移植・救急・がん治療が強み「東京医科大学八王子医療センター」 | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8210件掲載中(2018年07月20日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
Cs 1

東京医科大学八王子医療センター

「救急医療」「移植医療」「がん治療」を柱とし、地域に向けて健康増進や疾病予防の情報発信も積極的に行う

がん診療連携拠点病院/二次救急医療機関

南多摩エリアの急性期医療を担い
先進の治療環境・技術で地域をけん引

池田 寿昭病院長

池田 寿昭病院長

1978年東京医科大学医学部卒業後、麻酔科の医師として関連する医療機関に出向。1986年に「東京医科大学八王子医療センター」麻酔科に赴任し、1988年からベルギー・ゲント大学へ留学。帰国後、1989年に「東京医科大学八王子医療センター」救命救急センター部長・助教授、2006年に特定集中治療部教授となり、2014年より副院長、2017年10月より現職。

昭和55年の開設以来、『東京医科大学八王子医療センター』は南多摩エリアの中核病院として地域医療に貢献してきた。34の診療科と610の病床を備え、救急医療や移植医療、がん治療に注力。昭和61年に災害拠点病院、平成20年に地域がん診療連携拠点病院に指定された。「平成29年には地域医療支援病院として東京都から承認を受け、ますます先端医療と地域医療の両方の推進を図っています」と話すのは、病院長の池田寿昭先生だ。近々実施される国の医療改革を見据え、救急、がん、移植の分野で突出するという意味での「ダントツ医療」、そしてホスピタリティーをさらに充実させる「やさしい医療」を今後10年のスローガンに打ち立てた。
「現在1403人の職員が、それぞれの現場で、できる限り患者さんに寄り添える形で接していこうと努めています。今後も地域における役割をしっかり発揮するため、常に前進する医療機関でありたいと考えています」

心臓血管外科

進藤 俊哉先生

心臓血管外科科長
進藤 俊哉先生

1980年東京大学医学部卒業後、同大学第ニ外科学教室に入局。2年間の米国留学を経て、山梨医科大学(現・山梨大学医学部)や一般病院に勤務。2009年より現職。日本外科学会外科専門医、日本心臓血管外科学会心臓血管外科専門医。趣味はアウトドア。

人工心肺を使わずに、心臓を動かした状態で行う「オフポンプ冠状動脈バイパス術」など、リスクを軽減する先端治療にも対応している

人工心肺を使わずに、心臓を動かした状態で行う「オフポンプ冠状動脈バイパス術」など、リスクを軽減する先端治療にも対応している

先端の手術的治療から
低侵襲な血管内治療まで広く行う

開設当初から心臓疾患・血管疾患の手術を手がけてきた心臓血管外科は、心臓疾患チーム、大血管疾患チーム、末梢血管疾患チームで構成される。3領域すべてに精通する施設として、手術的治療から血管内治療まで行ってさまざまな疾患に柔軟に対応し、先進的な治療を提供している。

心臓血管外科は、心筋梗塞・弁膜症に代表される心疾患の治療にあたる心臓外科、胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤などを専門とする大血管外科、動脈閉塞症・静脈瘤を扱う末梢血管外科の3チームで構成。それぞれ専門の医師をそろえて、開胸・開腹手術による手術的治療と、ステントグラフト内挿術などの低侵襲な血管内治療、その両方を得意とし、地域の中でも、近年その存在感をますます高めている。科長の進藤俊哉先生は「3チーム7人の医師が合同カンファレンスで各患者さんの病状を把握し、治療方針についてディスカッションしています」と話す。
「それぞれ専門領域を持つ医師たちが疾患と病状全体を把握し、異なる見地から意見を出し合うことで、豊富な選択肢の中から最善の治療を提案できたら」
得意・不得意なく、すべての治療において高い専門性を維持するからこそ、幅広い選択肢を提示できる。チーム力が同科の強みとなっているようだ。

