全国の頼れる病院・総合病院・大学病院を検索
病院・総合病院・大学病院8,041件の情報を掲載(2021年9月24日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 千葉市中央区
  4. 千葉駅
  5. 独立行政法人地域医療機能推進機構 JCHO 千葉病院
  6. 独立行政法人地域医療機能推進機構 JCHO 千葉病院の特徴

独立行政法人地域医療機能推進機構JCHO 千葉病院

Cs 1
  • 千葉県千葉市中央区仁戸名町682
    • 内科
    • 呼吸器内科
    • 循環器内科
    • 消化器内科
    • 内視鏡内科

    • 腎臓内科
    • 人工透析内科
    • 血液内科
    • 外科
    • すべて見る

人工透析とその合併症の治療を中心に
専門性の高い医療で地域に貢献する

室谷 典義院長

室谷 典義院長

東京大学薬学部製薬化学科卒業後、千葉大学医学進学課程入学。卒業後、同大学医学部第二外科学教室に入局。関連病院勤務などを経て1991年よりJCHO千葉病院勤務。院長を務める現在も外来診療や手術を担当している。日本透析医学会透析専門医。千葉県透析研究会会長。

昭和26年開院の前身「千葉社会保険病院」時代から、長年、地域住民の健康を守ってきた『JCHO千葉病院』。外科、整形外科、循環器内科、消化器内科、腎臓内科、健診部門などを持ち、幅広く患者を受け入れている。
同院が特に力を入れているのが、人工透析とその合併症の治療だ。現在も外来や手術で活躍する室谷典義院長を中心に、人工透析の導入から外来・入院での人工透析と腹膜透析にまで取り組んでいる。「術前・術後の管理が難しい合併症のある人工透析患者さんも、大学病院や基幹病院さながらに積極的に受け入れ、その道に精通した各診療科の医師たちが連携して専門的な治療を施しています」と院長は話す。
東日本の幅広い地域から人工透析患者が訪れるという同院。「自分で歩き、ごはんもおいしく食べられる、元気な透析患者」となってもらうことをめざして病院が一丸となっている。

 

外科

堀 誠司副院長

堀 誠司副院長

1983年千葉大学医学部卒業後、1990年同大学大学院医学研究科博士課程修了。同大学医学部附属病院・関連病院勤務などを経て2002年よりJCHO千葉病院勤務。2013年より現職。日本外科学会外科専門医。

管理の難しい腎臓疾患患者や
人工透析患者の手術に取り組む

東日本全域から訪れる患者を受け入れている同科。一般外科診療に加えて、術前・術後の管理が難しい、心臓などに合併症がある腎臓疾患や人工透析の患者に対しても、積極的に手術に取り組んでいるのが特徴だ。
「透析を受けている患者さんには合併症が多いですから、術前検査では病気のある場所だけでなく、全身を捉えて治療計画を立てることが大切です」と堀誠司副院長。そのような患者は、何か一つをきっかけに病状が悪くなることもあるため、術中と術後も万全の体制での全身管理に努める。
消化器がんの手術や内視鏡的治療を多く行っている同科で特徴的なのが、EPS(被囊性腹膜硬化症)の手術。非常に繊細な技術を必要とする難しい手術で、国内でも行っている施設は少ないそうだ。

循環器内科

河野 行儀先生

統括診療部長
河野 行儀先生

1985年千葉大学医学部卒業。同大学医学部附属病院や千葉労災病院、谷津保健病院などの関連病院を経て1994年JCHO千葉病院へ。循環器内科主任部長などを経て2014年より現職。日本循環器学会循環器専門医。

