みなみ野循環器病院の特徴 | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8177件掲載中(2020年03月29日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
1

医療法人社団健心会みなみ野循環器病院

病院になりさらに充実した体制で、重症患者にも対応

先進的な医療機器と経験豊富な
専門家による治療を提供する

八王子みなみ野駅から徒歩3分の場所で、経験豊富な心臓と血管の専門家による先進的な循環器疾患治療を提供しているのが『みなみ野循環器病院』だ。平成23年に「みなみ野ハートクリニック」として開院した同院は、患者数の増加や近隣医療機関からの期待の高まりを受け、平成28年11月に病院へとリニューアル。同時に集中治療室を新設したことで重症の救急搬送患者にも対応可能とし、さらには、先進的なマルチスライスCTも導入して、より適切な治療を迅速に提供する体制を整えた。
同院では、入院を必要とする狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈といった心臓疾患全般の診療を行っており、カテーテル検査・治療やペースメーカー治療など侵襲的な診療にも尽力。また心臓疾患の原因・リスク因子となる糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病、動脈硬化性疾患、睡眠時無呼吸症候群に対して薬物療法のみならず食事・運動療法でも積極的な介入を行っている。
退院後は食事・運動療法や服薬指導を含めた包括的なリハビリテーションを提供し、近隣に開院した専門クリニックでの再発予防も実施。大規模病院レベルの医療設備を駆使した高度な医療と、小回りの利く、患者に寄り添ったきめ細かい対応を両立させている。

理事長メッセージ

幡 芳樹理事長

幡 芳樹理事長

岡山大学医学部卒業。小倉記念病院でカテーテル治療のエキスパートである延吉正清先生に師事し、東海大学医学部付属八王子病院循環器内科科長、岡山大学病院循環器内科病棟医長などを経て2011年開院。

地域の頼れる病院として検査、
治療、リハビリまでを一貫して提供

医師やスタッフが皆明るく、笑顔が絶えることがない同院。理事長の幡芳樹先生が診療で大切にしているのは、患者とのコミュニケーションだ。診察室には医療クラークを2人配置し、医師が問診に集中できる環境を整えている。
「患者さんにしっかりと向き合ってお話を聞きながら、そのニーズをくみ取る努力をしています」と幡理事長。不安を抱える患者や心因性の疾患を抱える人に対応するため、臨床心理士によるカウンセリングも実施している。循環器疾患の専門的な検査と治療、リハビリ、再発予防までを一貫して提供していることが強みである。
また地域連携にも力を入れており、かかりつけ医との橋渡し役としてコーディネートナースを活用。治療を終えた患者がかかりつけ医のもとに戻る際に、直接看護師が医院を訪問し、治療や経過について伝えることで緊密な連携を取っている。2018年からは救急車を導入し、急性期の心疾患に対してより迅速に対応できるようになったほか、他病院への転院搬送でも力を発揮。地域にとって、より頼れる病院となった。
「生活習慣や心臓に不安のある方は、気軽にご相談ください。たとえコレステロール値が高くても検査で石灰化が見つからなければ、食事や運動での経過観察から始めます。ご自身のリスクを知ることが予防につながりますよ」

早期発見

動脈の石灰化や冠動脈狭窄の有無を調べるほか、心臓周囲の脂肪量も測ることができる

動脈の石灰化や冠動脈狭窄の有無を調べるほか、心臓周囲の脂肪量も測ることができる

患者としっかり向き合う診療スタイルの幡理事長のもとには、毎日多くの外来患者が訪れる

患者としっかり向き合う診療スタイルの幡理事長のもとには、毎日多くの外来患者が訪れる

精度の高い検査でリスクを把握
より適切な治療へと結びつける

これまで多くの患者を診療してきた経験から、リスクに応じた適切な治療法を選択し、スムーズに提供する流れができあがっているという同院。導入している高精度のCTを用いると放置しておくべきではない動脈硬化を見つけることも可能だ。早期発見で発症を抑えることをめざしている。

心疾患に直結するような生活習慣病は、早い段階から治療に取り組むことで発症を予防できるとされる。「糖尿病、肥満、高コレステロール、メタボリック症候群などは、症状が出ないためご自身ではなかなかリスクに気づくことができません。早い段階で検査をして、リスクを把握しておくことが重要です」と幡理事長。同院では生活習慣病を専門に診る外来を開設し、栄養士や理学療法士による指導を行っているほか、日本でもまだ導入している施設が少ないという高精度CTを使って、より注意が必要な動脈硬化についても検査していることが特徴だ。心疾患の発症リスクを目に見える形で示すことで、患者はモチベーションを高めながら治療に臨むことができる。
「数字だけで結果をお知らせするのではなく、実際に動脈硬化がどのくらいあるのか、それによってどのくらいリスクがあるのか、超音波検査やCT検査の画像と動画をお見せしています。早期発見のために、定期的なメディカルチェックをお勧めしています」

治療

豊富な診療実績で確かな治療を
検査から診断まで迅速に対応

豊富な診療経験を持つベテランの医師たちが、心筋梗塞や狭心症、心臓弁膜症、心不全、不整脈などの治療に加えて、生活習慣病や睡眠時無呼吸症候群の治療、禁煙治療などによる心疾患の発症・再発予防に専門的に取り組む。24時間体制で心疾患の救急患者も受け入れている。

