病院長メッセージ(医療法人社団鼎会 三和病院) | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8184件掲載中(2019年01月16日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
Cs1

医療法人社団鼎会三和病院

総合的な内科診療と高度な専門性の乳がん治療を柱に 地域に根差したきめ細かな医療を提供

Top
渡辺 修病院長

プロフィール1985年群馬大学医学部卒業後、同院の前身である新八柱台病院へ勤務。消化器外科関連の手術への対応や、乳腺外科の外来部門立ち上げに尽力。同院を開設後、現職となる。患者からの「先生に診てもらえてよかった」という一言が日々の活力。がんの切除だけでなく、乳首の再建や乳頭を作るといった審美的にも配慮された乳がん手術に定評がある。

心と体のすべてを見守る地域密着型医療

地域住民からの期待を背に、2014年に開設した「三和病院」。前身である「新八柱台病院」の閉院をうけ、渡辺修先生をはじめとした医師たちは新たなクリニックの立ち上げを決意。病院の開設に向けて動いていたメンバーを後押ししたのは、病床認可を求める住民たちから集まった2万2千にも及ぶ署名だった。前身にて患者一人ひとりに対して親身な診療を行ってきた実績が、自然と住民たちの心に根づいていたのだ。多くの声を後押しに誕生した同院の方針は「地域貢献」。病院長となった渡辺修先生は「疾患ごとに患者を診るのではなく、患者の全身を診る主治医がいる病院」をめざし、かかりつけの総合病院として日々、患者との信頼関係構築に努めている。患者に寄り添う地域密着型の内科診療や、診療の柱となる乳がん治療について、詳しく聞いた。(取材日2016年6月13日)

病院開設までにはたくさんの苦労があったとか。
1

経営事情により前身のクリニックが閉院してしまった際は、患者さんに大変ご迷惑をお掛けしました。残った医師と事務スタッフ数名により、再興への第一歩として新松戸駅にクリニックを開業。日々の診療に加えて、乳腺外科の手術が必要な患者さんは、新松戸中央病院で私が手術を担当するという体制で治療を継続させていきました。その後、利便性向上を掲げ、2010年に八柱駅前にて「八柱三和クリニック」を開業。2014年には当院を開設するまで規模を拡大できました。当院の開設時、患者さんたちが署名を集めてくださったことは本当に感謝しています。お一人で100人、200人分の署名を集めてきてくれた方もいて、結果集まった2万2千人分もの署名は、大きな後押しとなりました。これまで自分たちがやってきた医療が伝わっていたのだと思うと、本当にうれしかったですね。地域に根づいた病院として、総合的な医療を提供していく決意をより固めました。

内科診療の特色を教えてください。
2

リーフレットシステムというオリジナル冊子を作成し、患者さんに配布しています。これは、理事長でもある内科の斉藤先生が長年取り組んでいるライフワークで、病気や治療について図やイラストなどを用い、分かりやすく解説した説明書のようなもの。患者さんの状態に合わせて3000項目にも及ぶ中から必要な項目を選択、プリントしてお渡ししています。「話を聞くだけでなく、紙で欲しい」と思っている患者さんは多いですし、特にご高齢の方ですと、医師からの説明だけでは理解できない部分もあると思います。それを補足するのが、このリーフレットシステムなのです。外科の診療の際に「内科でこういう説明をされました」と持ってきてくださる患者さんもいて、手ごたえを感じていますね。

内科だけでなく、乳がん治療も診療の柱となっているそうですね。
3

乳腺外科の手術実績は、2015年の1年間で280例(2015年1月~2015年12月)。2016年には、それを上回る300例超の執刀を行いました(2016年1月~2016年12月)。今では患者さんが患者さんを呼んで来てくださることも増え、誠心誠意の診療が評価されたことを嬉しく思います。乳がんの手術では見た目も非常に重要なので、「きれいに治す」をモットーに、乳首の再建や乳頭を作る手術には特にこだわっています。以前は「がんが治れば良い」という考え方もありましたが、今はいかにボディーイメージを保ちながら治療をするかも重要で、がんの切除と同時に乳房の再建を行う手術に保険が適用されるようにもなりました。「乳がんサバイバー」という言葉がありますが、病気を克服された方たちが苦しまずに生きていくためには、心のケアも必要になってきます。病気を治すだけでなく、患者さんの人生に寄り添った診療をめざしたいですね。

どういった心のケアに取り組まれているのでしょうか。
4

乳がんの患者さんには、子育てをしている方や赤ちゃんが産まれたばかりの方、これから結婚される方など、さまざまな状況の方がいらっしゃいます。個々のケアを充実させるべく、医師だけでなく看護師やソーシャルワーカー、薬剤師、放射線技師が一丸となって、総合的にサポートする体制を整備。検診は女性の技師が担当し、精神的な負担を少しでも軽減できるようにしました。乳腺の濃い方はマンモグラフィーだけではがんが発見できない可能性がありますので、超音波検査も併せて受けていただき、より精度の高い検診を提供できればと考えています。心のケアを目的とした「さくらんぼの会」という患者さんが集えるコミュニティも発足しており、多くの方の心のよりどころとなっています。

今後の展望をお聞かせください。
5

当院が提供している医療について、もっと広い地域に知っていただきたいと考えています。私たちの方針は、診療科目ごとに患者さんを診るのではなく、患者さんの全身について主治医が責任を持って診療していくこと。駅前の八柱三和クリニックとも連携をとっており、手術や入院が必要な患者さんはスムーズに相互間で治療を受けていただくことができます。診療時間外に急に具合が悪くなったという場合でも、かかりつけの患者さんには当直医が対応しますので、まずはご連絡ください。日本リウマチ学会リウマチ専門医によるケアや在宅医療など、高齢者に向けた取り組みも充実しています。地域に密着した病院として心を込めた医療を提供していきますので、困ったことがあれば気軽に来院していただければ幸いです。

access.png

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る