病院長メッセージ( 昭和大学病院附属東病院) | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8129件掲載中(2021年01月22日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ

昭和大学病院附属東病院

Main
稲垣 克記病院長
Inagaki Katsunori

プロフィール昭和大学医学部卒業。同大学病院の整形外科に入局し、東京都立広尾病院、亀田総合病院などで研鑽を積む。米国メイヨークリニックに2年間留学し、臨床と基礎を学ぶ。帰国後、昭和大学医学部整形外科学講座主任教授に就任。2017年に昭和大学病院附属東病院の病院長に就任。スポーツ整形、肩、肘、手の関節治療を専門に、骨や軟骨の再建術にも取り組む。日本整形外科学会整形外科専門医。日本リウマチ学会リウマチ専門医。

昭和大学病院との連携で専門分野に特化

品川区旗の台にある昭和大学病院から中原街道を挟んで徒歩3分の場所にある「昭和大学病院附属東病院」。整形外科、形成外科、眼科、リハビリテーション、脳神経内科、リウマチ治療の分野で強みを発揮している。さらに、高度急性期を担う昭和大学病院との連携で、症状が軽快している患者を受け入れて治療にあたっている。特に整形外科ではスポーツ整形に特化した医師も複数在籍している。眼科は専用の手術室が2室あり、集中的に手術治療が提供できる環境だ。病院長を務める稲垣克記先生がモットーとするのは、昭和大学の建学の精神である「至誠一貫」。患者第一の真心を尽くした医療で信頼を集めている。大学病院でありながら、どこか親しみやすさも感じさせる同病院。アットホームな雰囲気で、訪れる患者に安心感を与えているようだ。
(取材日2020年5月29日)

病院の特徴をお聞かせください。
1

当院は昭和大学病院の東棟として1987年に診療を開始し、1999年に昭和大学病院より独立しました。昭和大学病院との連携体制に強みがあり、例えば脳卒中で昭和大学病院に救急搬送された場合、脳神経外科と脳神経内科による専門部門で手術が必要かを判断し、手術をしない患者さんに関しては当院で引き受ける体制です。昭和大学病院の集中治療室での治療後は早い段階から当院でのリハビリテーションを開始。脳疾患ではいかに早くリハビリを開始させるかで、身体機能の回復にも違いがでます。また、各診療科の医師たちは昭和大学病院と連携をしながら診療にあたっているため、経過に応じて東病院に移っても、同じチームの医師が担当します。そのため患者さんにとって安心感があるのではないでしょうか。大学病院ですが物忘れカフェなどのイベントを行い、アットホームな雰囲気で、近隣のクリニックの先生方からも気軽に患者さんをご紹介いただいています。

こちらではリハビリテーションにも取り組まれているそうですね。
2

急性期治療を終えた患者さんは、回復期リハビリ専門の病院に転院して在宅復帰をめざしてリハビリをしていくのが一般的です。当院は、昭和大学病院との連携で、急性期治療を終えたすぐの時期からの患者さんのリハビリテーションを受け入れているのが特徴です。超急性期のときに患者さんがどのような状態だったのか、看護レベルでどのようなケアをしていたのか、患者さんの情報が共有されているため、スムーズにリハビリの計画が立てられます。特にご高齢の方は2日間寝ているだけで、元の筋力に戻すまでに半年かかるとも言われています。そのため発症後または手術後すぐにリハビリを始めることで、早期の回復をめざします。当院でリハビリ治療をするのは、整形外科疾患と脳疾患の患者さんが中心で、それぞれに特化したリハビリを提供する医師がそろっています。

強みのある診療科について教えてください。
3

整形外科の中でも「スポーツ整形」に強みがあります。野球やサッカー、アイスホッケー、バスケットボールなどのスポーツ選手のケアは、それぞれの競技によって変わりますので、とても専門性の高い分野なんです。例えばサッカーでは膝の前十字靱帯損傷が多いですし、アイスホッケーの男子は膝や股関節、女子は上肢のケガが多いです。そうした競技特性に配慮しながら治療することに加えて、予防のためのストレッチ、早期に復帰するためのリハビリが重要です。大学生や小中高生のお子さんのスポーツ選手などに野球肘の治療も行っています。また、眼科診療にも強みがあり、人工水晶体を使った白内障手術を黎明期から行い、実績を積んできており、最近では多焦点眼内レンズも導入しています。また緑内障発作や網膜剥離などの緊急疾患に随時対応しております。

そのほか特徴のある診療科はありますか。
4

「睡眠医療センター」と「呼吸ケアセンター」として、それぞれ診療科の垣根を超えた治療をしています。睡眠医療センターでは、睡眠時無呼吸症候群の治療に対応しており、1泊の検査入院で眠りの質を調べて原因を特定します。これまで疾患に気づかずにいた患者さんが多く、非常にニーズのあるセンターです。また呼吸ケアセンターでは、集中治療が必要な患者さんは昭和大学病院で、症状が落ち着いた患者さんは当院で診る連携体制をとっています。そうした呼吸器管理は新型コロナウイルス感染症の対応でも力を発揮しました。2020年7月には昭和大学病院よりリウマチ科の外来が移設されます。内科、整形外科の両面からリウマチ治療にアプローチする施設は多くありません。内科は血液や生化学的な検査、薬のコントロールに強みがあり、それを画像上で判断していくのは整形外科の得意分野です。このように協力して治療にあたり、お互いの強みを合わせています。

最後にメッセージをお願いします。
5

私たちが大切にしているのは、昭和大学の建学の精神である、患者さんに真心を持って尽くすこと。私が留学していた米国メイヨークリニックでも同じ意味で「Patient First(ペイシェント ファースト)」という言葉が使われていました。整形外科の手術を受ける患者さんたちは、どんな手術をするのか不安だと思います。だから私はレントゲンやMRIの画像をお見せするだけではなく、絵を描いて患者さんにわかりやすく手術のご説明をするようにしています。大学病院として教育にも力を入れており、医師のスキルアップのための海外留学にも積極的です。そうした経験を積んだ医師たちが、日本の医療を引っ張っていってくれると信じています。

access.png

病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

ホスピタルズ・ファイルは、全国の病院・総合病院・大学病院の総合情報サイト!沿線・行政区、住所、診療科目、対象疾患名や検査・治療内容などから、あなたがお探しの病院・総合病院・大学病院情報を探すことができます。病院・総合病院・大学病院の基本情報だけではなく、責任者メッセージ、各診療科目の詳細、特徴を、独自に取材して紹介しています。

情報掲載について

掲載している各種情報は、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック が調査した情報をもとにしています。 出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。 当サービスによって生じた損害について、 ティーペック株式会社 および 株式会社ギミック ではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報に誤りがある場合には、お手数ですがホスピタルズ・ファイル編集部までご連絡をいただけますようお願いいたします。

↑TOPへ戻る