24時間対応の無痛分娩を強みに周産期医療に注力する恵愛病院 | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8187件掲載中(2019年10月14日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
Cs 1

医療法人恵愛会恵愛病院

不妊治療・妊娠・出産から子育てまで、途切れない支援で徹底サポート

良い病院とは何かを考え続けて半世紀
妊娠・出産、育児を切れ目なく支援

林 隆先生

理事長/院長
林 隆先生

1996年日本医科大学卒業後、同大学付属病院産婦人科にて研修。その後、葛飾赤十字産院、東京都立墨東病院総合周産期母子医療センター、埼玉医科大学総合医療センターなどで主に周産期医療に従事。2004年恵愛病院副院長に就任。その後2014年より現職。地域の妊婦が安心して快適に出産できる病院づくりに専念。日本産科婦人科学会産婦人科専門医。

昭和46年に開院した「つるせ産婦人科」に始まり、もうすぐ半世紀を迎える『恵愛病院』。開院当初から、一貫して周産期医療に関わり、母親と赤ちゃんに優しい医療の提供をめざしてきた。同院で取り入れている24時間体制の無痛分娩、小児科の各種専門的な外来、4Dエコーによる胎児超音波検査、快適な入院生活が送れるように工夫された全室個室の病室、母親同士の交流の場としても活用される各種イベントなど、これらすべては常に患者にとって良い病院とは何かを考えてきた結果だ。
緊急時には迅速に判断し、必要に応じて近隣の高次医療施設と連携。和光市にある「恵愛生殖医療医院」では、体外受精を含む不妊治療にも取り組んでいる。今後は子育て支援として産後ケアにも力を入れていく予定だ。
「子を授かり、育むことがその方の人生の中で素晴らしい経験になるよう、医療面から精神面まで、妊娠・出産、子育てまで切れ目なくサポートしていきたいです」

産 科

武井 麟太郎先生

産科部長
武井 麟太郎先生

1998年日本医科大学卒業。専門は周産期医療。豊富な診療経験をもとに、医学的な満足度はもちろん、精神的にも満足度の高いお産をめざす。外来診療では妊婦生活の中での素朴な疑問や要望にも真摯に回答。家族からの信頼も厚い。4Dエコーは生まれる前の記念写真だと思って家族みんなで楽しんでほしいと話す。

明るく清潔で広い診察室。妊婦に寄り添い、出産における相談に親身に応じる

明るく清潔で広い診察室。妊婦に寄り添い、出産における相談に親身に応じる

4Dエコー。赤ちゃんの表情もくっきり見える

4Dエコー。赤ちゃんの表情もくっきり見える

24時間365日体制で無痛分娩に対応
精神的にも満足のいくお産を追求

10人の常勤ドクターと熟練のスタッフが多様なお産に対応する同科。24時間365日体制で無痛分娩を実施。2つの手術室と分娩から回復までを行える9つのLDRがあり、夜間も含めて緊急帝王切開にも迅速に対応できるなど、フットワークの良さと医療技術は大学病院同等レベルだ。

昼夜、初産婦、経産婦にかかわらず無痛分娩に対応する同科。無痛分娩は産婦の希望により行われるが、近年はニーズが高く、普通分娩と合わせた病院全体の分娩数は全国でもトップクラスの域だ。出生前診断の希望者も多く、胎児スクリーニング検査、4Dエコーにも対応。中でも4Dエコーは2次元のエコーではわかりにくい赤ちゃんの姿が立体的に見えるので、健診に同行できない家族に喜ばれやすいという。
「生まれた後の記念写真と同じように受け入れていただけると、ただ赤ちゃんに異常がないかを確認するためだけではなく、それ以上に価値のあるものになると思います」と武井麟太郎産科部長。
人生の一大イベントであるお産。そこで同科がめざすのは、医学的なことだけではなく、立ち会い分娩など妊婦や家族の希望に寄り添う満足度の高いお産だ。
「外来では、妊娠中に、旅行に行きたい、挙式をしたいなど医学とは直接関係のないことでも相談に乗っています。ちょっとした不安を取り除いてあげることで、妊娠中や分娩時に満足感が得られるようにしたいですね」
少子高齢化に伴い分娩数の減少が懸念される中、日々、安全性・満足度の高いお産を追求し、「次もこの病院で産みたい」と思ってもらうことが間接的な社会貢献につながると話す武井先生。
「突発的なことや緊急性の高いことにも対応できるように、病院全体で医療の質の向上に取り組んでいます。妊娠中の不安やわからないことは、体のこと以外でも何でもご相談いただければ、それにお応えしていきたいと思います」

いつでも無痛分娩に対応可能

24時間365日体制で無痛分娩を行っている同院では、麻酔科の医師のみならず産科の常勤医のほとんどが無痛分娩時の硬膜外麻酔に精通。出産前から無痛分娩を希望している人はもちろん、当初は希望していなくても、陣痛が始まってから無痛にしてほしいという臨時の希望にも即座に対応。お産はいざ始まってみないとわからないことが多く、不安を抱える人も多い中、つらい状態になった際でも、無痛分娩に切り替えることができるメリットは大きいという。

出産時に陣痛室から分娩室へと部屋を移らずにリラックスして出産ができるLDR

出産時に陣痛室から分娩室へと部屋を移らずにリラックスして出産ができるLDR

麻酔科

武藤 友美先生

麻酔科
武藤 友美先生

2006年日本医科大学卒業。麻酔科医師として一人ひとりのお産に寄り添う医療を実践。無痛分娩を選択してもしなくてもお産の在り方や痛みの感じ方はそれぞれ。その人らしいお産をするための選択肢の一つとして無痛分娩を取り入れていきたいと話す。

