心臓血管外科(社会福祉法人 仁生社 江戸川病院) | 病院・総合病院・大学病院を探すならホスピタルズ・ファイル

病院・総合病院・大学病院8212件掲載中(2018年06月22日現在)

<ドクターズ>・ファイル

病院・クリニック・医者を探す

ホスピタルズ・ファイル
34158 ma 1 1418025832

社会福祉法人 仁生社江戸川病院

身近なクリニックの役割を果たしつつ、ハイレベルな医療のも提供もめざす地域に根差した中核病院

東京都災害拠点病院/東京都CCUネットワーク施設

心臓血管外科

「病気の本質を探ること」をモットーに、一人ひとりに応じたオーダーメイド医療を提供

狭心症・心筋梗塞、心臓弁膜症、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、末梢血管疾患を対象として、病状や患者の希望に合わせたオーダーメイド医療を実践している心臓血管外科。下肢静脈瘤など静脈疾患に対しては専門の施設を開設し、最良の治療をめざして着実に臨床成績を上げている。同科の統括部長である榊原直樹先生は成人心臓大血管外科を専門とし、解離性大動脈瘤などの緊急手術の経験も豊富だ。循環器内科との柔軟な連携体制も同院の強み。心臓の検査・症例検討は2つの診療科が合同で行い、広い視野・総合的な診断の下で治療方針を決定している。また「病気の本質を探ること」を常に忘れず、再発例の治療やその予防にも力を注ぐ。

1

低侵襲なレーザーやラジオ派装を備える手術室

責任者

Main 2

榊原 直樹心臓血管外科統括部長/下肢静脈瘤部門長/先端医療開発推進室室長

1983年金沢大学医学部卒業、1988年同大学大学院医学部研究科修了。国立循環器病研究センター研究所やアメリカ留学にて、人工臓器の研究に従事。金沢大学医学部講師、石川県立中央病院心臓血管外科診療部長等を経て、2004年から現職。日本外科学会外科専門医、日本循環器学会循環器専門医。宇宙航空研究開発機構の宇宙科学研究所客員教授などを務める。専門は成人心臓大血管外科(冠動脈外科、心臓弁膜症、大動脈瘤)。

心臓手術から足の静脈手術まで、頭の血管以外の病気についていつでもご相談ください。心臓手術は順天堂大学医学部附属順天堂医院 心臓血管外科のご支援を得ながら、心臓を動かしたまま血管吻合する心拍動下冠動脈バイパス術や、自己弁温存をする僧帽弁形成術などの先端医療を積極的に行っています。また下肢静脈瘤レーザー治療も開始以来、飛躍的に症例が増えています。入院中の生活については、皆さんに少しでも心地良く過ごしていただけるよう、職員一丸となってケアさせていただいています。外来は混み合うことも多く、事前に予約した上でかかりつけの先生の紹介状を持ってお越しいただけると幸いです。

対象疾患

疾患名説明症例
腹部大動脈瘤腹部中央にある大動脈が通常の2倍以上の太さまで膨れる病気。通常痛みなどの症状はないが、知らない間に大きくなり、膨れ上がった瘤が内腔の血圧に耐え切れきれなくなると破裂する。破裂する際に激しい腹痛、腰痛などがあり、激痛や出血のため失神することが多い。症状や腹部エコー、腹部CTなどの検査によって診断される。瘤が拡大して動脈瘤壁についた血栓が剥がれ、足の血管に飛んで詰まることも。この場合も緊急処置が必要。

(2016/04/01 〜 2017/03/31)

18件
胸部大動脈瘤肋骨に囲まれた胸腔内にある大動脈瘤が動脈硬化によって膨れる病気。瘤のできた部位によって「上行」「弓部」「下行」に分けられる。通常は症状がなく、エックス線検査などで偶然見つかることがほとんど。大きくなると声帯に関わる神経を圧迫して声がかれたり、食道を圧迫して嚥下障害を起こしたり、大動脈弁を変形させて心不全などの症状を示す場合も。正常時の2倍以上に膨れると破裂の危険性が高くなり、手術を勧められる。
下肢静脈瘤血管内の弁が壊れて血液が逆流し、静脈に停滞してむくみや瘤ができる病気。妊娠、加齢、立ち仕事など要因はさまざま。皮膚表面の静脈瘤には、薬剤による硬化療法で浮き出た血管の筋を消す治療が一般的。それより深い血管には手術を行うが、同院では切開をしない低侵襲のレーザー治療や血管内ラジオ波治療を行う。また日常生活の中で行う圧迫療法では、弾性ストッキングを数種類そろえ、体型や体質に合わせて選べるようにしている。

(2016/04/01 〜 2017/03/31)

84件
閉塞性動脈硬化症動脈硬化が進むことで手足の血管が狭窄または閉塞する病気。血流が悪くなり、一定距離を歩くと筋肉の痛み・ひきつり・しびれを感じて歩けなくなる、脚が冷たい、暗紫色になるといった症状が現れる。放っておくとやがて血流がなくなって足が壊死に陥り、切断を余儀なくされることも。治療法は重症度により異なるが、薬で改善しない場合は経皮的血管形成術や人工血管によるバイパス手術が必要になる。

治療内容

治療名説明症例
冠動脈バイパス術心臓の表面にある冠動脈に血管吻合を行う手技。心臓の収縮に応じて冠動脈が揺れないよう、人工心肺を用いて心停止状態にするオンポンプ、人工心肺を用いずスタビライザーと呼ばれる装置で抑え込むオフポンプがある。オフポンプの特徴は、人工心肺による脳梗塞や腎障害の副作用がないこと、術後の回復期間が短縮できること。同院では患者の負担に配慮し、他の心臓病の合併がない限り、オフポンプ冠動脈バイパス手術を施行している。

(2016/04/01 〜 2017/03/31)

29件
紹介医療機関の先生方へ

心臓血管外科では、狭心症・心筋梗塞、心臓弁膜症、胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、末梢血管疾患などの各領域で専門性の高い治療を行っています。専門の施設では、下肢静脈瘤に対する日帰り手術も実施しており、充実した診療体制が整っています。少しでも疑わしい症状がありましたら、気軽にご紹介ください。

access.png

↑TOPへ戻る