全国の頼れる病院・総合病院・大学病院を検索
病院・総合病院・大学病院7,983件の情報を掲載(2024年4月19日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 川口市
  4. 新井宿駅
  5. 川口市立医療センター
  6. 診療科目・部門一覧
  7. 泌尿器科

最終更新日:2023/11/30

選定療養費あり
川口市立医療センター

20230914 1
  • 埼玉県川口市西新井宿180
    • 内科
    • 消化器内科
    • 血液内科
    • 脳神経内科
    • 呼吸器内科

    • 腎臓内科
    • 糖尿病・内分泌内科
    • 循環器内科
    • 小児科
    • すべて見る

泌尿器科

診療科・部門紹介

前立腺がんのロボット手術をはじめ膀胱がん、腎がんに対応。尿路結石や前立腺肥大症でも低侵襲治療を実践

前立腺がん、膀胱がん、腎がんをはじめ、尿路結石や前立腺肥大症の治療を中心に行う。前立腺がんでは開腹手術に加えてロボット支援手術を導入。手術、化学療法、放射線治療のいずれも先端の治療が提供できる体制だ。膀胱がんと腎がんも開腹手術、化学療法、免疫療法などを駆使し、進行がんであってもある程度の段階までは同院で治療を完結できるようにしている。また、尿路結石の手術では、体外衝撃波結石破砕術のほか、経尿道的尿路結石砕石術、経皮的尿路結石砕石術を実施。前立腺肥大症は従来法よりも出血量が少なく肥大が大きくても短時間で切除を図るホルミウム・ヤグレーザーを用いたHoLEP(経尿道的前立腺レーザー核出手術)で対応。

Main img 0680

職種の垣根を越えたチーム医療で対応

2 5ts3332

ロボット支援手術では、3Dの拡大視野によって正確な剥離をめざせる

スタッフ紹介

責任者

Dr z53296 20230926 0018

一瀬 岳人泌尿器科部長

1990年日本大学医学部卒業。日本大学病院、日本大学医学部附属板橋病院、春日部市立病院(現・春日部市立医療センター)などでの勤務を経て2016年より現職。日本泌尿器科学会泌尿器科専門医。大学時代の研究テーマは前立腺がんで、現在も前立腺がんに対する開腹手術やロボット手術を中心にがん治療を得意としている。

メッセージ

私が医師になった頃は患者さん本人にはなるべくがんのことは言わないという時代でしたが、今は、患者さん本人にきちんと情報を伝えることが主流になっています。そのようなお話をしなくてはいけないときは、時間をかけて、どんな病状であっても誠実にお伝えすることを心がけています。治療を選択する際には複数の治療を提示し、特に前立腺がんの治療は、開腹手術、ロボット手術、放射線治療とたくさんの選択肢があるので、患者さんのご希望に沿った形で治療を決定します。当院で勤務するようになり一番感じているのは、かなり進行した前立腺がんの人が多いということです。それを解消するため、川口市では前立腺がん検診がスタートしました。転移性の前立腺がんは残念ながら現在治ることはなく、つまりずっと治療が続いていくということで、そうなると合併症のリスクもあり、医療費もかかり続け、患者さんの負担は大きくなります。そういう人を減らすために、治療できるがんを早期に見つけるために、ぜひ検診を受けてください。それが今の一番のお願いです。

紹介医療機関の先生方へ

当院では2023年9月より前立腺がんにおけるロボット手術を開始しました。適用が考えられる患者さんがいらっしゃいましたらご紹介ください。ご紹介いただいた際には、なるべくこまめにご連絡し情報共有することを心がけています。また、2023年6月には川口市で前立腺がん検診がスタートしました。当院と地域の先生方が密に連携することで、前立腺がんの早期発見・治療につながるようしっかりと運営していきたいと考えています。また、より多くの市民に受診していただけるよう、地域の先生とともに啓発に力を入れていきたいです。

access.png