全国の頼れる病院・総合病院・大学病院を検索
病院・総合病院・大学病院8,022件の情報を掲載(2023年2月07日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 新宿区
  4. 新大久保駅
  5. 独立行政法人地域医療機能推進機構 東京山手メディカルセンター
  6. 診療科目・部門一覧
  7. 炎症性腸疾患センター

最終更新日:2022/11/24

独立行政法人地域医療機能推進機構
東京山手メディカルセンター

1
  • 東京都新宿区百人町3-22-1
    • 救急科
    • 小児科
    • 消化器内科(消化管・胆のう・膵臓)

    • 肝臓内科
    • 呼吸器内科
    • 循環器内科
    • 腎臓内科
    • すべて見る

炎症性腸疾患センター

診療科・部門紹介

炎症性腸疾患に対し、専門的で高度な検査や治療の提供をめざす

炎症性腸疾患に関して専門的に診療を行っており、内視鏡やエックス線撮影などに加え、小腸の精密な検査にも対応。治療では、患者の社会的な背景や価値観、病変の場所や範囲、程度、病気の勢い、これまでの経過や副作用の有無、合併する病気など、一人ひとりを総合的に判断。その上で、生物学的製剤や低分子医薬品などを含む薬による内科的治療に加え、外科的な治療により生活の向上が期待できる場合には、同院の大腸肛門病センターと密に連携しながら手術を行っている。また、炎症性腸疾患を専門とする外来が平日は毎日行われており、具合が悪くてもすぐに診療できる体制を整えている。

1

患者に寄り添い、思いやりを持って接することを心がけている

2

他科や多職種とも連携しながらチーム一丸となって診療にあたる

スタッフ紹介

責任者

Dr1

深田 雅之部長

1994年東京慈恵会医科大学卒業後、同大学第三病院内科学講座第1に入局。2003年に渡米し、米国ニューヨーク マウントサイナイ病院内科講師、米国マイアミ大学消化器内科講師、米国シーダスサイナイ病院炎症性腸疾患センター内科研究教員、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校臨床内科講師などを経て2017年に帰国。ちびき病院副院長を経て2020年より現職。日本消化器病学会消化器病専門医。医学博士。

メッセージ

炎症性腸疾患は、慢性の病気で一生付き合っていく病気です。なかなか治らないことも多いかもしれませんが、病気を持っているからといって何もできないわけではありません。適切に治療を行えば、日常生活にほぼ影響を与えないようにコントロールすることは可能です。つまり、闇雲に悲しんだり、絶望したりする必要はなく、病気と一緒に人生を歩んでいくことが大切なのです。当センターでは、パートナーとして患者さんの背景も考慮しながら一緒にゴールを設定し、一歩一歩を一緒に歩みながら次のステップに進んでいくことで、そのお手伝いをしたいと考えています。炎症性腸疾患で検査や治療が必要な方は、ぜひご相談ください。

対応できる疾患

  • クローン病、潰瘍性大腸炎

診療実績

疾患名・治療名
診療実績
血球成分除去療法
21
クローン病治療
-
インフリキシマブ新規投与
18
アダリムマブ新規投与
51
ウステキヌマブ新規投与
58
ベドリズマブ新規投与
26
潰瘍性大腸炎治療
-
インフリキシマブ新規投与
14
アダリムマブ新規投与
5
ゴリムマブ新規投与
4
ウステキヌマブ新規投与
63
ゼルヤンツ新規投与
25
小腸造影
785

【期間】2020年4月~2021年3月

紹介医療機関の先生方へ

炎症性腸疾患は近年増加しており、過去のデーターからするとこの先の10年間で倍の患者数になると予想されます。つまり、この先の10年間で相当数の方が炎症性腸疾患に罹患する可能性があります。そのような背景の中で私は、アメリカで見てきたような、患者さんにとって身近なクリニックとハイボリュームセンター、その中間になる中小の病院との連携による治療を大切にしたいと考えています。信頼できる地域の先生方と一緒に、必要な時には迅速に当院が対応するという約束のもと、患者さんが困ることのない円滑な連携をしていきたいと考えています。炎症性腸疾患が疑われる患者さんや、専門的な検査や治療が必要な場合は、ご紹介ください。

関連記事

access.png