整形外科(社会医療法人 志聖会 総合犬山中央病院) | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8095件掲載中(2021年05月11日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
1

社会医療法人 志聖会総合犬山中央病院

病気の予防から早期発見、急性期医療から慢性期医療までまんべんなくフォローし、患者の「生きる力」を守る

整形外科

多機能な病床と外来で、急性期から回復期、慢性期まで⼀貫した医療を提供

整形外科は、骨折などの外傷治療をメインに、あらゆる整形外科疾患のファーストエイドを行うことが役割。より専門性の高い治療が必要な場合は、名古屋大学医学部附属病院などに紹介する。エックス線、CT、MRIなどの画像検査、生理学的検査に加え、骨シンチグラフィーという検査も可能だ。2診体制で一般外来を行うほか、脊椎専門の外来も開設。脊椎手術はエキスパートのいる江南厚生病院へ紹介するなど、病院間の連携も交えて患者中心の医療を追求する。急性期病床、回復期リハビリテーション病床、地域包括ケア病床の3つを有するため、術後もリハビリを重ねて回復するまで入院することができる。

1

患者さんもリハビリスタッフも笑顔があふれます

22

CTによる精密な検査にも対応しています

責任者

Dr

杉村 恒人 副院長・部長

プロフィール

1986年名古屋大学医学部卒業。初期研修を受けた静岡済生会総合病院で数多く外傷患者の救急医療を経験し、整形外科の道へ。半田市立半田病院、中部労災病院を経て、1997年から総合犬山中央病院に勤務。現在は副院長と整形外科部長を兼務する。日本整形外科学会整形外科専門医。「患者さんが退院する姿を見ると、少しは役に立てたとうれしくなります」と今も初心を忘れず、研鑽を重ねている。

患者さんへのメッセージ

当院の特徴の一つは、急性期病床だけでなく、回復期リハビリテーション病床と地域包括ケア病床を持っていることです。特に整形外科は手術の後、数ヵ月のリハビリが必要なことが多いため、同じ病院内にこれらの病床が備わっていることは、患者さんやご家族の大きなメリットになるでしょう。病床を移られた後も、主治医は退院するまで変わらずに急性期から回復期まで一貫して診療し、退院後の療養先をどうするかといった相談にも関わります。また当院の患者さんが名古屋大学医学部附属病院、江南厚生病院などで手術を終えた後、当院に戻って入院し、回復を図ってもらうこともできます。地域密着の姿勢もまた特徴といえます。内科などに通うときに、膝や腰の痛みも診てほしいといった患者さんが多く、そうした慢性期の患者さんをしっかり支える役割があると思っています。気軽に受診して、何でもご相談ください。

スタッフプロフィール

杉村 恒人 副院長・整形外科部長

プロフィール

日本整形外科学会整形外科専門医、身体障害者福祉法指定医(肢体不自由、更正医療・育成医療《整形外科に関する医療》)

伊藤 研悠非常勤医

プロフィール

整形外科医師

患者さんへのメッセージ

第1・3木曜日の午後に脊椎専門の外来を担当しています(予約制)。

小杉山 裕亘非常勤医

プロフィール

整形外科医師

患者さんへのメッセージ

月曜日(第2,4)と、木曜日の外来を担当します。

浅野 正文非常勤医

プロフィール

整形外科医師

患者さんへのメッセージ

水曜日の外来を担当します。

岡田 貴士非常勤医

プロフィール

整形外科医師

患者さんへのメッセージ

金曜日の外来を担当します。

篠根 理孝非常勤医

プロフィール

整形外科医師

患者さんへのメッセージ

月曜日(第1,3,5)と、火曜日の外来を担当します。

紹介医療機関の先生方へ

当院の整形外科で多い手術は、骨折の観血的手術、骨内異物挿入物除去術、大腿骨の人工骨頭挿入術、膝・股の人工関節手術などです。術後、長期のリハビリテーションが必要な大腿、股関節、膝関節などの疾患には、回復期リハビリテーション病床、地域包括ケア病床を活用した急性期から回復期までの一貫した医療を提供できることが特徴です。また、整形外科は名古屋大学整形外科医局の関連施設なので、必要な場合は当院からさらに専門的な治療を行う施設へ適切にお送りできます。安心して患者さんをご紹介いただければと思います。

access.png

↑TOPへ戻る