循環器疾患の幅広い診療に加え
他科と連携し合併症診療にも尽力

同科では一般の診療に加えて、人工透析を受けている患者の冠動脈疾患への経皮的冠動脈ステント留置術などの治療にも積極的に取り組んでいる。
「透析を受けている患者さんの血管は、硬くなってしまっているのでカテーテル治療が難しいのですが、当院は経験が豊富ですから、安心して受けてほしいと思います」と河野行儀統括診療部長。
長年の透析で心機能が悪くなっている患者には、心機能を精査した上で、心臓への負担を軽くするためシャント閉鎖と動脈表在化を腎・透析部門と協力して行う。末梢血管の動脈硬化による足の壊死には、整形外科と協力してカテーテルによる血行再建術を行い、足の切断の回避に尽力している。
「透析を受けている患者さんでも、合併症で困っている方は、ぜひご相談ください」

移植外科

西郷 健一先生

移植外科診療部長
西郷 健一先生

1995年新潟大学卒業後、千葉大学医学部第二外科学教室に入局。博士課程を修了し、仏国ネッカー研究所への留学を経て、千葉東病院で消化器外科、腎臓移植、血管再生の臨床に携わる。2019年より現職。

移植手術につなげる窓口として
専門の医師が適切にアドバイス

腎臓移植についての相談に応じる外来では、末期腎不全の患者に対して、血液透析、腹膜透析、腎臓移植の3つの選択肢の中から、患者にとってベストな治療法を提案するよう努める。西郷健一移植外科診療部長は、「それぞれのメリット、デメリットを理解していただき、患者さんご希望やライフスタイルに合わせて決めることが重要です」と話す。
移植手術を実施する場合は、千葉大学をはじめとする連携施設にスムーズに紹介。免疫学的検査以外は同院で実施しているほか、免疫抑制剤のコントロールなどの術後フォローも行っている。週2、3回通院する必要のある透析治療と違い、移植後は月1回程度の診療で経過を診ていく。
今後は、足の壊死を防ぐための血管再生治療に取り組む計画も腎移植とともに進められている。

消化器内科

金 晋年先生

消化器内科診療部長
金 晋年先生

大阪市立大学医学部卒業後千葉大学医学部消化器内科学教室入局。2002年同大学大学院修了。同大学医学部附属病院や関連病院を経て2005年JCHO千葉病院へ。2017年より現職。日本消化器病学会消化器病専門医。

消化器の幅広い病気に対応し
透析患者のC型肝炎治療にも尽力

胃腸と肝臓、胆囊、胆管、膵臓に関連した疾患を診療する同院の消化器内科は、一般の患者に加えて腎臓疾患や人工透析の患者も多く受診している。
「人工透析と消化器疾患は、直接的に関連することは多くありません。しかし体調の急変など何かトラブルがあったとき、当院には腎臓疾患や人工透析に精通する医師やスタッフがたくさんいますから、患者さんも安心して受診できると思います」と金晋年消化器内科診療部長。
そんな同科で積極的に取り組んでいるのが、人工透析患者のC型肝炎治療だ。以前のC型肝炎治療薬は、人工透析患者に投与できなかったが、近年になって登場した新しい治療薬は投与が可能なことから、人工透析患者でも治療できるようになったという。
「心配な方は、ぜひ相談にいらしてください」

腎・透析部門

白鳥 享先生

腎センター診療部長
白鳥 享先生

1991年千葉大学医学部卒業後、同大学医学部第二外科学教室に入局。1997年同大学大学院医学研究科修了後、同大学医学部附属病院や関連病院の外科に勤務。2016年より現職。日本外科学会外科専門医。

各診療科と力を合わせ
患者の生活の質改善に尽力する

人工透析ベッド71床で、外来と入院の約260人(令和2年7月実績)に人工透析を行う腎・透析部門。30年以上も治療を続けている患者もいるという。同院の人工透析患者は合併症の治療を受けている人が多く、その生活の質向上のため、各科と密に連携し、治療にあたる。「人工透析は、長期間にわたり継続的に行われます。当院では複数の医師が担当していますので、担当した医師が診療記録を丁寧に取り、継続的な診療を行えるようにしています」と話すのは白鳥享腎センター診療部長だ。
さらに、人工透析に必要なシャントや人工血管、動脈表在化、留置カテーテルなどの処置をするバスキュラーアクセスの外来では、穿刺がうまくいかない、血液がうまく引けない、シャントが詰まったなどのトラブルにも対応している。