消化器外科 移植外科

河地 茂行先生

消化器外科・移植外科科長
河地 茂行先生

1989年慶應義塾大学医学部卒業。同大学外科学教室などを経て米国ルイジアナ州立大学に留学。帰国後は母校の一般消化器外科へ。2012年より「東京医科大学八王子医療センター」に勤務し、2014年同大学主任教授となる。日本消化器外科学会評議員ほか。

すべての領域の鏡視下手術を行い、肝胆膵がんの高難度手術も行う。テーラーメイドな医療の提供を心がけている

すべての領域の鏡視下手術を行い、肝胆膵がんの高難度手術も行う。テーラーメイドな医療の提供を心がけている

高難度の消化器がんにも対応し
移植医療でも長年の実績を誇る

大腸がん・胃がん・肝臓がん・膵臓がんをはじめとする消化器がん全般のほか、胆石症・虫垂炎といった良性疾患への外科治療を行う消化器外科と、長年にわたり肝移植を手がけてきた移植外科。患者や病状に応じて先端手術や低侵襲治療を提案・提供し、広範にわたる消化器疾患をカバーしている。

個々の患者に最適な外科治療を提供することをモットーとする消化器外科・移植外科。地域のがん診療を支える病院として、腹腔鏡手術に代表される低侵襲治療から高難度手術まで、患者に対し適切な外科手術を提供することを日々めざしている。食道や胃、大腸をはじめ、すべての領域の消化器がんを扱うが、中でも比較的手術が難しいとされる肝臓がん、膵臓がん、胆道がんは同科科長の河地茂行先生の専門で、これまで多くの難症例を手がけてきた。
「三次救急を担う基幹病院として、私たちには、断らず手術をしていく使命があります。一番苦労する手術もいとわない、そういう姿勢で診療に臨んでいます」
同センターでは大学病院の役割を担うべく、先端医療も率先して実践。その代表格が同科で行っている生体肝移植だろう。長年肝移植を行ってきたその実績とノウハウを生かし、ドナー選定から手術、術後管理まで、こまやかに患者をサポートしている。

脳神経外科

神保 洋之先生

脳神経外科科長
神保 洋之先生

1988年昭和大学医学部卒業。脳卒中の外科、頭蓋底外科、脊椎・脊髄外科の分野を専門に豊富な診療実績を積み重ね、血管内皮細胞障害の基礎的研究にも従事。2008年より「東京医科大学八王子医療センター」に勤務。2015年現職に就く。日本脳神経外科学会脳神経外科専門医。

八王子ほか神奈川県相模原市や山梨県の南部まで広がる広い医療圏の中で、同センターは脳疾患治療の最後の砦を自負している

八王子ほか神奈川県相模原市や山梨県の南部まで広がる広い医療圏の中で、同センターは脳疾患治療の最後の砦を自負している

一刻を争う急性期疾患から脳腫瘍
てんかん治療まで高度医療を展開

脳・脊髄・末梢神経疾患に対する外科的治療を行う脳神経外科。三次救急医療機関でもある同センターの特性上、脳梗塞など緊急性の高い疾患に対応し、同時に脳腫瘍などの検査・手術も手がける。また南多摩地区周辺では数少ない、先端のてんかん治療を提供する専門施設という側面も持っている。

脳梗塞などの緊急を要する急性期疾患と、脳腫瘍のように精密に検査・診断した上で外科的な治療を施す疾患に対応。中でも急速に進歩しているのが、急性期の脳梗塞治療だという。
「今まで脳梗塞の初期治療としてはt-PAという血栓を溶かす薬が唯一の選択肢でしたが、ここ数年来、カテーテルを血管内に挿入する機械的血栓回収手術が効果を上げています」と脳神経外科科長の神保洋之先生。t-PA治療や血管内治療を行うには、環境や設備などさまざまな要件があるが、同センターではどちらも積極的に実施している。
一方、てんかん治療についても同科の特色として忘れてはならない。全国のてんかん医療機関をつなぐ「てんかん診療ネットワーク」にも参加。診療では、睡眠中の脳波を取りながらその様子をビデオで撮影し、発作の状態を調べる「長時間ビデオ脳波記録」も実施している。南多摩地区近辺のてんかん患者に頼られている存在だ。

