外科(社会医療法人 志聖会 総合犬山中央病院) | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8096件掲載中(2021年04月18日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
1

社会医療法人 志聖会総合犬山中央病院

病気の予防から早期発見、急性期医療から慢性期医療までまんべんなくフォローし、患者の「生きる力」を守る

外科

患者中心の姿勢を基本に、標準的な医療が安心して受けられる病院をめざす

同院の外科は消化器を中心に診療。胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がんなどの消化器がんと、胆石、虫垂炎、鼠径ヘルニアなどの手術をメインにしている。有名漫画の主人公の外科医にあこがれて医師になったという福井貴巳外科統括部長は、消化器疾患の手術や救急医療で経験を有するが、何よりも患者のためになる医療を重視。そのため、症例によっては同院で治療することだけにこだわらない。例えば、乳がんについては同院で診断まで行うが、手術は専門の施設に紹介し、病病連携で対応することが多いという。自院での手術も、個々の患者の状態により腹腔鏡手術や開腹手術を適切に選択し、十分な説明を尽くす。

1

先進の設備を整え、治療内容、安全面においてもこだわりのつまった手術室

責任者

20190801 %e5%a4%96%e7%a7%91 %e8%b2%ac%e4%bb%bb%e8%80%85

福井 貴巳副院長兼外科統括部長

プロフィール

1991年岐阜大学医学部卒業。同大学医学部附属病院第二外科(現 腫瘍外科)に入局。岐阜県立岐阜病院、高山赤十字病院など岐阜県内の病院を経て、2006年総合犬山中央病院の外科に着任。現在は副院長と外科統括部長を兼務する。日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医、日本救急医学会救急科専門医。「学閥がないため多様な価値観を持つ医師が刺激し合う、とても面白い職場」と同院の魅力を語る。

患者さんへのメッセージ

医療が急速に進歩する中、当科は新しい医療技術を導入するとともに、「患者さんのために、一番良い方法は何か」を常に心がけて診療にあたってきました。例えば、乳がんは過去にはそのほとんどを当院で手術していましたが、最近では乳房の温存や再建やセンチネルリンパ節生検まで考慮する時代になったため、当院では検診や診断を行い、手術はそれを得意とする病院にご紹介することが多くなりました。一方、当院が得意とする消化器がんでは、体の負担が少ない腹腔鏡手術を含め、積極的に治療に取り組んでいます。ただ、患者さんの合併症が多く、全身状態が不良であったり、病状が進行したりしている場合などは、開腹手術のほうが適している場合も多く、患者さんの不利益にならないように適切な治療法を提案します。地域密着型の病院ですので、胆石や虫垂炎、鼠径ヘルニアなど一般的な良性疾患の患者さんも多く来院されます。やはり、苦しんでいた患者さんが、元気になって退院していく姿を見るのが外科の医師としての喜びです。大学病院のような先進的医療を行っているわけではありませんが、身近にある急性期病院として標準的な医療を安全に提供できるよう誠心誠意努めます。

スタッフプロフィール

三澤 恵一 顧問

プロフィール

外科医師

患者さんへのメッセージ

月曜日、金曜日の外科外来を担当します

福井 貴巳副院長兼外科統括部長

プロフィール

日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医、日本救急医学会救急科専門医、麻酔科標榜医、日本臨床外科学会評議員、臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医(肢体不自由、ぼうこう・直腸機能障害)

加納 寛悠医長

プロフィール

日本外科学会外科専門医

三井 範基医員

プロフィール

外科医師

紹介医療機関の先生方へ

当院の外科には日本外科学会外科専門医の常勤医師3人が在籍し、水曜以外の曜日は、2診体制で消化器疾患全般の外来診療を行っています。手術は、腹腔鏡あるいは開腹にて、胃や大腸や胆嚢の手術を主に実施していますが、それ以外にも可能な限り、いろいろな手術を実施しています。当たり前のことではありますが、患者さんやご家族に対して丁寧に説明し、きちんと理解し、納得していただくことを徹底しています。また、当院には各診療科が協力する風土があり、外科も消化器内科などと密に連携していますので、安心して患者さんをご紹介いただきたいと思います。

access.png

↑TOPへ戻る