腎臓内科

長谷川 茂先生

腎臓内科診療部長
長谷川 茂先生

1992年千葉大学医学部卒業後、同大学医学部附属病院、上都賀総合病院勤務などを経て、1997年よりJCHO千葉病院に勤務。日本腎臓学会腎臓専門医、日本内科学会総合内科専門医。

病気の早期発見と保存的治療で
透析への移行を食い止める

慢性糸球体腎炎や糖尿病腎症など腎臓疾患の患者に対して、できるだけ人工透析が必要にならないよう保存的治療を行っている同科。タンパク尿や血尿などの尿異常や血清クレアチニン値上昇が見られる紹介患者が多く訪れるため、必要に応じて腎生検などを行い、病気の早期発見と早期治療に力を注いでいる。腎臓疾患が進行すると人工透析や腹膜透析を考慮することになるが、「人工透析をどうしても行いたくないという患者さんもいます。それを頭ごなしに否定するのではなく、一人ひとりの事情や考え方に配慮したベストな治療方針を立てるようにしています」と腎臓内科診療部長の長谷川茂先生。
血液疾患を専門とする医師もおり、尿のわずかな異常から多発性骨髄腫が早期発見できることもあるそうだ。

整形外科

花岡 英二先生

整形外科診療部長
花岡 英二先生

1994年日本大学医学部卒業後、千葉大学医学部整形外科学教室入局。関連病院勤務や米国ジョンズ・ホプキンス大学留学などを経て2003年JCHO千葉病院へ。2016年より現職。日本整形外科学会整形外科専門医。

幅広い整形外科疾患の診療と
下肢切断の回避に力を注ぐ

一般整形外科疾患から透析関連疾患まで幅広く診療を行っている整形外科。「患者さんが、現状を受容できているのか。その複雑な気持ちに寄り添うことを大切にしています」と花岡英二整形外科診療部長は話す。
末梢血管の血流不良により足を切断せざるを得ないこともある人工透析患者に対しては、フットケアの外来を窓口として、下肢の血流評価を行い傷のケアとともに必要があれば循環器内科と連携して血管内カテーテル治療を行うことで、下肢の切断回避に尽力している。不幸にも切断が回避できなかった場合でも、義足を着けて院内でリハビリテーションを行うことで、日常生活への復帰をめざせる。
また、高齢により腰の曲がった患者向けに装具を開発し、生活の質向上に取り組んでいる。

健診部門

宮沢 幸世先生

健康管理センター長
宮沢 幸世先生

1982年埼玉医科大学卒業後、千葉大学医学部循環器内科学教室に入局。同大学医学部附属病院や関連病院勤務を経て2015年より現職。

豊富な健診メニューをそろえ
病気の早期発見に取り組む

千葉社会保険病院時代から法定健診や人間ドックを行い、地域住民の健康を守ってきたのが健診部門だ。年間約6万5000人(平成31年4月~令和2年3月)の健康診断を実施し、必要に応じて同院での保健指導や二次検査、外来診療、より専門的な診療ができる他院への紹介など、健診を受けただけでは終わらない体制を整えている。日帰りドックや脳ドックにも力を入れており、結果は当日中に医師が説明、保健師による指導やアドバイスも受けられる。
「説明用のパンフレットを作ることに加えて、帰宅後の電話での問い合わせに対応するなど、健診が終わった後でもフォローができる体制を整えています」と宮沢幸世健康管理センター長。常勤の女性医師が3人いることもあり、受診率が低い若い女性にも、積極的に健診を受けてほしいと呼びかけている。

access.png