循環器内科

田中 信大先生

循環器内科科長
田中 信大先生

1989年東京医科大学卒業。神戸市立中央市民病院などを経て2007年オランダ・カタリーナ病院に留学。帰国後は「東京医科大学病院」へ。2015年現職に就任。2016年循環器内科教授、2017年副院長に就任。日本循環器学会循環器専門医。

心房細動へのカテーテルアブレーションも数多く手がける。どの手術も、患者が5年後・10年後何もなく過ごせるよう適用を慎重に判断

心房細動へのカテーテルアブレーションも数多く手がける。どの手術も、患者が5年後・10年後何もなく過ごせるよう適用を慎重に判断

一人ひとりの症状に合った
正しい評価に基づく治療を推進

急に胸が痛い・締めつけられるといった症状が出た場合、一刻も早い診断・治療が必要だ。高齢化に伴い増え続ける心臓・血管疾患に対し、同センターでは循環器内科など関連する科が24時間体制で患者を受け入れる。緊急カテーテル治療が常時行える体制を整える一方で、その正しい適用の普及にも努めている。

循環器内科で最も多いのは、心臓が苦しいと訴えて受診するいわゆる心不全の患者で、その中でも多いのが心筋梗塞、狭心症に代表される虚血性心疾患だという。「日本で虚血性心疾患のカテーテル治療が始まってから約40年。今では多くの病院で緊急のカテーテル治療を実施していますが、近年、症状によっては薬物治療のほうが効果的な場合もあることがわかってきたんです」と話すのは、同科科長の田中信大先生。従来の、血管が狭く見えるといった「見え方」で判断してやみくもにカテーテル治療を行うのではなく、今後は機能的にどのくらい血液が流れているかを評価し、その人に合った治療法を正しく提案することに重きを置くそうだ。
「当センターでは20年以上前からそういう主眼で診療を実践し、正しい評価に基づくカテーテル治療を推進するためのさまざまな情報発信を中心となって行ってきました。今、私たちが一番自信を持って取り組んでいる領域です」

脳神経内科

赫 寛雄先生

脳神経内科科長
赫 寛雄先生

1993年東京医科大学卒業。国立精神・神経センター国府台病院、秋田県立脳血管研究センター、「東京医科大学病院」で診療経験を積み、2017年4月より現職。専門領域は脳血管障害とパーキンソン病。日本神経学会神経内科専門医。

脳血管障害などで救急医療が必要となった場合は、脳神経外科、救命救急センターなどと協力・連携し、24時間体制で対応している

脳血管障害などで救急医療が必要となった場合は、脳神経外科、救命救急センターなどと協力・連携し、24時間体制で対応している

ますます高齢化が進む社会を見据え
地域と一体となり患者をサポート

頭痛・めまい・しびれから、脳血管障害・アルツハイマー病といった脳神経内科疾患全般の総合的な診断・診療を提供している脳神経内科。外来では丁寧な問診と神経診察をもとに、必要に応じてCTやMRI、脳血流シンチグラフィーなどの画像検査や血液検査を行い、病気の早期診断・治療につなげている。

パーキンソン病やアルツハイマー病から神経免疫疾患、末梢神経障害まで、すべての領域に対応している脳神経内科。中でも脳卒中とパーキンソン病が専門の同科科長、赫寛雄(てらし・ひろお)先生は、神経内科医師が少ないという八王子エリアで「困っている患者を広く受け入れる診療」を実践する。
「大事なのは医療連携です。地域の診療所の先生方と一緒に診ていくシステムをつくりたいのです。なぜなら、当科が扱うのは運動障害でだんだん通院できなくなる病気。最終的に地域に戻るのならば、最初の段階から病診で情報共有し、スムーズにバトンを渡したいですね」
脳神経内科の病気自体は非常に身近なもの。赫先生は、頭痛、めまい、まひ、歩行障害といった症状があれば躊躇せず受診をと呼びかける。紹介状があると診断・治療もスムーズだが、なくても臨機応変に対応するという。大学病院でありながら間口の広い機動性の良さで、これからの地域医療を支えていく。

