全国の頼れる病院・総合病院・大学病院を検索
病院・総合病院・大学病院7,981件の情報を掲載(2024年4月16日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市中央区
  4. 谷町四丁目駅
  5. 独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター
  6. 診療科目・部門一覧
  7. 形成外科

最終更新日:2023/05/09

独立行政法人国立病院機構
大阪医療センター

1
  • 大阪府大阪市中央区法円坂2丁目1-14
    • 内科
    • 呼吸器内科
    • 循環器内科
    • 消化器内科
    • 血液内科

    • 腫瘍内科
    • 糖尿病内科
    • 腎臓内科
    • 感染症内科
    • 外科
    • すべて見る

形成外科

診療科・部門紹介

機能の回復や整容面にも配慮した専門的な治療で、幅広い疾患に対応

顔面の皮膚腫瘍 、眼瞼下垂などを扱う眼瞼形成、 がんの切除後の再建、難治性ケロイドや瘢痕拘縮を扱う皮膚外科の領域を主に扱う同科。特に眼瞼腫瘍に注力しており、切除のみならず機能的・整容的にも良好な結果になるように術式を工夫する他、顔面を中心とした皮膚の腫瘍に対応。再建では自家組織、シリコンインプラントによる乳房再建、頭頚部がん切除後の再建など、悪性腫瘍により切除された身体の機能・形態を再建するための治療や、頭頚部がん切除後の再建では微小血管吻合による遊離皮弁移植で骨及び筋や皮膚など軟部組織の移植も行う。 その他外傷においても、顔面骨折などに対応。機能の回復や整容面にも配慮した治療に努めている。
眼瞼下垂についてはこちら
眼瞼腫瘍についてはこちら
皮膚腫瘍についてはこちら
ケロイドについてはこちら

1

幅広い疾患に対応する形成外科の診察風景

スタッフ紹介

責任者

吉龍 澄子形成外科科長

1987年神戸大学医学部卒業。専門領域は再建外科(頭頚部・乳房)、マイクロサージャリー、眼瞼形成、眼瞼腫瘍、皮膚腫瘍、ケロイド。大阪大学形成外科や兵庫県立こども病院、大阪船員保険病院(現・大阪みなと中央病院)、住友病院などを経て、1999年より大阪医療センター勤務。2009年形成外科科長に就任した後、2010年ヨーロッパ癌センター留学。2011年より現職。日本形成外科学会形成外科専門医、医学博士。

メッセージ

当科は1999年に開設されました。頭頚部がんや乳がんなど、がん切除後の組織再建をはじめ、皮膚の良性・悪性腫瘍、眼瞼腫瘍、顔面の皮膚腫瘍、皮膚がん、きず痕のひきつれ、難治性のケロイド、顔面神経麻痺、顔面骨折、その他変形など、取り扱う範囲が広い診療科です。専門的な治療はもちろん、機能の回復や整容面にも配慮した治療・手術を行っています。必要に応じて、他科と連携しながら治療を進めていきます。患者さん一人ひとりの症状やご要望に合った治療をめざしていますので、ご不明な点などはお気軽にご相談ください。

access.png