外科(医療法人社団 藤崎病院) | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8176件掲載中(2020年05月28日現在)

病院・クリニック・医者検索

ドクターズ・ファイル

求人・転職・仕事情報を探す

ドクターズ・ファイル ジョブズ
34802 ma 1 1390786330

医療法人社団藤崎病院

高い専門性と総合的な診療機能で、安全に配慮した高度な医療を提供

日本医療機能評価機構認定/東京都二次救急指定病院/東京都災害拠点連携病院

外科

消化器疾患を中心として、高度医療にも対応 各分野のスペシャリストが一貫した治療を提供する

外科では、消化管および肝胆膵の疾患を中心に、乳腺・甲状腺、肛門、呼吸器など各分野の専門の医師が治療を展開。難易度の高い肝胆膵の手術を得意とするほか、単孔式鏡視下手術、腸がんや早期胃がん、鼠径ヘルニアなどに対する腹腔鏡下手術といった低侵襲な手術にも積極的に取り組んでいる。また、病態によっては腹腔鏡下手術より開腹手術が望ましい場合もあるとして一人ひとり、より良いと思われる治療法を判断。一人の患者の診断から治療、術後の再発予防・再発治療、緩和ケアまで、同じ医師が継続して担当するため、治療方針に一貫性があり安全性にもつながる。病変を見逃さず、検査・治療に確実につなげる予防医療にも注力している。

Geka 1

低侵襲の腹腔鏡手術を行う藤崎院長

Geka 2

マンモグラフィのほか、エコーでの検診、細胞診や生検などの精密検査が受けられる

責任者

Dr

藤崎 滋院長

プロフィール

1987年防衛医科大学校卒業。米国ピッツバーグ大学、国立がんセンター、日本大学医学部附属板橋病院での勤務を経て、2003年から現職。日本大学医学部消化器外科臨床准教授。日本外科学会外科専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医。院長職の傍ら、外科をけん引する。

患者さんへのメッセージ

外科治療に関しては、消化器(消化管・肝胆膵)・一般外科(乳腺・甲状腺)領域における実績と経験を生かして、私が責任を持ってけん引しています。2003年に院長職を継承した後も、週に5日の外来診療を行うとともに多数の手術を執刀してきました。中でも得意とする分野は消化管外科および肝胆膵外科で、手術と化学療法、内視鏡手術は、当院での外科治療の中心となっています。また、当院では、例えば消化器外科なら食道から肛門まですべての消化器を診るというように、中規模な総合病院ならではのフットワークを生かした総合的な診療体制をとっています。専門分野ごとに細分化されていないので、「何科にかかればいいかわからない」という患者さんも迷わず受診していただくことができるでしょう。受診後に他の疾患が見つかった場合も、全体のバランスを見ながら適切な治療をしていくことができます。今後もレベルの高い医療の提供と、安心して入院、通院してもらえる病院づくりに努めてまいります。できる限り受診当日に検査をし、診断をつけるようにしていますので、気になる症状があれば気軽にご相談ください。

対象疾患

肝臓がん、大腸がん、胃がん、鼠径ヘルニア、虫垂炎、直腸がん、肛門疾患、乳腺疾患、乳がん、転移性肺腫瘍、自然気胸

検査内容

胃カメラ、大腸ファイバー等の内視鏡検査、超音波検査、細胞診検査、生検、転移巣の検査

治療内容

がん標準治療、術前化学療法、胆嚢摘出術、虫垂切除術、大腸がん切除術、早期がんを中心とした胃がん切除術、鼠鼡径ヘルニア修復術(TAPP法)
紹介医療機関の先生方へ

いつも患者さんをご紹介いただき、ありがとうございます。当院の外科では、患者さんの9割を占める消化器疾患のみならず、さまざまな全身疾患に対応しています。専門性の高い手術にも対応しており、大腸がんや早期胃がん、鼠径ヘルニアなどでは体に負担が少ない腹腔鏡下手術を積極的に実施。虫垂炎や胆嚢の摘出手術において「できるだけ傷を目立たせたくない」という患者さんには、1ヵ所の小切開で済む単孔式鏡視下手術も行っていますので、お困りの際はぜひご相談ください。患者さんが住み慣れた地域で暮らし続けることができるよう、皆さんと協力しながら地域医療の一端を担ってまいりたいと思っています。

access.png

↑TOPへ戻る