眼科

志村 雅彦先生

眼科科長 志村 雅彦先生

1991年東北大学医学部を卒業し、1995年同大学大学院を修了。九州大学医学部生理学教室、ミシガン大学アイセンターを経て、2012年より現職。専門領域は網膜硝子体疾患。日本眼科学会眼科専門医。診療の傍ら、国内外で講演活動も行い全国各地を飛び回る日々を送る。

都内で糖尿病網膜症をはじめとする網膜硝子体疾患を専門に扱う施設として、遠方からも多くの患者を受け入れる

都内で糖尿病網膜症をはじめとする網膜硝子体疾患を専門に扱う施設として、遠方からも多くの患者を受け入れる

先進の治療環境を整え
専門に特化した眼科診療にまい進

同センターの眼科では、先端の医療を良質な環境で提供することをめざしている。網膜の視機能感度を測定できる先進の検査機器を備え、患者の症状を精密に評価。網膜の血管を立体的に描出する光干渉断層血管造影装置も導入し、原因のわからない網膜血管の病気に対しても精度の高い診断を行っている。

硝子体手術という特殊な手術を得意とする眼科では、熟練の医師が先進的な低侵襲の小切開手術を実施している。
「網膜硝子体疾患で、外科的な治療と内科的な治療両方に先端的なことができることが、大きな特徴であり強みですね」と、同科科長の志村雅彦先生は言う。
「皆さん眼科というと、結膜炎や目やにでの受診を想像されますが、当科は網膜など眼球の中身に手術や注射を行う治療を主に行っています」
その中で現在、同科が力を入れて取り組んでいるのは、「黄斑浮腫」と呼ばれる糖尿病網膜症などが引き起こす合併症。志村先生の専門分野で、国内で同じくこの疾患を扱う25施設から2000もの症例を集め、研究を進めているところだ。
同科がめざす「良質な医療」について志村先生は、精神的なケアも含め総合的に行うべきものだという。診療ではできるだけ平易な言葉でイメージしやすい説明を心がけている。

整形外科

佐野 圭二先生

整形外科科長/講師
佐野 圭二先生

1985年東京医科大学卒業。同大学病院、同大学茨城医療センター、蕨市立病院などを経て1996年より同院に勤務。2006年より現職。日本整形外科学会整形外科専門医。医学博士。専門は、関節外科および人工関節。

大学病院ならではの高度医療にも対応している

大学病院ならではの高度医療にも対応している

関節や脊椎の変形疾患から
重症外傷まで高度かつ丁寧に診療

手や足をはじめ体の骨や関節、靭帯、筋肉、神経などの疾患を対象とする整形外科では、大学病院ならではの高度な治療に加え、救命救急センターと連携して一般の病院では治療が難しい多発外傷や基礎疾患のある患者なども受け入れるなど、地域の基幹病院としての役割も果たしている。

日本整形外科学会整形外科専門医である同科科長の佐野圭二先生を中心に6人の医師が、関節・脊椎の変性疾患やスポーツ外傷、多発外傷、内科的な基礎疾患を持つ患者の手術などに、それぞれ専門分野を生かしながら対応。
変形性膝・股関節症には、通常の人工関節置換術に加え、難易度が高い場合には、3Dプリンターで作製した実物大臓器立体モデルを用いた手術を実施。脊柱疾患では固定術のほか、適応のあるものには侵襲の少ない内視鏡による手術など、先進的な治療も積極的に行っている。スポーツ外傷では、フットサルチームのチームドクターを務める医師が在籍することもあり、前十字靭帯損傷の再建手術に積極的に取り組んでいる。
整形外科疾患では痛みを感じる場所と原因のある場所が違う場合も多いことから、「しっかりと話を聞いて、患部を触ることを大切にしています」と話す佐野科長。手術後も長期間にわたって患者をフォローすることを大切にしている。