麻酔科

麻酔科

前向きで幸せなお産になるように
一人ひとりに寄り添い不安を軽減

帝王切開および無痛分娩の麻酔の処置や治療後の薬の管理・調整を行う同科。同院ではLDRと手術室が隣に位置しているので、常にLDRでのお産の進行を見ながら無痛分娩や緊急帝王切開などに対応できる。フレキシブルできめ細かなフォローができるのが、大きな強みだ。

安全性の高いお産を大前提に、妊婦の気持ちに寄り添うことを大切にしている同科では、入院の前に産科の外来でも不安なことがあったら何でも相談できる機会を設けているほか、麻酔の前には病室を訪れ、麻酔開始後の状況や副作用について丁寧に説明。たとえ緊急の状況であっても、妊婦の安心感や不安軽減を忘れることなく手術に立ち会うことを心がけている。
他科との連携においては、日頃から産科の医師や助産師とも情報交換ができる環境が整っており、事前にお産の進行具合や妊婦の希望も共有。互いに些細なことも相談し合うことで、安全性の高いお産をめざしている。
「できるだけ苦痛や不安を軽減することで、前向きで幸せなその人らしいお産ができるようにお手伝いをしていきたいです。今後、無痛分娩のニーズはますます高まる中、それぞれのお産を大切に一人ひとりの患者さんに向き合うというスタンスは変えずにやっていきたいです」

小児科

谷川 牧土先生

小児科医長
谷川 牧土先生

2007年山形大学医学部卒業。NICUでの豊富な治療経験を生かして、日々生まれる多くの新生児の中から、具合の悪い赤ちゃんを見極めることに尽力しながら日々診療にあたる。特に新生児領域については経験と素早い判断力に尽きると話す。

小児科

小児科

経験豊かな医師が速やかに診断
子と親の両方と向き合いサポート

小児の一般外来、専門的な外来を開くほか、乳幼児健診やワクチン接種などを行う同科では、日常的な症状から専門的な治療がいる病気までを広くサポート。子どもの健康を第一に、迅速で的確な診断、治療に努めると同時に、子どもの病気を不安に思う家族の心のケアにも力を入れている。

同科には常勤医が4人在籍し新生児診療と外来診療を担当。新生児診療では、NICUでの治療経験を持つ医師が病気のある新生児を速やかに診断し治療の必要性を見極め、連携している近隣の大規模病院に救急搬送する。
また、外来では非常勤ドクターも含めて4〜6人の医師が診察を担当。循環器・腎臓・小児外科の外来、そして早産の新生児をフォローする発達の外来といった専門の外来を4つ開設している。そのほか、風邪などの子どもとワクチン接種や健診のために受診する子どもとのエリアを分けることで、感染ルートを遮断。乳幼児健診やその後の育児支援にも積極的に取り組む。
「小児科には子と親の2つの主訴があるといわれています。親御さんの主訴は不安。なるべくその不安を解消して、安心できましたと帰ってくれるとうれしいです。産んでおしまいではない、お子さんも親御さんもサポートできる、頼りにされる診療科でありたいです」

設備とサービス

肉体的にも精神的にも大変なことが多い妊娠・出産、育児。それらをシームレスにサポートする同院では、医療面だけではなく、非日常的な気分を味わえる院内環境が整えられているほか、息抜きになる楽しいイベントも開催されている。

食 事

食 事

「美しく、おいしく、からだと心に優しい料理」をモットーに一流シェフによって作られる食事

シェフが腕によりをかけて作る
美しくおいしい体と心に優しい料理

忙しい育児生活が始まる前にと、こだわりの食事を毎回用意。一流ホテルでの調理経験がある料理長が栄養バランスとカロリーを考えて食欲の出る食べやすいメニューを作成。各国料理のフルコースや懐石料理など、おいしさはもちろん旅行中のような気分が味わえる。

病 室

病 室

全部屋個室で、ラグジュアリーなデラックスルームなども完備

上質なインテリアで統一された広い部屋で
ゆったりと赤ちゃんとの時間を味わう

出産を終えて家に帰れば、赤ちゃんとの慌ただしい生活が始まる。そこで同院では、病室を全室個室に。こだわりのリラクゼーション機能満載の広々とした部屋は家族の宿泊も可能だ。ゆったりとした気持ちで赤ちゃんとの時間を楽しみながら、体を休めることができる。

イベント

イベント

楽しいイベントがたくさんあり、ここで子育て友達ができるなどの声も

日常の育児の疲れ解消にも
子育て中のママにうれしい各種イベント

同院では年に2回「ママとベビーの恵愛マーケット」を開催。不要になった育児用品やマタニティー用品を先輩ママから譲ってもらう企画だ。そのほか、同院の駐車場で行うベビー用品のバザーや各種コンサートなど楽しい企画が盛りだくさん。

ペアレンツクラス

ペアレンツクラス

産む前、産んだ後も家族をサポートするクラスが充実

安心して赤ちゃんを迎えられるように
各種講習でしっかり不安や疑問の解決を

前期・中期・後期の両親学級のほかに、母親学級、父親だけを集める父親学級も開催。専門の講師を招いて、主に母親のサポートについてのレクチャーを行う。また、祖父母学級では、孫を預かったときにどのように対応すればいいかを指導している。(いずれも予約制/無料)。

access.png

↑TOPへ戻る