全国の頼れる病院・総合病院・大学病院を検索
病院・総合病院・大学病院8,023件の情報を掲載(2023年1月30日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 江東区
  4. 南砂町駅
  5. 医療法人社団 藤崎病院
  6. 医療法人社団 藤崎病院の特徴

医療法人社団選定療養費なし
藤崎病院

34802 ma 1 1390786330
  • 東京都江東区南砂1-25-11
    • 外科
    • 消化器外科
    • 大腸・肛門外科

    • 肝臓・胆のう・膵臓外科
    • 乳腺外科
    • 内科
    • すべて見る

特徴

地域住民に密着した医療体制を整え、地域医療の底上げをめざす

0124時間365日体制で、地域に根差した医療を展開

1

地域のニーズに応える救急体制をめざす

高齢化の需要に応える二次救急医療機関

地域住民の高齢化に伴い、二次救急医療機関としての体制を強化。脳卒中や肺炎、骨折をはじめ、幅広い疾患やケガの救急搬送を24時間365日体制で受け入れている。救急救命士が在籍し、各診療科の医師らと連携したチーム医療を展開しているのも強みだ。毎年、医師と救急隊員で「症例検討会」を開催するなど、日頃から顔の見える関係づくりに力を入れているとか。患者一人ひとりに最適な医療を提供するために、地域のニーズに応える救急体制の構築をめざしている。

022022年夏に完成する新病棟にて、在宅復帰までしっかり支援

2

ゆとりある設計の新棟でチーム医療を実施

地域包括ケア病棟をチーム医療の拠点に

2022年夏、地域包括ケア病床を26床備えた「地域包括ケア病棟」を開設予定。1部屋4床とゆとりある設計にすることで、患者の療養環境の改善を図る。急性期治療を終えた患者に対して、在宅復帰に必要なリハビリテーションの提供をはじめ、介護サービスの調整などを行っていくとか。患者が心身ともに準備ができるように、きめ細かな対応を重視しているそう。院内外を問わず、職種を超えたチーム医療でサポートしていくことが目標だ。なお、在宅療養中に入院が必要になった患者の受け入れも実施。新病棟開設後は、既存の病棟も順次改装し、設備の充実化に取り組んでいく。

03患者や家族の経済的・家庭的な問題にも寄り添う体制を整備

3

江東区における医療の底上げを図る

地域医療のハブとなる地域連携医療室

患者が住み慣れた地域で安心して暮らしていけるように、切れ目のない支援をめざす地域連携医療室。医師や看護師だけでなく、社会福祉士などの医療ソーシャルワーカーたちが協力し合い、入院から退院後まで患者や家族のサポートに努めている。各種制度の手続きや医療福祉相談など、経済的・家庭的な問題まで支援しているのが特徴だ。さらに、地域の医療ハブとして、地域医療機関の医師がCTやMRI、マンモグラフィなどの放射線機器、超音波診断装置、内視鏡を活用できるシステムも構築。放射線科の医師による報告書も通知しているそう。病院救急車による24時間体制での転院搬送の手配も行うなど、地域医療の底上げに力を注いでいる。

access.png