橋本 克史先生

橋本 克史先生
岡山大学医学部卒業。国立循環器病センター(現・国立循環器病研究センター病院)勤務、住友別子病院勤務、よつば循環器科クリニック循環器内科部長などを経て2018年より現職。日本循環器学会循環器専門医。医学博士。

松三 博明先生

松三 博明先生
高知大学医学部卒業。呉共済病院で研修後、大阪市立総合医療センター、高知医療センター、岡山大学病院などの循環器内科勤務を経て2016年より現職。専門は虚血性心疾患の治療。日本循環器学会循環器専門医。

岡本 修一先生

岡本 修一先生
千葉大学医学部卒業。船橋市立医療センター、岐阜ハートセンターを経て2019年4月から現職。日本循環器学会循環器専門医。急性心筋梗塞など重症の患者が治療によって回復し、元気に退院する姿を見ることが医師としてのやりがい。

循環器に特化した病院として豊富な治療実績を誇る同院。中でもカテーテル治療に強みがあり、狭心症や心筋梗塞といった冠動脈疾患に対して積極的に取り組んでいる。狭心症であれば1泊、心筋梗塞でも数日の入院で治療が可能で、スムーズな社会復帰がめざせる。体への負担が少ないため高齢者や合併症のある患者にも治療ができるという。
「心臓に不調があると不安に思われる患者さんも多いので、しっかり検査をすることで不安を取り除いてあげたい」と話すのは、橋本克史先生。検査から診断までの時間が短いのが特徴で、予約なしでもその日のうちに検査を受けられる。早く診断がつけば、それだけ早く治療を始められるのでメリットは大きいそうだ。
「小回りが利く病院なので、検査・治療だけでなく再発防止に向けた取り組みやリハビリテーションまで、患者さんを総合的に診られることが強みです」と松三博明先生。だからこそ、「少しでも症状があれば、できるだけ早く受診してほしい」と呼びかける。歩行や階段の上り下りで胸が苦しくなる、動悸がする、脈が早くなるなどの症状に加えて、歩いているときに足に痛みが出る間欠性跛行や足先の変色など、動脈硬化が原因となる疾患もあるため注意が必要だ。
平成31年4月からは常勤の医師を増やし、さらに手厚い診療体制を整えた同院。新たに加わった岡本修一先生は「わかりやすい説明で患者さんに納得してもらった上で治療する」ことをモットーとし、「気軽に相談できる雰囲気づくりをしていきたいです」と抱負を語る。さらに質の高い医療を提供しながら、患者一人ひとりに寄り添う治療をめざしていく。

PCI(経皮的冠動脈インターベンション)

傷口が小さく低侵襲
早期の社会復帰が可能な場合も

カテーテル治療の中でも同院で特に力を入れているのが、狭心症や心筋梗塞に対するPCI(経皮的冠動脈インターベンション)。コレステロールの付着によって血管が細くなった部分に向けて、手首の血管から細い管を通して「バルーン」と呼ばれる風船や「ステント」と呼ばれる金属の筒で血管を広げる治療法である。CT検査で90%の狭窄があれば、カテーテル治療の適応となる。さらに詳細な検査として、血流の阻害率を調べる冠血流予備量比試験も行っている。

事前の検査でしっかりと狭窄の状態を診断してから実施されるカテーテル治療

事前の検査でしっかりと狭窄の状態を診断してから実施されるカテーテル治療

再発防止

二階堂 暁先生

二階堂 暁先生

岡山大学医学部卒業。東海大学医学部付属八王子病院循環器内科助教。2011年より、みなみ野ハートクリニック開設に携わり、2016年から八王子みなみ野心臓リハビリテーションクリニック院長。

体力・筋力アップで心機能の回復を図るリハビリテーション。心臓についた脂肪を落とすことで再発予防にもつなげる

体力・筋力アップで心機能の回復を図るリハビリテーション。心臓についた脂肪を落とすことで再発予防にもつなげる

糖質控えめにすることを軸に、ココナッツオイルやギーを紹介するなど、取り組みやすい工夫で食生活改善をサポート

糖質控えめにすることを軸に、ココナッツオイルやギーを紹介するなど、取り組みやすい工夫で食生活改善をサポート

運動・食事指導で生活習慣の改善を図る
心臓疾患の再発予防プログラム

同院のリハビリテーション部門として、心疾患の再発予防を目的とした心臓リハビリテーションを提供する「八王子みなみ野心臓リハビリテーションクリニック」。本院で治療を終えた患者がスムーズに日常生活に復帰できるように支えている。「カテーテル治療は心疾患治療の始まり」という考えのもと、退院後の心臓機能の回復や再発予防のための生活習慣の改善に力を注ぐ。動脈硬化性疾患の場合、生活習慣がベースになっているものが多く、そこを改善しなければ再発してしまう。
「どうしても食べてしまう人に対して、ただ『食べてはいけない』ではなく、さまざまな工夫で、つらくなく、楽しく実践できる方法を提案してあげるのが私たちの役割。心臓に不安を抱えた患者さんたちが、食生活の改善や運動療法で、少しずつ自信を取り戻せるように力を尽くしていきたいです」と同クリニック院長も務める二階堂暁先生。診察には理学療法士や看護師も同席。診療の度に筋肉量や脂肪量を測定し、運動面や食事面に対し、的確でこまやかなアドバイスをするよう心がけている。

access.png

↑TOPへ戻る