消化器内科(社会医療法人 志聖会 総合犬山中央病院) | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8096件掲載中(2021年04月15日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
1

社会医療法人 志聖会総合犬山中央病院

病気の予防から早期発見、急性期医療から慢性期医療までまんべんなくフォローし、患者の「生きる力」を守る

消化器内科

内視鏡検査・治療を軸に、患者の満足を重視した診療を行う

2017年4月に常勤で小澤俊文副院長が着任し、新体制に移行した消化器内科。消化器疾患全般に幅広い知識と経験のある小澤副院長の加入と、電子内視鏡システムの更新など設備面の強化で、診療体制を整えた。特に、早期胃がん・大腸がんの内視鏡的診断と治療、肝臓がんの集学的治療、胆道疾患の内視鏡治療などを得意分野として、積極的に取り組んでいる。患者の満足を重視する小澤副院長は、自らいろいろな内視鏡検査を体験して比較するほど熱心。医療チーム全体で患者や家族、紹介元の医師に気持ち良く感じてもらえる対応を心がけるとともに、今後、スタッフの充実やホームページなどでの詳細な情報公開を進める考えだ。

1

経鼻、経口どちらの内視鏡にも対応可能です

2

小澤医師はこれまで数多くの症例を重ね、豊富な経験を持ちます

責任者

Dr

小澤 俊文 副院長・部長

プロフィール

1991年福島県立医科大学卒業。福島県下の病院で研修した後、名古屋、仙台、福島、秋田などの病院で消化器内科の医師として勤務し、特に超音波内視鏡を含めた消化器内視鏡を使用した検査と、がん治療の研鑽を積む。2017年4月に総合犬山中央病院の副院長・消化器内科部長に就任。現在は地域医療連携室長を兼務。日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医および日本消化器病学会消化器病専門医。趣味はクラシック音楽の鑑賞。

患者さんへのメッセージ

当科は何より、「患者さんに満足してもらうこと」を大切に診療しています。私が診察時に必ず患者さんの体に触れ、聴診器を当てて診療するのもそのためです。儀式のような面もありますが、特にご高齢の患者さんはそれで満足されますし、ご家族にも一生懸命診ている気持ちが伝わると思うからです。優しく語りかけてもいいし、握手してもいいし、それぞれの医師が工夫して患者さんの満足を追求すべきだと、若い医師にも話しています。また、医療の進歩は著しく、専門性も高まっているため、常に新しい医療を勉強することと、患者さんのためにどうすべきかを見極めることが重要です。当院で治療することだけにこだわらず、必要ならば専門施設を適切に紹介します。現在は、特に内視鏡検査と治療に力を入れていますが、電子内視鏡システムを一新したことで、より精密な画像での診断が可能となりました。内視鏡検査を受ける患者さんの苦しさを確かめるため、私自身も検査を体験しています。その体験を生かし、検査時の患者さんの苦痛を軽減できるよう、経鼻内視鏡または鎮静剤を使った経口内視鏡検査に努めています。今後は市民公開講座も開催したいと思っております。

スタッフプロフィール

小澤 俊文 副院長・消化器内科部長

プロフィール

日本消化器病学会消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、身体障害者福祉法指定医(肝臓機能障害)

白井 宏和 医員

プロフィール

消化器内科医師

三浦 恭資 医員

プロフィール

消化器内科医師

林田 興太郎医員

プロフィール

消化器内科医師

井深 貴士非常勤医

プロフィール

消化器内科医師

八鹿 潤非常勤医

プロフィール

消化器内科医師

紹介医療機関の先生方へ

当院の消化器内科では、かかりつけ医の先生方との連携に力を入れており、先生方の信頼を得るために、紹介を受けたら迅速に返事を書く、精密な検査画像を添付するといった工夫を大切にしています。今後、組織としてそれらを徹底するとともに、できるだけ先生方のクリニックへあいさつに伺い、顔の見える関係を築きたい考えです。内視鏡検査は通常の上部・下部内視鏡に加えて、超音波内視鏡(EUS)検査も実施可能です。消化管内壁だけでなく組織の内部、膵臓、胆道などの精密な検査が可能で、超音波内視鏡ガイド下の組織生検も実施しています。今後もスタッフ増員を図り、ご期待に応えられるよう努力して参ります。

access.png

↑TOPへ戻る