脳神経外科(社会医療法人 志聖会 総合犬山中央病院) | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8096件掲載中(2021年04月18日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
1

社会医療法人 志聖会総合犬山中央病院

病気の予防から早期発見、急性期医療から慢性期医療までまんべんなくフォローし、患者の「生きる力」を守る

脳神経外科

24時間365日体制で急性期脳卒中患者を受け入れ、迅速に治療を提供

同院の脳神経外科は、急性期脳卒中患者を24時間365日体制で受け入れている。発症直後の脳梗塞には注射薬による血栓溶解療法、血管内カテーテルによる血栓回収療法、脳出血やくも膜下出血には手術などを迅速に行い、再発予防から後遺症のリハビリテーションまで総合的な医療を提供する体制を整えている。2020年4月に日本脳神経外科学会脳神経外科専門医も加入し、スタッフの増員と若返りが実現した。救急治療をより迅速に、複数同時に行うことが可能となった。外来では認知症も含め、脳腫瘍、てんかん、頭痛など幅広く脳の病気を診療している。

1

1.5テスラのMRIを完備

20200929 2

チーム一丸となって診療に向き合う

責任者

Dr furuiti

古市 昌宏脳神経外科統括部長

プロフィール

1994年岐阜大学医学部卒業。同付属病院脳神経外科、総合大雄会病院、高山赤十字病院、岐阜赤十字病院を経て2001年に総合犬山中央病院に赴任。国立病院機構長良医療センターを経て2006年に再び総合犬山中央病院に戻り、2011年に脳神経外科副部長に就任。2015年から血管内治療脳神経外科部長を務め、2020年に脳神経外科統括部長に就任。

患者さんへのメッセージ

脳卒中の治療は時間との勝負です。脳梗塞発症後4.5時間以内なら、注射薬によって脳血管に詰まった血栓を溶かすための治療が行えます。注射薬だけでは不十分な場合や4.5時間を超えた場合でも回復が見込まれる際には血管内からアプローチして血栓を回収する治療も行っていますが、どちらの治療も発症から早期に行うほうが良好な治療成績が期待できます。このため当院では脳神経外科、放射線科、検査科、看護部が連携し、受け入れから治療開始までの時間短縮を図り、合わせて、一刻でも早く患者さんに来院していただくために、脳卒中の初期症状などを啓発する活動も行っています。「目元や口元の片側が下がる」、「片方の手足が麻痺する」、「ろれつが回らない」などの症状が出たら、ためらわずに救急車を呼んでください。当院では脳ドックなどの予防医療にも注力しています。例えば脳ドックで見つかる脳動脈瘤が破裂すると、くも膜下出血となり重度の後遺症を残すか亡くなる方も多いですが、血管内治療や開頭手術で破裂前に治療可能です。「遠方に行かなくても安心して治療が受けられる診療科」をモットーに、地域の方々に信頼していただける医療を提供していきたいです。

スタッフプロフィール

古市 昌宏脳神経外科統括部長

プロフィール

日本脳神経外科学会脳神経外科専門医、日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医、臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医(肢体不自由、平衡機能障害、音声・言語機能障害)

長谷川 貴俊医長

プロフィール

日本脳神経外科学会脳神経外科専門医、身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)

田中 健太郎副医長

プロフィール

日本脳神経外科学会脳神経外科専門医

紹介医療機関の先生方へ

脳神経外科では脳動脈瘤コイル塞栓術、頸動脈ステント留置術などの血管内治療、脳動脈瘤開頭クリッピング術、神経内視鏡下血腫摘出術、脳血行再建術などの脳卒中を中心とした手術に加え、髄膜種などの良性脳腫瘍摘出術、正常圧水頭症に対するシャント手術などに積極的に取り組んでいます。当院は、24時間365日体制で脳卒中患者を受け入れて速やかに診断し、t-PA静注療法、機械的血栓回収術などを施行できる体制を築いています。平日は21時まで脳神経外科の医師が院内待機していますので、遠慮なくご紹介ください。今後とも先生方に信頼していただける安全な医療を継続的に提供できるように努めてまいります。

access.png

↑TOPへ戻る