小児科(社会医療法人 志聖会 総合犬山中央病院) | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8097件掲載中(2021年04月13日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
1

社会医療法人 志聖会総合犬山中央病院

病気の予防から早期発見、急性期医療から慢性期医療までまんべんなくフォローし、患者の「生きる力」を守る

小児科

喘息発作から発達障害まで幅広く診療し、子どもの体と心をトータルに守る

同院の小児科は、子どものあらゆる病気を外来で診療し、重症の場合や症状が強くて食べられない、眠れない状態が続く場合は入院医療を提供し、地域の子どもの健康を守っている。そのため、担当医には幅広く診る力と専門的に深く診る力の両方が求められるが、小児科部長の川口敬以子医師は、日本小児科学会小児科専門医、日本腎臓学会腎臓専門医、日本小児神経学会小児神経専門医、日本アレルギー学会アレルギー専門医の4つの資格を持つ医師だ。「小児の病気は治るのも早いので、お子さんとお母さんが笑顔になるのが間近で見られて、楽しい仕事です」と優しくほほ笑む川口部長は発達障害にも詳しい。

1

患者さんと同じ目線での診療を心がけています

%e5%b0%8f%e5%85%90%e7%a7%91 20190726 2

診察室には子どもたちの緊張が和らぐような、かわいらしい飾りつけをしています

責任者

Dr

川口 敬以子 部長

プロフィール

1983年秋田大学医学部卒業後、新潟大学医学部小児科学教室に入局。同大学大学院医歯学総合研究科修了。新潟で長く務めた後、2014年から総合犬山中央病院で勤務。大学院の研究で腎臓、大学病院の臨床で小児神経疾患、一般病院に移ってからはアレルギー疾患の研鑽を積み、日本小児科学会小児科専門医、日本腎臓学会腎臓専門医、日本小児神経学会小児神経専門医、日本アレルギー学会アレルギー専門医の4つの資格を取得。

患者さんへのメッセージ

当科の入院患者さんで多いのは、風邪から喘息発作を起こしたお子さんや、熱や患部の痛み、胃腸症状などが強くて食べられない、眠れないといった状態が続くお子さんです。そんなとき、身近な病院に入院できるというのは安心につながるのではないでしょうか。外来ではさまざまな病気を診ますが、身体の病気だけでなく、他の子とうまくコミュニケーションが取れない、宿題になかなか取り組めないといった発達障害的な問題を抱えるお子さんが増えているように思います。発達障害の外来では、親御さんに日々の大変さを伺って、対応の仕方などをお話しするように心がけています。そうすると親御さんも納得し、落ち着かれる気がします。患者数が多いアレルギー疾患では、耳鼻科や皮膚科とも連携します。喘息に重症の鼻炎を合併している場合、アトピー性皮膚炎が悪化した場合などには、それぞれの担当医に意見を聞いたり、診てもらったりしますので、まずは当科を受診してください。また、予防接種は種類が増えてどれを受けようか迷われることもあるかと思います。公費で受けられる予防接種は生後2ヵ月から始まりますので、その前にご相談いただくと良いと思います。

スタッフプロフィール

川口 敬以子 小児科部長

プロフィール

日本小児科学会小児科専門医、日本アレルギー学会アレルギー専門医、日本小児神経学会小児神経専門医、日本腎臓学会腎臓専門医、臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)

山本 知洋非常勤医

プロフィール

小児科医師

患者さんへのメッセージ

金曜日の外来を担当します。

紹介医療機関の先生方へ

当院の小児科は、外来では小児のあらゆる疾患を内科的に診療し、入院では喘息発作をはじめとして内科的疾患の急性増悪、重症化などに対応します。部長の川口敬以子医師は日本小児神経学会小児神経専門医で、神経疾患のほか、発達障害や心の病気の診療経験も豊富です。運動、知能、感覚、行動、言葉などに異常が見られる場合や、保護者から相談を受けた場合、当院にご紹介いただければと思います。発達障害は毎日、予約制の外来を設け、アレルギーの外来も週1回設けています。さらに月に1回、小児の心エコー(心臓超音波検査)に精通した医師による外来も行っていますので、必要な場合は当院の小児科へご紹介ください。

access.png

↑TOPへ戻る