしていく。

access.png

↑TOPへ戻る