腎臓病部門

岩本 整 先生

腎臓病部門 腎臓外科科長
岩本 整先生

1995年東京医科大学卒業後、同大学外科学第五講座勤務。2004年米国UCLAに肝移植の臨床研究のために留学。2017年4月に「東京医科大学八王子医療センター」腎臓外科科長・腎臓病部門副部門長に就任。同年12月より准教授。日本外科学会外科専門医、日本肝臓学会肝臓専門医。

専任の移植コーディネーターが在籍。透析の相談や説明を行う専門外来も開設している

専任の移植コーディネーターが在籍。透析の相談や説明を行う専門外来も開設している

地域でも古くから腎移植に注力
「移植のDNA」が息づく新部門

腎臓疾患は、軽度の症状から末期腎不全まで、また急性疾患から慢性の経過をたどるものまで幅広い病状を持つ。これを早期の段階から管理し、重篤化に至るさまざまな段階に応じた適切な医療を提供すべく、同センターでは平成29年4月、腎臓内科と腎臓外科が連携して診療を行う腎臓病部門を設立した。

血尿やタンパク尿という軽症から、透析や腎移植が必要な重い腎不全まで、内科と外科が協同で一貫した診療を行う腎臓病部門。副部門長の岩本整先生は、近年の腎臓疾患の傾向を「高齢化が進む中、糖尿病の増加に伴い腎臓疾患を患う人も増えています」と話す。
血液透析を行う際に必要なシャント造設は、最近では一般病院でも対応しているが、同部門では、糖尿病など合併症を抱えた人には入院措置を取って安全に配慮しつつ実施。またシャントが詰まってしまうなど緊急処置が必要な場合も対応し、地域の透析患者にとって心強い存在となっている。
腎臓疾患の根治療法である腎移植で、30年以上の診療実績を持つ同センターには、医師や看護師、移植コーディネーター、コメディカルなど移植医療に精通したプロフェッショナルがそろう。
「長年の歴史で培われた『移植のDNA』を武器に、チーム力を生かしてスムーズな診療を提供しています」

総合相談・支援部門

地域医療連携を担当している松本弘幸副部門長(写真左から4番目)と、地域医療の質の向上のために日々活躍しているスタッフたち

地域医療連携を担当している松本弘幸副部門長(写真左から4番目)と、地域医療の質の向上のために日々活躍しているスタッフたち

各分野の専門家が患者やその家族をサポート
「顔の見える地域医療連携」をめざす橋渡し役

同センターでは施設のよろず相談窓口として、現在19人のスタッフから成る「総合相談・支援部門」を設置。メディカルソーシャルワーカーが対応する医療福祉相談、看護師による退院支援、臨床心理士によるがん相談、セカンドオピニオン相談、日本看護協会緩和ケア認定看護師による緩和ケア、地域の医療施設の窓口となる医療連携部門などで構成され、その活動目的は多岐にわたる。「地域の医療施設への情報配信や、講演会の主催、外来担当医師の入れ替わりなどのアナウンス、年に1回の病院ガイド発行や、患者さんに向けた健康に関する啓発用情報誌の作成なども当部門で担当しています」と、同部門副部門長の松本弘幸氏。松本氏は南多摩地区を中心に、診療所や中・小規模病院と同センターが紹介・逆紹介を通じて「顔の見える地域医療連携」を行えるよう、その橋渡し役として細かな情報発信・情報収集を行っている。地域の住民と各医療機関、そして同センターが円滑につながるためのネットワークをつくる、「縁の下の力持ち」的な存在といえるだろう。

access.png

↑TOPへ戻る